立ち食い蕎麦店を紹介するときの英語表現14選

日本を初めて訪れた外国人から見ると、「立ち食い蕎麦店は入ってみたいけれど、どうやって注文したいかわからないから入りずらい」という場合が多いのではないでしょうか。

そんなときに、知っていれば役立つおもてなし英語フレーズを一挙にご紹介します。

「立ち食い蕎麦」でなくても食事の際に使える英語表現が満載です!

 

 

1. 立ち食い蕎麦店を説明するときの英語フレーズ

 

まずは、外国人の友人を立ち食い蕎麦店に誘う場面から、お店のシステムを説明する場面まで、シチュエーションごとに役立つ14の英語表現を一挙にご紹介します。

・何か食べようと提案するとき
Don’t you feel like eating something?
「何か食べたくない?」

I’m hungry! Why not eat something?
「お腹すいた! 何か食べない?」

I’m starving! Let’s eat something!
「お腹すいて死にそう! 何か食べようよ!」

 


・何が食べたいか尋ねるとき
What would you like to have?
「何が食べたい?」

 


・ 「~、食べようよ!」と具体的に提案するとき
I spotted a soba stand over there.
「向こうに立ち食い蕎麦屋があるのを見つけたの」

There are several kinds of soba.
「蕎麦にはいくつか種類があるのよ」

We can quickly eat soba standing up.
「お蕎麦なら立ったままでささっと食べられるよ」

 


・注文しようと思っているメニューを伝えるとき
I think I’ll have tempura soba.
「私は天ぷら蕎麦にしようかな」

Tempura soba is topped with deep-fried shrimp.
「天ぷら蕎麦には、揚げたエビが上にのっているのよ」

I’m going to have the same!
「同じものにする!」

Fried shrimp is my favorite!
「エビフライは大好物!」

 


・ 立ち食い蕎麦屋のシステムを説明する
We need to buy tickets from this vending machine and hand them over at that
counter.
「この発券機でチケットを買ったら、それをカウンターで渡すの」

Then the soba will be served at the counter in a very short time.
「そしたら、すぐに蕎麦がカウンターから出てくるのよ」

A soba stand is popular because people are able to eat so fast and cheap!
「立ち食い蕎麦屋は、早く、安く食べられるから人気なの!」

 

2. クイズでおさらい! なりきりおもてなし英語(解説付き)

 

さて、それでは主人公になりきって、早速クイズでおさらいしてみましょう。

あなたは正解することができるでしょうか。

 

2-1. 「何か食べたくない?」

あなたは、アメリカからはるばる日本を訪れた,英語しか話せないナンシーと一緒に駅構内にいます。

次に電車が来るまではまだ30分以上の時間があります。

すでに正午を回っていますが、そういえば2人ともお昼ご飯をまだ食べていませんでした。電車に乗ってからだとランチを取る時間がさらに遅れてしまいます。

駅構内には飲食店が立ち並んでいます。

そこであなたはナンシーに「何か食べたくない?」と英語で提案しようと思います。

さて、英語では何と言ったらよいでしょうか。

 



 

 

ヒント:feel like ~「~したい気がする」という表現を使いましょう。

正解例はこちらです。

 

 


Don’t you feel like eating something?
「何か食べたくない?」

「何か食べたくない?」「何か食べたい気分じゃない?」と、食事を取ることを提案する際にはfeel like ~「~したい気がする」という英語表現が使えます。「~」には動詞のing形を入れます。

ここではeat something「何かを食べる」のeatがing形になって、「何か食べたい気がしない?」という意味の英語になっていますね。

また、このように否定疑問文で尋ねることで、相手に同意を求めるニュアンスを含ませることができます。

 

(英語)
あなた:Don’t you feel like eating something?
ナンシー: Yeah, I’m hungry. We have more than 30 minutes until our train leaves.

