英語の勉強法を徹底解説!~おすすめ教材やアプリもご紹介~

英語学習にお悩みではありませんか?

 

この記事では、多数の学習教材を編集・制作してきたメディアビーコンが、子供から大人の方まで、皆さんに役立つ英語学習の基本情報をお届け。

 

これを読めば、あなたの英語学習のお悩みはきっと解決するでしょう!

 

詳しく知りたい情報をチェック↓

 

■英語学習の大前提

 

-英語の基本

英語学習をする前に知っておいて欲しいことがあります。

 

それは、「英語と日本語は全く異なる言語である」ということです。

 

例えば、言語としての違いが顕著に表れているのが「語順」です。日本語はSOV英語はSVOの語順です。 

 

「私は読書が好きです」を英語に訳すと“I reading like”ではなく”I like reading”ですよね。 このように、日本語と英語では文章の作り方がまったく異なります。

 

生まれてからずっと日本で育ってきた我々は、日本語の考え方に慣れ切ってしまっています。そんな日本人が英語を学習するときに、「英語が苦手だ」「英語が全然話せない」と感じてしまうことは、ある意味当然のことかもしれません。

 

それではこの、「英語が苦手だ」という感覚を無くし、「英語が得意だ」という感覚を手に入れるためにはどのようにすればよいのでしょうか?  

 

英語の基本を知りたい方はコチラをチェック↓

 

 

-英語が上達する方法は?

英語に対する苦手意識を克服し、英語を上達するためのたった1つの方法は、英語のルール(文法、語法、発音、会話表現など)に完璧に慣れることです。 

 

言い換えれば、「英語を日本語を介さずして、英語のまま理解できるようになる」ということです。そのためには、大量の英語に触れて、英語の思考回路を身に付ける必要があります。  

 

 

-初心者は何からすべき?

「アメリカの赤ちゃんは英文法や単語の勉強をしなくても、英語が話せるようになる」

 

という理由から、アメリカの赤ちゃんと同じように、大量の英語を聞き流して英語を習得しようとする方がいますが、この勉強法ではほとんど成果は出ません。 

 

赤ちゃんであれば、そもそも言語のルールが頭の中に存在しないため、英語のルールがすんなりと頭に入ってきます。

 

しかし、すでに日本で何十年も過ごしている人にとっては、日本語のルールが頭の中に染みついていて、英語のルールに頭を切り替えることは容易ではありません。

 

初心者の方は、まず日本語と英語のルールの違いを認識することから始めましょう。そのために必要なのが、英文法の学習です。英文法の学習を通して、英語の考え方、使い方を学びましょう。  

 

初心者の英語学習法を知りたい方はコチラをチェック↓

 

-独学で学ぶときはどうする?

英語を独学で学ぶ際に最初に立ちはだかる壁が、モチベーションの維持です。

 

1人で学習していると、どうしても「今日は疲れたから勉強しなくていいか」「なんとなくやる気が起きないから勉強しなくてもいいか」というように、学習習慣を維持することが難しくなってきます。モチベーションを維持するために最も大切なことが、「英語を勉強する目的を明確にすること」です。 

 

そもそも、「なぜ英語を勉強しているのか」が明確でなければ、すぐに勉強へのやる気はなくなってしまします。「会社で昇進するためには、どうしてもTOEIC800点が必要だ」「1人で海外旅行に行くために、日常英会話を身に付けたい」というように、勉強する目的とそれに対する目標を具体的に設定しましょう。 

 

そして、設定した目的と目標を達成するためには何が必要かをさらに考えるようにしましょう。

 

独学での英語学習法を知りたい方はコチラをチェック↓

目次に戻る

 

■英語の勉強方法

 

-英語の勉強法の基礎

英語力の基礎となるのは、英単語力英文法力です。

 

なぜそう言えるかというと、英語の文章というのは、英文法というルールに基づいて英単語が並び替えられているだけだからです。 

 

例えば、「主語の後ろには動詞が来る」というルールを知っていれば、そのルールに従って知っている単語を並び替えれば、様々なことを英語で表現できるようになります。

 

このルールを知らなければ、いくらたくさん英単語を知っていても意味を成す英文を作ることはできません。反対に、いくら文法知識があっても、英単語がわからなければ、表現の幅は広がりません。  

 

 

-英単語の勉強方法

英単語の勉強の際に大切なことは、「見た瞬間に意味が思い浮かぶレベル」まで英単語を理解するという事です。

 

例えば、 appleという英単語を見て、ほとんどの人が瞬時に「りんご」と意味が答えられるはずです。

 

しかし、eulogyという単語を見て、一瞬で「賛辞」と意味が答えられる人はほとんどいないのではないでしょうか。

※eulogyは英検1級レベルの英単語です。

 

この「見た瞬間に意味が思い浮かぶ英単語」「見た瞬間に意味が思い浮かばない英単語」の差は何なのでしょうか? 

