英語を話せるようになりたい!初心者にもおすすめな効果的な学習法

「中高6年間英語を学んだけど、ペラペラに話せない」

「フレーズをただ丸暗記するのは大変で、続かない」

「英語を話せるようになりたいけど、何から始めていいのかわからない」


このように感じている人も多いのではないでしょうか?


英語を話せるようになりたい、と勉強を始めた方の中には「ただ音声を聞き流す」勉強法や「フレーズの丸暗記」で英語を覚えようとしている方がいますが、それではいつまでたっても英語を習得することはできません


この記事では、英語を話せるようになりたい方が英語を勉強する上で意識するべき大切なポイントや、教材の選び方のコツについて解説します。

 

 


1. 英会話は丸暗記では身につかない

英会話は丸暗記では身につかない

 

「話せるようになるには、まず英語フレーズをとにかく覚えないといけない」

と考え、英語のフレーズを丸暗記しようとする人が多いです。ですが、こうした丸覚えによる勉強方法は効果的ではありません


英文のニュアンスや文法を理解せずにやみくもに覚えようとしても、

・覚えるのに時間がかかる

・フレーズの応用がきかない

など、デメリットが多く、英語が身につきません。そして、人は忘れる生き物なので、きちんと理解せずに丸暗記で覚えた英語は忘れるのも早く、復習するのも一苦労です。


「赤ちゃんは文法を教えられなくても言葉を理解できるようになるのだから、文法は必要なく、ただ聞き流せばいい」


とよく言われますが、ネイティブの赤ちゃんと一般的な日本人の学習者とでは、普段から英語に触れている時間が圧倒的に異なり、また外国語として学ぶ日本人は少なからず母語の影響を受けるため、ネイティブの赤ちゃんと同じように英語を習得することはできません。


「ただ聞き流すだけでは効果がない」理由を知りたい方はコチラをチェック↓

 

忙しくて文法を学ぶ時間がない社会人の方は、とにかく丸暗記をして短期間で話すための方法を取りがち。しかし、単語や文法を学びながら英語フレーズを覚える方が、長期的に見て英語を定着させるために効果的です。

 

 

2. まずは「話したいフレーズの理解」を優先しよう

まずは「話したいフレーズの理解」を優先しよう

 

英語は丸暗記ではなく理解しながら学習することが大切ですが、それでは英語を「理解する」とはどういうことでしょうか?

英会話フレーズを習得する上で理解すべきポイントは、

◎ 単語・文法
◎ 発音・イントネーション
◎ 語順(英語を意味のカタマリごとに捉えること)

となります。それぞれのポイントについて、詳しく説明します。

 

 

2-1. 覚えたい表現の単語・文法をしっかり理解する

英会話を学習するときは、単語の意味や文法をきちんと理解しながら覚えることがポイントです。

「日本人は文法を気にしすぎているせいで話せるようにならない。だから文法学習は不要だ」

 

と言われることもありますが、母語ではなく外国語として英語を学習する場合は、基礎的な単語・文法の知識は必要です。単なる丸暗記でもある程度までは話せたりできますが、それだとフレーズの応用がきかず(その内容にぴったり合ったシチュエーションでないと使うことができない)、また覚えられる量に限界があり、なかなか定着しません。


「留学に行けば英語力は勝手に伸びて話せるようになる」と考えて海外に留学する人も多いですが、あらかじめ基礎的な英語力を持った状態で留学に行くのと行かないのとでは、英語力の伸びはかなり違ってきます。

 

日常会話であれば、そこまで難しい文法知識は必要なく、中学レベルの簡単な文法でも十分に話すことができます。中学生・高校生のときに学んだ文法の知識は、決して無駄にはならないですし、学校で学んだ文法をすっかり忘れてしまった大学生・社会人の方も、まずは簡単な文法から勉強をすれば、「英語を話せる・聞ける」ようになります。

ドラマや映画のフレーズを覚えるときにも、単語や文法を理解した上で繰り返し聞いたり発声練習をしたりすることで、定着しやすくなります。

 

 

2-3. 発音・イントネーションを意識する

英語を身につけるためには、単語や文法に加えて、発音やイントネーションの習得も大切です。ドラマ・映画や、フレーズ集の教材などで英会話を勉強する際は、音声をしっかり聞いて「どのように発音されているのか」を確認するようにしましょう


発音がきれいにできないと、伝えたい内容がうまく伝わらず、また自分に向かって言われたときに、すぐに理解できません。

使える英語にするためには、音声を見本にして声に出して真似することが大切です。英語の「音」に意識を向けることで、徐々に英語のリズムを感じ取ることができるようになってきます。

 

 

2-2. 英語の語順を意識する

 

