TOEIC対策に大学受験用の単語帳は効果的?本当におすすめのTOEIC単語帳6選

Amazonや楽天などのオンライン通販サイトを見ると、たくさんのTOEICの単語帳を見つけることができますが、実際「どれを使えばいいのかわからない」と感じている人が多いのではないでしょうか?

また、『ターゲット1900』などの「大学受験用の単語帳はTOEIC対策に使えるのか?」とお悩みの方もいるかと思います。

 

そこで今回は、

✅TOEICの単語帳を選ぶときの2つのポイント

✅おすすめの6つのTOEIC単語帳

をご紹介していきます。

 

約20年間英語教材の編集業務に携わってきたメディアビーコン編集部だからこそわかる視点で解説していきます。

正しい視点を持ってTOEIC単語帳を選ぶことで、スコアアップを目指しましょう!

 

 

単語帳以外の教材について詳しく知りたい方は、こちらも合わせてご覧ください↓↓

 

 


1.【はじめに】TOEIC単語帳選びの2つの注意点

単語帳

 

まずはじめに、単語帳を選ぶ際に注意すべきことを確認しておきましょう。

 

TOEIC対策のための単語帳を選ぶ場合には、以下の2つを意識することが大切です。

✅TOEIC用の単語帳を使う

✅自分の実力に合ったTOEIC単語帳を使う

それぞれを詳しく解説していきます。

 


① TOEIC用の単語帳を使って対策をしよう

TOEICの英単語を学習していくうえで重要なのが、TOEIC用の英単語帳を使って勉強するということです。

『DUO3.0』『システム英単語』『ターゲット1900』など、高校時代に使っていた単語帳で勉強をされているという方もいらっしゃいますが、これは効率の悪い学習になっていることが多いです。

なぜなら、TOEICで出題される英文は基本的に、ビジネスの場面での英語か、日常の場面での英語がメインになっているからです。

大学受験用の単語帳はTOEIC対策用の単語帳と比較して、学術的な内容の英単語や、政治経済分野の英単語なども多く含まれているため、TOEICの点数アップだけを考えたときに、あまり効率のよい学習はできません。

 

※もちろん、総合的な英語力を上げるためには大学受験用の英単語帳も非常に有用です。

 

② 自分の実力に合ったTOEIC単語帳を買おう

これは当たり前のことですが、自分のレベルに合わない単語帳で勉強しても、十分な効果は出ません。書店やAmazonのランキングでおすすめされていたり、口コミやSNSでおすすめされていたりするからという理由だけで、安易に単語帳を購入しないようにしましょう。

まずは自分のレベルを見極めて、最も効率よく成果を出せそうな単語帳を探すようにしましょう。

 

 

これら2点を踏まえて、さまざまなレベルのTOEIC専用の単語帳をご紹介します。どれも信頼のおける素晴らしい単語帳です。

 

ぜひこの中から、あなたにピッタリの単語帳を見つけてください!

 

 

2.【おすすめの単語帳①】『TOEIC Listening & Reading 公式ボキャブラリーブック』(国際コミュニケーション協会/Educational Testing Service)

『TOEIC Listening & Reading 公式ボキャブラリーブック』

✅収録語数:1000語

✅レベル:600点以下

✅価格:1,540円(税込)

✅テストに出題された英文そのまま学習できる

✅アメリカ英語、イギリス英語の2つの発音が聞ける

2019年6月に発売された『TOEIC Listening & Reading 公式ボキャブラリーブック』をおすすめする理由は、実際に本番のTOEICテストで出題された最頻出の1,000語を、テストに出題された英文そのままの例文と一緒に学習できるからです。

TOEICテストは過去問を公開していないため、いままで発売されていた単語帳は必ずしも公式的なデータに基づいて単語を選定していたわけではありませんでした。しかし、『公式ボキャブラリーブック』は過去問を分析したうえで単語の選定が行われているため、TOEIC対策にいらない単語は含まれていません。ここがまさに、公式で勉強する最大の利点といえます。

専用Webサイトから、見出し語と例文の読み上げ音声をダウンロードすることが可能ですが、米国、英国2つの発音を聞くことができるため、本番のリスニング対策にも役立ちます。

掲載されている単語のスコアのレベルは600点以下の基本的な英単語がメインと考えてよいでしょう。どちらかというと、TOEIC初心者の方におすすめしたい単語帳です。

単語の並び順はアルファベット順のため、レベル順にして難しい単語(もしくは簡単な単語)だけを学習するということはできませんが、公式が出している本番の文章で学べるという点だけでも、購入する価値のある1冊でしょう。

 

 


3.【おすすめの単語帳②】『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』(朝日新聞出版/TEX 加藤)

『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』

✅掲載語数:1000語+α

✅レベル:600点以上を目指す方

✅価格:979円(税込)

✅みんな持ってるTOEIC単語帳の王道!

