TOEIC900点がなぜ転職活動の切り札になり得るのか

「TOEIC(トイック、トーイック)って転職に役に立つの?」

「英語力がいらない業界だと正直意味はないのでは?」

 

転職を考えていて、そんな疑問を持つ方は多いと思います。

確かに、専門的な知識と経験が求められる転職市場では、TOEICを勉強する意義はあまり感じられないかもしれません。

 

結論から言うとTOEICは転職にものすごく役立ちます

 

もしあなたがTOEIC900点を持っているなら、それは転職活動で非常に強い武器になります。たとえ英会話に自信が無くても、900点があれば多くの日本企業があなたを高く評価します。TOEIC900点を、あなたの人生を変えるきっかけにすることだってできます。

ただ、やみくもに900点とればすべてうまくいく、ということではありません。この記事を読んで、転職活動でTOEICスコアを活かす正しい方法を学びましょう。

※この記事ではTOEIC L&RのことをTOEICと呼称しています。

 

 


1. TOEICのスコアはなぜ転職で重要なのか

TOEICのスコア

 

TOEICのスコアは就職活動や転職活動においてどの程度の重要性を誇るのでしょうか。

 

英語力を測る尺度であるTOEICは、業界によって重要度もさまざまです。

 

あなたが英語に密接に関わる企業を志望するのであれば、高い英語力をもつことを証明する必要があります。そのため、TOEIC900点を保持していると、多くの場合希望の職の要件を満たすことができます。そもそも高い英語力を持っている人が少ないので、そこでふるい落とされる可能性がなくなります。

 

そこに、プラスアルファで別の強みを持っていると、企業はあなたに魅力を感じるようになります。例えば、英会話講師の場合、明瞭な話し方やわかりやすい言葉選びの能力が望ましいですよね。

一方で、一般的な日本企業であれば、この関係性が逆転します。

 

転職を考えるとき、まず候補に挙がるのは同業または関連業界ですよね。人気のある業界、または大企業に転職しようとする場合、その道の達人であるライバルがわんさかいることが予想されます。仕事歴や専門性だけでこの狭き門に挑むことは難しいです。

 

ここで、TOEICの出番です。一見、国内を相手取ったビジネスでは、英語力は必須ではないと思われがちですが、これは大きな間違いです。なぜなら、成長している・成長していく企業は海外市場も視野に入れる必要があり、英語力を社員に求めることが考えられるからです。

 

詳しくは後述しますが、TOEICは多くの人が受験しているにも関わらず、高得点取得者の割合は極めて低く保たれています。もしあなたがTOEIC 900点を取得しているとしたら、同じ志望業界、職種のライバルたちと大きく差をつけることができるのです。

まずは自分の志望する業界や企業のホームページを見たり、求人サイトや転職エージェントで調べてみたりするなどして、求められる人物像を調べてみましょう。

 

2. 転職・採用におけるTOEICスコア別のレベル

業界別

 

ここからは具体的に、TOEICを転職活動や就職活動に活かすためにどの程度のスコアが必要かを解説していきます。

 

 

2-1. 500点

TOEIC500点台は、新卒の学生の就活における、最低限持っておいて欲しいスコアとされています。

 

ですが、日本人のTOEICの平均スコアは580点前後です。これがまず履歴書に書いて恥ずかしくない点数かどうかの目安となるでしょう。

 

2-2. 600点

転職活動をするときに最低限必要なTOEICスコアは600点以上といえるでしょう。大体英検と比較すると準2級、2級レベルに相当します。

 

しかしこれは、平均点を少し上回っているだけという意味で、あくまでも最低限の点数です。転職を考えている人で日本人の平均点すら上回っていない方は、英語力をアピールするにはまだまだこれから努力が必要です。

 

2-3. 730点

実際に履歴書に書いてアピールできるレベルのTOEICスコアは730点以上といえるでしょう。一般的に730点は日本企業であれば国際部門に配属されるかどうかの基準になります。英語教員や英会話講師を目指すとしても、このくらいの点数は最低限ほしいところです。

 

2-4. 860点

そして次に860点以上が、実際に海外への出張や赴任ができるレベルになります。このレベルまでくると、転職が非常に有利になります。

 

