【英語が苦手な人へ】英語上達のための3つのコツを紹介!

皆さんの中には

 

「英語を話す・聞き取るのが苦手」
「覚えるべき単語や文法が多すぎて何から始めていいかわからない」
「英語学習をやり直したいけど、勉強の仕方がわからない」

 

という方も多いのではないでしょうか。

 

学生~社会人まで、英語学習をしている人の年齢や目的はさまざまですが、「英語が苦手な理由」には共通点がいくつかあります。

 

この記事では、英語が苦手と感じる理由を知ったうえで、効果的に英語学習をするためのコツを紹介します!

 


1. 苦手と感じる理由

 

英語に苦手意識を感じるのは、以下のようなことが原因だと考えられます。

・覚えることが多すぎる
・英語力が伸びた実感がない
・英語が聞き取れない

これらの原因について、ひとつずつ見ていきましょう。

 

 

1-1. 覚えることが多すぎる

単語、文法、語順、発音など、英語を習得するための要素はたくさんあります。

 

そして文法の場合は受動態、完了形、分詞構文、仮定法過去…など、それぞれの要素の中にはさらに細かい内容があり、きりがありません。

 

こう考えると、「文法を全部覚えるのは大変そう」「自分には暗記力がないからムリ…」と感じて、英語が嫌いになってしまうかもしれません。これは当然で、英語の細かな知識までマスターしようとすると、とてつもない時間がかかってしまうのです。

 

皆さんは、こういった知識をすべて網羅して覚えないと英語は使えるようにならないと思っていませんか?

 

実は、日常英会話レベル英語力は、最低限の知識を身につけることで習得することができるのです。

 

最低限押さえておくべき知識については、この記事の後半で説明します!

 

 

1-2. 英語力が伸びた実感がない

とくに英語を学び始めた頃は、単語などがなかなか覚えられず、覚えたとしても急に英語が話せる・聞けるようにはならないため、英語力アップの実感が得られない人も多いです。英語力は目に見えないだけに、どれだけ成長したかを測るのは難しいですよね。

 

英語学習を行う際はまず「学習の目的」を確認し、その目的を達成するまでの小さな目標を立てることが大切です。そうすることで達成感が得られ、英語力が伸びた実感を得ることができます。目的や目標の決め方については下で詳しく説明します。

 

 

1-3. 英語が聞き取れない

「見たら簡単な英語なのに聞き取れない!」といった経験はありませんか?

 

簡単な英語も聞き取れないなんて…と、英語の学習が嫌になる人も多いです。

 

これは、単語を覚えるときに意味だけを覚えていることが原因です。発音も一緒に学ぶようにすれば、単語が聞き取れるようになり、使えるようにもなります。

 

 

このように、英語が苦手と感じてしまう理由の多くは、勉強のやり方が正しくないからであり、決して学習能力が低いことが理由ではありません。

 

 

2. 英語が苦手な人が知るべき3つのポイント

 

英語が苦手な理由を知ったうえで、ここからは英語学習が楽しく感じられるようになるための勉強のコツを紹介します。

 

 

2-1. ① 英語を学ぶ目的を決めておく

これは学校などではあまり教えてくれないことなので、意外と考えている人は少ないのですが、まずは学習する目的を決めることが大切です。

 

英語に限らず、何かを習得するには続けることが大切です。ただ、毎日続けるのは簡単なことではありません。たとえ好きなこと、得意なことでも毎日続けるとなれば相当な努力が必要になるでしょう。

 

苦手だと感じているものはなおさらです。勉強する明確な目的がなければ続けることは大変な苦痛になるに違いありません。

 

そこで、「昇進のためにTOEICで800点を取る」「日常英会話レベルを話せるようになって海外旅行を楽しむ」「英語で簡単なニュースが読めるようになる」など、英語を勉強する目的を決めるようにしましょう。

 

