海外旅行をもっと楽しくする!頻出英会話フレーズと勉強法

一大イベントである海外旅行。やっぱり心配なのは言葉の壁。

 

グアムやハワイなど、日本人に人気の観光地では日本語が通じることもありますが、トラベル英会話は身に付けておきたいものアメリカやイギリスの英語圏だけでなく、ヨーロッパや東南アジアでも英語は共通語です。

個人旅行でもツアーでも、英語が話せると便利なだけではなく、現地の人と交流ができて旅行がもっと楽しくなります。

 

「留学もしてないし、中学校や高校で英語を勉強したのは大昔だから、今更英会話は無理……」とあきらめてしまうのはもったいない!

実は、ある程度場面が想定しやすい海外旅行は英会話の基礎を身に付けるチャンス。初心者の方でも、シニアの方でも、短期間で必要な英会話をマスターする方法をご紹介します。

 
 

1. 海外旅行で必要なのは中学校英語が基本

スクラブル

 

海外旅行では一般的に短いやりとりで会話が完結することが多いです。

 

例えば空港の入国審査、タクシーを呼ぶ、ホテルのチェックイン、カフェやレストランでの注文など。あるいは、自分から何かを尋ねて答えてもらうことで、その場のやりとりが完結するものがほとんどです。


つまり、ビジネス英語と違って継続的に相手と連絡を取ることを想定していません。もちろん相手に不快感を与えない表現は心がけたいですが、初心者の方はまず最低限の情報を聞き取り、話すことを考えましょう。


そこで重要なのが中学校英語。「そんなに簡単な表現で大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、中学校レベルの英語でコミュニケーションは十分成り立ちます。

 

 

1-1. 空港、ホテル、レストラン……状況を整理しよう

早速、旅行中に使える便利なフレーズをいくつか見ていきましょう。
 
英語:I’d like an open-faced sandwich.
意味:(カフェで)オープンサンドをお願いします。

英語:Can I have some extra bags?
意味:(買い物で)余分に袋をください。

英語:Can I leave my baggage here? I’ll be back by 3 p.m.
意味:(ホテルで)荷物を預かってもらえますか?午後3時には戻ります。
 
いずれも中学校英語で習う簡単な表現です。
 
リクエストや要望があるときはI’d like (to) ~Can I/you ~ ? で伝えることができます。

ここからは、詳しいシチュエーションごとに英会話表現を確認していきましょう。
 

〈入国時のフレーズ〉

ドキドキしますが、恐れることはありません。

 

(1)旅の目的

英語:What is the purpose of your visit?

意味:旅の目的は何ですか?

 

こう聞かれたら、端的に滞在目的を答えましょう。

 

英語:Sightseeing.

意味:観光です。


英語:Business.

意味:仕事です。

 

英語:On vacation.

意味:休暇です。

 

英語:To study.

意味:留学です。

 

(2)滞在期間

英語: How long are you staying?

意味:どのくらい滞在しますか?

 

これに対しては、滞在期間を答えましょう。大体の日数でも問題ありません。

英語:Three days.
意味:3日。

英語:One week.
意味:1週間。
 
英語:One month.
意味:1か月

 

〈移動でのフレーズ〉(空港・鉄道・タクシーなど)

移動ではタクシーまたは配車サービスを利用する方が多いと思います。まずドライバーに行き先を伝えましょう。

 

英語:To ~~Hotel, please.

意味:~~ホテルまでお願いします。

 

また、What’s the address?(住所はわかりますか?)という質問に対しては、ホテルの住所をプリントアウトしたものか、メモを見せるだけで大丈夫です。

 

〈ホテルでのフレーズ〉

ホテルに到着すると、コンシェルジュは

 

英語:May I have your name?

意味:お名前をお伺いしてもいいですか?

 

と聞いてくるかもしれません。聞き慣れない表現ですが、これはWhat’s your name?の丁寧版です。予約を確認してもらう上で必要な情報なので、はっきりと発音し、パスポートの提示を求められたら応じましょう。

 

〈ショッピングでのフレーズ〉

気に入ったデザインの服のサイズが合わないときは、

 

英語:Do you have a bigger/smaller one?

意味:この服の大きい/小さいサイズはありますか?

 

買いたい商品を決め、料金を知りたいときは、

 

英語:I’ll take it. How much is it?

意味:これにします。おいくらですか?

 

とりあえず見ているだけで店員に放っておいてほしいときは、

 

英語:Just looking.
意味:見ているだけです。


このような表現が便利です。

 

〈注文時のフレーズ〉

余裕があれば先ほどのI’d like ~で始まる文を使えるとスマートですが、次のような言い方でも失礼にはなりません。

 

英語:Can I have a burrito?

意味:ブリトーをください。


英語:A cheeseburger and fries, please.

意味:チーズバーガーとフライドポテトをください

 

このように、シチュエーションに合わせたシンプルな表現なら、短期間でマスターできそうな気がしませんか?
 
