幼児の英会話教育のメリット!注意点&おすすめの勉強法もご紹介!

「これから英語教育が本格化するらしいけど、うちの子供がついていけるか不安…」

「幼児期から子供に英会話を習わせたいけど、どうすればいいの?」

そんな不安を持つあなたへ。


これからは小学校でも英語の授業が本格的に始まりますし、グローバル化が進むにつれ幼児期から英会話を学ぶ必要性は高まってきています。


そこでこの記事では、幼児期の英会話学習のポイントからおすすめの勉強法まで詳しく解説してきます。


これからお子さんに英会話を習わせようとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 
 

1. 幼児期に英語に触れさせるメリット

絵を描く少女

 

幼児期から英語を習わせることには、たくさんのメリットがあります。

 

具体的には

 

・英語耳が育ちやすい

・素早く吸収できる

・異文化の理解が深まる


この3つです。


詳しく見ていきましょう。

 

 

1-1. 英語耳が育ちやすい

幼児期に英語に触れることで、英語耳が大きく発達します。


英語耳というのは英語を聞き分ける能力のこと。子供の脳の成長は非常に活発で、大人よりも音の聞き分けや言語の理解力が高いと言われています。


そのため早いうちから英語をインプットすることで、英語の習得もしやすく、英語の音をより細かく理解できるようになります。

 

例えば英語の「R」「L」の音は日本人の大人では聞き分けることは難しいですよね。それは脳がこの2つの音を判別できず、同じ「ラ行」の音として認識してしまうからです。


小さい頃から英語を聞いていれば、日本語と英語に対応できる耳を育てることができます。


英語耳を発達させることは、スピーキング力のアップにもつながります。自分の聞き取れない音は正確に発音できません。英語を正確に聞き取る能力を身に付けることで、ネイティブに近い発音ができるようになります。

 

 

1-2. 素早く吸収できる

幼児期の子供は知識の吸収率が高いので、大人よりも短い時間で言語の習得ができます。


人間の脳は0〜9歳の期間で9割近く完成すると言われています。この0〜9歳の期間は教育のゴールデンタイム。神経回路がたくさん作られるこの期間にさまざまな体験をすることで、効果的に能力を身に付けることができます。


特に脳の成長がおさまってくる9歳頃の期間は、「臨界期」と呼ばれ、このラインを超えると第2言語を習得することは難しくなってしまいます。幼少期に日本語を聞いているだけで話せるようになるのと同様に、英語も小さい頃にインプットすることで、脳に自然に定着していきます。


日本語に触れることも重要ですが、「英語を話せるようにしてあげたい!」と考えている方はできるだけ早く英語学習を始める方がいいでしょう。

 

 

1-3. 異文化への理解が深まる

小さい頃から英語に触れる体験をすると、海外の文化をより受け入れやすくなります。


文化の違いによる偏見をいまだに持っている人もいますが、多様性が広がる現代でそのような偏見や差別は子供の成長に良い影響を持ちません。


英語というツールを利用し、日本以外の国の人たちと幼少期から交流を持つことで、グローバルな視点で他人と触れ合う能力が身に付きます。


また海外の人とのコミュニケーション能力が身に付くのも魅力のひとつ。子供の頃からネイティブの講師やバイリンガルの友達と話すことで、自然な英語で会話ができるようになります。大人だと英語で交流することに恥ずかしさを感じる方もいるので、子供の頃から慣れておくと、恥ずかしがらずに積極的なコミュニケーションが可能になります。

 

 

2. 幼児の英会話教育で気をつけたい3つのポイント

眼鏡の少年

 

次に、子供に「英語を習わせたい」と考え始めたときにぜひ考えてほしいポイントがこの3つ。

 

・楽しく学べる環境を大事にする

・「話す」「聞く」に特化する

・コミュニケーションを大切にする


それぞれ詳しく解説していきます。

 

 

2-1. 楽しく学べる環境を大事にする

幼児の英語教育は楽しく学習できる環境が大切です。親の意欲ばかりが先行してしまい、子供がつまらないと感じているのに学ばせるのはNG。英語が嫌いになってしまっては元も子もないので、興味を持って学習できるような環境を作っていきましょう。


おすすめはアニメや絵本など普段日本語で楽しんでいるものに、英語学習を取り入れること。


赤ちゃん向けの英語の絵本や、キャラクターと一緒に歌えるアルファベットのCDなど、さまざまな教材があります。初めのうちは英語を楽しいと思ってもらえるような工夫が必要です。