英語と日本語では単語の語順が異なります。日本語では「彼は昨日その公園で散歩した」ですが、これが英語だと”I walked in the park yesterday.”のようになります。疑問文など例外はありますが、英語は基本的に「主語→動詞」の語順になり、また「公園で(in the park)」などの補足的な情報は、後ろに付け足すことが多いです。

このように、英語を身につけるためには、英語の語順で、そして意味のかたまりごとにフレーズを組み立てることを意識することが大切です。


最初のうちは、言いたいことを一度に全部言おうとするのは難しいので、まずは「誰が」「どうする」だけを言って、後から必要な情報をつけ足していくイメージで発話練習をすると、少しずつ話せる表現の幅が広がっていきます。


英文を読むときも、スラッシュ( / )などを使って意味のかたまりごとに理解していくようにすると、少しずつ「前から英文を理解する」感覚が身についてきます

 

 


3. 英会話教材の選び方

英会話教材の選び方

 

正しい学習法と適切な教材を使って勉強すれば、誰でも英語は話せるようになります。ここでは、英語を上達させるためにおすすめの教材の選び方を紹介します

 

 

3-1. フレーズ・文法の解説がついているものを使う

英語フレーズをひたすら丸暗記で覚えようとしても、忘れやすく、また応用がききません。特に英語初心者の場合は、調べるのに時間がかかってしまうため、解説がついたテキストを選ぶことをおすすめします。

 

フレーズはたくさん紹介されているが和訳しか載っていない本・スマホアプリなどを使うよりも、フレーズの量は少ないが丁寧な解説がついているもののほうが、効率よく学習を進めることができます。


3-2. 音声がついているものを使う

正しい音を聞いて、声に出して発声する練習をするようにしましょう。

フレーズを覚えたい場合は、英語に加えて、日本語版が収録されている音声があるとなおよいです。日本語→英語の順番で収録された音声であれば、日本語を聞いて英語フレーズをアウトプットするトレーニングができます。英語と日本語が一緒に入っている音声であれば、テキストを開かなくてもすぐに英語を確認することができます。


「理解できているものを聞き流し」することで、少しずつ表現が記憶に定着し、リスニング力に加えてスピーキング力向上も期待できます。音声が無料でついているアプリもあるので、まずはそれを使って勉強してみるのもよいでしょう。


イントネーションなどは英語初学者の方は独学で学ぶのは難しいので、動画など発声のお手本がある教材を使うことをおすすめします。


3-3. スラッシュが入った英語・日本語訳を使う

英語や日本語訳にスラッシュ( / )が入ったテキストを使うことで、表現を意味のかたまりで覚えることができ、記憶に定着しやすくなります

発話の際に「どこで区切ればよいのか」の基準にもなるため、イントネーションなどが身につきやすくなり、また場面によってかたまりごとに表現を変えたりすることができるようになります。

 

 

3-4. 自分が興味のあるトピック、自分の目的に合った内容の教材を使う

教材選びでは、自分の目標に合った内容を扱ったものを選ぶことをおすすめします。

例えば、「海外出張のために英語が必要」といったビジネスパーソンであれば、TOEIC用の教材など、オフィス内での会話や電話対応といったビジネスシーンで使える英語が収録されたものを使い、「日本に来た外国人とコミュニケーションを取りたい」なら、外国人の人が興味のありそうな日本の文化などの話題が入った教材を使って勉強すると、飽きずに楽しく勉強を続けることができます。


「このフレーズはあの場面で使えそう!」と、自分が使うシチュエーションを考えながら覚えるようにすると、より記憶に定着しやすくなります

 

 

4. まとめ

4. まとめ

 

英語が話せるようになるには、ただ英語を「丸暗記する」「聞き流す」のではなく、覚えたいフレーズの文法や発音などをしっかり理解することがポイントです。


教材選びのポイントとして 

・フレーズ・文法の解説がついているもの
・音声がついているもの
・英語・日本語にスラッシュが入っているもの
・自分が興味のあるトピックや、勉強する目的に合った内容

が入った教材を使うことで、「英文をしっかり理解 → 発話練習で定着」がスムーズにでき、より効果的に英語学習ができます。


「上記の条件に合う教材を探すのは大変」「これを独学で勉強するのはちょっと難しいかも」という方におすすめなのが、「英語の理解」を促す7つのメソッドを取り入れた英会話教材「バイリンガリズム」です。


テキストでの学習はもちろん、バイリンガル英会話講師の山田暢彦先生による解説動画つきで、英語フレーズの解説や発音のポイントなどを丁寧に学ぶことができます

今なら2年間のメールサポートに対応しており、また60日間の返金保証つきなので、安心して試すことができます。

最短2ヶ月で英語が聞ける・話せるようになる「バイリンガリズム」の概要を見る


正しい勉強法と教材で、「英語を話せるようになりたい」という夢を叶えましょう!

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加