独学で英語を勉強したい!おすすめの本・教材ランキング

英語や英会話の教材・本を選ぶとき、どのように選んでいますか?

楽天やAmazonの売れ筋ランキング上位の教材や本を買っても、それぞれの特長やターゲット層を理解していなければ効果的な学習はできません。

この記事では、様々な英語・英会話学習関連書籍の制作を行ってきたメディアビーコン編集部が、初心者~中級者向けにおすすめの独学でできる英語教材・本をランキング形式でご紹介いたします。

 

 

第1位 中学基礎文法をやり直したい大人におすすめ『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』(学研プラス)

引用:https://hon.gakken.jp/book/1130339300

 

まず初めに紹介するのが、Amazonの英語関連書籍部門でベストセラーとなっている『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』です。

 

この本は以下の人におすすめです。

・英語に強い苦手意識を持ってきた人

・高校生以来長年英語から離れている人

・もう一度、中学英語で習う文法の基礎を復習したい人

・TOEICスコア450点未満のレベルの人

ドリル形式になっており、たくさんの練習問題を解きながら、基礎英文法を学ぶことができます。

英語の主語と動詞、「am、is、are」の使い分け、過去形や受け身、疑問文の作り方など、初心者にとって最低限必要なルールを簡単に短時間で理解するのに最適です。本書では文法ごとに10問程度の確認テストが付いていますので、理解度をチェックしながら進めることができます。

付属の英文音声が収録されたCDを使って音読することで、中学レベルの基礎的な表現をアウトプットする力も身につけることができます。英会話の基礎固めにも使える教材です。

 

ちなみに、YouTubeでは本書の解説動画が配信されていますので、購入する前に自分のレベルに合っているか一度内容を確認することをおすすめします。

 
 

第2位 かわいいイラストで勉強のモチベーションアップにつながる『英単語の語源図鑑』(かんき出版)

引用:https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761273453

 

英単語の意味をその単語の成り立ちとともにイラスト付きで紹介し、覚えやすくしてくれる本書。

イラスト付きの英単語集なので初心者向けに思われるかもしれませんが、中級以上のレベルの方におすすめします。

というのも本書では、例えばadminister(管理する、運営する)のad-のように接頭詞と呼ばれるものとそれに続くministerを分けて、それぞれの大きな概念をイラストで解説しているのですが、使われている単語は中級レベル以上のものが多いからです。

少々覚えにくい単語でも絵を見て単語の成り立ちを理解しながら学習すると定着しやすくなります。また、単語の成り立ちを理解していれば、英文を読んでいて知らない単語に出くわした際、おおよその意味を推測できるようになるので、内容を理解する速度が速まります。

特に動詞については、意味を推測できるかどうかで英文の理解度が大きく変わってきます。本書では多くの動詞の成り立ちが紹介されていますので、単語の特徴を理解しながらマスターしていきましょう。

 

 

第3位 NHKラジオ英語講師のベストセラーフレーズ集『ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100』(アルク)

引用:https://ec.alc.co.jp/book/7000531/

 

初級から中級まで幅広いレベルの方におすすめなのが『ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100』。

「もっとシンプルに」、「これだけで伝わる」、という視点で厳選されたネイティブスピーカーの使うお決まりフレーズを集めた本書。

ネイティブスピーカーの赤ちゃんからティーンエイジャーくらいまでが当たり前のように使っている簡単な英会話表現ばかりが紹介されています。海外旅行で困らない程度の英会話をマスターしたい、日常英会話をもっと気軽にできるようになりたいという方におすすめです。

例えば、I’ll tell you later.(あとでね)やI can’t help it.(仕方ないよ)など「言えそうで言えないかも……」という表現を学ぶことできます。

さらに本書のよいところはそれぞれの表現の大人版、つまり子どもでも使うシンプルな表現だけでなく大人ならこう言うという表現をあわせて紹介しているところです。

先ほどの例なら、I’ll let you know~(~に知らせます)、There’s nothing we can do about~(~は仕方がないよ)など、大人同士の会話で使われる表現も紹介されていますので、ビジネス英語を勉強していて、ネイティブスピーカーがよく使う英会話表現をマスターしたいという方にもおすすめできます。

CD付きなので発音を確認しながら勉強できます。会話のシーンを想像しながらフレーズを声に出すと早く覚えることができますよ。

 

 

第4位 英会話力を一気に引き上げる『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 』(ベレ出版)

引用:https://www.beret.co.jp/books/detail/249

 

Amazonや書店の英会話書籍の中で長年売り上げランキング上位にある、初心者から上級者の方まで、幅広いレベルの方におすすめの1冊です。

本書はいわゆる普通の文法書とも、英会話フレーズ集とも異なる本です。

本書の特徴は、be動詞や単数形・複数形といった文法用語を使って文法解説をするのではなく、それらの文法を使った例文を文法ごとに10例文音読し、自分で英作文できるまで繰り返すことでルールを体得するという構成になっている点です。

 

この方法でいったん英語のルールをインプットすると、このルールに基づいて自分で英文を組み立てられる、つまり書けるようになる、話せるようになります。

たとえ文法のルールを知っていても、そのルールを英会話の中で完璧に使いこなせるかというと、そうではないという人が多いのではないでしょうか?

