600点を狙うならこれ!初心者におすすめのTOEIC教材集

TOEIC600点といえば、TOEICのスコアが資格としての力を発揮し始めてくる点数。

就職・転職活動や、社内での昇進などの目的で600点獲得を目指している人は多いはず。

 

また、600点のレベルは以下のようなものですから、単に資格としてだけではなく、TOEIC600点の英語力に憧れるという方もいるでしょう。

 

 

・仕事や学校など身近な場面で使用される英語を理解できる

・英語圏に旅行した際に大きな問題なく楽しむことができる

 

 

しかし、600点はTOEIC全受験者の平均(およそ580点)より少し上ですから、取れる人数はやはり限られてきます。
特に、初心者の方は、「自分に600点なんて…」とさじを投げてしまうケースも多め

 

とはいえ、高いハードルに見える600点ですが、実は決して手の届かないスコアではありません。

 

これからご紹介する教材をもとに学習を重ねれば、確実に英語力が身につき、スコアに反映されるでしょう。

この記事を参考に、ぜひ600点を突破しましょう!

 


1.どうしてスコアが伸びない?まずは弱点を把握しよう!

 

TOEICのスコアを上げるためにはもちろん勉強が必要です。
しかしやみくもに学習量を重ねるだけでは、スコアとして成果が現れるまでに時間がかかってしまいます。

 

そこで大切なのが、「自分に何が足りていないのか把握すること」です。まず弱点を把握し、そのポイントを重点的に学習することで、効率的なスコアアップに繋がります。

 

まずは、「600点取りたいけど、難しい…」と感じているあなたが、TOEICのどのような部分を苦手としていると言えるか、ご説明しましょう。  

 

 

1-1. リスニングはココが苦手

リスニングセクションが100点~200点台のあなたは、

 

・Part1→短い英文は理解できるものの、難しい語彙や表現を聴き取ることができない。

 

・Part2→直接的な表現であっても、主語を掴んだり基本的な文脈を聴き取ることができない。疑問文ではない英文が流れてきた場合に、とっさにシチュエーションを理解し解答と結びつけることが難しい。

 

・Part3,4→音声を聴いてから設問を読んで解答していて、先読みができていない。会話や英文内にヒントが散りばめられている場合、聴き取ることはできるものの、設問の解答と結びつけることが難しい。また、会話や英文の詳細を理解できていないため、ヒントが1カ所しかない設問に解答することができない。

 

といった弱点があるはずです。

 

語彙力の強化はもちろんですが、英語の音声に耳を慣らし、内容を理解できるようになることや、リスニングセクションの出題傾向を把握し、攻略法を身に付けることが必要です。

 

 

1-2. リーディングはココが苦手

リーディングセクションが100点~200点台のあなたは、

 

・語彙力が不足しており、英文の内容が理解できない。

・中学校で習うレベルの英文法はある程度は理解できているものの、難しい語彙が含まれていると応用ができない。

・言い換え表現に慣れておらず、英文や文書内のヒントと結びつけることができない。

・時間の配分ができておらず、後半にかけて塗りつぶすのみになっている

 

といった弱点があるはずです。

リスニングセクション同様、語彙力の強化が必須です。また、すでに身についている英文法の知識を問題を解く際に活かせるよう、TOEICの文法問題に特化したトレーニングを行いましょう。

 

Part7については、文書をしっかり読んで内容を把握することが大切です。できるだけスムーズに英文を読み進める技術を身につける必要があります。

 


2.600点を目指すオススメ教材:Listening編

 

まずは、上記でご説明したリスニングセクションの弱点を克服するための教材をご紹介します。

TOEICの音声に慣れながら出題形式を把握し、確実にスコアアップを狙える教材ですよ!

