TOEICは時間との戦い!時間配分を意識してスコアアップを目指せ

TOEIC(トーイック)のリーディングセクションは時間配分が命です! 点数アップのためには、できるだけ解答スピードを速くして時間切れ対策をすることが必須です。

そこで今回は、TOEIC Listening & Reading(以下TOEICと呼称します)が時間内にどうしても解き終わらなくて悩んでいるあなたのために、適切な時間配分の目安と、勉強方法をご紹介します。

 

これまで多数の英語教材を制作してきたメディアビーコン編集部だからこそわかる、TOEICの攻略法を徹底解説します。

 

 

1. 筆記用具を変えるだけで時間短縮?TOEICのタイムマネジメントは誰でもできることから始めよう

 

まず、TOEICテストの時間配分がうまくいかない人に最初にしておきたいアドバイスが、「誰でも今すぐできる対策は、必ずする」ということです。

TOEICで持ち込みが許可されている持ち物は、受験票、筆記用具、腕時計です。そして、この持ち物をTOEICを受けるのに最善のものに変えるだけで、時間切れ対策に非常に有効な策となります。

例えば、筆記用具について。TOEICはマークシート形式の試験です。しかし、会場にいって周りを見渡してみると、普通のシャーペンを使っている人を多く見かけます。TOEICを受ける時は必ず、鉛筆または、マークシート用のシャープペンシルを用意しましょう。これをすることで実は時間の短縮につながります。

TOEICという試験は全200問の試験です。つまり200回マークシートを塗りつぶす必要があります。仮に1マス塗りつぶすのに、シャープペンシルと鉛筆を使ったときの所要時間の差を0.5秒と考えてみましょう。すべてで200問なので200×0.5=100秒です。かなりざっくりとした計算ですが、筆記用具をかえるだけで、100秒も時間を作り出すことができるのです。

他にも、腕時計もTOEIC用に最善のものを準備するようにしましょう。

 

これはあくまでも、私個人の意見ですが、TOEICを受験する際におすすめしたいのはデジタルの腕時計よりもアナログの腕時計です。アナログ時計の方がパッと見たときに直観的に時間の認識ができ、余分なことに思考力を使わなくて済みます

 

デジタル時計ですと1分1秒が正確に表示されるために、細かな時間を気にしすぎてしまいます。そのため、時計を見る度に精神的に焦りが生じてしまいます。

 

これに関しては人それぞれの好みがあるため、模試問題集を解く際に、どちらの方が使いやすいか、皆さんそれぞれで検証してみましょう。

このようなすぐに誰でもできることを確実に押えたうえで試験に臨むことが非常に重要です。

 

 

2. セクションごとに時間配分と問題数を分析

 

以下にセクションごとの時間配分をわかりやすくまとめると、

 

<Listening Section>  約45分間
 Part1 写真描写問題(6問)  約3分
 Part2 応答問題(25問)  約9分
 Part3 会話問題(39問)  約17分
 Part4 説明文問題(30問)  約16分

 

<Reading Section>  75分間
 Part5 短文穴埋め問題(30問)   解答時間の目安 10分
 Part6 長文穴埋め問題(16問)  解答時間の目安 8分
 Part7 読解問題(54問)   解答時間の目安 57分

※リーディングセクションの時間配分は私個人がおすすめする時間配分です。各々でベストの時間配分を見つけるようにしましょう。


決められた約45分という時間で音声に沿って進めていくリスニングとは異なり、リーディングは75分の配分を自分自身で管理しながら解いていかなければならないため、なかなか大変です。

それではここからは、自分で時間を管理しながら解き進めていくリーディングセクションに焦点を当てて、解き方のコツや時間配分における重要なポイントを考察していきたいと思います。

 

 

3. いつも時間が足りなくてなってしまうTOEICリーディング。時間切れとおさらばするには?

