TOEICのスコアごとの英語レベルを徹底解説!おすすめの勉強法もご紹介

「TOEIC Listening&Reading Test(以下TOEIC)のスコア、900点がすごいって聞いたことあるけれど、実際はどのくらいのレベルなんだろう?」
「初めて受験したら、500点だったけど、これってどのくらいのレベルなの?」
今回はそんな疑問にお答えします。

 

この記事では、TOEICテストを制作しているETSが定める、TOEICのスコア別評価、英語レベルについてご説明していきます。自身の英語レベルの把握や、目標の設定にお役立てください。

また、スコアアップにどんな勉強が適しているのかも解説しますので、これからTOEICを受ける方も、すでにスコアを持っている方もぜひ参考にしてみてくださいね。

 
 

1. ETSが定めるスコアの分類

 

ETSは目安としてスコアレベルを5つに分類し評価しています。

 

一覧がこちら。

・A:860以上

・B:730〜860点未満

・C:470〜730点未満

・D:220〜470点未満

・E:220点未満

ここからは、それぞれのスコアの保持者がどれくらいの英語力を持っていると言えるのか、スコアアップにはどんな勉強が必要なのかを解説していきます。

 
 

2. E:TOEICスコア220点未満

 

スコアレベルEに相当する220点未満

 

一番下のレベルではありますが、基礎を固めれば簡単に数百点アップを見込めるだけの伸びしろがあります。しかしまずは、現状の英語レベルを知ることが大事。

 

220点未満の英語力とはどのようなものなのでしょうか。

 

 

220点未満の英語レベル

220点未満の英語力は、スムーズな英会話が成り立たないレベルです。単語を並べて会話する程度で、「うまく自分の思っていることが言えない」というレベルの英語力になります。相手の会話が断片的にしかわからず、英語のコミュニケーションに支障があると言えるでしょう。


では、220点未満のスコアから次のレベルにステップアップするには、どのような勉強方法が望ましいのでしょうか。

 

 

220点未満の人のおすすめ勉強法

220点未満のスコアの方はまず、基礎英単語を覚えることが最優先事項です。英語は単語がわからなければ、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングのどれもできません。中学生が習う英単語から覚え直しましょう。


その他にも、単語と並行して基本文法も学習していくのがおすすめ。日本語と英語は語順が全く違う言語です。英文法に触れて英語の感覚とリズムをつかみ、基礎英語力を身に付けましょう。


220点未満の方は基礎単語と文法を勉強すれば、飛躍的なスコアアップが期待できますので、ぜひ頑張ってみてください。

また、点数が220点未満の方がTOEIC対策用の教材を使って勉強をするのは、まだ早いと言えます。まずは、中学レベルの簡単な参考書で勉強を始めてみてください。

 

 

3. D:TOEICスコア220〜470点未満

 

220〜470点未満のスコアは、平均の一歩手前のレベルです。中高生時代の英語の成績が伸び悩んだ方の中には、このスコアの範囲から抜け出せないという方も多いのではないでしょうか。

それでは具体的に、この点数の英語力の目安とおすすめの勉強法をご紹介します。

 

 

220〜470点未満の英語レベル

220〜470点未満のスコアは、何とかコミュニケーションがとれる英語レベルです。相手に会話内容を繰り返し言ってもらったり、ゆっくり話してもらうことで、会話の内容が理解できるといった感じです。


スピーキングも簡単な応答なら可能で、最低限の意思疎通ができるレベルです。しかしネイティブとの会話では、コミュニケーションに難がある英語力になります。

 

 

220〜470点未満の人のおすすめ勉強法

この点数の人も、まずは基礎的な英語の知識をマスターしましょう。中学で習う英単語や文法知識を完璧に理解できるようになるのが目標です。


初心者向けのテキストや単語帳で徹底的に勉強するのがベスト。テキスト内で出てくる単語はなるべく覚えるようにし、疑問文の作り方や応答のフレーズを学んでいけば次のレベルに行ける可能性が高まりますよ。


また、アプリでの学習もおすすめです。TOEIC対策を動画で学習できる講座もありますので、テキストでの勉強が苦手な方はそちらも試してみてください。

 

 

4. C:TOEICスコア470〜730点未満

 

平均的なスコアを持っていると言えるレベルです。比較的多くのTOEIC受験者が、このスコアレンジの中にいるのではないでしょうか。


このレベル内でも、470点と730点では英語力に結構な差がありますが、Cレベルになると英語の勉強が楽しくなってきます。さらにスコアアップし、上級者レベルになる素質があると言えるでしょう。

 

 

470〜730点未満の英語レベル

470〜730点未満の英語レベルは、通常の会話であれば適切に応答ができ、自分の意思を伝えることができる英語力があると言えます。


基本単語や文法はそれなりに身に付いており、簡単なコミュニケーションならストレスなく行うことができます。

 

目安としては、大学受験レベルの英文法知識と英単語が身に付いていれば、700点程度のスコアが取れるでしょう。しかし、複雑な状況下での会話や、文章が長くなると、困惑してしまうことがあるレベルです。


一般的に企業の求人に応募する際の履歴書に書けるTOEICスコアは600点からと言われていますので、TOEICを初めて受験するという英語初心者の方は、まずはこの点数を目指してみてはいかがでしょうか。

