TOEIC L&R テストの結果発表はいつ?どうやって確認するの?

TOEIC Listening&Reading TEST(以下TOEIC)を受験した後、一刻も早く知りたいのが試験の結果。

「スコアが載った公式認定証が郵送されるのはいつなのか?」
「オンライン上での結果発表が見られるのか?」

「アビリティーズメジャードの見方は?」

 

今回は、受験者によくあるこれらの質問にお答えします。

 

試験の日程と結果の開示日も総まとめしています。ぜひ、ご一読ください!

 

1. TOEICの公式認定証はいつ届く?

TOEICの公式認定証はいつ届く?

 

TOEICを受験した日から30日以内に、本人宛に公式認定証が届きます。公式認定証が届くまで受験後1ヶ月は時間がかかるので、事前に試験日程を把握しておく必要があります。

 

※IPテストの試験結果の開示は、試験実施団体によって異なりますので注意が必要です。

 

公式認定証には、自分のスコアや自分の英語力のレベルはどのくらいなのかなどが記載されています。

 

詳細な項目別正答率も確認できるため、自身の学習成果の振り返りに活用してみてください。

 

また、同じ封筒内には「TOEIC L&R公開テスト テスト結果について」という、総受験者数や平均点などが記載された紙が同封されています。

これらの書類は、申し込みの際に登録した住所に親展で届きます。35日経っても届かない場合は、なんらかの問題が発生している可能性がありますので、TOEICの運営期間である国際ビジネスコミュニケーション協会に問い合わせる必要があります

 

受験日から65日過ぎてから問い合わせてしまうと、再発行手数料が発生してしまいますのでご注意ください。

 

 

2. インターネット上でスコアの結果通知はある?

インターネット上でスコアの結果発表はある?

 

「公式認定証が届くまで1ヶ月もかかるの!? もっと早く結果を知りたい!」という方は、一足先にオンラインで結果を確認することができます。受験日から17日後、予約時にも使用するWebサイト「TOEIC SQUARE」にログインすることで無料で結果を閲覧することができます。

ただし、インターネット上でスコア確認ができる人は、以下の条件を満たしている必要があります。

・オンラインでTOEICの申し込みをした人
・申し込み時に「テスト結果インターネット表示」を「利用する」にチェックを入れた人

 

コンビニから申し込んだ人(=オンライン申し込みをしていない)、あるいは「利用する」にチェックを入れなかった人はこのサービスを利用することができません。

また、オンラインで確認できるのはスコアのみなので、項目別正答率などの詳細なデータは郵送で届く公式認定証で確認する必要があります。

早く結果を知りたい! という方はオンライン申し込みの際、忘れずに「テスト結果インターネット表示」の「利用する」にチェックを入れましょう。

 

3. アビリティーズメジャードの見方

TOEICの結果は公式認定証によって通知されますが、公式認定証にはアビリティーズメジャード(項目別正答率のこと、通称アビメ)が記載されています。

 

リスニング
ABILITIES MEASURED 対応パート
短い会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる  Part 1,2
長めの会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる Part 3,4
短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる Part 1,2
長めの会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる Part 3,4
フレーズや文から話し手の目的や暗示されている意味が理解できる Part 2,3,4
 
リーディング
ABILITIES MEASURED 対応パート
文書の中の情報をもとに推測できる Part 7
文書の中の具体的な情報を見つけて理解できる Part 7
ひとつの文書の中でまたは複数の文書間でちりばめられた情報を関連付けることができる Part 6,7
語彙が理解できる Part 5,6,7  
文法が理解できる Part 5,6

 

アビメを見ることによって、自分がどのセクションのどのパートで何パーセント正解できたかがわかります


返却されたアビメから、自分の苦手分野を分析することで、自分に適した教材をみつけたり、苦手分野に応じた対策ができるよになったりするので、初心者でも上級者でも、アビメはしっかり分析することをおすすめします。

 

 

4. TOEICの結果発表日程

 

TOEICの結果発表日程は具体的には以下のようになります。

 

 回

実施日

 

オンライン結果発表日

公式認定証発送予定日

245 2019/11/24(日) 2019/12/11(水)

2019/12/24(火)

246 2019/12/15(日) 2020/1/6(月)

2020/1/14(火)

247 2020/1/12(日) 2020/1/29(水) 2020/2/11(火)
248 2020/3/8(日) 2020/3/25(水) 2020/4/7(火)
249

2020/4/12(日)

2020/4/29(水) 2020/5/12(火)
250 2020/5/24(日) 2020/6/10(水) 2020/6/23(火)
251 2020/6/28(日) 2020/7/15(水) 2020/7/28(火)
252 2020/9/13(日) 2020/9/30(水) 2020/10/13(火)
253 2020/10/4(日) 2020/10/21(水) 2020/11/2(月)
254 2020/10/25(日) 2020/11/11(水) 2020/11/24(火)
255 2020/11/15(日) 2020/12/2(水) 2020/12/15(火)
256 2020/12/6(日) 2020/12/23(水) 2021/1/5(火)
257 2021/1/31(日) 2021/2/17(水) 2021/3/2(火)
258 2021/2/28(日) 2021/3/17(水) 2021/3/30(火)
259 2021/3/21(日) 2021/4/7(水) 2021/4/20(火)

 

オンラインでの結果発表は、試験日から17日後に行われます。

 

 

5. TOEICの結果発表のまとめ

TOEICの結果発表のまとめ

 

いかがだったでしょうか。

TOEICの結果発表は最速では受験日から17日後にオンラインで確認でき、正式な認定証は受験日から30日以内に本人宛に郵送されます

結果がわかる日をスケジュール帳にメモし、公式認定証が届いたらすぐに確認して英語学習に役立てましょう!

 

TOEICについてさらに詳しく見る

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「英語が聞き取れない」というお悩みはバイリンガリズムで解決!

バイリンガリズム

 

「いろんな英語学習法を試したけど、結局どれもいまいち成果が出ない……」

こんなふうに英語学習に行き詰っている方は、1日10分最短60日でネイティブ英語が聞き取れるようになる英語教材『バイリンガリズム』をぜひお試しください。バイリンガリズムで学習を続ければネイティブスピーカーと同じ思考回路で英語を聞き取ることが可能になります!

著作30冊以上、累計60万部突破。監修した『中学英語をひとつひとつわかりやすく。』(学研プラス)シリーズが大ヒット中のベストセラー著者、山田暢彦先生考案の「バイリンガリズムメソッド」で学習すれば、あなたの「英語ができるようになりたい!」という夢を現実にすることが可能です。

例えばこんなとき……

「どの英会話教材に挑戦しても長続きしない……」
「何を試しても英語を聞き取れるようにならない……」
「TOEICや英語の試験で点数があがらない……」

 

あなたの悩みをバイリンガリズムが解決します!

 

今すぐチェックする!

よく読まれている記事