とにかく安い!お金をかけずに子供の英会話力を上げるのにおすすめの教材

2020年の英語教育改革により、英語教育の低年齢化が話題になっています。小学生から英語が教科としてスタートすることには、期待が大きい反面、不安を感じている親御さんも多いのではないでしょうか。

子供に英会話の勉強をさせたいと思っていても、書店やAmazonなどで紹介されている子供向けの英会話教材はたくさんあり、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。

「家計が心配だけど、安いと逆に損をしそう!」
「安い方がいいけれど、そんな英会話教材って本当に効果があるの?」
「安くて質の良い英会話教材が知りたい!」

そんな不安や要望をお持ちのあなたに朗報です。

この記事では、コスパ抜群のおすすめ英会話教材とその活用法をご紹介します。

 

 

1. 最強に安い英語教材!YouTubeなどの動画サイトを最大限に活用しよう

スマートフォン

 

英語字幕を付けてDVDを見るという学習方法も良いですが、最近はYouTubeにも字幕機能が付いているものもあるので、わざわざお金をかけてDVDやCDを買ったり借りたりしなくても、無料で英語を学習することができます。


YouTubeには赤ちゃん・幼児向けの英語学習専用チャンネルがいくつかあります。日本語字幕がない海外のチャンネルもありますが、アニメーションでわかりやすく、子供向けのやさしい英語のみを使った動画が多いので初めて英語にふれる子供におすすめです。


YouTubeで「kids english」などの英語キーワードで検索して好みのものを見つけるのもいいですが、どこから手を付けていいのかわからないという方は、英語の歌をメインにしたチャンネルがおすすめです。歌の中に物の名前や表現、アルファベットのかたちなどがうまく組み込まれていて、英語の音と表現が定着しやすい工夫がされています。


英語の動画を選ぶポイントは、子供が真似しやすいか、思わず口に出したくなるかどうか。チャンネル登録者数ランキングで選ぶのも一つの方法ではありますが、いくら人気であっても自分の子供に適した内容やレベルかどうかを事前に検討してください。

 

同じ単語や表現が繰り返し使われ、声に出して真似できる程度のレベルの英語動画を選ぶようにしましょう。

 

 

1-1. ものの意味と音の大量インプット

意味もわからずただ馴染みのない音を聞いたり真似たりしても、面白みを感じられず、長続きしない場合があります。

 

次で紹介するフォニックスも、英語の音とつづりの関係を理解するにはぴったりの学習法ですが、いきなり始めても逆に英語に苦手意識を抱いてしまうお子さんもいらっしゃると思います。


そこで、まず始めてほしいのはYouTubeで「Dream English Kids」「Super Simple Songs」「Kids TV – Nursery Rhymes And Baby Songs」「English Singsing」などの英語の歌や簡単なアニメーション中心のチャンネルを活用して、ものの名前や意味、さまざまな状況で使う表現を音とセットで大量にインプットすることです。

 

 

1-2. フォニックスを意識

フォニックスは英語の音とつづりの関係を学ぶ学習法です。もちろん音とつづりの関係には例外もありますが、株式会社mpi松香フォニックスの調査によればフォニックスルールは中学校の教科書に出てくる7割の単語に適応できます。

 

YouTubeで「phonics songs」で検索するとたくさんの動画がヒットします。お子さんの好みもありますが、最初は「KidsTV123」が作成しているような、とにかくシンプルでわかりやすいものを選んでください。フォニックスを磨くことで発音も訓練でき、まるで帰国子女のような発音を目指せます!


YouTubeには安定したインターネット接続が重要です。速度制限などが心配なときは、ダウンロードをしてオフライン再生が可能なポッドキャストを利用してみましょう。YouTubeと同様、子供向けの番組が豊富です。音源だけですが、CD感覚で出先でも再生することができます。

 
 

2. 英会話フレーズ集や絵本の英文を何回も音読しよう

 

英会話学習で欠かせないのは声に出して勉強すること。先に紹介したYouTubeは、動画ゆえに使われているフレーズをピックアップするのが少し面倒ですよね。

おすすめは、中古の英語教材を活用して普段使える英語フレーズのストックを増やしていくこと。児童英語や小学校英語の教材は、今まさに取り組もうとしている人も多いので値段が高めですが、オンラインストアで児童英語、小学校英語に絞らず、「日常英会話」や「リスニング」のキーワードで検索してみてください。

英語の参考書だと、中古ならCD付きでもセット価格500円以内で購入できるものが少なくありません。中古の本を扱っている本屋さんでも少し前の日常英会話やリスニングの教材はかなり安く手に入ります。

 

これらの英語教材に出てくるフレーズを、どんな状況で使うのかを確認しながらCDを聞いて声に出してみましょう。子供と会話しながら自分の英語にも磨きをかけられます!

 

 

3. オンライン英会話のレッスンを毎日受けよう

パソコン

 

オンライン英会話は、英会話教室などのスクールに通う場合とは異なり、自宅で好きなタイミングでスカイプ等を使用しながらマンツーマンの指導が受けられるのがポイント。完全な独学ではなく、ネイティブと会話ができるのがうれしいですね。

 

10回程度の無料体験ができるサービスもあるのでお子さんの反応を見ながら試してみてはいかがでしょうか。

ランキングのまとめサイトは多数ありますが、具体的な購入者の声として、例えば価格.comのWebサイトでは子供向け英会話のオンラインレッスンのランキングや口コミを公開中です。「Kimini英会話」や「ネイティブキャンプ」などが上位にランクインしています。

 

料金は月額3,000円~6,000円と幅があり、月あたりの回数を定めているところや、基本的に毎日30分程度の英語レッスンができるところなどさまざまな種類のサービスがあります。

サービスにもよりますが、月額6,000円程度のプランを選んでも毎日受け続ければ1回200~300円で英語レッスンを受けられるので、通学式の英会話教室と比較すると格安です。

 

子供が馴染めるかどうかが重要ですので、オンライン英会話の評判を確認するだけでなく、何歳から受講可能か、子供向けの英語を専門にしている講師がいるか、どんな英語教材を使うのかなども事前にできるだけチェックしておくことをおすすめします。

オンライン英会話は月額で支払うことがほとんどですので、お子さんの様子を見ながら6ヶ月程度続けて効果を見極めてはいかがでしょうか。

 

 

4. まとめ

 

子供に英語を習わせたいけどできるだけ出費を抑えたい! という方に、無料のYouTubeなどの学習ツール、低価格で受講できるオンラインレッスンをご紹介しました。英語初心者の親御さんでも子供と一緒に学べるものばかりです。

さまざまなサービスや教材があり、安くても内容が充実しているものも多いので、どんな勉強法を試そうか悩んでいる方はまずは無料のものから試してみてはいかがでしょうか。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事