おすすめTOEIC対策アプリ5選!アプリで学ぶメリットやポイントもご紹介

TOEICを楽しく対策したい方や、時間を有効活用して勉強したい方におすすめなのが英語学習用のスマートフォンアプリです。

 

気軽に勉強を始められることに加え、教材としての質も高いので、アプリ学習だけでも充分スコアアップが期待できます。

 

しかし英語学習アプリは無料のものから有料のもの、問題演習中心のものから単語学習に特化したものまでさまざまあり、TOEIC学習用にどれを選んだらいいのか迷いますよね。

 

そこでこの記事では、アプリで英語を学ぶメリットから選ぶポイント、おすすめのものまで詳しく解説。これからアプリを使ってTOEIC対策をしようとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 


1. アプリでTOEIC対策をするメリット

アプリでTOEIC対策をするメリット

 

そもそも、「なぜアプリでTOEICの勉強をするの?」という人もいるかもしれません。

 

TOEICの本や模試問題は、書店に行けばたくさん売られているので、「アプリは必要ない」と思う方もいるかもしれません。しかし、最近の英語学習アプリは、しっかりと作り込みがされており、量・質ともに満足度の高いものばかりです。

 

そこでまずは、アプリでTOEIC対策をする3つのメリットについて解説します。

 

・時間と場所を選ばず学習できる

・ゲーム感覚で楽しく学習できる

・総合的な英語力が身につく

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 


1-1. 時間と場所を選ばず学習できる

アプリで学習する最大のメリットは、スマホがあればどこでもいつでもすぐに問題を解いて勉強ができることです。


テキストでは通勤中やスキマ時間に教材を開いて学習し、またカバンにしまってという作業が少し面倒ですよね。しかしアプリならスマホを使ってすぐに起動でき、テスト勉強を開始できます。


また、問題演習をするときは、画面をタップするだけで解答の選択ができるので、マークシートを使わず簡単に練習問題を解くことが可能です。

 

さらに、問題の音声や単語の発音なども収録されているので、通勤中や家事の合間に音声の聞き流しをすればヒアリング能力のアップも狙え、アプリひとつでリーディングとリスニング両方のテスト対策ができます

 


1-2. ゲーム感覚で楽しく学習できる

ゲーム感覚で楽しく勉強できることもアプリ学習の魅力のひとつ。

 

テキストで学習していると文字ばかりで飽きてしまったり、演習問題や模試を解くのがつらくなってしまったりしますよね。


しかしアプリでは、RPGのようなものや練習問題を解くことでポイントを獲得できるものなどがあり、問題を解いているというよりは遊び感覚でTOEIC対策ができ、初心者でも気軽に勉強を始められます。


「いつもたくさん教材を買うのに続かない」「もっと楽しく英語を勉強したい」という方は一度アプリを利用してみてください。

 


1-3. 本よりも低価格で利用できる

多くの英語学習アプリは、書籍を購入するよりも低価格で英語学習をすることができます。無料で学べるアプリも多数存在し、その利用のしやすさは多くの英語学習者にとって魅力といえるでしょう。

 

英語学習アプリは、多くの場合、テキストや教材がアップデートされていくため、最新の情報に触れながら勉強をすることができる点も書籍にはない利点といえます。またアプリは最初は無料体験ができるものも多く、実際に使いながら、より自分に合ったものを選ぶことができます。

 

英語の上達のコツは、たくさんの英語に触れることです。気楽に取り組めるアプリで英語の実力を上げていきましょう。

 

 


2. TOEIC対策のアプリを選ぶポイント

TOEIC対策のアプリを選ぶポイント

 

TOEIC用に作られたたくさんある英語学習アプリの中からどうやって自分にあったものを選べばいいのでしょうか

 

アプリをインストールする前に以下の3点に注目して選んでみてください。

 

・コンテンツが充実しているか

・価格はどうか

・長く続けられそうか

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 


2-1. コンテンツが充実しているか

アプリ内のコンテンツが充実しているか、まずチェックしましょう。

 

アプリの中には、演習問題や解説が少なく充分にTOEIC対策ができないものがあります。単語や熟語、フレーズなどはたくさん収録されているか、リスニングの音声がついているかなど、満足できるコンテンツ量かどうかを確認してください。

 

iPhoneのAppストアやアンドロイドのGooglePlayでは、レビューを見ることができます。また、ブログやまとめサイトでもユーザーがレビューをしているので、TOEIC英語学習用の人気アプリランキングなどを確認しながら、まずは無料版をインストールして試してみるといいかもしれません。

 


2-2. 価格

価格もアプリを選ぶ上で大切なポイント。

 

英語学習アプリは全て無料で利用できるものから有料のもの、月額制で利用するものなどさまざまあります。アプリを選ぶ際はどれだけ料金がかかるのか、どのように課金されるのかチェックしましょう。


もちろん有料のアプリの方が質が高く、コンテンツも豊富ですが、無料でも充分対策が可能です。自分がどれだけ費用をかけられるのかを考えながら、自分に合った価格帯のアプリを選んでくださいね。

 


2-3. 長く続けられそうか

アプリを選ぶ上で一番重要なのが、継続的に利用して学習していけるかどうか


TOEICでスコアアップを狙うには、コツコツと継続的に勉強していくことが重要です。そのため、アプリも自分が毎日続けられるもの、挫折せずに勉強できるものを選ぶ必要があります。


「解説がしっかりしていてわかりやすいアプリがいい」「ゲーム性が高く楽しく勉強できるものを選びたい」など自分が飽きずに学習できるようなアプリ選びが重要です。

 

無料で体験できるものが多いアプリの特徴を生かして、まずは無料版をインストールして自分に合ったものなのかを吟味していきましょう。

 

 

