ビジネス英語学習のロードマップ!勉強法と頻出英会話フレーズまとめ

ビジネス英語の勉強法にお困りではありませんか?

この記事では、多数の英語教材を手掛けてきたメディアビーコン編集部が、ビジネス英語の勉強法や、おすすめの教材、ビジネスシーンの頻出英会話フレーズについて詳しく見ていきます。

詳しく知りたい情報をチェック↓

 


■ビジネス英語とは?

 

-日常英語との違い

ビジネス英語と日常英語の違いは何なのでしょうか?

ズバリ一言で言うと、言葉遣いに大きな違いがあります。ビジネス英語は日常英語よりも丁寧な言い回しを用い、日本語で言う敬語とタメ口のような違いがあります。

例えば、「電話番番号は何ですか?」という表現。

日常英語では、What’s your phone number?となりますが、これはカジュアルな表現です。

ビジネスシーンでは、May I have your phone number?のように、丁寧な表現を用います。

「英語の世界には敬語が無い」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、それは大きな誤解。

ネイティブが聞いても不愉快にならない言葉遣いを心掛ける必要があります。

詳しくはコチラ↓

 

-ビジネス英語の基本/押さえておきたいこと

ビジネス英語を勉強する上で押さえておきたいことは、あらかじめビジネスシーンで使用されるフレーズを想定しておくということです。

言い換えれば準備をしっかり行うということ。どんなことでも準備をすることは重要ですが、ビジネス英語では特に準備が大切です。

ビジネス英語はある程度、1つ1つの場面を想定することができるため、準備をすることで英語を上手く話すことにつながってきます。

会議の予定があるなら、会議で良く使うフレーズをあらかじめ覚えておく。プレゼンをするのであれば、プレゼンで良く使うフレーズを覚えておく。

この心構えがビジネス英語を使いこなす上で非常に重要です。

詳しくはコチラ↓

 

目次に戻る

 

■ビジネス英語の勉強方法

 

-習得方法

ビジネス英語でも日常英語でも、まずは英語の基礎を固める必要があります。

英語の基礎とは、中学英文法と英単語のこと。少なくともここを押さえられていなければ、ビジネス英語どころか日常英会話もできません。

大学入試レベルの難解な英文法問題集は解く必要はありませんが、少なくとも中学レベルの文法と単語は完璧に理解している状況を作りましょう。

 

詳しくはこちらは↓

 

-文法

上でも述べたように、会話やメールで使う英文法事項を押さえることが最優先です。

まずは中学英文法を押さえることで、会話に必要な英文法事項をマスターしましょう。

書籍で勉強する際は、大人向けの中学英文法の復習用教材やTOEIC教材など、ビジネスシーンを想定した教材を使用することをおすすめします。

詳しくはこちらへ↓

 

-単語

英単語を勉強する場合も、ビジネスシーンでよく出てくる英単語を優先的に覚えましょう。

ビジネスシーンでよく出る単語とは、

budget 予算
headquarter 本部、本社
negotiate 交渉

 

などなど

具体的におすすめなのはTOEICの英単語帳を使うこと。単語帳を駆使してビジネスシーンで頻出の英単語を覚えることで、英語がスムーズに口から出てくるようになります。

詳しくはこちらへ↓

 

-おすすめの本

ビジネス英語を書籍で学びたいのなら、やはりビジネス英語に特化した書籍を使うべきでしょう。

英語学習書籍にはさまざまな種類があり、学習法の紹介をメインにしたものから頻出の英会話フレーズを一覧にして掲載しているものまであります。

あなたのニーズにあわせて教材選びをするようにしましょう。

詳しくはこちらへ↓

 

-おすすめのアプリ

アプリの魅力は、スマホ1台があればいつでもどこでも英語学習ができること。スキマ時間や移動時間を学習時間に充てられることは、忙しいビジネスパーソンの強い味方となります。

また、低価格で学習ができる所も魅力の1つです。ゲーム感覚で続けられるアプリもあるので、英語学習を長く続けたい方にアプリがおすすめです。

詳しくはこちらへ↓

目次に戻る


■シーン別のTips

 

-ビジネスで使われる頻出フレーズ

ビジネスシーン全般で使用される頻出フレーズを押さえていきましょう。

例えば、こんな感じ。

 
英語:Hello. It’s a pleasure to meet you.
意味:こんにちは。お会いできて光栄です。


「glad」や「happy」よりも「pleasure」を使うことでより丁寧な表現になります。

詳しくはこちらへ↓

 

-挨拶・自己紹介の方法

大切なのは丁寧な表現を心掛けることです。

 

英語:How do you do?

意味:はじめまして。


教科書でお馴染みの表現は、Nice to meet you.ですがHow do you do? の方が丁寧な響きがあり、ビジネスシーンでよく使われます。

詳しくはこちらへ↓

 

-名刺交換の仕方

海外と日本とでは名刺交換の文化が大きく異なります。日本では細かい作法が多く存在しますが、海外ではそれほど重要視されていません。

名刺交換をする際に使える英会話フレーズはこちらです。

 

英語:Could we exchange business cards?

意味:名刺を交換していただけますか?


名刺は英語で「business cards」なので覚えておきましょう。

詳しくはこちらへ↓

 

-電話のかけ方

日本にいながらでも海外との取引がある会社であれば、英語で電話対応をすることもありえるでしょう。

英語での電話は、決まったフレーズをスラスラいえるように普段から準備しておくことが非常に重要です。

よく使うフレーズはこちら。

 

英語:This is Tanaka from X company. How can I help you?

意味:X社の田中です。ご用件は何でしょうか。

 

詳しくはこちらへ

 

-プレゼンテーション/提案の方法

英語でのプレゼンテーションも事前の準備が超重要です。ますは、プレゼンの構成を練って、わかりやすいプレゼンを心がけましょう。

よく使う英語表現はこちら。

 

英語:Today I’m here to talk you about…

意味:今日は~について話そうと思います。


万全の準備をして英語のプレゼンに挑みましょう。

詳しくはこちら↓

 

-会議で使える表現

会議のように複数人で会話をする場面で英語を話すのは緊張するかもしれません。「上手く聞き取ってもらえるだろうか? 相手の言っていることが理解できるだろうか?」などの不安を解消するためにも、頻出表現を押えて準備しておきましょう。

 

英語:Good morning everyone. If we’re all here, let’s get started.

意味:おはようございます。皆様おそろいでしたら、始めたいと思います。

 

詳しくはこちら↓

 

目次に戻る

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加