 

1-2. 簡単な単語こそ多くのことを表現できる

海外旅行の英会話で大切なことは、知っている単語や表現を上手に使いこなすことです。知らない単語や表現をいくら考えていても、英語は話せません。
 
複雑な構文や単語をたくさん覚えるのではなく、万能なフレーズや単語をあらゆる場面で使えるようにマスターすることが重要です。
 
例えば、誰もが知っているhaveは、こんなふうに使えます。
 
英語:I have a reservation.
意味:(ホテルなどで)予約しています。
 
英語:Do you have a table for two?
意味:(カフェなどで)2名で入れますか。
 
英語:Excuse me. Do you have any paper napkins?
意味:(こぼしてしまったとき)すみません。紙ナプキンをください。
 
日本語を英訳しようとすると、悩んでしまうかもしれませんが、実はすべてhaveを使って表現できます。旅行で使う表現は実は結構シンプルだったりします。
 
 

2. 英会話フレーズ集、YouTubeを活用して役立つ表現をマスターしよう

ユーチューブ

 

これまでご紹介したように、旅行に必要な英会話は「中学校英語レベル」で「シンプル」! 辞書のように分厚い教材は必要ありません。

 

 

2-1. 英会話フレーズ集で基本の表現をマスターしよう

おすすめは、旅行の場面別のフレーズ集や表現集など書籍での学習。短時間で効率よく表現をマスターできる教材をご紹介します。

 

『基本の78パターンで 英会話フレーズ800』(西東社)

基本の78パターンで 英会話フレーズ800

引用:http://www.seitosha.co.jp/pattern.html

 

Do you know~?やLet me~など、シンプルでありながらさまざまな場面で使える表現がコンパクトにまとまっています。この本のすごいところは、最低限の情報を伝えつつも相手に不快感を与えない丁寧な表現が多数掲載されています。Could you~?やI’m afraid~など、使えると印象がアップする表現がカバーされています。

 

『旅行英会話まるごとフレーズ』(アルク)

旅行英会話まるごとフレーズ

引用:https://ec.alc.co.jp/book/7016025/

 

飛行機の中から、ホテル、ショッピング、食事など旅行中にありがちな場面別に、よく使う表現やフレーズがコンパクトにまとまっています。話しかけ方のコツや会話がはずむコミュニケーション術も紹介しています。

 

『おとなの基礎英語 海外旅行が楽しくなる英会話フレーズ100』(NHK出版)

おとなの基礎英語 海外旅行が楽しくなる英会話フレーズ100

引用:https://www.nhk-book.co.jp/detail/000062131902016.html

 

評価の高いNHK『おとなの基礎英語』として2015年に放送された内容が書籍化されています。たった100のフレーズですが、旅先のあらゆる場面であなたを助けてくれるものばかりです。しかも中学校レベルの英語表現ばかりですので、初心者に特におすすめです。旅先で使えるシーン別の索引も活用しやすく、旅行に持って行くにも便利です。CD付きで発音がわからにという心配も必要ありません。

 

 

2-2. YouTubeで気軽に勉強しよう

上記で紹介したような教材を使って勉強するのは王道の学習法ではありますが、CD音源やダウンロードした音声を確認しながらテキストで学習するのは面倒、というあなたには無料で気軽に学習できるYouTubeの活用をおすすめします。


以下で、おすすめのチャンネルをご紹介します。

JamesESL English Lessons

 

すべて英語ですが、ユーモアたっぷりで楽しくわかりやすく英語を教えてくれる人気チャンネル。チャンネル登録者数はなんと200万人超。

 

旅行に必要な英単語を紹介している「Learn English-Travel Vocabulary」という動画は初心者の方におすすめです。

 

mochantv 英会話どこでもスピーキングLesson

 

登録者数 11万人の人気チャンネル。上記の動画では、旅行に必要なシンプルな表現をコンパクトにまとめています。

 

単に表現と意味を紹介するだけでなく解説が丁寧なので、初心者でも最後までついていける内容です。自分で表現を考える時間を、最初に少し入れているのも勉強しやすいポイントの1つです。

 

 

3. 独学をするなら英語でアウトプットする癖を

読書する男性

 

ここまでさまざまな教材や動画をご紹介してきましたが、ここからは具体的に英会話の勉強法をご紹介していきます。

 

今回ご紹介する方法は、「日常生活から英語で考え事をする」という方法です。

 

 

3-1. 日常生活で感じたことを英語で口にすると表現力がアップ

例えば、通勤時間は特に旅行に役立つ表現を学ぶチャンス。いつもは見過ごしがちな電光掲示板を集中して見てみましょう。

 

電車が遅れているときに流れる、We’re sorry to keep you waiting.(お待たせしていて申し訳ありません)は、主語をIにするだけで約束に遅れてしまったときに使えます。

 

他にも電車に乗っている時のアナウンス。

 

This train is bound for ~.(この電車は~行きです)を少し変えれば、Where is this train bound for?(この電車はどこ行きですか?)となり自分でもる表現になります。

普段使い慣れていない言葉をいきなり海外旅行で使うのは難しいことです。まずは身の回りの出来事を英語で表現する練習を行いましょう。いざ旅行で英会話が必要になったときの訓練になります。


3-2. わからない表現はネットやネイティブに質問できるアプリですぐ確認

自分で考えた英語表現が正しいのか、あるいはもっといい表現はないのかを簡単にチェックできるアプリがあります。おすすめのアプリを1つご紹介します。

 

HelloTalk

HelloTalk

引用:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hellotalk&hl=ja

 

無料でネイティブスピーカーとつながれるアプリ。気軽にテキストメッセージのやりとりもでき、使った表現をすぐに添削してもらえます。

 
実際に外国人の方と通話することもでき、お互いの母語を教えあうことが可能です。
 
 

4. まとめ 

まとめ

 

海外旅行で必要な英会話は中学校レベルの英語を駆使すれば十分対応できます。

 

教材は旅行でよくある状況を想定したものを使用するのがおすすめです。YouTubeにも活用できる動画がたくさんあるので取り入れてみてください。

 

海外旅行がもっと楽しくなるように、勉強をスタートさせましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事