英会話初心者は何から始めるべき?おすすめの独学勉強法はコレ!

将来に向けて英語を話せるように英会話を勉強し始めた初心者の人も多いと思います。

 

でも、どうすれば英語が話せるようになるのか、何から始めるのがいいのか、上達の道筋が見えている方は少ないのではないでしょうか

 

「英会話の勉強って何から始めるのが良いんだろう?」
「初心者がするべき英会話の勉強方法を教えてほしい」
「独学におすすめの勉強法は?」

 

そう思っている方も多いはず。

この記事では、そういった方へ向けて、英語初心者は何から始めるべきか、独学で勉強する方法を紹介していきます。

 


1. 英会話初心者が注意するべき勉強方法 

 

英会話初心者の方で「全然英語が伸びない……」と悩んでいる方の多くは、やってはいけない勉強方法をしてしまっています。

 

効果のない勉強方法していると、いくら必死に勉強しても英語を話す力を伸ばすことはできません。

 

まずは、以下の注意すべき勉強方法を参考にして、あなたがやってしまっていないかチェックしておきましょう。

 

 

1-1. 聞き流し教材

聞き流し教材をただ聞き流しているだけでは、英語力は伸びません。

なぜなら、理解できない英語をいくら聞いても、英語の教材としては意味がなく、学習効果を得られないからです

 

例えば、洋楽が好きな人がひたすら洋楽を聞いたりしますが、歌詞の意味を理解していなければただのBGMでしかないですよね。

 

世の中には「聞き流すだけで英語力が伸びる」という教材もありますが、それだけでは英会話はマスターできないと肝に銘じておきましょう。

単なる「聞き流し」では効果がない理由や、「効果の出る聞き流しのやり方」については、こちらの記事でも説明しています。↓

 

 

1-2. 海外留学

海外留学は上級者には効果のある方法ですが、初心者の人がいきなり海外留学してしまうと効率的ではありません。

なぜなら、英語だけの環境で英語を学ぶには、そのための基礎として、ある程度の英語力が必要となるからです。例えば、海外留学でネイティブの人と知り合ったとしても、あなたが全く英語を理解できなければ英語で話すことはできないですよね。

知識のない状態で英語しかない環境に飛び込んでしまうと、せっかくの環境を活かせず、実戦的なトレーニングも積めないのです。

 

海外留学を考える前に、まずは独学で英語の基礎を固めるようにしましょう。

 

 

1-3. 英会話スクール

こちらも留学と同様、基礎を身に付けてからでないと、なかなか学習効果を得られません。先生たちも頑張って英会話のコツなどを教えてはくれるでしょうが、「実際に対面で英語を話す」という機会を活かすには、やはり独学で少しは話せるようになっておくのが必要な手順になってきます

英会話スクールに通うには少なくないお金がかかりますから、基礎が備わっていない状態で学びの質が低くなってしまってはもったいないですね。

英会話や海外留学に挑戦するなら基礎が備わってからでないと非効率的、ということです。やはり、最初から英会話スクールに通うのではなく、まずは自分で基礎的な勉強をしてみましょう。


2. 英会話初心者がやるべき4つの勉強法

 

では、英会話初心者は具体的に何から始めるべきなんでしょうか?

 

そこで英会話初心者がまずやるべきおすすめの勉強方法を紹介します。英会話初心者の方は、まずは以下で紹介する勉強方法から始めてみましょう。

 

 

2-1. 基礎的な英文法を身につける

まずは、英語の基礎的な文法を身につけます。

 

なぜ文法を始めに身に付けるべきかというと、文法は相手に自分の言いたいことを伝えるためのベースとして、とても大切な能力だからです。

 

例えば、せっかく英会話フレーズを覚えても、丸暗記のままでは使える場面が限られますよね。フレーズを状況に応じて応用して使うためには、英文の組み立て方に関する知識、すなわち文法が身に付いていないと難しいのです。
 
さて、初心者が英会話のために英文法を身に付けるポイントは、以下のとおりです。

 

1. 中学生レベルの文法書を用意する

2. 中学生レベルの文法を一通り覚える

3. 瞬間英作文で簡単な文法を「使える」ようにする

 

まずは基本的な文法を覚えます。英会話で使う文法は、基本的には中学英文法で事足りるので、ここだけはしっかり学習しておきましょう。ですが、文法を覚えただけで終わってはいけません。


英会話力を伸ばすには、最終的には使えるようにすることが重要です。そのためには、「瞬間英作文」という、日本語を瞬時に英訳して話すというトレーニングがメジャーです。

 

 

2-2. ボキャビルトレーニングに取り組む

英文法を学びながら、ボキャビルトレーニング(語彙力の強化)も忘れないようにします。

 

文法を覚えて文章を組み立てられても、ボキャブラリーが少ないと、なかなか相手に自分の言いたいことを伝えることができません。


英会話力を伸ばすためのボキャビルトレーニングのポイントは、以下のとおりです。

 

 

1. 中学生レベルの英単語帳を用意する

2. 一瞬で意味が分かるようになるのが目標

3. 高速で回して単語を見る回数を増やす
4.「日本語を見て英語を答える」練習も行う

 

文法同様、単語も、中学で習うものは英会話で重要なものばかりなので、すぐに意味が分かるようにしておきましょう。

また、「英単語を見て意味を日本語で答える」というおなじみの方法は、読んだり聞いたりするためのボキャブラリーを学ぶにはよいですが、英会話で使えるようにするにはその逆のトレーニングもやっておく必要があります

