通販の英会話教材の選び方とメリット・デメリットを徹底解説!

「通販の英会話教材って手に取って見られないからなんだか不安!」

「CMでよく見る通販の英会話教材に興味があるけど、本当に効果があるの?」

そんなふうに思ったことはありませんか?


通販で教材を購入するのに不安はつきものですが、選び方とメリット・デメリットを理解すれば、失敗する可能性も低くなります。

そこでこの記事では、どんな人に通販の英会話教材がおすすめなのか、英会話教材を選ぶポイント、メリット、デメリットを徹底解説していきます。


購入を迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 
 

1. こんな人の英語学習におすすめ!

おすすめ

 

「通販の英会話教材って、ちゃんと学習を継続できるのかな?」と悩んでいる方や「英会話スクールと迷っている」という方もいると思います。


・自分のペースで英語を勉強したい方

・子供に英語学習をさせたい方

 

は通販教材で英語を勉強するのがおすすめです。


それでは詳しく解説していきます。

 

 

自分のペースで英語を学習したい方

通販の英語教材は他人を気にせず勉強ができるので、自分のペースで学習したい方におすすめです。


・久しぶりに英語を勉強するから、ゆっくり取り組みたい

・仕事が終わった後に英語の勉強をしたい

・子育て中で決まった時間に勉強できない

 

という方は英会話スクールよりも無理なく英語学習を継続できます。


また自宅で勉強できるというのも魅力の1つ。通学時間や交通費がかからないので、教材の費用だけ支払えば英語を学習することができます。

 

 

子供に英語学習をさせたい方

子供に英語を学習させたい方にも通販の英会話教材はおすすめです。これから小学校でも英語教育が本格化していくので、幼児期から英語に触れさせたいという方が増えています。

 

また、最近の学校英語教育では、従来のようにリーディングばかりの授業ではなく、スピーキング力を重視した授業も多くなり、小学生、中学生も4技能をバランスよく学ぶ必要が出てきました。

そこで「英会話スクールや塾は高くて通えない」「自宅で一緒に英語の勉強をしたい」などの要望に応えるのが通販の英会話教材。子供向けの教材は成長時期に合わせて選択でき、楽しく学べる工夫がされているものが数多くあります。


日本人でも英語が話せる人は、赤ちゃんのころから英語に親しんできた経験がある人がほとんど。乳児から幼児向けの絵本や教材もあるので、早いうちから英語に触れさせることができます。


親も一緒に勉強することでお子さんの話す力も成長するので、親子ともに英語の勉強を楽しめるものがベストです。

 

 

2. 教材・テキストを選ぶポイント

教材

 

通販の教材は種類がたくさんあって選ぶのが大変です。教材が合わず、すぐに勉強をやめてしまってはお金がもったいないですよね。


そこで教材選びに後悔しないために意識してほしいポイントは

 

・継続できるものを選ぶ

・自分の英語力に合ったものを選ぶ

・生活スタイルに合ったものを選ぶ

・無料体験期間や全額返金保証があるものを選ぶ

 

の4つです。


では詳しく見ていきましょう。

 

 

継続できるものを選ぶ

教材は自分が無理せず継続できるものを選びましょう。ポイントは自分が楽しく取り組めるものかどうか。


英語を上達させるには、学習をコツコツ継続することが重要です。少しずつでも続けるためには教材選びは大切。


例えば文字情報ばかりの問題集ではなく、ゲームのようになっていて楽しく勉強ができるテキストを選ぶ。またイラストや装飾が多めの教材で学習するなどといった、自分が「これなら続けられそう!」と思える教材を選びましょう。


DVDで学習を進められる教材もあるので、「教科書みたいな教材は苦手…」という方は映像で英語を勉強するのもおすすめです。

 

自分の英語力に合ったものを選ぶ

自分の英語力に合わせて教材を選ぶことも重要です。


自分の知らない単語やフレーズが多い教材を選んでしまうと、辞書で調べる時間が多くなってしまいます。また覚える作業が増えていくので、やる気が下がっていきがちです。なのでテキストの5~8割程度は理解ができるのものを選ぶのがベストです。


逆に簡単すぎるテキストでも学習効率が下がり、すぐに飽きてきてしまうので、購入前に「この教材は自分の英語力と合っているのか」を検討してから選ぶようにしましょう。

 

 

生活スタイルに合ったものを選ぶ

生活スタイルに合わせて選ぶのもポイントの1つ。スキマ時間を活用したいサラリーマンの方や家事で忙しい主婦の方など、人によって学習する時間や量は異なります。なので自分のスケジュールに合った教材選びが大事です。