✅とにかく覚えやすい!使いやすい!

TOEIC対策の定番参考書として有名な、特急シリーズから出ている人気の高い単語帳がこの『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』、通称『金フレ』です。Amazonや書店の売り上げランキングではTOEIC参考書の中で常に上位にランクインしており、多くの社会人や大学生が取り組んでいるおすすめの1冊です。

この単語帳の特長は、掲載されている見出し語が「日本語→英語」の順になっているというところです。多くの単語帳では「英語→日本語」の順番で単語を覚えていくのですが、どちらの方が良いかは学習者の好みが分かれるところでしょう。

無料の専用アプリを使用することで、音声を聞いたり、確認テストを受けたりすることもできます。

 

 

『金フレ』姉妹シリーズ

 

金のセンテンス

金の熟語

銀のフレーズ

黒のフレーズ

 

また、『金フレ』にはレベルや覚え方に応じて、姉妹シリーズも多数発売されています。

 

例文で学べる『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス』(通称:金セン)や、

TOEIC頻出の熟語を学べる『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金の熟語』(通称:金熟)もあるので、

 

文章で単語を覚えたい派の方や、単語に加えて熟語も覚えたい方にはこちらもおすすめです。

また、『金のフレーズ』よりもレベルを易しくしたバージョンの『TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ』(通称:銀フレ)や、

高得点取得に必須の上級単語ばかりを集めた『TOEIC L&R TEST 上級単語特急 黒のフレーズ』(通称:黒フレ)発売されています。

 

『銀フレ』はTOEIC500点以下の方で、600~700点くらいを目指している方、『黒フレ』は600点~990点(満点)を目指す方に一度お試しいただきたい1冊です。

 

 

これら『金フレ』姉妹シリーズについては、動画でも詳しく解説しています↓↓

 

 

4.【おすすめの単語帳③】『キクタンTOEIC(R) L&Rテスト』シリーズ(アルク/一杉 武史)

『キクタンTOEIC(R) L&Rテスト』シリーズ

✅レベル:500点・600点・800点・990点を目指す人

✅収録語数:1120語(※)

✅価格:1,760円(税込)

✅チャンツを使って聞くだけで覚えられる

✅音声は米英加豪の4カ国発音で収録

✅1日16語×10週間で覚えられる

(※)『キクタンTOEIC(R) L&Rテスト SCORE500』の収録語数は448語です。

 

学校の英単語教材や英検対策教材として有名なキクタンシリーズですが、TOEIC対策用のものも発売されています。

500点600点800点990点の4つのレベルが販売されており、初心者の方も、上級者の方も、自分が目標とするレベルに合わせて学習を進めることができます。満点を狙い撃ちできる単語帳は意外に数が少ないので、TOEIC満点を狙っている英語上級者の方は『キクタンTOEIC TEST SCORE 990』を使うのがおすすめです。

 

500点

600点

800点

990点

 

また、付属CDのチャンツを使えば、リズムに合わせながら単語を読み上げてくれるので、『キクタン』という名前の通り、聞くだけで単語を覚えることができます。

 

音声はアメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、カナダ英語、の4か国の発音で収録されており、TOEIC本番のリスニングテストと同様の対策ができます。

 

さらに、1日16語の学習を10週間続けるだけという無理のないスケジュールで、挫折しがちな英単語学習を継続させるのにおすすめの1冊です。

 

 


5.【おすすめの単語帳④】『TOEICテスト英単語ターゲット3000』(旺文社/松井 こずえ)

『TOEICテスト英単語ターゲット3000 新装版: 新形式問題対応』

✅収録語数:3000語

✅レベル:500点~800点目標

✅価格:1,320円(税込)

✅例文、長文など、様々なアプローチで単語に触れられる

✅TOEIC基本語彙からビジネス用語までカバーできる

大学受験の英単語帳でおなじみの英単語ターゲットのTOEIC版が『TOEICテスト英単語ターゲット3000』です。

TOEIC基本の単熟語を、例文を用いて覚えるだけでなく、テーマ別の長文を読みながら覚えたりすることができるなど、様々なアプローチでTOEICの英単語に触れられる構成になっています。