2-5. 900点

最後に900点以上のレベルは外資系企業などに就職して、海外でバリバリビジネスをこなせるレベルとされています。どのような業界の履歴書でも輝けるのは、このレベル以上の得点です。

 

 


3. 900点の希少価値

 

ここまで述べてきた通り、TOEIC900点を持っていると転職活動で有利になるのは確実です。

さらに、それに加えて私が主張したいことはTOEIC900点でアピールできる力は、英語力だけではないという事です。

TOEIC900点は受験者全体の上位何%が獲得している点数かご存じでしょうか。

答えは約3%です。

 

つまりTOEIC900点を獲得すれば、英会話なども含めた英語運用能力の有無はさておき、3%の人間しかできないレベルの努力ができるということを少なくとも証明することができます。

 

それゆえに、もしあなたの転職したい企業の人事担当者がエントリーや書類選考の段階で、あなたに会うかどうか決めるとき、TOEIC900点には一度会って話そうと思えるだけの価値があります。ここにTOEICの点数を取得するメリットがあるのです。

 

 

4. TOEICの落とし穴

 

TOEICのスコアを転職活動や就職活動に使う際の注意点が、TOEICはリスニングとリーディングだけを評価するテストなので、スピーキング、ライティングの力は示してくれないということです。

 

英語4技能を軸とした本物の英語力を、TOEICだけでは判断することはできません。つまり、企業側は、スコアに見合ったレベルの英会話力とライティング力を志望者が有しているかを確認できません。

もし仮に、あなたに留学経験や海外生活について語れるエピソードがあれば、企業側から見たあなたのTOEICスコアは非常に信頼のおける数字になるでしょう。しかし、そうではない場合は、企業側もあなたの英語力に半信半疑かもしれません。

 

英会話やライティングのスキルに関しても、どんな努力をしているか、どの程度の実力があるのかということを、具体的なエピソードに紐づけて話せる準備をしておくようにしましょう。

 

入社後に英語を使用する業務があることがわかっている場合は、TOEIC900点を取得するだけでは十分ではありません。実際のスピーキングスキル・ライティングスキルについても勉強しておくことが望ましいでしょう。

 


5. TOEIC900点は実現不可能なスコアではない!

 

では、TOEIC900点を取るためには、いったいどのような対策をしたらよいのでしょうか。

 

具体的な目標正解数は、以下のようになっています。

 

 

9割以上正解する必要があるので、途方もない計画に思えるかもしれません。ですが、すでに800点台を取得している方なら短期間で達成可能なスコアでもあります。

 

800点台は、十分英語力が高いとは言えますが、TOEICの中で弱点を可視化できていない可能性があります。まずは本番さながらの形式で何度も模試を解き、いつも間違えるパターンの問題を洗い出しましょう!

 

自分の苦手分野が特定できたら、その強化を徹底的に行います。長文が最後まで終わらないのが原因なら、読解のスピードをあげられる対策をする必要があります。リスニングの特定のパートが苦手なのであれば、そのパートに特化した問題集で演習を重ねて弱点をつぶしましょう!

 

具体的な方法を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓↓↓

 

「800点台はまだ出せていないけど、少しずつレベルアップしたい!」

「まずは730点、860点を攻略するためのコツが知りたい!」

 

そんな方は、こちらの記事でスコア別に取るべき問題数とコツをまとめているので、ご一読ください↓↓↓

 

 

6. 【まとめ】900点取得で転職活動を成功させよう

 

最後に、転職活動にTOEICを利用しようとしているのであれば、TOEICを受験するタイミングや時期に注意してください。TOEIC公開テストのスコアは受験から約3週間後にインターネット上で確認可能になり、顔写真のついたスコアの公式認定証は約4週間後に届きます。すぐに結果を確認できるわけではないため、転職活動開始直前に受験しても結果がわからず、スコアを利用できないなんてこともあり得ますのでご注意ください。

ここまでTOEIC900点の転職活動での活かし方を解説してきましたが、いかがでしたか? TOEICのスコアと年収には正比例の関係があるというデータも出ています。あなたの理想の企業に採用されれば、年収アップも夢じゃないかもしれません。TOEIC900点はあなたの人生にさまざまな可能性を与えてくれます。ぜひTOEICを利用して、万全の準備をして転職活動を成功させましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加