TOEIC900点を転職活動に活かす方法

「TOEIC(トイック、トーイック)って転職に役に立つの?」

転職を考えていて、そんな疑問を持ったあなた。

結論から言うとTOEICは転職に役に立ちます

 

もしあなたがTOEIC900点を持っているなら、それは転職活動で非常に強い武器になります。たとえ英会話に自信が無くても、900点があれば多くの日本企業があなたを高く評価します。TOEIC900点を、あなたの人生を変えるきっかけにすることだってできます。

ただ、アピールの仕方にはいくつかの注意点があります。この記事を読んで、転職活動でTOEICスコアを活かす正しい方法を学びましょう。

※この記事ではTOEIC L&RのことをTOEICと呼称しています。

 

 

1. TOEICのスコアと転職の関係性

TOEICのスコア

 

TOEICのスコアは就職活動や転職活動においてどの程度の重要性を誇るのでしょうか。

結論から言うと、企業や業界によってTOEICの重要性は異なるため一概には言えません。

 

例えば、あなたが英語に密接に関わる企業を志望するのであれば、TOEIC900点を保持していることは、あくまでもスタートラインに立っているだけであって、あなたの武器にはならないかもしれません。英会話学校の講師や翻訳家、通訳士になろうとしている人に、「TOEIC900点を持っています」と言われても、あまり大きなインパクトはありませんよね。大切なのは英語力+αであなたがどんなスキルや人間性を持っているかです。

一方で、一般的な日本企業であれば、大きくプラスの評価を得られる可能性があります。なぜなら、日本は人口減少に伴い将来的に市場規模が縮小していくことが見込まれるため、海外展開を考える企業が多数だからです。英語のできる人材は即戦力として期待できますし、TOEICをうまく利用して自身の海外志向をアピールできれば企業の求める人材とマッチして高い評価を獲得できる可能性もあります。

まずは自分の志望する業界や企業のホームページを見たり、求人サイトや転職エージェントで調べてみたりするなどして、求められる人材像を調べてみましょう。

 

TOEICの落とし穴

TOEICのスコアを転職活動や就職活動に使う際の注意点が、TOEICはリスニングとリーディングだけを評価するテストなので、スピーキング、ライティングの力は示してくれないということです。英語4技能を軸とした本物の英語力を、TOEICだけでは判断することはできません。つまり、企業側は、スコアに見合ったレベルの英会話力とライティング力を志望者が有しているかを確認できません。

もし仮に、あなたに留学経験や海外生活について語れるエピソードがあれば、企業側から見たあなたのTOEICスコアは非常に信頼のおける数字になるでしょう。しかし、そうではない場合は、企業側もあなたの英語力に半信半疑かもしれません。英会話やライティングのスキルに関しても、どんな努力をしているか、どの程度の実力があるのかということを、具体的なエピソードに紐づけて話せる準備をしておくようにしましょう。

 

TOEIC900点のメリット

落とし穴があるといっても、TOEIC900点があれば外資系企業のように英語力を必須とする企業でもない限り、かなりのインパクトを残せるスコアです。

日本の企業は英語力を評価する際に、他の英語の資格テストとは比較にならないぐらいTOEICの点数を評価します。TOEICは英語の資格試験として、日本に浸透し過ぎているため、面接官も受験経験がある場合が多いでしょう。面接官もTOEIC900点がいかに高いスコアであるかを理解しているため高く評価してくれるのです。もしこれが仮に、TOEFL(トーフル)のような試験でハイスコアを取っていたとしても、面接官の受験経験が無いことが多いため、スコアの良し悪しが伝わりにくいです。

そういった意味でTOEICスコアを獲得することは、非常に大きな武器になります。

 

 

2. 業界別転職に求められるTOEICスコア

業界別

 

ここからは具体的に、TOEICを転職活動や就職活動に活かすためにどの程度のスコアが必要かを解説していきます。

まず初めに知っておいていただきたいのが、日本人のTOEICの平均スコアです。これはだいたい580点前後です。これがまず履歴書に書いて恥ずかしくない点数かどうかの目安となるでしょう。

 

 

【スコア別】TOEICと転職・就職活動

TOEIC500点台は、新卒の学生の就活における、最低限持っておいて欲しいスコアとされています。

転職活動をするときに最低限必要なTOEICスコアは600点以上といえるでしょう。大体英検と比較すると準2級、2級レベルに相当します。しかしこれは、平均点を少し上回っているだけという意味で、あくまでも最低限の点数です。転職を考えている人で日本人の平均点すら上回っていない方は、英語力をアピールするにはまだまだこれから努力が必要です。

実際に履歴書に書いてアピールできるレベルのTOEICスコアは730点以上といえるでしょう。一般的に730点は日本企業であれば国際部門に配属されるかどうかの基準になります。学校の英語の先生や塾の英語の先生を目指すとしても、このくらいの点数は最低限ほしいところです。

