TOEIC L&R テストの価格はいくら?

就職・転職活動に用いられるTOEIC Listening & Reading Test(以下、TOEIC)ですが、気になるのはその価格です。

 

英会話スクールの授業料や教材費など、英語の勉強を続けるだけでもお金がかかるので、TOEIC受験はできるだけ安く済ませたいものですよね。

 

そこでこの記事では、TOEICの受験価格や割引の受け方など、TOEICの価格に関する様々な情報について解説していきます。

 

 

1. TOEICの価格

TOEICの価格

 

TOEICの受験料は試験形式によって異なります。TOEIC Listening & Readingには、2つの受験制度があります。

公開テスト
IPテスト(団体特別受験制度)


それぞれについて、検定料と概要をご説明します。

 

1-1. 公開テスト

受験料:¥5,830(税込)
※2020年4月12日以降は料金が改定され、¥6,490(税込)に変更されます。
スケジュール:1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月(年10回)
※2020年は東京オリンピック・パラリンピック開催時期を考慮し、2020年7月の試験は実施せず、10月に試験を2回実施することが決まっています。
受験会場:国際ビジネスコミュニケーション協会が指定する会場(全国各地)

TOEIC公開テストは、一般の受験者が個人で申し込みをする最も一般的なテストです。

 

このテストのスコアは顔写真付きの公式認定証(Official Score Certificate)として試験日から30日以内に発送されます。就職活動や転職活動など、企業や学校、官公庁に提出するスコア証明書として使う事も可能です。

 

※なお、初心者向けのTOEIC Bridgeや、スピーキングとライティングの技能を測るTOEIC S&Wの受験価格や試験日程は上記とは異なりますのでご注意ください。

 

1-2. IPテスト(団体特別受験制度)

受験料:¥4,230(税込)
スケジュール:随時
受験会場:受験組織の指定する会場

会社や学校などで団体受験し、社内・校内でスコアを共有するために行います。会社や学校によっては一部または全額を負担してくれることもあるので、自分の所属している団体の情報を確認してみましょう。

TOEIC IPテストは国際ビジネスコミュニケーション協会ではなく、IPテストの主催団体がで運営・実施するものであるため、顔写真付きの公式認定証(Official Score Certificate)ではなく、スコアレポートという形で結果の発表が行われます。

 

就職活動などにおいて、絶対にIPテストスコアは利用できないわけではありませんが、企業や団体によってはIPテストのスコアは認めていない可能性もありますので注意が必要です。

 

 

1-3. TOEICは他の英語能力試験より安い!

TOEIC L&R テストの受験料は、いろいろ種類のある英語能力試験の中では比較的お手頃です

 

というのも、TOEIC L&R テストはリスニングとリーディングの2技能の力のみを測るテストなので、実施や採点に必要なコストが他の試験と比較して抑えることができるためです。

 

下に、主な英語試験の価格と簡単な内容を説明します。

TOEIC L&R(¥5,830

マークシートでのリーディング・リスニング試験。記述式の問題や、面接はなし。結果は合否ではなくスコアによって発表される。

英検1級(¥9,500)

実用英語技能検定の最高レベル。1次試験ではマークシートのリーディング・リスニング、記述式のライティングが課され、2次試験ではネイティブ・日本人との面接形式でのスピーキング試験が課される。

TOEFL iBT (¥23,500)※$1=¥100のとき

パソコンを使用して4技能を1日で測る。スピーキングではヘッドセットのマイクに向かって声を吹き込む。

IELTS(¥25,380)

マークシートでのリーディング・リスニング、記述式のライティング試験が課された後、ネイティブとの面接によりスピーキング試験が課される。合否ではなくスコアによって結果が出る。

 

1-4. 気軽に英語の試験を受験したい人はTOEICがおすすめ

TOEICテストは日本国内では非常に広く普及しており、アプリや学習塾のコース、教材も充実しています。

 

2技能のみの評価ですが、価格も他の試験と比較して安価なので、英語学習の成果を気軽に測りたいという方におすすめの試験です。

英語の能力試験を初めて受ける人で、どの試験にするか迷っている場合は、まずは安くて対策のしやすいTOEICを受験してみてはいかがでしょうか?

 

次に、TOEICの受験料を安くする方法についてご紹介します。

 

 

2. 受験料を抑えるには?

受験料を抑えるには?

 

TOEIC公開テストには、受験料を安くする方法があります。それは、毎年決まった月に受験をすることです!

TOEICの受験申し込み公式サイトである「TOEIC SQUARE」でアカウントを作成し、ログインしてオンライン申し込みをした場合、その次の年の同じ月に再受験する際の料金が割引になります。さらに、割引を利用して受験したそのまた次の年の同じ月の受験にも、この割引価格は適用されます!

※この制度はコンビニ申し込みの場合は適用されませんのでご注意ください。

 

リピート割引適用後の価格と、2020年4月からの価格改定をまとめた表が以下になります。

TOEIC L&R 公開テスト実施回 第244~248回(2019年10月27日~2020年3月8日) 第249回~(2020年4月~)

受験料(税込み)

5,830円 6,490円
リピート割引受験料(税込み) 5,186円 5,846円

※税込み価格で表示しています。

 

「TOEIC受験は毎年12月」などと決めている人は、連続で受験し続ける限り受験料がお得になります。

ぜひこの割引を活用し、割引価格でTOEICを受験しましょう。

 

 

3. TOEICの受験価格まとめ

TOEIC価格のまとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

・TOEIC L&Rの公開テストの受験料は¥5,830

・2020年4月からは¥6,490

・リピート受験割引を利用すれば¥5,186(2020年4月からは¥5,846)

 

ぜひ、TOEICをあなたの英語学習に役立ててください!

 

TOEICについてさらに詳しく見る

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「英語が聞き取れない」というお悩みはバイリンガリズムで解決!

バイリンガリズム

 

「いろんな英語学習法を試したけど、結局どれもいまいち成果が出ない……」

こんなふうに英語学習に行き詰っている方は、1日10分最短60日でネイティブ英語が聞き取れるようになる英語教材『バイリンガリズム』をぜひお試しください。バイリンガリズムで学習を続ければネイティブスピーカーと同じ思考回路で英語を聞き取ることが可能になります!

著作30冊以上、累計60万部突破。監修した『中学英語をひとつひとつわかりやすく。』(学研プラス)シリーズが大ヒット中のベストセラー著者、山田暢彦先生考案の「バイリンガリズムメソッド」で学習すれば、あなたの「英語ができるようになりたい!」という夢を現実にすることが可能です。

例えばこんなとき……

「どの英会話教材に挑戦しても長続きしない……」
「何を試しても英語を聞き取れるようにならない……」
「TOEICや英語の試験で点数があがらない……」

 

あなたの悩みをバイリンガリズムが解決します!

 

今すぐチェックする!

よく読まれている記事