【年代別】英語力を伸ばしたい人にオススメの記事を紹介!

英語は子どもから大人まで、様々な年代の人が学んでいますが、年代に合った勉強方法は異なります。 

 

ここでは、

・子ども(幼児・小学生)

・学生(中学生・高校生・大学生)

・大人(社会人~)

のそれぞれに合った英語勉強法についての記事をまとめました。効果的な学習方法を知るために、ぜひチェックしてみてください!

 

 


1. 子ども

子どもと言っても赤ちゃん~小学生まで幅広いですが、まずは子どもの英語教育の全体像をおさえるために、「子どものときから英語を学ぶメリット」や「学習方法」についてまとめたコチラをチェックしてみるとよいでしょう↓

 

 

■幼児(0~5歳)

「幼児教育の内容」や「教材選びのポイント」など、保護者が知っておくとよい情報をまとめています↓

 

■小学生

2020年から小学校5・6年生では英語が教科としてスタートし、3・4年生では外国語活動が必修化されます。「何から始めたらいいのかわからない」という方は、家庭での勉強方法などについてまとめた以下の記事を読んでみてください

 

 

2. 学生(中学生・高校生・大学生)

各段階ごとに学習法についてまとめています。自分に合った記事を選んで読んでみましょう。

 

■中学生(定期テスト対策の勉強法などについて)

 

■高校生(大学受験に向けた学習方法などについて)

 

■大学生

 

 


3. 大人(社会人~)

社会人になると仕事で忙しくなり、勉強する時間を確保するのが難しくなります。

 

以下の記事では、忙しい人でも効果的に学習できる方法をまとめています↓

 

また、スキマ時間に勉強できる英語アプリを知りたい人は、ぜひコチラをチェックしてみてください

 

 

 

4. まとめ

子ども・学生・大人は環境や目的などが異なるので、それぞれに合った学習方法を取り組む必要があります。

 

上記の記事を読んで、年代別の効果的な学習法を知って、日々の勉強に生かしましょう!

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 

「英語が聞き取れない」というお悩みはバイリンガリズムで解決!

バイリンガリズム

 

「いろんな英語学習法を試したけど、結局どれもいまいち成果が出ない……」

こんなふうに英語学習に行き詰っている方は、1日10分最短60日でネイティブ英語が聞き取れるようになる英語教材『バイリンガリズム』をぜひお試しください。バイリンガリズムで学習を続ければネイティブスピーカーと同じ思考回路で英語を聞き取ることが可能になります!

著作30冊以上、累計60万部突破。監修した『中学英語をひとつひとつわかりやすく。』(学研プラス)シリーズが大ヒット中のベストセラー著者、山田暢彦先生考案の「バイリンガリズムメソッド」で学習すれば、あなたの「英語ができるようになりたい!」という夢を現実にすることが可能です。

 

例えばこんなとき……

「どの英会話教材に挑戦しても長続きしない……」
「何を試しても英語を聞き取れるようにならない……」
「TOEICや英語の試験で点数があがらない……」

 

あなたの悩みをバイリンガリズムが解決します!

 

今すぐチェックする!