最短期間で話せるようになる!英会話上達の秘訣を伝授

「英語でペラペラに話せるようになりたい!」と思っても、英会話の習得は簡単なものではありません。忙しい時間の合間を縫って勉強しても、上達にはかなりの期間がかかることがほとんどです。

 

その原因はズバリ、勉強の効率が良くないから
逆に考えれば、効率の良い勉強さえできれば、最短期間で英会話を上達させることができます。 

 

今回は、誰でも最短で英会話を上達させられる勉強法やコツをご紹介します!

途中で挫折してしまう人も多い英会話ですが、正しい方法と順番で学習を進めて最短での上達を目指しましょう!

 

 


1. 日本人が英会話を苦手とする原因

 

そもそも、なぜ日本人は英語で話すことが苦手なのでしょうか? 中学、高校でも毎日のように英語を勉強していたのに、実際に英会話がスムーズにできる人はほんの一握りしかいませんよね。

話すための学習の第一歩として、英会話の習得を妨げる要因を確認しておきましょう。 

 

 

1-1. 難しい受験知識ばかり覚えてしまう

日本の教育で重視されるのは、高校や大学受験に必要な知識です。英語であればリーディングやリスニングといった能力が学びの中心であり、特に単語や文法を覚えることに多くの時間が費やされています。

単語や文法といった基礎的な英語力は英会話にも欠かせないものではありますが、それらがあまりに重視されすぎてしまい、スピーキングが軽視されてしまうことが多いのです。 

 

 

1-2. インプットとアウトプットのバランスが悪い

上記と少し関連がありますが、日本の教育は基本的にインプットが中心です。先生に教えられた知識を詰め込み、テストや受験に備えることが求められます。 「教えられたことを覚える」というインプットばかりに気を取られ、「覚えた知識を実践で使う」というアウトプットはほとんど行われません。

これではバランスが悪く、習得した知識を使う機会がないまま忘れていくだけです。 

 

英会話を最短で上達させるためのポイントは、インプットと並行してアウトプットを行うことです。つまり、覚えたことはすぐに実際の場で使うという練習が大切になります。 

 

 

1-3. 間違うことを恐れて会話が続かない

日本人特有の考え方として、「間違うことは悪いこと」という概念が存在します。この考え方は非常に根強く、「間違った英語で話すのが恥ずかしい…」という思いから、会話でもすぐに黙ってしまう人が沢山います。
ですが、今どんなに英会話が上手な人でも、みんな最初は間違いながら練習を積み重ねていくことを経験しています。

 

はじめから間違わずに話せる人なんていません。
間違う=恥ずかしいという思い込みを捨てて、積極的に英語で話す姿勢をもつことが大切です!

 


2. 英会話を短期間で上達させるために必要な勉強方法


続いて、英会話を最短で上達させるための具体的な勉強方法にをご紹介していきます。基本的に英会話初心者の人でも取り組める内容になっているので、現在の英語力に関係なく参考にしてみてください! 

 

 

2-1. まずは土台作り! 基礎英語力を身に付けよう

まずは英会話に必要な土台を作りましょう。英会話に必要なのは基礎的な英語力で、具体的には中学~高校レベルの単語および文法になります。基本的には市販の参考書などを使い、ひと通り復習することがおすすめです。 

 

中学レベルからの英語のやり直しについては以下の記事でもご紹介しています。おすすめの教材なども載っているのでぜひ参考にしてみて下さい!

 


また、単純に単語や文法の暗記ばかりしていても、英会話には効果はありません。そこで実践して欲しいのが、「英会話フレーズ本」を活用した勉強法です。 

実際にネイティブ同士で行われる会話でも、使われる表現やフレーズには決まったものがよく存在します。これら頻出の表現を覚えておくだけで英会話がスムーズに進むようになりますよ!
フレーズの暗記は単調な作業になりがちなので、声に出してみたりして学習法に工夫を凝らしましょう。

 

 

2-2. 言い換えや瞬間英作文でアウトプットを増やす

インプットの次はアウトプットです。それまでに覚えた知識を活かし、自分の意見や意思をハッキリと伝える練習をしましょう。

 

1. 覚えた英会話フレーズで言い換えを実践する

頻出の英会話フレーズを覚えたら、出来るだけ多くの表現を使って言い換える練習を行いましょう。
単に暗記しただけではフレーズを使える場面が限られがちですから、単語を入れ替えて使ったりする練習をして、様々な場面に対応できるようにしていきましょう。

 

・I’m going to buy a new computer. (新しいパソコンを購入するつもりです。)
→この例文からI’m going to~のフレーズを使って文をたくさん作ってみましょう。


・I’m going to eat out tonight.(今夜は外食するつもりです。)

・I’m going to take the TOEIC test next month.(来月TOEICを受けるつもりです。)

・I’m going to study abroad next year. (来年は学するつもりです。)

 

 


以上のように、同じ表現を使いつつ単語を入れ替えるだけでも、表現の幅はグッと広がります。

中学レベルの単語でも、フレーズと一緒に自由に使いこなせれば充分会話が成立するので、この練習を継続的に実践しましょう!

 

 

2. 瞬間英作文のトレーニングを行う

瞬間英作文とはその場でパッと日本語を英語に直す練習のことです。同名の書籍も出版されており、日本語から英語への変換スピードを速めるための効果的なトレーニングができます。


また、日本語を英語に直す以外の方法もあります。例えば、今パッと視界に入ったものの説明を英語で思い浮かべて話すというのも効果があります。
最初はなかなか難しいですが、練習を積み重ねることにより英語での表現がスムーズに出てくるようになります!