 

答えは、その英単語との接触回数にあります。

 

英単語学習で大切なことは、とにかく英単語との接触回数を増やすことです。英単語帳で英単語を覚えようとする際も、一度ですべて覚えようとすると、ほとんど覚えられないか、覚えたとしてもすぐに忘れてしまいます

 

また、覚える際は目で見るだけではなく、音を聞いたり、声に出したり、紙に書いたりするなど、感覚器官をフルに活用して、英単語に触れてください。様々な方法で英単語に触れることで、英単語の意味が瞬時に思いつくようになり、実際に使える英単語知識へと進化していきます。  

 

英単語の学習法を知りたい方はコチラをチェック↓

 

 

-英文法の勉強方法

英文法学習の基本は、 

①英文法の内容を理解する

②何度も例文を音読する 

③英文法を意識しなくても意味が分かるようになる 

という3ステップです。

 

この3ステップを通して、英文法を実際に使える知識へと進化させていきます。 

 

英文法は知識が頭の中にあるだけでは意味がありません。何度も音読をして、その英文法知識をいちいち思い出さなくても、英文の意味が理解できるようになってこそ、本当に使える英文法知識となります

 

何度も音読をすることから始めてみましょう。

 

英文法の学習法を知りたい方はコチラをチェック↓

目次に戻る

 

■英語の4大要素

-リーディング

英語4技能の中で最も重要といえるリーディング。

 

なぜ重要なのかというと、読めない文章は当然、書けませんし、聞き取れませんし、話すこともできないからです。

 

英語学習の中で全ての根幹を成すものがリーディングです。

 

この技能を伸ばすために重要なことが、とにかくたくさんの英文に触れることです。 

 

英文法や英単語の知識をインプットすることももちろん重要ですが、それらに加えて、英語の小説を読んだり、英字新聞を読んだりして、たくさんの英文を読むことでどんどん英語を読むことに慣れていきましょう。  

 

リーディングの学習法を知りたい方はコチラをチェック↓

 

 

-リスニング

リスニング学習をする際に注意していただきたいのが、「聞き流し」で学習を終わらせないこと。 

 

わからない英語の音声をいくら聞き流しても、それは雑音を聞いているのと大差ありません。

 

リスニング学習で最も重要なのが、聞き取れない音声を見つけたら、スクリプト(原稿)を確認して、なんと言っているのか確認することです。 

 

何を言っているのか聞き取れないというのは「そもそも知らない英単語である」または「知っている英単語だが、自分のイメージしている発音と異なる」のどちらかです。

 

これらの自分のリスニングの穴を埋めていくことがリスニングの上達のために最も重要です。  

 

リスニングの学習法を知りたい方はコチラをチェック↓

 

 

-スピーキング

スピーキングの学習は、実際に外国人と英語で話をすることが最も手っ取り早い方法です。

 

具体的には、留学をする、留学生と話す、英会話教室に通う、オンライン英会話のサービスを受けるなどです。

 

多くの方が「まだ少ししか英単語を覚えていないから……」「きちんと英文法を理解していないから……」などと尻込みして、なかなか英語を話すことに踏み出せません。しかし、それでは一向に英語を話すことはできません。

 

拙い英語しか話せなくても良いので、まずは「英語を話す」ために一歩踏み出すことが大切です。

 

とにかくたくさん英語を口に出すことがスピーキング力アップへの近道なのです。

 

スピーキングの学習法を知りたい方はコチラをチェック↓

 

 

-ライティング

ライティングの学習も、スピーキングと同じくとにかくたくさん英文を書いて、それを英語の先生またはネイティブスピーカーに何度も添削してもらうのが最も手っ取り早い学習方法です。最近はインターネットを通して、外国人の方ともSNSや語学学習用のアプリで簡単にやり取りができるようになりました。 

 

自分で書いた英語の日記などを、専用の英語学習用のアプリなどに投稿すると、無料でネイティブスピーカーの方が添削してくれるサービスもありますので、ぜひ、試してみてください。

 

ライティングの学習法を知りたい方はコチラをチェック↓

目次に戻る

 

■年齢別の英語学習

 

-幼児

幼児の英語学習で意識していただきたい点は、「発音」です。英語には、日本語にはない発音がたくさんあります。

 

例えばLとRの発音の違いです。このような発音は、日本語の発音を完全に覚えてしまってからでは、なかなか身に付きにくいです。そのため、幼児のうちは英語の発音に耳を慣れさせることを目的に学習することをおすすめします。  

 

幼児の英語学習法を知りたい方はコチラをチェック↓

 

-小学生

小学生の英語学習に重要なのは、楽しめる教材で英語を学習すること。

 

難しい英文法用語などを使って説明しても、日本語の基礎がまだできていない小学生にはなかなか理解できません。まずはキャラクターなどが登場する簡単な教材を通して、英語に対する抵抗感をなくしていきましょう。 