そして次に860点以上が、実際に海外への出張や赴任ができるレベルになります。このレベルまでくると、転職が非常に有利になります。

最後に900点以上のレベルは外資系企業などに就職して、海外でバリバリビジネスをこなせるレベルとされています。しかし、実際は900点レベルでも、英語ペラペラで非常に高い英会話力を有している方と、TOEICの点数だけ高くて実際の英語運用能力はまだまだ低いという方がいらっしゃいます。TOEICはあくまで目安であるということを覚えておきましょう。

 

 

3. 900点の希少価値

 

ここまで述べてきた通り、TOEIC900点を持っていると転職活動で有利になるのは確実です。

さらに、それに加えて私が主張したいことはTOEIC900点でアピールできる力は、英語力だけではないという事です。

TOEIC900点は受験者全体の上位何%が獲得している点数かご存じでしょうか。

答えは約3%です。つまりTOEIC900点を獲得すれば、英会話なども含めた英語運用能力の有無はさておき、3%の人間しかできないレベルの努力ができるということを少なくとも証明することができます。それゆえに、もしあなたの転職したい企業の人事担当者がエントリーや書類選考の段階で、あなたに会うかどうか決めるとき、TOEIC900点には一度会って話そうと思えるだけの価値があります。ここにTOEICの点数を取得するメリットがあるのです。

 

 

4. 専門力があってこそ900点が輝きだす

 

ただTOEIC900点を持っているからといって必ずあなたの転職活動が成功するとは限りません。

あなたのアピールポイントのメインは、900点取得者ということではなく、他の専門性であることが望ましいです。そうすれば、あなたの転職活動の成功確率はグッと高まるでしょう。

なぜなら、いくら英語ができたとしても、英語はコミュニケーションの手段でしかないからです。英語そのものが仕事ではなく、これを使っていかにうまく仕事を進められるかが問われています。これは中途社員にも新卒社員にもアルバイトにも当てはまります。いくら英語ができても基本的な仕事のスキルが身についていなければ、あまりTOEICの点数は意味を成しません。

例えばあなたがITエンジニアとして転職をするのであれば、設計やプログラミングなどの専門力の部分に+αとして英語力があると、企業にとって非常に魅力的な人材となるでしょう。メーカーの技術者として転職したいのであれば、機械、電気、情報などへの幅広い知識に加え、英語をアピールできるというのが望ましいです。

専門力があってTOEIC900点があれば、海外事業の担当者になって海外派遣なんてことも実現可能かもしれません。

 

 

5. ビジネス英会話などTOEIC以外の英語の練習をしておく

 

実際に面接の場面でTOEICについて話すときは、付随して英会話力について聞かれることが多いでしょう。また、外資系企業などの場合、英語での面接を求められることもあるかもしれません。

そういった場面に備えて、TOEICテスト以外の部分で、英語力を上げるための努力を普段から怠らないようにしましょう。

おすすめは、オンライン英会話スクールに登録することです。通学式の英会話スクールよりも安く、気軽に英会話のレッスンを受けることができます。コースやレッスン内容も様々な人に合わせて作られており、ビジネス英語講座など、社会人向けの講座を受ければ、家にいながらビジネス英会話を上達させることができます。平日でも、夜の空いた時間に25分程度を割けば受講できるため、毎日英語を話す環境を手に入れることができます。

また、字幕付きで洋画や洋ドラマなどを見て、リアルな英会話に耳を慣らすようにすることもおすすめです。TOEICのような資格試験のリスニング問題で流れるようなきれいな英語の他に、映画やドラマなどの生の英語に触れる習慣を作ると、あなたのリスニング能力は飛躍的に向上します。

転職活動中の社会人の方は次の職場が決まるまで、かなり時間に追われているはずです。そういった中でも空いた時間を見つけて、英語力を鍛えておきましょう。

 

 

6. 【まとめ】900点取得で転職活動を成功させよう

 

最後に、転職活動にTOEICを利用しようとしているのであれば、TOEICを受験するタイミングや時期に注意してください。TOEIC公開テストのスコアは受験から約3週間後にインターネット上で確認可能になり、顔写真のついたスコアの公式認定証は約4週間後に届きます。すぐに結果を確認できるわけではないため、転職活動開始直前に受験しても結果がわからず、スコアを利用できないなんてこともあり得ますのでご注意ください。

ここまでTOEIC900点の転職活動での活かし方を解説してきましたが、いかがでしたか? TOEICのスコアと年収には正比例の関係があるというデータも出ています。あなたの理想の企業に採用されれば、年収アップも夢じゃないかもしれません。TOEIC900点はあなたの人生にさまざまな可能性を与えてくれます。ぜひTOEICを利用して、万全の準備をして転職活動を成功させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事