音読はいいことだらけ!?英語学習に取り入れてみよう!

「音読」と聞くと中学校や高校で教科書の文章を声に出して読んだ光景が浮かぶ方もいらっしゃるかもしれません。

大人になった今、1人で音読するのは抵抗があるかもしれませんが、実は音読用に工夫された教材や音読を取り入れた勉強法はたくさん存在します。

英語は言語であり、コミュニケーションの手段です。声に出さなければ英語はできるようになりません。音読を適切なやり方で学習に取り入れれば、英語を使う感覚が体に染みついてきます

独学での英語学習に行き詰まりを感じている人や、英語を勉強したいけど何から手を付けていいかわからないという方に、音読を取り入れたおすすめの学習法についてご紹介します。

 

1. 英語の上達に音読が効果的な理由

音読のための本

 

音読の効果はいろいろありますが、主に次の3点です。

 

①英語の音の変化やイントネーションに耳が慣れて英語が聞き取りやすくなる

②表現が定着しやすい
③読解スピードが向上する

 
①英語の音の変化やイントネーションに耳が慣れて英語が聞き取りやすくなる

「英語の音に慣れるだけなら英語の音声を聞いていればいいのでは?」と思われるかもしれませんが、ただ聞くこととそれを自分の口で再現することとは大きく異なります。聞いただけで音を認識できた気になりがちですが、案外認識できていないものです。自分でも音を再現できるようになると、正確な音を認識できる段階に近づきます。

 

いくら単語や表現を覚えていても、リスニングでなかなか英語が聞き取れない原因の1つは、発音やイントネーションを認識できていないことです。会話の内容やシチュエーションによって、同じ英単語や表現でも前後の単語とつながりで音が微妙に変化したり、イントネーションが変わったりすることはよくあります。英語特有の音の変化やイントネーションに慣れるには、ただ聞くだけでは不十分で、自分で音を再現できるようにする練習が必要です。

②表現が定着しやすい

他にも嬉しい効果が期待できます。暗記をする際にただ眺めているだけよりも、声に出したほうがスムーズに暗記できるという話を、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。音読をすれば、そこに登場する表現が定着しやすくなり、声に出した回数が多ければ多いほど意識せずに表現が出てくるようになります。


③読解スピードが向上する
音読をすることは、センター試験やTOEICが時間内に解き終わらない人にとって、非常に効果的な練習です。英語の資格試験対策ではよく「速読」が取り上げられますが、私が考えるにセンター試験やTOEICに速読は必要ありません。音声の読み上げ速度と同じ速度で英語を読むことができれば、十分に全問解くための読解スピードに到達できます。つまり、音声の読み上げ速度と同じ速度で読解ができれば、平均的な受験者からしてみれば、既に「速読」ができているということになります。これが音読がリーディング力を上げるために効果的な練習とされている理由です。

 
 

2. 何でもいいわけじゃない!教材選びのポイントは単語や例文のレベルと声に出しやすい工夫

 

TOEICなどのテスト対策の問題集から洋書、映画やドラマなど、音読できるものは身の回りにたくさんあります。しかし、これから音読を学習に取り入れようとしている方には、難易度の高い表現がたくさん含まれる英語の本や英語コンテンツに挑戦するのはあまりおすすめしません。

というのも、内容もわからずただ音読をしていても効果が期待できないからです。また、表現や単語を調べるのに膨大な時間を費やさなければならない教材では、音読を始める前にやる気を失ってしまいがちです。音読を長く続けるコツはある程度理解している文章を読むことです。

最初は基礎的な表現が8割以上の日常英会話のテキストなどから始めるのがおすすめです。または、音読用の教材を使うのもよいでしょう。amazonで「英語 音読」と検索して音読に向いている本を探してみましょう。音読用の教材は音読がしやすい工夫がされているため、使用している単語が優しくなっていたり、CDのスピードが通常よりもゆっくりになっていたりするのでおすすめです。

音読の教材はさまざまですが、短い会話のやりとりを扱ったものであっても、英語の音の特徴をうまくつかめる工夫がされている教材がいくつかありますので、ぜひ活用してみてください。慣れてきたら、使われている表現が難しめのものや長文にチャレンジするようにして、少しずつレベルアップしていってください。

 

また、最近は英語でニュースや身近なトピックについての記事を無料で配信しているアプリもいくつかあります。中には英文読み上げ音声付きのコンテンツもあります。そういった気軽に取り組めるものであれば、毎日のちょっとした空き時間でも取り組めるので初心者の方におすすめです。音読の素材はインターネット上のいろいろなところに転がっています。いろいろな英文の音読に挑戦してみましょう。