 

 

470〜730点未満の人のおすすめ勉強法

基礎的な学習から実践的な英語学習に移行するのがこの時期です。初心者向けのテキストではなく高校生向けや中級者用の教材に変え、より深い英語力を身に付けましょう。

しかし、このレベルの人の中には、点数の伸び悩みを感じる人も多数います。結果に満足できず、勉強法やテキストを次々と変えてしまう傾向にあるようですが、それではスコアがさらに伸びなくなってしまう原因になりますので、自分の計画を最後までやり遂げる忍耐力が必要です。

1冊のテキストを何回もやり込んで、英語力の土台を作りましょう。

また定期的に模試や、TOEIC本番の試験を受けて、自分が苦手な分野を発見することも点数アップにつながります。TOEICの公式サイトでは、無料でTOEIC試験の例題を解くことができますので、まだ問題形式をしっかり把握されていない方は一度挑戦してみましょう。

 

 

5. B:TOEICスコア730〜860点未満

 

中級者と上級者の中間と言えるスコアレベルB。英語がある程度得意という方は、このスコアレベルにいる方も多いのではないでしょうか。就職の際にこのスコアを持っていれば、多くの企業で有利になると言われています。


コツコツ学習を継続していくことで、まだまだスコアが上がっていきますので、ここで満足せずさらなるレベルアップを目指しましょう。

 

 

730〜860点未満の英語レベル

通常の会話であれば全く問題なく、応答も迷うことなくできるといったレベルです。話題が専門的であっても話についていくことができ、仕事でも使える英語力があると言っていいでしょう。日系企業であれば、多くの企業の担当者に、「英語がそこそこできる人」とみなされるレベルです。


このレベルに到達すると、発音や完璧な文法を意識して話すようになります。流暢さには欠けることもありますが、問題なく英語でコミュニケーションがとれる英語レベルです。

 

 

730〜860点未満の人のおすすめ勉強法

730〜860点未満の方には基礎的な学習はそれほど必要ありません。たくさんの英語に触れ、時折アウトプットをすることで、さらにレベルアップしていくことができます。単語はTOEICに頻出する語彙を中心に覚えるようにし、問題集も応用問題を解いていくようにしましょう。


そして大事なのがモチベーションの維持。ここで満足せずにさらに高い目標を設定し、自分が難しいと感じる問題にも積極的に取り組んでいくことが重要です。

 
 

6. A:TOEICスコア860点以上

 

860点以上は、最高の位置付けにあるAレベルに相当します。TOEICの勉強を続けてきた上級者や英語に慣れている海外在住者などが取得している点数です。

多くのTOEIC学習者の方が、860点を目指して学習しているのではないでしょうか。

 

900点台や満点レベルの人と、860点レベルの人では、まだまだ英語力に隔たりがあると言えますが、日本で就職活動などをするというのであれば、860点は十分な点数と言えます

 

 

860点以上の英語レベル

通常の英会話だけでなく、専門的な会話であっても十分理解でき、適切な英語表現を使うことができます。「ネイティブの英語力」とまではいかないものの、流暢に自分の意見を英語で伝えられ、リスニングでも正確に相手の話を理解できる英語力を持っています。


TOEIC L&Rテストはリスニングとリーディングのスキルを測る試験のため、このスコアを持つ全ての人が英語ペラペラというようなことはありませんが、日本人の平均値から考えれば、十分に高い英語力を保持していると言えるでしょう。

多くの企業から高い評価を受け、就職活動や転職活動でも有利になるスコアと言われています。

 

860点以上の人のおすすめ勉強法

860点以上のレベルの方がよりハイスコアを目指すには、TOEICにこだわり過ぎずに幅広い英語に触れることが大切です。もちろんTOEICの英語に慣れることも重要ですが、このレベルの人は、たくさんのレベルの高い英語に触れ、正確に速く英語を読み解くスキルを磨くことがより重要になります。

英字新聞や、洋書など少しレベルの高い英語を読んでみるのが良いでしょう。

また、TOEIC教材を使って学習する際は、リスニング音声を繰り返し聞いたり、長文を丁寧に精読したりして、自分のできない箇所を洗い出しましょう。何度も何度もTOEICの英語を読み解くことで、「どこでミスをしたのか」、「何ができていないのか」などの原因を徹底的に分析して課題を明確にすることが重要です

TOEICハイスコア獲得者は、大体の英語を読むことができるため、自分が正確に読めていない箇所に気が付きにくい傾向があります。問題を解いて答え合わせをする際は、音声を聞き直したり、本文と和訳をしっかり照らし合わせたりするようにして、正確に英語を理解するようにしましょう。

 

 

7. まとめ

 

TOEICは英語力を診断したいビジネスマンだけでなく、大学生や主婦の方も受験する人気の英語試験です。今回ご紹介したTOEICスコアはあくまで目安ですが、これを基準にしてTOEICの学習をすることで、今後のTOEIC学習の方針が立てやすくなるでしょう。


この記事を参考にして「自分がどのくらいの英語力を身に付けたいのか」、そして「どれくらいのスコアが必要なのか」をチェックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事