 

小学生の英語学習法を知りたい方はコチラをチェック↓ 

 

-中学生

中学生ともなると、日本語をしっかり理解している段階に入ってくるので、文法知識を通して、日本語とのルールの違いを明確に認識して英語を学習する必要性が出てきます。 

 

中学レベルの英語が、その後の実用的な英語力の土台となるので、中学英文法はなるべく丁寧に根気強く学習しましょう。  

 

中学生の英語学習法を知りたい方はコチラをチェック↓

 

-高校生

高校レベルとなると、中学とは比べものにならないくらい、覚えるべき英文法知識、英単語知識が増えます。膨大な知識を頭の中にインプットするには毎日の学習が欠かせません。

 

できるだけ毎日、英単語を覚えたり、英文法の問題集を解いたりするようにして、「1つの単語帳や文法書を高校3年間で何周も解いた!」という状況を作れるように学習を進めましょう。  

 

高校生の英語学習法を知りたい方はコチラをチェック↓

 

-大学生

大学生は比較的、自分で好きなように時間の使い方を決められるという方が多いと思います。

 

社会人になってからでは、なかなか行けない語学留学に大学時代に挑戦する方も非常に多くいらっしゃいます。語学留学は、英語をアウトプットする力の強化に非常に役立ちます。

 

また、最近は留学経験がなくても、高い英語力を有している方が多くいらっしゃいます。大学内の留学生と交流したり、インターネットなどを利用したりして、うまく英語をアウトプットする機会を作ることで、日本にいながらでも、英語力を上げることができます

 

 

-社会人

社会人の英語学習は、おそらく人によって目標が大きく異なると思います。

 

「海外旅行に行きたいから英会話ができるようになりたい」「昇進に必要だからTOEICの点数が必要だ」これらのように目標が人によって違うので、それぞれの目標に合わせて学習プランを組み立てる必要があります。目標を達成するためには、何が必要か、何をすべきなのかを明確にしてから英語学習を始めるようにしましょう。

 

社会人の英語学習法を知りたい方はコチラをチェック↓

目次に戻る

 

■英語と仕事

 

-英語が使える仕事/ビジネスは何があるのか

グローバル化が進む中、英語を習得する重要性はどんどん増してきています。多くの国内企業が海外進出を始めており社内公用語を英語にする企業も現れ始めました。

 

英語が必要になる職業には以下のような例が挙げられます。 

通訳 / 翻訳家 / 外交官 / 塾講師 / 英会話講師 / 貿易事務 / 通関士 / 海外営業 / 航空・旅行関連職

 

-仕事・ビジネス英語の勉強方法は?

仕事・ビジネスシーンでの英語は難しそうに思えますが、一概に難しいとも言えません。

 

なぜかと言うと、ビジネスのシーンで使う英語はある程度場面が限られているため、しっかりとした準備や練習さえしていれば、乗り切れてしまうことも多いからです。

 

例えば、海外企業からの電話に英語で対応する際は、電話でよく使う英語フレーズさえしっかり頭の中に入れておけば対応できてしまいます。 

 

つまり、ビジネスシーンでの英会話は徹底的なパターン練習で乗り越えられるということです。もちろん、日常英会話とは異なり、気を付けなければならない失礼な表現なども多数ありますが、たくさんのパターン練習を通して万全の準備をすればビジネスシーンの英語も心配はいりません。

 

ビジネス英語の学習法を知りたい方はコチラをチェック↓

目次に戻る

 

■英語の勉強媒体

 

-英語教材のおすすめ

英語教材を買う際に注意するポイントは3つ

①音声付きの教材を買う

②自分のレベルにあった教材を買う

③長く続けられそうな教材を買う

これらのポイントを抑えた教材を使用することで、英語力の基礎を作ることができます。

 

おすすめの英語教材を知りたい方はコチラをチェック↓

 

-英語を勉強するアプリ

アプリで英語学習をするメリットは以下の3つ。

①いつでもどこでも気軽に英語学習ができる

②間違えた問題を自動で記録してくれる

③多くのアプリが音声再生機能付きである

最近は、様々なユーザーに向けた多様な英語学習アプリが登場してきています。アプリを上手に英語学習の中に組み込みましょう。

 

おすすめの英語学習アプリを知りたい方はコチラをチェック↓

 

-英語が身に付く番組

英語学習をするための番組は、テレビやラジオだけではありません。インターネット上にはたくさんの英語学習チャンネルが存在しています。

 

英語学習番組で英語を勉強するメリットは以下の3つ。

①資格情報が満載で飽きない

②とにかく楽しく面白い番組が多い

③海外の文化や情報にも触れられる

これらのメリットを生かして、様々な英語の情報を英語学習番組から学びましょう。

 

おすすめの英語学習番組を知りたい方はコチラをチェック↓

目次に戻る

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事