すぐに効果が出る!TOEICの勉強のコツを大公開

「TOEICを勉強し始めたけれど、いまいち解き方のコツがわからない」

「自己流で勉強しているけどなかなか点数が伸びない」

 

 

TOEICを勉強するようになると、誰もが抱える悩みかと思います。

TOEICは基礎的な英語力はもちろん必要なのですが、スコアを上げるにはTOEICの傾向を知り、攻略するコツも知る必要があるのです。

 

就活中の大学生や転職活動中の社会人は、就職に有利とされている600点以上を目指すには、そのコツを知って勉強するかしないかでスコアの上昇率に大きな差が出てきます。

 

今回はご紹介するのは、各パートごとに押さえておくべき解答のコツです。記事を読んで学習・実践すれば、次回のTOEICで大きなスコアアップが期待できるでしょう。

 

 


1.各パートの概要&攻略ポイント:リスニング編

 

リスニングセクションは4つのパートで構成されており、時間は約45分間です。攻略の最大のポイントは、「45分の間集中力を保つことができるか」にかかっていると言えるでしょう。


なお、リスニングの音声は1度しか放送されません。試験開始前に音量の確認がありますので、少しでも不安を感じたらここで申し出ておきましょう。


また、問題用紙への書き込みは一切禁止されています。見つかると注意を受けることになりますので、気をつけてくださいね。

 

 

1-1. Part 1:写真描写問題

Part 1は全部で6問。問題用紙に掲載されている1枚の写真について、4つの短い説明文が流れます。4つの説明文の内、写真を最も的確に描写している選択肢を選ぶ問題です。


ここで、Part 1の解答のコツを2つ紹介します。

 

 

Directions(指示文)が流れている間に写真に目を通しておく

リスニングセクションでは冒頭に、Direction(問題に関する説明)が放送されます。約1分30秒ありますが、あらかじめ問題形式を理解していれば、聞く必要はありません。この時間を利用して、どのような問題(写真)が出るのかすべてチェックしておきましょう

 

語彙のバリエーションを増やしておく

Part 1で特に多いのが、言い換え表現です。車(car)ではなく乗り物(vehicle)と言ったり、ギター(guitar)ではなく楽器(musical instrument)と言ったりするため、幅広い語彙力が必要となります。

 

 

Part 1の対策法をさらに知りたい方はコチラもチェック↓

English Study Cafe~英語・英会話・TOEICの...
English Study Cafe~英語・英会話・TOEICの学習情報メディア~

 


1-2. Part 2:応答問題

Part 2は全部で25問。1つの質問または発言に対する応答として最も適切なものを、3つの選択肢の中から選びます。


以下のPart 2の解答のコツを押さえておきましょう。

 

最初の疑問詞を聞き逃さない

Part 2の全25問のうち、約3分の1が疑問詞で始まる疑問文です。この疑問詞を聞き逃すと解答のヒントが掴めなくなるので、全神経を集中させましょう。

・What(何が~)

・When(いつ~)

・Where(どこで~)

・Who(誰が~)

・Why(なぜ~)

・Which(どちら~)

・How(どのように~)

 

直接的な回答が返ってくるとは限らない

日常生活を送る中で、「今何時?」と聞かれすぐに時間を伝えられる時もあれば、「ゴメン、時計忘れちゃった」と答えることもあるでしょう。Part 2でも、そのようなやりとりが正解になる場合もあります。普段から、1つの質問に対して複数の応答を考える練習をするのがおすすめです

 

聞き逃したら諦める

このコツがある意味一番重要と言えます。Part 2は1問1問が短い分、進むテンポも速いです。聞き逃した問題を引きずって総崩れになる前に、気持ちを切り替えて次の問題に備えましょう

 

 

 

Part 2の対策法をさらに知りたい方はコチラもチェック↓

 

 


1-3. Part 3:会話問題

Part 3は全部で39問。2人または3人による会話が1度だけ放送され、その内容に関する設問の答えとして正しいものを選択肢から選びます。1つの会話につき3つの設問がセットになっているので、全部で13の会話を聞くことになります。なお、設問と選択肢は問題用紙に印刷されています。

 

ここでPart 3のコツを2つ紹介します。

 

設問を先に読んでおく

Part 3のDirections(指示文)は約30秒あります。この間に、No.32からNo.34の設問を読んでおきましょう。音声が流れる前に質問される内容を把握しておくだけで、各段に解答しやすくなります。


No.35以降も、音声が流れる前に目を通しておくことが大切です。

 