3. TOEIC学習におすすめのアプリ5選

TOEIC学習におすすめのアプリ5選

 

今やTOEIC対策のできるアプリは数多くあり、どれを選んだらいいのか分からないですよね。

 

そこで、ここからはTOEICの対策もできて、その後も英語力も鍛えられるiPhoneでもAndroidでも使えるおすすめの英語学習アプリを5つご紹介します。

 

・スタディサプリENGLISH

・abceed

・mikan

・LissN

・TEDICT

 

それぞれ特徴があるので、ひとつずつ見ていきましょう。

 


3-1. スタディサプリENGLISH

引用:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.studysapurienglish.toeic

 

リクルートが運営している人気の英語学習サービス「スタディサプリENGLISH」。用意された3つのコースの中にTOEIC対策コースがあり、TOEIC試験に特化した学習が可能です。


このアプリはレッスンの質が非常に高く、ボキャブラリーから文法、リーディング、リスニングまでをこのアプリひとつでカバーしています。模擬試験もあるので、テストに近いトレーニングも可能です。レベル別に学習内容が変わるので、TOEICを初めて受ける初心者から満点を狙う上級者まで幅広い方におすすめしたいアプリです。

 

またひとつひとつの動画レッスンが短く、スキマ時間を利用した学習が可能。なかなか時間の取れないサラリーマンや主婦にピッタリなアプリです。

 

月額2,480円(税抜)からスマホだけでなくパソコンからでも利用でき、7日間の無料体験を実施しているので、気になる方はぜひ一度試してみてください。

 


3-2. abceed

引用:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.globee.abceedanalytics&hl=ja

 

英語教材をアプリ内で閲覧できる「abceed」はTOEICのテスト対策にも最適。スマホでテキストを読める電子書籍のような感覚で利用できます。


しかし普通の電子書籍と違うのが、学習に特化したアプリであること。問題演習の画面ではタップすることで解答の選択ができ、答え合わせや解説の表示などをアプリが全て行ってくれます。TOEICのpart1~7の全ての問題を解けるので、自分の苦手なパート、または難しいといわれるpart3やpart4などの強化にも役立つこと間違いなしです。

 

そのほか、有料ですがAIを使った学習やMy単語帳、ディクテーションができる機能など英語学習に必要な機能も充実。音声は全て無料で利用できるので、わざわざCDを使う手間が省けます。

 

公式問題集も利用できるので、演習問題をたくさん解きたい方にもおすすめです。まずは無料プランから試してみてはいかがでしょうか。

 

 

3-3. mikan

引用:https://play.google.com/store/apps/details?id=link.mikan.mikanandroid&hl=ja

 

ボキャブラリーに特化したアプリをお探しの方は「mikan」がおすすめ。Appストアのランキングでも1位を獲得した人気のアプリです。

 

TOEICに特化した単語学習ができるほか、大学受験コースやTOEFL対策コースなど豊富な15のコースから選んで学習できます。


mikanの一番の特徴は学習のスピード感。30秒で10単語と超特急で学習でき、単語テストで復習していくサイクルを繰り返すことで、効果的に語彙力を高められます。

 

また、それぞれの英単語にはネイティブの発音が収録されており、リスニング力アップに最適です。アプリのデザインもシンプルで使いやすいことも魅力のひとつ。

 

基本無料で利用できますが、さらに機能を増やしたい方は月額600円から「mikan Pro」に変更可能です。

 

 

3-4. LissN

引用:https://apps.apple.com/jp/app/apple-store/id991262185

 

日経グループの記事を読みながら英語力を鍛えられる「LissN」。英語の勉強と同時に経済の知識が身につきます


学習の流れはまず、英語で書かれた長文記事をネイティブの音声とともにインプット。その後、理解度テストの問題を解き、解説を読んで復習します。英文には日本語の対訳が載っているので、分からない単語やフレーズ、熟語などがあってもすぐに確認ができます。


また、記事の内容は身近なニュースが多く、難易度も選べるので、飽きずに継続した英語学習が可能です。


利用は月額600円から。質の高い記事が1日20円で読めるのは非常にお得ですよね。ビジネス英語を扱うTOEIC対策に最適なアプリですので、まずは無料体験を試してみることをおすすめします。

 


3-5. TEDICT

引用:https://apps.apple.com/jp/app/tedict/id537961396

 

リスニングのトレーニングに最適なのが、TEDのプレゼンを題材とした英語学習アプリ「TEDICT」。

 

このアプリはディクテーションに特化していて、流れるフレーズを単語レベルでタイピングしていくので、リスニングとともに文法やライティングの練習にもつながるのが特徴です。スペルに不安がある方やディクテーション初心者の方はTEDICTisyモードを選択すれば、並べ替え問題に変更できます。


TEDICTの大きな特徴はトピックの豊富さ。ディクテーションしていると音声の内容がつまらなくて挫折してしまうことが多いですよね。ですがTDICTなら自分が興味のあるテーマを選んで学習できるので、飽きずにディクテーションを行うことができます。また、ダウンロードをしてオフラインで学習できるのも嬉しいポイントです。

 

 


4. まとめ

 まとめ

 

TOEIC対策の学習は、ポイントをきちんと押さえておけば、テキストだけでなくアプリでも充分可能です。

 

演習問題が豊富なもの、模試のあるもの、長文読解や単語学習に特化したものなどさまざまな特徴のあるコンテンツがあり、質の高さもテキストに引けをとりません。

 

アプリには無料のものから有料のものまでさまざまあります。TOEICのテスト勉強にスキマ時間を利用したい方や書籍では挫折してしまう方、まずは無料版からでいいので、ぜひ一度アプリを試してみてくださいね!

 

TOEICについてさらに詳しく見る

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加