英語教材編集者が選ぶビジネス英会話習得におすすめの教材・本ランキング

「仕事で英語を勉強しないといけなくなった!」
「昇進にどうしても英語が必要だ!」

このように、ビジネス英会話の勉強が必要な方は結構多いのではないでしょうか。

この記事では、あらゆるビジネス英会話教材を比較してきたメディアビーコンの英語教材編集者が、おすすめのビジネス英会話教材・本のランキングをお教えします。

それではさっそくランキング第1位から発表していきます。

 

 

第1位 『英会話ペラペラビジネス100 』(アルク)

引用:https://ec.alc.co.jp/book/7002454/

 

Amazonのビジネス英会話書籍の中でランキング1位を獲得しているのが、この『英会話ペラペラビジネス100』です。

NHKのラジオ英語講座で講師を務める人気ネイティブ英会話講師スティーブ・ソレイシィ先生による、ビジネス英会話書籍の超ベストセラーです。

日本人が間違いやすい英会話表現や、ビジネス英会話で頻出の語彙や表現はもちろん、握手の仕方から電話の取り方まで、ビジネスの現場ですぐに使える具体的で実践的な知識をこの本を通じて学ぶことができます。

CDも付いており、テキストを読み込んだ後は耳での学習も可能になり、リスニングの上達にも役立ちます。

Amazonのレビュー評価も非常に高く、長年英語学習者から信頼され続ける1冊です。


第2位 『ビジネス英語 パワー音読 トレーニング 英語を話す瞬発力を手に入れる』(DHC)

引用:https://www.dhc.co.jp/goods/cagoods.jsp?cCode=11218002

 

こちらもAmazonでベストセラーとなっている、口コミでも評判の良い人気の1冊。

最強の音読メソッドと最小限のトレーニングで、英語スピーキング力を鍛えるというのが本書のコンセプトです。

音読トレーニングはスピーキングの練習にもなりますが、もちろんリーディング力、リスニング力、ライティング力を上げることにも大きく貢献します。話す、読む、聞く、書くという動作は全て繋がっており、音読トレーニングは英語上達へ向けた最強のトレーニング方法といえるでしょう。

 

それ以外にも語彙力を上げたり、発音や英語を流暢に話すトレーニングにもつながります。

本書の基本的な構成は、ビジネスの現場を想定したダイアログを読み、その後会話で使われている重要フレーズなどのポイント解説を意識しながら、音読トレーニングを積むというもの。

著者の横山カズ先生が提唱するPOD(パワー音読)というメソッドに従って音読を続けることで、英語の意味を正確に理解することはもちろん、発音やアクセント、読み上げるスピードなど英語を話すスキルを一気に伸ばすことができます。

このメソッドは他の教材にも役立てることができるので、気になる方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

 

第3位 『会話もメールも英語は3語で伝わります』(ダイヤモンド社)

引用:https://www.diamond.co.jp/book/9784478069400.html

 

英語の勉強はこれまで一生懸命やってきたけれども、英会話や英文ライティングはどうしても苦手だという人に読んでいただきたいのがこの本です。

日本人は、文法的には間違っていないけれども、実際の英会話では言わないような回りくどい表現を使いがちです。迅速な対応が求められるビジネスの世界では、言いたいことを簡潔明瞭に伝えられる能力は非常に重要です。

この本では回りくどい英語表現から離れて、3語の英語で正しく明快に言いたいことを伝える方法を学ぶことができます。

内容は英会話初級者の方でも十分に理解できる、簡単な表現ばかりです。

この本を効果的に利用することで、伝わりにくい英語表現から脱却しましょう。


第4位 『ビジネスで1番よく使う英会話 現場で本当に使える万能フレーズ160 』(Jリサーチ出版)

引用:https://www.jresearch.co.jp/book/b372857.html

 

仕事の現場で必須の万能キーフレーズを160個収録しているのがこの1冊。

ビジネス英会話では自分の言いたいことを伝えるための言い回しをどれだけ知っているかが非常に重要です。この本では、実際のビジネスの現場やシチュエーションに応じたフレーズ・表現を多数学ぶことができます。

CDは付属していませんが、専用のサイトから音声のダウンロードが可能です。ダイアログの読み上げ音声は、ロールプレイができるように片方の人物の音声を消したものが収録されており、実践的な会話練習ができます。

ビジネス英会話の基礎力養成にもってこいの1冊です。


第5位 「NHKラジオ英語」

引用:https://www.nhk-book.co.jp/detail/000009445092019.html?utm_source=nhk&utm_medium=mygogaku&utm_campaign=text2019

引用:https://www.nhk-book.co.jp/detail/000008825092019.html

 

第5位として紹介するのが、英語学習の大定番であるNHKのラジオ英語講座です。

ラジオ英語は1日15分で、毎日独学で英語を学習する習慣を作ることができる優れもの。忙しい大人でも毎日続けられると口コミでも評判の英語教材です。

公式サイトから過去1週間分の放送を無料でストリーミング再生できる点もラジオ英語をおすすめしたい理由の1つです。

NHKのラジオ英語は現在さまざまな人やレベルに合わせた番組を10番組以上放送中ですが、その中でも特にビジネスパーソンにおすすめしたいのが「入門ビジネス英会話」と「実践ビジネス英会話」です。

「入門ビジネス英会話」は、毎回ビジネスの場面でよくあるシチュエーション(会議やプレゼン、同僚との会話など)を取り上げ、頻出の英会話フレーズを学ぶことができます。入門者向けの講座なので、就職を控えた大学生や、今後海外でも仕事をしていきたいと考えている方におすすめしたい講座です。

「実践ビジネス英会話」は、入門コースよりももっと実践的な講座です。実際のビジネス現場での雑談に役立つような、最新の興味深いトピックから英語を学ぶことができます。中級者以上の、現在まさに英語でビジネスをしているという方におすすめしたい講座です。

テキストを書店や公式サイトで購入することも可能です。こちらには英文スクリプトが掲載されているので、より学習が進めやすくなるでしょう。

 

 

番外編 『英文ビジネスEメール実例・表現1200』(Z会)

引用:https://www.zkai.co.jp/ca/english/english_mail.html

 

最後に英会話教材ではありませんが、ビジネスの世界で英語を使う人にぜひ知っておいていただきたい教材を番外編としてご紹介します。

 

「仕事で英文メールのライティングをする機会がある」という方におすすめしたいのが『英文ビジネスEメール実例・表現1200』です。

非ネイティブの人が自力でEメールを作成しようとすると、使用している単語や表現は適切かどうかなどにこだわりすぎて、必要以上に時間がかかってしまいませんか?

この本では約100のビジネスの現場を想定したメール実例と約1200以上のメール例文を紹介しています。書き換え表現なども豊富に掲載されているので、各々の状況にあわせてメールを作成することも可能です。

 

EメールはTOEICの長文問題にも頻出なので、この本でEメールの型を学ぶことで、TOEICのスコアアップも期待できます。

 

【まとめ】ビジネス英会話教材の選び方

勉強する男性

 

いかがだったでしょうか? ビジネス英語の教材をいくつかご紹介しましたが、最終的にはあなたの実力に合った教材を選ぶことが最も重要です。

 

そして、ここでご紹介した教材を通してビジネス英会話の基礎を身につけたら、洋画のDVDを英語音声で何度も見たり、洋書を読んだりして、英語に触れる機会をできるだけ増やしてみてください。

たくさんの英語に触れて、ビジネスの世界で英語を使って活躍できるように頑張りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事