 

3問のうち1問目は解きやすい

Part 3の設問のタイプは大きく2つあります。「会話全体にヒントが散らばっているもの」「会話の1カ所にしかヒントがないもの」です。

そして3問セットになっているうち1問目は、話し手の職業や話している場所を問う問題など、ヒントが会話全体に散らばっている設問タイプが多いです。1つヒントを聞き逃しても解答できるので、取り組みやすいと言えるでしょう。 

 

 

1-3. Part4:説明文問題

Part 4は全部で30問。1人の人物によるアナウンスやツアーガイドなどのトークを聞き、その内容に関する設問の答えとして正しいものを選択肢から選びます。Part 4のコツはPart 3と同じです。

・設問を先に読んでおく

・3問の内1問目は解きやすい

Part 4はリスニングの最終パートということもあり、かなり疲れが出てくる部分でもあります。どうしても集中力が持たない!という場合には、「3問のうち1問目」だけでも確実に解答する意識で聞き取るようにしましょう

 

 

2.各パートの概要と攻略ポイント:リーディング編

 

リーディングセクションは3つのパートから構成されており、時間は75分間です。

 

長いと思われるかもしれませんが、英文の量が多いので、上級者でないと最後まで解ききれずに時間切れになる場合が多いです。

 

最大のポイントは、「解ける問題からどんどん解いていく」ことです。1つの問題に時間をかけすぎず、迷ったら適当にマークをして次の問題(自分が確実に正解できる問題)を解き進めることが大事です。

 

 

2-1. Part 5:短文穴埋め問題

Part 5は全部で30問。問題用紙に印刷された英文に含まれている空所に当てはまる選択肢を選びます。空所は各問題に1カ所です。

 

 

まずは選択肢をチェック

いきなり問題文を読むのではなく、まずは選択肢をチェックしてください。品詞の異なる派生語(例:real, really, reality, realize)が並んでいるような設問は、文法的に適切な品詞を選ぶ問題です。そのタイプの問題は空所の前後の単語をチェックするだけで解けることが多いです。文頭から読み進めて特に空所前後をチェックするようにしましょう

 

 

1問にかけられる時間は20秒

30問の中には、初心者でも解きやすい問題から、上級者向けの問題まで幅広いレベルが出題されます。難しい問題に時間かけて頭を悩ます必要はありません。20秒~30秒くらいを目安に切り上げましょう

 

 

2-2. Part 6:長文穴埋め問題

Part 6は全部で16問。問題用紙に印刷されている英語の文書に含まれている4つの空所に入る選択肢を選びます。

 

Part 6は次のような手順で解くのがコツです。

 

①文書を頭から読み進める
②空所まできたら選択肢を見る

③正解の選択肢を選ぶ。ここで選べなかったら、続きを読んでヒントを探す。

④ ②~③を繰り返す

 

 Part 6は空所の前後だけを読んでも正解を選べない問題が多いです。文頭からしっかり読んで解答するようにしましょう。

 

 

2-3. Part7:長文読解問題

Part 7は全部で54問。メールや広告、チャットなどの文書を読み、その内容に関する設問の答えとして正しいものを選択肢の中から選びます。
 

Part 7の解答のコツを2つ紹介します。

 

・いきなり全部読もうとしない

まずは文書の見出しなどを軽くチェックして、どういう文書なのかざっくりと把握しましょう。そして設問に目を移し、何が問われているのかを頭に入れます。それから文書中のヒントを探すことで、効率的に解答できます。

 

 

・難しい問題は飛ばして次に進む

Part 7には解答に比較的時間が掛かる問題(NOT問題、文位置選択問題など)が数問含まれています。スコアアップには「自分が解ける問題を確実に解く」ことがポイントなので、時間が掛かりそうな問題は適当にマークをして解いていくようにしましょう

 

 


3. まとめ

 

今回さまざまなコツをご紹介しましたが、これらはいきなり本番で実践してもうまくいきません。事前に公式問題集や模試、各パートの対策本などで試して、繰り返し練習しておくといいでしょう


また、スポーツと同様、テクニックを活かすには基礎的な英語力が必要です。英語力のベース部分に不安があるという方は、まず基礎英単語や中学英文法を復習することから始めましょう。

 

「基礎英語力はついているのにスコアが上がらない」という方は、ぜひ今回のコツを活用して目標スコアを達成しましょう!

 

【英語が苦手な人へ】英語上達のための3つのコツを紹介!

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加