 

 

2-1. Part1,2はコレでばっちり!:「TOEIC L&R TEST 初心者特急 パート1・2」

 

引用:https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=19606

 

Part1,2は比較的対策を行いやすいパートですから、ここで正解数を増やしてPart3,4に備えたいところ。600点を目指す方も、Part1と2で9割は正解を出しておきたいところです。

 

そこでまずは、TOEIC学習者の間で絶大な人気を誇る朝日新聞出版の「特急シリーズ」から、「TOEIC L&R TEST 初心者特急 パート1・2」をご紹介します。

タイトルに「初心者」と入っているだけあって解説もとても丁寧で、難しい文法用語も使われていません。

 

それでもしっかりと分析された出題傾向から、Part1と2を解いていく上で絶対に抑えておきたい項目を1つ1つ学習することができるので、このパートでできるだけ多くの正解を出しておきたいあなたにはピッタリです。

 

 

2-2.Part3,4が聴き取れる!:「L&Rテスト Part3&4 鬼の変速リスニング」

引用:https://ec.alc.co.jp/book/7018024/

 

Part3,4の音声を0.7倍~2.5倍までの5段階の速度で聴き取るトレーニングができる一冊です。

2.5倍になるとほとんど聴き取ることができないので、最初はスパルタに感じるかもしれません。しかし、1日20分、30日間続ければ、受験当日には本番の音声がゆっくりに聴こえてしまうという不思議な力を持つ本でもあります。


さらに、収録されているすべての問題について、3人の著者が講義を行う音声を無料でダウンロードできるので、「わからないまま次へ進む」ということがありません。関西弁で軽快に繰り広げられる講義はまるでラジオのような感覚で聴くことができるので、毎日楽しく学習できるでしょう。

 

 


3.600点を目指すオススメ教材:Reading編

 

リーディングセクションでは、全体の解答に必要な「語彙力」、Part5,Part6の解答に必要な「文法力」、Part6,Part7の内容を理解するための「読解力」の3点を強化する教材をご紹介します。

 

 

3-1. 単語力強化のための1冊:「TOEIC(R)L&Rテスト 本番そのまま プラチナボキャブラリー」

TOEIC® L&Rテスト 本番そのまま プラチナボキャブラリー

引用:https://bookclub.japantimes.co.jp/book/b351592.html

 

これまでに70回以上満点を取得し、TOEIC講師も務める濱崎潤之輔氏が厳選した1400語以上が収録されています。(関連語も含めると3500語以上)。

ただ単語がピックアップされているのではなく、TOEICではどのように出題されるのか把握できるよう、本番同様の問題の中に単語が記載されているのが大きな特徴です。


パートごとに項目分けされているため、単語学習をしながら自然と各パートの出題傾向を知ることができます。無料でダウンロードできる音声と合わせて学習すれば、リスニング力向上にもつながるでしょう。

 

 

3-2. 文法問題はこれでバッチリ:「TOEIC(R)テスト 中学英文法で600点!」

引用:https://ec.alc.co.jp/book/7016041/

 

出題される文法項目自体の難易度はそこまで高くないのが、TOEICの文法問題の特徴。600点を目指すレベルなら、中学で習う範囲を完璧にしておくのがおすすめです。


この本では、中学校の英文法がTOEICの問題でどのように使用されているのか、解説と合わせて問題を解きながら学ぶことができます。「わかっていたつもり」になっている文法知識の復習にも効果的な1冊と言えるでしょう。

 

 

3-3. 長文のニガテはこれで克服!:「TOEIC(R) L&RテストPart 7を全部読んでスコアを稼ぐ本」

引用:https://ec.alc.co.jp/book/7020001/

 

文書の中に確実にヒントが隠されているPart7は、その内容をいかに正確にスピーディーに把握できるかがポイントになってきます。そんな中、英文を何度も繰り返し読んでしまったり、しっかりした日本語に訳してしまったりと時間がかかってしまうあなたにこの本はピッタリです。

 

この本では、Part7の攻略法そのものというよりも、「英文を英語の語順で一直線に読む」ための手順が紹介されています。短い文書から始め、徐々に本番のPart7と同じ難易度の文書が読めるようになるトレーニングを重ねることができます。

細かなステップで確実に力をつけながら進められるので、本を1冊終える頃には自信を持ってPart7に臨めるでしょう。

 


まとめ

 

今回は600点を取得する上で改善すべき点とおすすめ教材をご紹介しました。なかなかスコアが伸びないとくじけそうになってしまいますが、ほんの少し、教材や学習の仕方を変えるだけで変化が出るものです。

 

また、今回ご紹介した教材はTOEICだけでなく日常生活で英語を使用する際にも活かせる内容のものばかりです。学習を終えたら、スコアが上がっているだけでなく、自信を持って英語でコミュニケーションを取れるくらいの力が身についていることでしょう。ぜひ、「コミュニケーションツールとしての英語」を楽しんでくださいね。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加