 

学や海外旅行の前に、文法知識を英会話で使いこなせるレベルまで持っていきたいという方におすすめの1冊です。

 

 

第5位  大人の英会話が身につく『話す英語 (実戦力徹底トレーニング)』(アルク)

引用:https://ec.alc.co.jp/book/7019004/

 

ビジネスシーンの英会話でよく使う表現・フレーズを12の状況別にコンパクトにまとめた本書。初級から中級まで幅広い方におすすめです。

12のシーンは「問い合わせ・質問をする」「依頼・指示をする」「報告・伝達をする」など、どれもビジネスシーンでよくあるものばかり。丁寧な表現が身につくので、海外でのプレゼンテーションを控えている方など、仕事で使う英語を効率よく学びたい方におすすめします。

ビジネス英語だけでなく、日常会話や海外旅行でお願い事をしたり質問したりするときの丁寧な表現や基礎的なフレーズも勉強できます。

本書にもCDが付いており、音声を使って学習をすることができます。「日本語→英語」の音声を活用することで、移動中などの隙間時間でも英会話の練習をすることができます。

 

 

第6位 独学でも飽きずに勉強を続けられる「NHKラジオ基礎英語」

引用:https://www2.nhk.or.jp/gogaku/english/basic1/

 

長年多くの人に活用されているNHKラジオの基礎英語。ラジオで聞ける英語講座なので、もちろん無料です。

現在、講座は基礎英語0~3まであります。基礎英語0は小学生を主に対象とし、英語に関する疑問を解決したり簡単な会話や表現を学習したりできます。

大人の英語初級者の方が受講する場合は、日常生活での基本的な表現を理解し、ごく簡単なやりとりができる程度のレベル、を想定した基礎英語1~3を活用いただくことになります。


NHKラジオの基礎英語は、インターネットで1週間分の放送の音声を無料で聞くことができます。

1日15分という短時間の学習でありながら、マスターしたいポイントの解説、表現を身につけるためのリピーティング、覚えた表現を使う時間などがバランスよく組み込まれています。

ちなみに、NHKのラジオ英語は、基礎英語以外にも語学留学・海外旅行前の学習に役立つ「ラジオ英会話」や、ビジネスマンに役立ててほしい「入門ビジネス英語」など幅広い番組を放送中です。

NHK出版のホームページに講座選びの参考になるレベルチェックテストがあるので、それを活用することで自分のレベルにあった講座が選びやすくなります。どの講座を受講しようか迷ったらぜひ活用してみてください。

また、学習に役立つテキストをNHKラジオ講座のホームページや書店で購入することができるのでこちらもチェックしてみてください。

 

 

第7位 英語初心者や子どもにおすすめ『ディズニーの英語』シリーズ(KADOKAWA)

引用:https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g321507000101/

 

「くまのプーさん」「美女と野獣」「アラジン」「アナと雪の女王」などディズニーの人気作品を英語で聞ける本書。

子どもでも理解しやすいやさしい英語で物語を音読してくれます。ディズニー好きの方ならリスニング学習を楽しく行うのに最適です。

また、日常会話でも活用しやすい表現をピックアップして解説しています。リスニングの教材となるとどうしてもTOEICなどの資格試験対策の教材が多いのですが、楽しみながら学ぶのも学習継続のポイント。すでに映画やアニメで観たことのあるストーリーなら、英語の表現に集中することができます。

単語や熟語の語注も充実しており、辞書なしでどんどん英語を読み進めていくことができます。

 

 

【まとめ】やる気の上がる本・教材を選んで英語力を向上させよう

ひまわりと女性

 

語学はやはり継続した勉強があってこそ習得できるものです。まずはそれぞれの教材の特長を知って、自分にあったものを選びましょう。

最低限のビジネス英語をマスターしたいと考えている方もいれば、文法の基礎固めをしながら英会話もできるようになりたいという方もいらっしゃるでしょう。

どの英語・英会話教材も合う方とそうでない方がいます。特長をよく知って継続できるものを選んでください。

また、最近はアプリやYouTubeなどを使って無料で英語や英会話を勉強できるコンテンツも多くあります。そういったものを補助教材として活用し英語の勉強を継続させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事