 

そして、もう1つ教材を比較するときに意識していただきたいのは、声に出しやすい工夫がされているかどうかです。「え? ただ音読すればいいだけでしょ?」と思われるかもしれませんが、1人で学習していて音読を続けるのは結構大変です。

音声が付いているのはもちろん、英単語や表現の解説が同じページに掲載されていて調べる時間を省けたり、リピートする時間があらかじめ設定されているなどのトレーニングをしやすい工夫がされているかどうかがポイントです。

教材に学習の進行をコントロールしてくれる工夫がされていれば、まず聞いて、次は音声の後に繰り返して…と1人でも集中して学習を進めることができます。

 
 

3. 発音チェックから英文のディクテーションまで 基本的なやり方を押さえよう

ノート

 

音読を1人で続けるのは大変ですが、少し工夫するだけで飽きずに続けられ、英語の音も表現も定着しやすくなります。

音声付きの教材を使って(1)~(4)の手順で効果的に音と表現を身に付けましょう。

 

(1) 音声を聞いて、内容がどこまで理解できたかチェック。わからない表現や単語は和訳を見たり辞書などで確認する。

ここで、単語や表現は知っていたのに聞き取れなかった箇所は発音やイントネーションを正しく認識できていない可能性が大きいです。2回目に聞くときは特に注意して聞きましょう。


(2) もう一度聞いて内容が理解できたかチェック。


(3) 1文ずつ読み上げ音声を止めて、英文を復唱する(リピーティング)。

教材によっては、音声の後に学習者がリピートする時間をあらかじめ設けているものもあります。そうでなければ、1文ずつ音声を止めて、声に出します。スムーズに読めるようになるまで繰り返します。目安としては10回以上リピーティングを繰り返すと、かなりスムーズに読めるようになります。ポイントは登場人物になりきること。シチュエーションを意識して音声により近い音で声に出せるようになるまで続けましょう。


(4) 慣れてきたら音声にかぶせるようにして音読する(オーバーラッピング)。

このオーバーラッピングを繰り返し、音声の速さについていけるようになるころにはかなり音や表現が定着しています。こちらも目安として10回は繰り返しましょう。リピーティングとオーバーラッピングで合わせて20回読み上げれば、かなりスムーズに英語を発音できるようになるはずです。


(5)音だけを聞いて英文を書きとる(ディクテーション)。
※上級者向け

リピーティング、オーバーラッピングまででもかなりの学習量ですが、さらに表現を定着させるには手を動かすのが効果的です。音声を聞き、1文ずつ止めて、その間に音声の英文を書きとります。ディクテーションのメリットは、聞き取りが苦手な単語や音を発見できるほか、文法構造をヒントにしながら何を言っているのか聞き取ろうとする習慣がつくため、文法力が上がることです。正確に聞き取れなくても、相手の発話した内容を推測できるようになるという点もメリットの一つです。いきなりディクテーションをするのは難易度が高いですが、音読の後なら、記憶している英文も多いはずなので比較的容易にできますので、ぜひ試してみてください。

 

 

以上の方法を参考に音読をして、英語を素早く適切に読む練習を繰り返しましょう。

 
 

4. 【まとめ】音読を取り入れた学習で英語を使う感覚を鍛えるトレーニングを

レストラン

 

音読は英語の音の特徴を正しく認識したり、表現を定着させたりするのに効果的です。

教材は、わかっている表現が8割以上の易しい日常英会話のテキストなどがおすすめです。声に出すことは大事ですが、内容が理解できないまま声に出しても効果が期待できません。自身のレベルに合った英文を使って始めてみてください。

音読を繰り返すと、英語を話す時の標準的な速さやイントネーションを身に付けることができます。学習に取り入れるときは、まずしっかり音声を聞く、リピーティング、オーバーラッピングの順に行い、さらに表現の定着を図るならディクテーションをあわせて取り入れてみてください。

英語を使う感覚が鍛えられると、リスニングで音声を聞いてもそんなに早口に聞こえなくなりますし、自分の読解スピードも向上します。

さらに音読することによって、表現が定着しやすくなります。今回はご紹介しませんでしたが、単語や表現を覚えるときも、単語を単体で覚えようとするより、その単語や表現が使われた例文の音読を行うと、とても効果的です。

音読を英語学習に取り入れて、効率よく音と表現を身に付けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事