TOEIC800点を目指す人は知っておきたい!800点レベルの評価とおすすめの勉強法

TOEIC Listening & Reading Test(以下、TOEIC)は、英語によるコミュニケーション能力を測るテストで、日常生活からビジネスシーンまで幅広い場面に対応しています。大手企業や政府関連機関以外にも、TOEICテストを利用する企業や団体は増加傾向にあります。 


目指すTOEICのスコアは人によって異なりますが、「TOEIC高得点」の1つの指標がTOEIC800点ではないでしょうか。

しかし、800点がそれなりに高いレベルということは知っていても、具体的に800点のレベルはどのようなものか、いまいちよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。


ということで今回は、800点の評価とおすすめの勉強法をご紹介します。

 

 

1. 800点のレベルとは?企業での評価は?

蛍光ペン

 

TOEIC試験の運営元である一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会は、以下のとおりTOEICスコアの評価を分類しています。

 

(1) 220点未満

(2) 220点~470点

(3) 470点~730点

(4) 730点~860点

(5) 860点以上

 

それぞれのスコア評価について詳しく見ていきましょう。

 

(1) 220点未満

220点未満の英語力は、単語を並べてコミュニケーションがとれる程度で、文章を構築することは困難です。語彙や文法の知識も限られているため、断片的な情報理解にとどまります。

 

(2) 220点~470点

220〜470点未満の英語力は、何とかコミュニケーションがとれるレベルです。相手に発言を何度も繰り返してもらうことで、徐々に会話の内容が理解できるでしょう。ただ、流ちょうに意思疎通ができるわけではありません。

 

(3) 470点~730点

470〜730点未満の英語レベルは、通常の会話であれば適切に応答ができ、自分の意思を伝えることができます。基本的な語彙・文法は身に付いており、簡単なコミュニケーションならストレスなく行うことができます

 

(4) 730点~860点

通常の会話であれば全く問題なく、応答も迷うことなくできます。専門的なトピックであっても話についていくことができ、仕事でも活用できる英語力があると言えます。日本企業であれば、「英語がそこそこできる人」とみなされるレベルです。

 

(5) 860点以上

通常の英会話だけでなく、専門的な会話であっても十分に理解し、適切な表現を使い分けられます。流ちょうに自分の意見を英語で伝えたり、正確に相手の話を理解したりすることができます。

 

800点は「730~860点の間」ですから、話題が専門分野に及んでも、対応できる能力を持っており、業務上大きな支障はないとみなされています。

 

 

1-1.TOEIC Listening & Reading 800点以上のスコア到達者の割合

TOEICテストの構成は、リスニング(約45分・100問/5~495点)、リーディング(75分・100問/5~495点)、合計出題数は200問でスコアは990点満点です。

 

では、800点以上のスコアの人はどのくらいいるのでしょうか?

 

toeicスコアグラフ

(2019年9月実施 第243回平均スコア・スコア分布[国際ビジネスコミュニケーション協会] ※表はEnglish Study Cafe編集部作成)

 

上記のグラフから、795点以上のスコアを取得した受験者は、約13%いることが分かります。

 

800点以上を取得できる英語力を持った受験者は、全体の1割程度しか存在しないため、800点以上を取得できることは、日本人の中では英語がそれなりに得意であるという証明になります。

 

 

1-2.企業での評価

多くの企業・団体が採用時にTOEICのスコアを参考にしています。また、TOEICスコアを昇進・昇格の要件としている会社も増えており、スコアに応じて報奨金や資格手当を支給するなど、TOEIC受験を推進する傾向が高まっています。
 
国際ビジネスコミュニケーション協会の発表によると、新入社員35,552人のうち、TOEICで800点以上を取得したのは2,626人。わずか7.4%にとどまっています。
 
英語で十分なコミュニケーションができる素地を備えているという位置づけのTOEIC800点は、就職・転職・昇進・転属において評価され、大きなアピール材料になるといえます。
 
 

2. 800点を取るための基本方針

電球

 

800点を目標に定めたら、それに応じて勉強の方法を考えなくてはいけません。スクールに通うのか、アプリで学習をするのか、参考書や教材で独学するのか……。また、勉強時間も確保する必要もあります。

 

ということでここからは、TOEIC800点を取得するために意識しておきたい基本方針をお伝えしていきます。

 

2-1.自分にあった勉強方法で進める

「会社にTOEICスコアを提出しなくてはいけないので、1ヶ月後までに800点を取得しないといけない」

「仕事や家のことで忙しくてなかなか時間が取れないけれど、今後の昇進のために800点を取得したい」


状況はそれぞれ異なるでしょうが、時間の制約がある場合は、なおさら自分に合った勉強の方法で効率よく結果を出したいものです。


例えば、「決まった期間までに800点を取らないと、昇進できない!」のような状況であれば、コストをかけてでも一気にスコアアップを狙った方が得策です。

 

お金はかかりますが、TOEIC専門のコーチングサービスを利用すると、TOEICに精通した人からTOEIC対策の方法を教わることができ、スコアアップをするための近道になるでしょう。

独学での学習の場合コストはかかりませんが、その分手間と時間がかかります。様々な学習方法や教材を自分で試しながら、どの学習方法が良いのかを吟味する必要があるからです。

 

時間がない社会人の方であれば、独学ではなく、TOEICのコーチングサービスや教室に通うのが良いでしょう。まとまった時間が取れる学生の方は、独学でコストをかけずにじっくり学習をすることをおすすめします。

 

2-2.スクール、アプリ、独学(参考書)のメリットとデメリット

TOEICの勉強をする際の、スクール、アプリ、独学(参考書)それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

