英語でお肌を表現!スキンケアに関連する英会話フレーズ9選

美容の天敵である「ほうれい線」や「しわ」!

また、「目の下のクマ」や「乾燥肌」など、とりわけ女性であればスキンケアにまつわる悩みは日々、尽きません。

この記事では、美容に関心のある人であれば誰しも気になる身近な肌トラブルやスキンケアにまつわる英語表現を、面白い例文でご紹介します。

 
スキンケアに関連するあのトラブル、英語では何と表現するのでしょうか?
 

1. 美容の天敵「ほうれい線」「しわ」英語ではこう表現する!

 

年齢を重ねると気になってくるのがほうれい線。

残念ながら目尻のしわも目立ってきます。

ここではそんな美容の天敵である「しわ」にまつわる英語表現をご紹介します。

1-1. I do facial exercises to get rid of laugh lines every day.「毎日、ほうれい線をなくすために顔のエクササイズをしてるの」

「ほうれい線」は英語でlaugh lineと言います。

laughには「笑い」という意味があり、「笑いじわ」のニュアンスを含む英語表現です。

そのため、「ほうれい線」以外にも「目尻のしわ」という意味にもなりますが、特に目尻の場合はlaugh lines around my eyesや後ほどすぐにご紹介するeye wrinklesという英語を使うこともあります。

また、get rid of ~は「~を取り除く」という意味で、不要なものや望ましくないものを除去するというニュアンスを持つ英語表現です。

 

美容やスキンケアの天敵となるものは一つでも多く取り除きたいものですよね!

1-2. This skin care cream works to fill in laugh lines.「このスキンケアクリームはほうれい線に効くの!」

こちらは「このスキンケアクリームはほうれい線に効く」という意味の英語表現。

 

ここでのworkは「効く」「効果がある」「よい結果となる」という意味で使われています。

また、fill in ~は「~を埋める」「~を埋めて平らにする」という意味。

ほうれい線の部分はしわとして少し窪んでいるので、その溝を埋めるという意味でfill in ~が使われています!

1-3. I want to reduce my eye wrinkles.「目尻のしわ、何とかしたいな」

wrinkleは「しわ」という意味を持つ英語の単語です。

特に、目尻を含めた目のまわりのしわのことについて、英語ではeye wrinklesと表現できます。

reduceは「~を減らす」という意味なので、この英語フレーズを直訳すると「目尻のしわを減らしたい」となりますが、ここではそのことを「目尻のしわを何とかしたい」と意訳しています。

wrinkleは顔のしわ以外にも、衣服や紙などのしわを表す際にも使える英語です。

例えば、「しわくちゃのシャツ」ならwrinkled shirtと表現できますよ。

ちなみに、目尻のしわを表す英語表現には、laugh linesやeye wrinklesの他にもcrow’s feet「カラスの足」という面白い表現もあります。

目尻のしわの形をよく見てみるとカラスの足に見えてきませんか?

 

2. 例文で確認!「乾燥肌」などスキンケアにまつわる悩みを英語で表す方法!

 

仕事や育児に毎日追われ、睡眠不足の方も多いはず。

そんな中、疲れがたまってくると出没する「あれ」。

そう、目の下のクマやニキビです。

ここではそれらにまつわる英語表現を中心にご紹介します。

スキンケアの天敵であるクマやニキビは決して歓迎できるものではありませんが、英語でつぶやいてみると少しは明るい気持ちになれるかも(?)しれません。

2-1. You’ve got bags under your eyes!「目の下にクマできてるよ!」

目の下のクマは英語でbagsと表現します。

bagには「袋」の意味があるので、目の下にぷくりと膨らんだあの形から自然と連想できるかもしれませんね。

puffiness「腫れ」という英語の単語を使うこともあります。

2-2. Oh, you’ve got puffy eyes!「あれ、クマできてるじゃん!」

目の下のクマを表現する際には、他にもこの例文のようにpuffy eyesという英語が使われることもあります。

puffy eyesで「腫れぼったい目」ということを英語で表現できます。

2-3. I get acne before my period.「生理前ってニキビできるんだよね」

生理前は何となく気分がすぐれないという方も多いのではないでしょうか。

生理は英語でperiodと表現します。

periodは「ピリオド」、つまり「終止符」という意味の他にも「一定の期間」という意味があります。

そこから転じて、婉曲的に「生理」を表すのにも使われる英語です。

また、ニキビは英語でacneやpimpleと表現します。

日本語の「ニキビ」は英語ではないのでお間違えなく!

 

2-4. I have dry skin. My foundation always looks cakey.「乾燥肌だから化粧ノリが悪くって」

乾燥肌は英語でdry skinと言います。

また、cakeyとは、厚塗りをしている状態、肌の上にファンデーションの粉や塗った跡が残り、いかにも「塗ってるな」というふうに見える状態を指すのに使える言葉です。

この英語表現を直訳すると「私のファンデーションがいつも分厚く見える」ですが、ここでは「化粧ノリが悪い」というふうに訳されていますね。

日本語でいうファンデーションは、英語ではfoundation(ファウンデーション)と発音されるので、注意しましょう。

3. その他のスキンケアにまつわる英会話表現・用語

 

スキンケアは気になるけれど、なかなかそのための時間をかけられない! という方も、久々に角栓を取ってみたらゴッソリ取れて気分爽快な方も、普段のそのつぶやきを英語で表現してみましょう。

ここでは、その他のスキンケアにまつわる英会話表現・用語をご紹介します。

3-1. Face masks are time-saving and perfect for me!「時短のパックが一番!」

毎日のスキンケアにパックは欠かせない、という方も少なくないと思います。パックは英語でface maskと表現できます。

時短は「時間をかけずにできる」という意味なので、ここではtime-saving「時間節約の」と表現していますね。

3-2. A ton of blackheads came off!「角栓、たくさんとれた!」

a ton of ~は、「かなりたくさんの~」という意味で、数多くのものを強調して表したいときに使える英語表現です。

A ton of 〜は、直訳すると「1トン分の~」となるので、イメージがつきやすい英語表現かと思います。

blackheadsは正確には「毛穴の黒ずみ」を指しますが、角栓を取り除くシートやマスクのパッケージにはよくblackheadsという言葉が使われており、日本語でいうところの角栓を指すときに使うことができます。

また、come offは「剥がれる」という意味の表現。

ここでは過去形なのでcomeではなくcameになっていますね。

他にも、ボタンなどが取れることを英語で表すのにも使えます。

4. おわりに

 

いかがでしたか?

スキンケアは、女性にとっては大きな関心事の一つです。

毎日のスキンケアをしながらこの記事でご紹介した英語表現を口にしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事