独学で英会話力を伸ばすシャドーイングのやり方

英会話の練習として、「シャドーイング」という英語の練習方法を聞いたことがある人も多いでしょう。


ただ、
「実際、シャドーイングってどういうトレーニング?」

「シャドーイングは英会話力を伸ばすのに効果があるの?」

「初心者が独学でやるのは難しいのでは?」


そういった疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回はそういった方へ向けて、独学で英会話力をアップさせるための「シャドーイングの手順」について詳しく解説していきます。

独学で英語力を伸ばしたい方は、ぜひチェックしてみてください!

 

 


1.再確認しておこう!シャドーイングってどんな練習?

シャドーイングとは、流れる英語の音声を真似して発音するトレーニングです。


厳密にいえば、音源を聞いた後に発音するので、流れる音声より少し遅れて発生することになります。音声は特にシャドーイング用のものである必要はなく、あらゆる英語の音声が教材です。


つまり、誰でも手軽にお金をかけることなく行える練習方法といえるでしょう。

 

 

2.シャドーイングを取り入れると得られる3つの効果

シャドーイングは手軽に行えるうえ、英語力の向上に非常に効果があります。


また、あるスキルが偏って伸びるということもなく、全体的に満遍なく鍛えられるのが特徴です。シャドーイングで伸びる能力としては、具体的に以下の3つが挙げられます。

 

 

①リスニング力が向上する

シャドーイングが最も効果を発揮するのが、リスニング力の向上でしょう。


なぜなら、シャドーイングでは耳で聞いた後に、その英語を再現するからです。正確に音源を再現するためには、まずはしっかり聞き取れなければいけません。


聞いて発音する。これを繰り返すことで、自然にリスニング力が向上します

 

②英語の自然な発音が身につく

シャドーイングを行うことで、英語の自然な発音が身に付きます


なぜなら、単語やフレーズ単体ではなく、ある程度まとまった長さの英語を発音するからです。センテンスを話すことで、抑揚や単語間の繋がり、音の消失を体で覚えられます


ネイティブの音源を必死に追いかけているうちに、自然に発音が上達していくでしょう。

 

 

③使えるフレーズを覚えられる

使えるフレーズを覚えられるというのも、シャドーイングの大きな効果の1つです。


シャドーイング練習では、同じセリフを繰り返し、繰り返し発声します。それによって、頭ではなく体でそのセリフを覚えてしまうのです。


英語の勉強はスポーツの練習と同じです。素振りでスイングを固めるように、シャドーイングでフレーズを体に覚えさせましょう。

 
 

3.【やり方】効果的にシャドーイングを行う5ステップとコツ

ここでは、効果的なシャドーイングのやり方を5ステップで紹介します。


シャドーイングを行う際は、スクリプト付きの音源を用意します。シャドーイングに適した音源は記事の最後に紹介しますので、そちらを参考にしてください。

 

3-1.①リスニングを行う

まずは音源を流して、いわゆる一般的なリスニングを行います


聞く英文は、日常英会話用の教材だけでなく、TOEICなど資格試験の教材などでもかまいません。ただし、ここでまったく英語が聞き取れないようなら、使っている英文のレベルが高すぎる可能性があります少なくとも7割くらいの音は聞き取れる教材を選ぶようにしましょう。


英語を聞き取るだけでなく、内容を理解するように心がけてください。

 

 

3-2.②スクリプトを確認する

何回か繰り返し聞いて、これ以上理解できないところまで来たらスクリプトを確認します。


スクリプトを見ると、おそらく以下のような点に気付くはずです。

・ 発音していない音がある

・ 変化している音がある

・ 繋がっている音がある など

 

ネイティブが自然に発音すると、文字で書いたのと全く違う部分が出てきます。こういった箇所は、シャドーイングの際にも注意が必要です。

 

 

3-3.③スクリプトを見ながらリスニングを行う

今度はスクリプトを見ながら、音源を流してリスニングを行います


このときに改めて、上で挙げたような発音を音源を聞きながら確認します。スクリプトを見ながら音声を聞くことで、どんな変化が起こっているかが理解できます。忘れないようにスクリプトにチェックを入れておくのも効果的です。

 

 

3-4.④スクリプトを見ながら発音する

ここまできたら、いよいよシャドーイングを行っていきます。


まずは、スクリプトを見ながらです。音源を流して耳で聞いたと同時に、音源を追いかけるように真似して音読していきます
おそらく最初はスピードが追い付かず、置いていかれてしまうと思います。それでも構いません。何度も繰り返して追いかけられるようにトレーニングしましょう。


まずは「音」に意識を集中させて発音していき、発音に慣れてきたら「意味」もイメージしながら発声すると、より効果的にシャドーイングすることができます

 

3-5.⑤スクリプトを外して発音する

最後は、スクリプトを外してステップ④と同じようにシャドーイングをします。


ここで問題となるのが、聞いた英語を記憶しておけないということです。発音しているうちに分からなくなって、途中で諦めてしまうこともあるでしょう。


ただ、繰り返していけば必ずできるようになります。繰り返し、繰り返し行って音源に付いていけるようにトレーニングしていきましょう

 

 

4.シャドーイングにおすすめの教材を紹介!無料アプリも

シャドーイングの手順が分かったところで、シャドーイングの教材となるプラットフォームやアプリを紹介します。


シャドーイングはセリフを真似することになるので、興味のある教材でないと身が入りません。あなたの興味のある教材を選んで、楽しくシャドーイングに取り組みましょう

 

4-1.YouTube

YouTubeは、言わずと知れた動画配信プラットフォームです。


世界中の動画が集まっているので、もちろんシャドーイングに適した動画も上がっています。具体的には、以下のような動画でシャドーイングを行うのがおすすめです。

 

・ 映画の予告編動画

・ 英語圏の一人語り系ユーチューバー

・ インタビュー動画

 


好きな俳優・好きなユーチューバーの動画を選ぶと、モチベーションも上がるでしょ

 

 

4-2.Netflix

Netflixは有料の動画コンテンツ配信プラットフォーム・アプリです。


人気の海外映画・海外ドラマを多数視聴することができるので、好きな映画やドラマが見つかります。また、日本のアニメも英語音声・英語字幕が付いていることがあり、アニメ好きにもNetflixはおすすめです


有料とはいえ月々1,000円以下なので、英語学習に利用する価値ありです。

 

4-3.TED Talks

TED Talksは、英語のプレゼンを視聴できるプログラムで、無料アプリもあります。


プレゼンターは各分野のスペシャリストで、発音だけでなく話し方についても学べます。また、ジャンルが科学、医療、教育など多岐に渡るので、あなたの興味のある分野の英語を学ぶことができるでしょう。


まずは短い時間のものから選んでみて、徐々に体に慣らしていきましょう。

 


5.まとめ

 

今回は、シャドーイングの概要や具体的なトレーニングの手順について解説しました。


本記事の要点は、以下のとおりです。

・ シャドーイングとは、流れる英語の音声を真似して発音するトレーニング

・ 発音の習得に役立つだけでなく、ヒアリングやスピーキングも強化される

・ シャドーイングの教材はオンラインを活用すればいくらでも見つかる

 

シャドーイングは意外と簡単です。この記事を参考にして、シャドーイングのやり方を覚えて、英語学習に取り入れて英会話力を効果的に伸ばしましょう。

 
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加