(日本語)
あなた: 何か食べたくない?
ナンシー: そうだね、お腹すいたよ。次に電車が出るまで30 分以上あるし。

 

2-2. 「何が食べたい?」

予感は的中。どうやらナンシーもお腹がすいていて、何か食べたいと思っているということがわかりました。

そこであなたは次に、「何が食べたい?」と英語で尋ねることにします。

さて、英語では何と言ったらよいでしょうか。

 

 

 

 

ヒント:would like to ~という英語表現を使います。

正解例はこちらです。

 

 


What would you like to have?
「何が食べたい?」

こちらの英語フレーズは「何が食べたい?」「どんなものが食べたい?」と相手に尋ねる際に使える英語表現です。

ここでのhaveは「~を持っている」という意味ではなく、「~を食べる」という意味であることに注意しましょう。

would like to ~で「~したいと思っている」という意味です。ここでは疑問文なので語順が変わっていますね。

 

(英語)
あなた:What would you like to have?
ナンシー: Hmmm, let me see.

(日本語)
あなた:何が食べたい?
ナンシー:うーん、そうだなあ。


また、ここでのナンシーの発言にあるlet me seeは「ええっと」「そうだなあ」という意味の英語表現。相手に何かを尋ねられて、少し考える時間が必要なときに間を持たせる「つなぎ言葉」として便利な英語フレーズなので、併せて覚えておくとよいでしょう。

 

2-3. 「お蕎麦なら立ったままでささっと食べられるよ」

ナンシーはどうやら、何を食べたいかどうか悩んでいる様子。

あなたもそれについて一緒に考えていると、ふと1軒の立ち食い蕎麦店が目に入りました。

立ち食い蕎麦なら時間もそんなにかからないだろうし、電車が出る時間までに食べ終えることができ、ちょうどよいのではないかとあなたは思います。

そこで、「お蕎麦なら立ったままでささっと食べられるよ」とナンシーに英語で提案することにしました。

さて、英語では何と言ったらよいでしょうか。

 

 

 

 

ヒント:「ささっと」はquicklyで、「立ったままで」はstanding upで表しましょう。

正解例はこちらです。

 

 


We can quickly eat soba standing up.
「お蕎麦なら立ったままでささっと食べられるよ」

相手に何かを提案する際にはWe can ~という英語表現が使えます。canの後ろに提案したいことを続けるだけでOKです。

ここでは「立ったままでささっとそばを食べること」を提案しているので、canの後ろにはquickly eat soba standing upと続いていますね。

他にも、相手に何かを提案する際にはLet’s ~Why don’t we ~?などの英語の提案表現もあります。こちらも覚えておくと英語の表現の幅が広がりますよ。

 

(英語)
あなた:We can quickly eat soba standing up.
ナンシー:That sounds good!

(日本語)
あなた:お蕎麦なら立ったままでささっと食べられるよ。
ナンシー:それ、いいね!

 

2-4. 「私は天ぷら蕎麦にしようかな」

あなたとナンシーは駅構内にある立ち食い蕎麦店へと入りました。

券売機に表示されているメニューを見て、あなたは天ぷら蕎麦を注文することにしました。

ナンシーに対して「私は天ぷら蕎麦にしようかな」と英語で伝えることにします。

さて、英語では何と言えばよいでしょうか。

 

 

 

 

ヒント:I thinkから始めます。

正解例はこちらです。

 

 

 

I think I’ll have tempura soba.
「私は天ぷら蕎麦にしようかな」

 

I think I’ll have ~で「~にしようかな」と、自分が注文しようと思っているものを相手に伝えることができます。

また、haveを他の動詞に置き換えれば、さまざまなことを英語で表現できます。例えばI think I’ll pass.なら「やめとくよ」「遠慮するよ」「今回はパスするよ」という意味になり、相手の誘いをやわらかく断る際に使えます。

いずれにせよ、こちらのI think I’ll ~という英語フレーズは、何かを思い立ったときに、あるいは少し考えた結果「~しようかな」と言いたいときに使える便利な英語表現。覚えておくとよいでしょう。

 

(英語)
あなた:I think I’ll have tempura soba.
ナンシー:I’m going to have the same since fried shrimp is my favorite!

(日本語)
あなた:私は天ぷら蕎麦にしようかな
ナンシー: 私もエビフライが大好きだから、同じものにしようっと!

 

3. おわりに~立ち食い蕎麦に外国人を案内してみよう!~

 

いかがでしたか?

この記事では「立ち食い蕎麦店で」というシチュエーションに特化して、友人を食事に誘う際に使える英語フレーズや、立ち食い蕎麦屋のシステムについて説明する際に役立つ英語フレーズをご紹介しました。

時と場所が違っても使える英語フレーズばかりなので、外国人の友人を食事に誘う機会があれば、ぜひ使ってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事