 

Part5 短文穴埋め問題

このパートはあまり悩まずサクサク解いていくのが理想です。なぜなら後半に、時間のかかる読解問題がたくさん用意されているからです。悠長に解いていては、後々苦しむことになります。

ではこのパートを素早く解いていくのに何が必要かというと、文法力・語彙力そして問題パターン認識力です。

※問題パターン認識力=問題の選択肢を見ただけで、何の知識を問われているのか判断できる力

例えばここでは、同じ単語が形を変えて4つの選択肢に登場してくることがしばしばあります。

(A) connects (B) connected (C)  connecting (D) connection

 

といったような感じです。

このような問題を解くには、ある程度英文法の基礎的なルールを理解している必要があります。漠然と単語の意味やニュアンスだけ覚えていても正答を導くことができません。

さらに、Part5では語彙の知識を問う問題が全体1/3程度出題されます。もし語彙力に不安があればTOEIC頻出単語が載った単語帳を購入するようにしましょう。

 

また、問題パターン認識力がある方は、このような問題を見たら即座に、「品詞の知識を問う問題だ」ということを判断できます。パターンを認識できると、あとはそのパターンの解き方さえ習得すれば大幅に時間を短縮することができます。

 

TOEIC Part5で出題される問題パターンは限られているため、パターン認識力を上げるだけで、大幅な解答時間の削減を実現できます。『TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問』(アスク出版)などの文法問題集で、TOEIC頻出の問題パターンを勉強するとよいでしょう。

 

他にも、わからない問題に時間をかけすぎないことも非常に重要です。無い知識はどれだけ考えても自分の中から出てくることはありません。そういう時は適当にマークして次に進むことが非常に重要です。

 

しかし、何より大切なのは、実際に問題を解いて間違えたところをそのまま放って置かないことです! なぜ間違えたのか、そして答え以外の選択肢はなぜ選んではいけないのかを、他人に説明できるくらいまで理解することがとても大切です。

 

復習する際も、まずは全文を一読し、選択肢を見ながら「これは〇〇だから正解/不正解!」と言いながら一つ一つの選択肢の、正解、不正解の根拠を考えながら解くようにしましょう。与えられた文を正確に理解し、正しい選択肢を瞬時に選べるかがこのパートを素早く解き、制覇する鍵となってきます。

Part5のおすすめ回答時間は1問20秒×30問=600秒(10分)です。

 

 

Part6 長文穴埋め問題

このパートでは、Eメールをはじめとする長文テキストを読み、空所にあてはまる最も適切なものを選びます。

 

空欄の前後だけ読んで回答しようとする人も多いですが、解答の根拠が文脈に依存しているものも多いため、全文通して読まなければ正解できない問題も多いです。最初から最後まで、きちんと全文読むようにしましょう。

このパートを早く解くためには、一文一文を素早く処理できるようになる必要があります。つまり、一発で意味がわかる癖をつけたいので、そのために、復習の際は解答の和訳と照らし合わせながら、自分の理解が正しかったのかを一文一文、細部に渡りよくチェックします。

最初は気の遠くなる作業に思えますがこれを繰り返していくことで、頭の中に「きちんと意味を理解した英文」というものがたくさん蓄積されていきます。

 

また、段落ごとに意味をとらえて全体像を把握する力をつけましょう。文章全体の流れをつかめば、文挿入問題で答えを導き出すことが容易になるはずです。

 

このようなトレーニングをすることで、実際に新しい長文に取り組んだときに、次に続くセンテンスの内容を素早く予測しながら読み進めることができるようになります。根気よく続けてみましょう。

 

Part6のおすすめ回答時間は1問30秒×16問=480秒(8分)です。

 

 

Part7 読解問題

Part7がPart5やPart6と圧倒的に異なる点は、空所補充式の問題ではないということです。聞かれていることに対する答えを、文中から自力で見つけ出し、それと同じ内容を表す選択肢を選び出せるかが問われています。

時間に追われている中で、このパートの長文をハイスピードで解いていくのは、初心者であればあるほど難しいです。なので、いかにPart5、Part6を早く解き終え、Part7にかけられる時間を残せるかが勝負となってくるでしょう。7はいわば読解力を測る総合問題ですので、Part5で身に付けた文法力・単語力と、Part6で身につけた、段落ごとのまとまりを理解し全体像を掴む力を存分に活かしていきたいところです。

 

Part7のおすすめ回答時間は1問1分です。
※Part7は後半になるにつれて難易度も上がりますし、文章量も増えるので、後半にできるだけ時間を残しておけるように前半をサクサク解くことが重要です。

 