 

 

2-2. 「話す」「聞く」に特化する

幼児期は「話す」「聞く」の2つを集中的に学習するのがポイント。当然ですが、読み書きは日本語でも後から学習するもの。初めはこの2つが幼児の言語学習では重要です。


また日本語を覚えるときも耳から音を聞いて、それを真似して口に出してみるというサイクルを繰り返すことで、言葉を習得していきます。

 

そのプロセスは英語でも同じです。英語のCDやDVD、英会話の先生からの英語などをたくさん聞くことで、話す能力もおのずと上がっていきます。


なので英語を習わせるならリスニングとスピーキングに特化した学習方法がおすすめです。

 

 

2-3. コミュニケーションを大切にする

英語学習においてコミュニケーションは重要な要素のひとつ。テキストやDVDなどで学習するのも必要ですが、それ以上に人と会話することが大切です。


直接コミュニケーションを取ることで、相手の表情やボディランゲージを見て表現力を磨くことができます。そのため英会話スクールや幼児期から通える学習塾などが効果的です。


また、できれば保護者の方も一緒に取り組むのがベスト。自宅でも学習することが可能になりますし、英語を通したコミュニケーションが日常生活にあることで、英語の定着率も上がっていきます。

 
 

3. おすすめの英会話勉強法

スクラブル

 

幼児の英語学習法はたくさんあって、どれを選べばいいか迷いますよね。

 

ここからは、おすすめの3つの勉強法をご紹介します。

 

・英語のアニメや絵本で学習する

・幼児向けの英語教材で学習する

・英会話教室に通う

 

順番に見ていきましょう。

 

 

3-1. 英語のアニメや絵本で学習する

アニメや絵本は子供が楽しく学ぶことができるのでおすすめです。


身近なところですと、NHKのEテレやネットなどで購入できるDVD教材があります。


また気軽にスマートフォンアプリで見られるYouTubeもおすすめ。特におすすめしたいYouTubeチャンネルが「 Super Simple Songs 」。簡単な英語のオリジナルソングを通して英語のフレーズを楽しく覚えられるのが嬉しいポイント。無料で視聴ができ、聞き流しにもおすすめの動画です。「費用をかけられない」という方はぜひ試してみてください。

 

 

3-2. 幼児向けの英語教材で学習する

幼児向けの英語学習教材で勉強する選択肢もあります。ネットや電話から購入する通販タイプの教材から書店で買うことができる学習本まで、たくさんの種類があります。


特に通販の教材は値段が高くても、DVDやテキストなどが一式揃っているので、いちいち教材を買う手間が省けます。レッスン数が多かったり有名講師のレッスンを受けられたりするなど、教室に通うことでは得られないメリットも多数あります。


また、カードを使った教材やパズルで楽しく遊びながら学べるテキストなど、ゲーム感覚で学習できるものを選ぶと継続して学習できるのでおすすめです。

通販教材であれば無料体験期間や、返金保証期間がある教材も多いので、まずはお試しで挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

3-3. 英会話教室に通う

子供の習い事の定番である英会話教室に通って学習するのももちろんおすすめです。英会話教室のポイントは直接講師や周りの生徒とコミュニケーションが取れること。実際に英語を話すレッスンなので頭に英語が定着しやすくなります。


料金はかかりますが、ネイティブの講師が教えてくれるスクールもあるので、正確な発音が聞けるのも魅力のひとつです。


そして一緒に英語学習をする仲間が増えるので、子供同士の交流や親の情報交換の場としても人気です。


また家の近くに塾や英会話教室がないという方は、スカイプなどを利用して学べるオンライン英会話もおすすめ。オンライン英会話は通学式の英会話教室と比較して月謝も安いので、ぜひ利用してみてください。


どのサービスを選ぶか迷ったときは、口コミサイトやランキングサイトなどをしっかりチェックして、講師や教材の評判の良いものを選ぶようにしましょう。
 
 

4. まとめ

頬杖をつく少年

 

幼児期から英語を学ぶことには、たくさんのメリットがあります。英語を話すことができれば、将来の選択肢も増えますし、世界中で活躍することができます。


英語の吸収率が高い幼少期にぜひ英語を習わせてみてはいかがでしょうか?

まずは簡単な英会話の絵本をお子さんと一緒に読んでみたり、英会話教室の無料体験レッスンなどに挑戦してみたりしましょう。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事