 
  メリット  デメリット
スクール ・専任講師による適格な指導が受けられる
・短期集中コースなど、学習スケジュールをニーズに合わせてくれる
・授業料が高額
・定期的に教室に通う必要がある
アプリ
・隙間時間を活用できる

・ゲーム感覚で学習できる
・間違えた問題や、分からない単語を記録してくれるので復習しやすい

・問題量が少ない

・追加費用がかかる

 
独学(参考書)
・費用が安く済む
・自分のペースで学習できる
・モチベーションの維持が難しい

・学習方法が分からず、目標達成まで遠回りになることがある

 

スクールだと対面式できめ細やかな指導を受けられる反面、その分投資をする必要があります。

 

アプリや独学での対策は、学習ペースや学習法などを自分でマネジメントすることが求められますが、教材費だけで済むことが多いです。自分に向いている方法や予算を考慮し、納得のいく方法で勉強しましょう。

 

 

2-3.結局は自分の努力の積み重ねが必要

TOEICの点数アップは高得点に近づけば近づくほど、簡単ではなくなってきます。当然のことですが、継続的に努力できるかどうかが一番重要です。

 

どれだけ高額な教材を購入したりスクールに通ったりしても、自分自身で努力しようとしない限りTOEICのスコアは上がりません。アプリは、問題数が限られているので、参考書や模試問題集なども併用しながら学習するのが良いでしょう。本を使って勉強する場合は、模試問題集に繰り返し取り組み、自分の弱点を把握して、それを克服する努力が必要です。

 
TOEICは、圧倒的な学習量が要求されます。スクール、アプリ、独学など、どのような勉強方法を選んでも結局は、自分で学習し、努力を積み重ねることが基本となります。
 
 

3. 800点を取るための勉強法

勉強する人

 

TOEIC800点に到達するためには、単純に考えて、990点満点中、約8割を正解する必要があります。よって、リスニングとリーディングで、それぞれ400点以上取ることを目標に学習を進めるのが無難でしょう。

 

もちろん人によっては、セクションごとに得意不得意がありますので、リスニング450点、リーディング350点というような、点数の取り方もあり得るでしょう。

 

各々が自身の得意なセクションやパートを見極めて、得意分野の点数を伸ばしていきましょう。

 

ここからは、800点を獲得するために、具体的な学習法をご紹介します。

 

3-1. 徹底的にシャドーイングをして耳を慣らす

リスニングでスコアを上げるには、シャドーイングが効果的です。英語の会話や説明文を聞いて、スクリプト(本)を見ずに、音声に続いて同じことを繰り返し発話する勉強法です。

 

リスニングのPart 3、4のシャドーイングを繰り返すことによって、自分が正確に発話できない単語やフレーズ(自分が聞き取れない単語やフレーズ)が明確になり、そこを重点的に学習することでリスニング力アップにつながります。

 

通常速度でのシャドーイングに慣れてきたら、アプリで速度調整をして1.3~1.5倍速くらいの音声にもチャレンジしてみましょう。音声の再生速度を上げると音の処理速度が上がり、集中力アップにもつながります。

 

とは言え、Part 3、4の内容が難しいと感じる場合は、いきなりシャドーイングをしても満足な効果は得られません。その場合は、音声と同時にスクリプトを読み上げるオーバーラッピングから始め、文章を見ながら内容を理解していくことをおすすめします。

 

 

3-2. リーディングはPart 5対策を徹底的に

リーディングでは、Part 5の短文穴埋め問題の対策を徹底的に行いましょう。

 

なぜかというと、Part 5対策をすることによって、正確に英文を読み解く力が養われ、Part 6、Part 7を解く力も同時に上げることができるからです

 

TOEICリーディングセクションで時間切れになる原因とは?

 

多くの人がリーディングセクションで時間切れになる原因を、速読力不足と考えがちですが、実はそうではありません。

 

TOEICで出題される、文法や語彙を正確に理解し、英文の意味や構造を正確にとらえる力があれば、TOEICに速読は必要ありません。1度読んで、意味を完璧に理解できれば、急いで読まなくてもTOEICは充分に時間内に解き終えられる試験だからです。

 

TOEIC800点を目指すのであれば、Part 5を10分以内に解き、なおかつ9割以上の正解率を目指してください。このレベルの文法力、語彙力があれば、Part 6、7も問題なく解くことができ、800点を突破することができるでしょう。

 

 

Part 5を攻略して、英語力を底上げしよう。

 

Part 5を攻略することによって、TOEICリーディングセクションを時間内に解き終えられる英語力の土台が身に付きます。反対に言えば、Part 5を10分以内に解き終えられない人が、リーディングセクションをすべて解き終えられないことは当然と言えます。

 
まずは、Part 5の学習を徹底しましょう。
 
また、その際に大切なのは、Part 5の英文をすべて読むことです。問題だけを解いていては、正確に英文を読み解く力はなかなかつきません。全文通して完璧に理解することを目指して、Part 5の練習をするようにしてください。
 
 

4. まとめ

グラフ

 

TOEIC800点は、自分にあった勉強方法で地道な努力を積み重ねれば、誰でも到達できるスコアです。

近年、多くの企業・団体でTOEICが活用されていますが、受験者全体で800点に到達している人の割合はまだまだ少ないのが現状です。よって、800点以上のスコアは、就職や転職の際に十分なアピールポイントになりえます。


TOEICの学習を通して英語力の基礎を磨けば、英会話の素地が身に付き、留学や海外赴任のチャンスが巡ってきたり転職や就職活動で有利になったりするなどのメリットもあります。

ぜひ、TOEIC800点を目指して、英語の勉強を頑張りましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事