 

 

2-3. 実際に英語で会話するシチュエーションを作る

一人でのアウトプットに慣れたら、実際に英語で話す機会を積極的に作っていきましょう。ここからは独学では限界があるので、一歩外に出てコミュニケーション能力を高める練習が必要になります。


具体的には英会話スクールの活用や、海外出身の友達を作ることがおすすめです。ただし通学型の英会話スクールではグループレッスンが主流であり、個別レッスンは費用が多めにかかることも。


マンツーマンで英語を話す機会を多くしたいのであれば、値段もお手頃なオンライン英会話がおすすめです!

 

 

2-4. 毎日継続的に学習を続ける

ここまでご紹介してきた勉強法も、「やる気が出たらやろうかな…」という頻度で実践していては全く意味がありません
最も大切なポイントは「毎日継続して英語学習を行うこと」です。特に英会話は継続が大変重要な要素になります。

 

初めは難しくても諦めず毎日コツコツと学習を行いましょう!

 

 

3. 英会話の上達におすすめの参考書・教材


ここからは英会話の上達におすすめの参考書や教材をご紹介していきます。特に、頻出フレーズの暗記やアウトプットに最適の教材を中心にご紹介していきます!

 

 

3-1. 『英会話なるほどフレーズ100』(アルク)

引用:https://ec.alc.co.jp/book/7000531/

 

ネイティブであれば子どもの時に身につけるような重要表現を収録しています。amazonでもベストセラーに選ばれた一冊で、日常で何気なく使うひと言をパッと英語で言えるようになります。CDには日本語と英語の音声が収録されており発音練習もバッチリ。
イラストや丁寧な解説付きで、英会話初心者にもおすすめです。

 

 

3-2. 『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』(ベレ出版)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング CD BOOK

引用:https://www.beret.co.jp/books/detail/249

 

中学レベルの文法知識をメインに、瞬間英作文を行うトレーニングができる参考書です。見開きの左ページに日本語、右ページに英語が記載されており付属のCDには両方の音声が収録されています。
繰り返し取り組むことで「口から英語が反射的に出る!」という成長を実感することができます。

 

 

3-3. 『12週間で「話せる」が実感できる魔法のなりきり英語音読』(ICE)

引用:https://narikiri-ondoku.com/

 

「とにかく最短で英語が話せるようになりたい!」という人におすすめの一冊です。12週間での英会話上達を目標とし、毎日1レッスンずつ進めることで英会話に必須の基礎文法や表現を習得していきます。
レッスンはbe動詞から始まっており、中学英語に自信がない…という初心者にもピッタリ。また、ダウンロード音声や無料のYouTubeレッスン動画も利用できます! 

 

 

3-4. 『会話もメールも 英語は3語で伝わります』(ダイアモンド社)

引用:https://www.diamond.co.jp/book/9784478069400.html

 

英語で話す時に難しい単語を使ってしまいがち…そんなお悩みを解消してくれるのが本書です。どうすればシンプルな単語で意思が伝えられるのかを効率よく学ぶことが出来ます。


難しい単語を知っているとついついそちらを使いそうになるかもしれませんが、会話では簡単な表現をいかに使いこなせるかが勝負になります。

簡単な英語で幅広くコミュニケーションが取れるようになるためのエッセンスが詰まった一冊です。

 


4. プラスαで英会話力アップ!ビジネス英会話もマスターしたい人へ

 

「日常会話だけでなく、仕事で使える英会話力が欲しい…!」

そんな人にはビジネスに特化した英会話を学ぶことをおすすめします。


ビジネスで使われる表現や単語は、ビジネス特有のものが多いので、今回ご紹介した勉強法にプラスして以下の方法を実践してみて下さい。私生活と仕事、両方で使える英会話力が身につきますよ!

 

 

4-1. ビジネス英語向けの教材や資格を活用する

まずはビジネス英語向けの教材や資格を活用した勉強方法です。有名な資格だと例えばTOEICです。一度は受験してみると良いでしょう。

 

【TOEICを受けるメリット】

・ビジネス単語に強くなれる

・就職や転職でも活かせる

・英会話に必要なリスニング力がつく

 


TOEICはリスニングとリーディングのテストで間接的にコミュニケーションの力を測定するテストですが、別の種類のTOEICとして、スピーキング力とライティング力をテストする「TOEIC Speaking & Writing Tests」という試験も存在します。
国内の企業などで徐々に知名度も高まってきているテストなので、興味のある人は公式サイトをチェックしてみて下さい!(TOEIC公式サイト:https://www.iibc-global.org/toeic/test/sw.html )

試験対策の勉強でも英語の勉強であることには変わりないので、TOEICの対策をすればきっと、ビジネス英語ができるあなたへ近づいていけます。

 

 

4-2. アプリでスキマ時間を活用した学習を行う

いつでも使えて便利なスマホ用アプリを利用した学習もおすすめです。CMでも有名なスタディサプリENGLISHの「ビジネス英語コース」なら、スキマ時間を活用して効率的にビジネス英会話を上達させることができます!

 

【スタディサプリENGLISH ビジネス英語コースのポイント】

・1回3分からの手軽なレッスン時間

・ストーリーを楽しみながら学習が進められる

・ビジネスで頻出の英語フレーズが学べる

 


(スタディサプリENGLISH 公式サイト:https://eigosapuri.jp/conversation/business/

 

特に、ドラマ仕立てのストーリーが学習のモチベーションを上げてくれます。続きが気になってついつい英語を勉強したくなりますよ!


まとめ

 

どんなに英語が苦手な人でも、効率的な学習を行えば、短い期間で英会話は上達させることができます。

今回ご紹介した勉強法を活かして、ぜひ最短での英会話上達を目指してみて下さい!

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加