そして目的が決まったら、その達成に向けた小さな目標を決めます。例えば「1か月で単語を100個覚える」などです。

 

目的や小さな目標を決めておくことで、

・自分に合った教材を使って、効果的に英語学習ができる
・英語を学ぶ意義があるので、モチベーションが維持できる
・小さな目標をクリアしていくことで定期的に達成感が得られる

といったメリットがあります。

 

もちろん、自分の目的と関係のない知識を覚えてはいけない、というわけではありません。ですが、目的・目標に合った勉強を集中的にすることで、より効果的に英語力を身につけることができます

 

 

2-2. ② まずは最低限の知識だけを押さえる

目的を決めたら実際に学習を始めるのですが、一気にたくさんの知識を覚えようとせず、まずは最低限の知識を覚えるように学習していきましょう。

 

最低限の知識の目安として、まずは中学3年間で習う単語と文法を覚えるようにするとよいです。学ぶ目的は人によって異なりますが、基礎的な単語と文法は、どの人も共通して学んだ方が良いです。

 

学校で学ぶ英文法の中でも発展的な内容である仮定法過去完了などは、もちろん知っておくと聞き取れる情報や話すときの表現のバリエーションが増えますが、日常英会話をするためには必須ではありません。三単現のsの使い方や過去時制など、基礎的な文法を確実に使えるようにすることが英語上達のポイントです

 

単語や文法を学習する際には、以下の点に注意しましょう。

・単語を覚えるときは発音も一緒に覚える
・1回で覚えようとしない
・紙の辞書ではなく電子辞書を使う

単語を覚えるときは、それが読めるだけでなく聞ける・使えるようになることが大切です。また、発音を知ることで、聴覚情報も使うため、より記憶に定着しやすくなります音声や動画による解説がついた教材を使うと、効果的に単語学習ができます。

 

そして、「1回で覚えようとしない」のがコツです。人間は忘れる生き物なので、1回で記憶するのはなかなか難しいです。何回も出会うことで、脳が大事な情報だと認識し記憶に定着しやすくなります。

 

また、単語の意味を調べたりするときは電子辞書を使うのがおすすめです。紙の辞書だと単語を調べるのに時間がかかります。紙の辞書は前後の単語も目に入るので、より多くの情報を得ることはできるのですが、まずは必要な知識を集中して覚えていくことが大切です。

 

 

2-3. ③ 毎日続ける

英語学習は、できるだけ毎日続けることが大切です。英語はスポーツと同じで、毎日少しずつ学んでいくことで徐々に身についていきます。

 

週末にまとめて数時間するよりも、平日の隙間時間に10分という短時間でも毎日学習した方が、英語は身に付きやすいです

 

教材を選ぶときは、1回(1日)10分で勉強ができるようにユニットが分かれているなど、短時間で学習ができる構成になっている教材を使うようにしましょう!

 

 


3. まとめ

 

英語が苦手だと感じる人は多いですが、それは能力がないのではなく、英語学習に対するイメージや勉強のやり方が間違っていただけという場合が多いです。

 

苦手だと感じる原因を知り、効果的な勉強法を実行することが大切です!

 

「勉強の仕方はわかったけど、一人でコツコツ続けるのは大変そう」
「具体的にどんな教材を使えばよいかわからない」

 

という方には、楽しく英語学習ができる英会話教材「バイリンガリズム」がおすすめです1日10分の学習で、英語フレーズが身につき、英語が聞き取れるようになります。

 

テキストでの学習はもちろん、バイリンガル英会話講師の山田暢彦先生による解説動画つきで、英語フレーズの解説や発音のポイントなどを丁寧に学ぶことができます。

 

今なら2年間のメールサポートに対応しており、また60日間の返金保証つきなので、安心してお試しいただけます。

 

 

楽しく英語学習が続けられる「バイリンガリズム」の概要を見る

 

 

正しい勉強法と教材で苦手意識を克服し、聞ける・話せる英語力を身につけましょう!

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加