最後に、初心者~中級者の人(700点以下の人)がTOEIC Part7を解くときに、誰でもできる時短テクニックをご紹介します。それは「NOT問題は捨てる」というテクニックです。

 

NOT問題とは例えば、 What is NOT true about ~? (~について正しくないものは何ですか。)のような問題のことです。

 

本文内容に反する、もしくは書かれていない内容の選択肢が正答となります。普通の問題は本文中と事実が一致する選択肢を1つ見つければ正解できますが、NOT問題は本文中と事実が一致する選択肢を3つ見つけなければ正解を選べません。

 

単純に考えると、not問題は正解を導くために、普通の問題の3倍の時間がかかってしまいます。こういったことから、初心者の方でTOEICの時間が足りないという方には、初めのうちは「not問題は捨ててもよい」と考えるようにしてもよいかもしれません。

 
 

4. 集中力が大切!TOEIC直前の正しい過ごし方

 

TOEICの問題を時間内に解き終えるためには、最高のコンディションで試験当日を迎えることも必要不可欠です。

 

試験前日に夜更かしをしないというのはもちろんですが、公開テストは基本的に午後1時から行われるので、遅くとも試験3時間前までには起きて脳を活性化させましょう。試験前にTOEIC公式問題集のリスニング音声を聞いておけば、英語に耳を鳴らしておくことができるのでおすすめです。

 

また、試験前の食事は、眠くなるのを防止するために、食べ過ぎないようにするなど配慮をしましょう。


試験会場までの移動時間や試験会場到着後は、スマホアプリや軽めの問題集を利用するなどして、英語を読む思考回路に脳を切り替えるようにしましょう。

 

 

5. 次のテストまでにスコアを上げたい!短期集中で効果のある対策とは?

 

「英語のスクールに通っている暇もないし、費用の面でももったいない。でも、スコアは早急に上げたい…」と思っている方は多いと思います。

TOEICを時間内に解き終えるために、絶対に取り組んでいただきたい学習が、公式問題集を使った模試形式での勉強です。

公式問題集は本番の試験を作成しているETSが作った模試問題集なので、問題のレベル感や出題される語彙は本番の試験とほとんど同じになっています。もっとも無駄なくTOEIC対策を行える問題集といえるでしょう。

 

公式問題集を購入する際に確認していただきたいことは、新形式対応の問題集を必ず買うということです。2016年5月からTOEICの形式が変更になりました。旧型の公式問題集では現在の試験に対応しきれない問題が複数あるため注意が必要です。

具体的な勉強方法としては、まずは一度、テスト当日と同じように2時間通して、本番と同じ流れで問題を解いてみまましょう。ここで本番の時間の感覚をつかんでおくことが重要です。また、本番で集中力を途切れさせないようにするためにも、2時間の試験にしっかり慣れておきましょう。

そして解き終わったら、答え合わせをして解説を読んで終わりではありません。解き終わったら、間違えた問題を重点的にシャドーイング(英語の音声を聴きながら、それをまねして音声に続いて発話するトレーニングのこと)をしてみましょう。

 

最新の公式問題集5はリーディングセクションでも本文の読み上げ音声が聞けるようになったため、シャドーイングを通して英語の練習をするのにもってこいです。

何度も何度もTOEICの英語を読み上げることによって、TOEICの英語の文章の長さや語彙レベル・文法レベルに慣れることができます。英文を読むスピードを上げることにもつながるため、時間短縮にも効果的なトレーニングです。

 

6. さいごに

 

いかがでしたか? TOEIC受験者にとって、時間配分は大きな課題なのではないでしょうか。

ここまで様々な対策法や勉強法を述べてきましたが、タイムリミットに対する解決策は、最終的には人それぞれです。

 

例えば、文章を正確に読むのが得意な人が、時間に追われるあまり、急いで読むことにフォーカスしすぎて文の読みが荒くなってしまっては、せっかくの長所が台無しですし大幅な失点にも繋がります。

 

時間内に解き終えることはもちろん大切ですが、きちんと文を理解して読み進めることと、「これが正解だ」と自信を持って答えを選んでいくことの大切さも、決して忘れないようにしましょう!

 

自分に合った最適な方法でTOEICのタイムマネジメントができるようにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事