具体的には「1. TOEIC基本語彙」「2. TOEICビジネス基礎語彙」「3. 実戦TOEIC語彙」と、章が3つに分かれており、「1. TOEIC基本語彙」では、見出し語が例文中に何度も出てくるように工夫されているので、効率的に単語を覚えることができます。

 

音声に関しては、付属のCDを使った学習も可能ですが、音声ダウンロードサービスを利用することで、日本語訳入りの音声を聞くことができるようになります。

 

『ターゲット』シリーズ

 

ターゲット1500

ターゲット1100

 

ちなみに、『TOEICテスト英単語ターゲット3000』の他に、

 

よりコンパクトにして1500語を厳選した『TOEICテスト英単語ターゲット1500』

そして目標スコア別(470点、600点、730点、860点)に単語が収録された『TOEIC L&Rテスト英単語ターゲット1100』が発売されており、

 

サクッとTOEIC英単語を学習したいという学習者の方にはこれらもおすすめです。

 

 

6.【おすすめの単語帳⑤】『TOEIC L&R TEST英単語スピードマスター』(Jリサーチ出版/成重 寿)

『TOEIC(R)L&R TEST英単語スピードマスター』

✅収録語数:3000語

✅レベル:初級者から900点まで

✅価格:1,540円(税込)

✅TOEIC語彙を集中的に覚えられる

✅派生語・類義語なども一緒に覚えられる

本書の特徴の1つは、重要英単語を「TOEIC語彙」と「学校語彙」に分類し、紹介する英単語をTOEIC語彙に集中させることで、TOEIC学習者が効率よく勉強できる様に、単語を選定しているところです。

もちろんTOEIC語彙といっても、学校英語の中でも重要な基本動詞・形容詞・副詞・名詞も本書の中で学ぶことができるため、TOEIC以外に全く役に立たない単語帳かというとそんなことはありません。

基本単語を押さえた後は、TOEIC頻出のビジネス語彙と生活語彙を押さえることで、TOEIC特有の英単語に慣れましょう。

見出し語1133語+関連語2440語を覚えることで、初級者の方でも、860点~900点レベルまで語彙力を身に付けることが可能でしょう。

 

 

7.【おすすめの単語帳⑥】『世界一わかりやすい TOEICテストの英単語』(KADOKAWA/中経出版|関 正生)

『世界一わかりやすい TOEICテストの英単語』

✅収録語数:800語

✅レベル:600点~800点を目指す人

✅価格:1,650円(税込)

✅イラストや語源を使った解説がわかりやすく、記憶に残りやすい

✅巻末付録で、語法・前置詞・文法の解説あり

最後にご紹介するのが、大学受験英語やTOEIC学習でおなじみの英語学習アプリ「スタディサプリ」の英語講師、関正生先生の著書『世界一わかりやすい TOEICテストの英単語』です。

この単語帳の最大の特徴は、1単語当たりの解説量の豊富さです。見開き1ページで4単語もしくは6単語のみをじっくり解説しています。

記憶の取っ掛かりとなる情報を多く掲載することで、英単語の記憶への定着を早めてくれています。

付録には、動詞の語法の解説や、前置詞の解説など、TOEICのみならず英語学習において非常に重要な文法事項解説が掲載されており、英単語以外にも重要な知識を習得することが可能になります。

 

 

8. まとめ

ポイント

ここまでおすすめのTOEIC英単語帳をご紹介してきましたが、いかがでしょうか?

TOEIC単語帳を購入される際は、口コミや売り上げランキングだけで判断せずに、実際に書店に行って単語帳を比較してみましょう。単語帳を手に取って見て、重さや紙の質感などを確認することで、初めてその単語帳が使いやすいかどうか判断できることもあります。

実際にいくつもの単語帳を比較して選んだのであれば、愛着もわき、学習が長続きするものです。

また、英語学習初心者の方は単語暗記のやり方にも注意しましょう。1度見て覚えたつもりになって、単語学習を終えてしまっては、単語帳を購入した意味がありません。

初めてTOEICの単語帳を購入するという方は、その単語帳を英語学習のバイブルとして何度も何度もやり込むことで、あなたに一生役立つ英語力を与えてくれます。

あなたも、この記事を参考にして英単語帳を購入し、一生役立つ英単語力を身に付けていきましょう。

 

 

単語帳以外の教材について詳しく知りたい方は、こちらも合わせてご覧ください↓↓

 

 

【TOEIC頻出単語100選】これだけは覚えておきたい重要語一覧

 

 

TOEICについてさらに詳しく見る

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加