単語はじっくり覚えてもすぐに忘れてしまうので、何度も見るようにして記憶に定着するように意識しましょう。

 

 

2-3. 正しい発音を習得する

英会話を伸ばすには、英語の正しい発音を習得します。正しい発音を習得できれば、もちろんスピーキングが上達しますし、リスニング力向上にも繋がりますよ。

 

正しい発音を身に付けるためのステップは、以下のとおりです。

 

1. 子音と母音の発音の仕方を学ぶ

2. 発音記号を覚える

3. 初見の単語は発音記号を見て発音する。アプリなどで音を再生できるなら、それも合わせて確認する

 

発音記号は、初心者の方にはハードルが高く感じるかもしれません。しかし、一度勉強すれば、正しい発音を辞書などの紙媒体でも確認できるので、とても助かりますよ。発音記号を参考にすれば、自分が単語の発音を身に付けていくのにも役立ちます。

 

 

2-4. リスニング力を集中的に伸ばす

最後に、英会話力を付けるためにはリスニング力も集中的に伸ばしましょう。そもそも相手の言っていることが分からないと、自分で英語を話すことができても会話が成り立たないからです。

 

英語のリスニング力を付けるためのポイントは、以下のとおりです。

 

・一度理解した文章を繰り返し聞き、英語を英語のまま把握する感覚を養う

・英語の正しい音を覚えて、全体的に聞き取れるようにする

・音の脱落、繋がり、弱化などを学んで細部を聞き取れるようにする

 

英語のリスニングは大きく「音を聞き取る」「聞き取った音から意味を理解する」に分けられるので、どちらも疎かにしないことが大切です

 

 


3. 英会話を1から始める初心者はモチベーション維持が大切

 

英会話は勉強してすぐに結果がでるものではなく、中長期的に勉強を続けることが必要。そのため、英会話の勉強をこれから始める初心者には、モチベーション維持が大切になってきます。

 

以下のポイントを参考にして、モチベーションを維持して英会話の勉強を続けましょう。

 

 

3-1. 英検を受ける

資格試験を取得することは、直接英会話には関係しなくても、英語学習のモチベーションを保つための目標として、とても適しています

 

中でも英検は、大人から小学生まで受ける、日本国内で最もメジャーな英語資格試験。受験・就職使えるのも良いところです。

 

3級以上はスピーキングの二次試験がありますから、英会話力を客観的に判断することもできます。

 

何を目標にしたら良いか迷った人は、まずは英検を目標にすると良いでしょう。

 

 

3-2. TOEICを受ける

英検に並んで有名なTOEICを英会話勉強の目標にしても良いですね。

リーディングとリスニングのみの試験であることから、「TOEICが高スコアでも話せない」と言われてしまうことがありますが、実は、TOEICで問われているスキルは、英会話を学習するうえで大切な基礎の力といえるのです


実際、普通の人とTOEIC高得点者が同じ時間の英会話学習をすると、TOEICができる人のほうが会話力の伸びはかなり速いです。

TOEICは特に就職・転職で使える資格なので、大学生や社会人の方におすすめです。

 

3-3. レベルに合った勉強をする

レベルに合った勉強をすることも、モチベーション維持にはおすすめです。難しすぎるトレーニングを取り入れてしまうと、自分の上達が追い付かず、「自分はダメなやつだ……」と思い込んでしまうからです。


誰しも始めから難しいことができるわけではないので、あなたの今のレベルに合った楽しく勉強できる方法を選択しましょう。


3-4. 英会話を学ぶ目的をはっきりさせる

あなたが英会話の勉強を始めたきっかけは何ですか?

「なんとなく英語を話せるようになりたい」という漠然とした憧れだけでは、すぐに挫折してしまいがちです
そうした憧れが出発点でも構わないのですが、「海外旅行で困らない会話力が欲しい」「ビジネスで英語を話す機会があるのでその対策がしたい」など、より具体的なゴールも改めて立てておきましょう。

もともとそうしたゴールがあって英会話学習を始めたという方も、定期的にそのゴールを意識しなおすと、またモチベーションが出てくるのでおすすめです。

 

 

まとめ

今回は、英会話初心者は何から始めるべきか、独学で勉強する方法を紹介しました。
この記事を参考にして、初心者にとって効果的な英会話の学習方法を把握し、英会話力をしっかり伸ばしていってください。

 
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



 

「英語が聞き取れない」というお悩みはバイリンガリズムで解決!

バイリンガリズム

 

「いろんな英語学習法を試したけど、結局どれもいまいち成果が出ない……」

こんなふうに英語学習に行き詰っている方は、1日10分最短60日でネイティブ英語が聞き取れるようになる英語教材『バイリンガリズム』をぜひお試しください。バイリンガリズムで学習を続ければネイティブスピーカーと同じ思考回路で英語を聞き取ることが可能になります!

著作30冊以上、累計60万部突破。監修した『中学英語をひとつひとつわかりやすく。』(学研プラス)シリーズが大ヒット中のベストセラー著者、山田暢彦先生考案の「バイリンガリズムメソッド」で学習すれば、あなたの「英語ができるようになりたい!」という夢を現実にすることが可能です。

 

例えばこんなとき……

「どの英会話教材に挑戦しても長続きしない……」
「何を試しても英語を聞き取れるようにならない……」
「TOEICや英語の試験で点数があがらない……」

 

あなたの悩みをバイリンガリズムが解決します!

 

今すぐチェックする!