例えば通勤中に勉強したい方は、1つのレッスンが短い教材を選んだり、家事をしながら学習したい方は、付属のCDで聞き流しができるものを選んだりするのがおすすめです。

 

 

無料体験期間か全額返金保証があるものを選ぶ

なるべく多くのテキストを比較できるように、無料体験期間や全額返金保証がある英語教材を選びましょう。


購入してから「思っていたものと違う…」というのは絶対に避けたいですよね。無料体験期間や全額返金保証があれば興味があるものからどんどん試せますし、自分とテキストのミスマッチも起きにくくなります。


商品を探すときは、無料期間や全額返金保証があるかどうかも意識しながら選んでみてください。

 

 

3. 通販の英会話教材で学習するメリット

メリット
 
通販の英会話教材には、英会話スクールや本屋で売っているような書籍にはないメリットがあります。
 
そのメリットがこちら
 
・他人を気にせずに学習できる
・英会話教室よりも安く学習できる
・書籍よりも深く学習できる
 
それでは詳しく解説していきますね。
 
 

他人を気にせずに学習できる

通販の英会話教材はスクールとは違って1人で勉強するものがほとんど。他人の目を気にせず学習できます。
 
例えばマンツーマンではない英会話教室だと他の人のレベルと自分のレベルの差をつい気にしてしまったり、人間関係などの気がかりなことがあったりするもの。
 
通販の教材であれば自宅で学習できるので、気楽に自分のペースで勉強することができます。
 
 

英会話教室よりも安く学習できる

通販の教材は一度購入すればあとはお金を支払う必要がないので、月謝を払う大型の英会話スクールや月額制のWebサービスに比べ、安く学習できます。
 
一度に支払うお金は高くなりますが、英会話の学習は長く続けるものなので、結果的には安く済む可能性が大きいです。
 
「お金をかけずに勉強したい!」という方は通販の教材がおすすめです。
 
 

書籍よりも深く学習できる

通販の英会話教材は本屋で購入できる書籍よりも情報量が多いです。そのためスピーキングやリーディング、リスニングなどの技能をバランスよく学習できます。
 
また書籍では、1冊の本にまとめられる文章量がある程度決まっているので、学習するにもそれほど深く学べないのが難点。
 

その点通販の教材は、テキストとCDが複数にまとまってセットになっているので、網羅的な学習が可能です。

他にも、解説授業のDVDが付いていたり、オンライン上で解説動画を見られたりする教材もあるので、本を読んでいるだけの英語学習ではすぐに飽きてしまうという方にはおすすめです。

 
 

4. 通販の英会話教材で学習するデメリット

デメリット

 

通販の英会話教材は1人で勉強ができるので、気楽に始められる反面、モチベーションの維持が難しいというデメリットもあります。


また教材によっては、インプットばかりになってしまって、アウトプットできる機会が少ないのも難点の1つ。それぞれ詳しく説明していきます。

 

 

モチベーションの維持が難しい

通販の教材だけにいえることではないですが、独学はモチベーションの維持が難しいもの。英会話教室ではクラスメートや先生がいるので、挫折しそうなときはサポートしてくれたり、励ましてくれたりすることで学習を継続することができます。


しかし独学は自分がやめようと思ったらすぐにやめられてしまうので、通販の教材を選ぶときはメールサポートや相談が気軽にできるものを選ぶのがおすすめです。

 

アウトプットの機会が少ない

インプットばかりになってしまうのもデメリットの1つ。英会話のゴールは、英語を海外旅行やビジネスに活かしたいなどさまざまですが、アウトプットは全員に必要な要素です。


教材だけではリスニングやリーディングはできても、スピーキングの練習ができないことが多いです。


なのである程度、教材で「語彙力やリスニング力がついてきたな」と思ったらオンライン英会話などを併用してネイティブと会話するのがベストです。

 
 

5. まとめ

通販

 

通販の英会話教材はモチベーションの維持やアウトプットが少ないなどのデメリットはありますが、自分のペースで気軽に英語の勉強ができるのが嬉しいポイントですよね。


英語を初めて習う子供からビジネスに活かしたい大人まで、幅広い人が利用できる通販の英会話教材。英会話を習い始めたい方はまずは無料体験から始めてみてはいかがでしょうか?

口コミや英会話教材ランキングなど、インターネットで調べれば通信販売されているさまざまな人気教材が見つかると思いますが、この記事で解説したことを意識しながら、あなたに合った英会話教材を選んでみてください。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事