英会話教材をやっても効果がでない理由とは?

「英会話の教材を買って勉強してるけど、全然効果がでない…」

「そもそもどうやって勉強すれば、英語を話せるようになるの?」

そんなふうに感じたことはありませんか?


英会話教材は自分に合ったものを選ばなければ、効果を得られないもの。また勉強法も適切なものでなければ、せっかく買った教材も無駄になってしまいます。


そこでこの記事では、英会話教材をやっても効果がでない理由からおすすめの勉強法まで、詳しく解説していきます。

 
 

1. 英会話教材をやっても効果がでない3つの理由

効果

 

「英会話教材をやってみたはいいけど、なかなか英語を話せるようにならない……」そんな悩みを抱えている人は多いです。では効果がでない理由は、どこにあるのでしょうか?

考えられる理由は主に3つ。

 

・継続していない

・聞き流すことしかしていない

・アウトプットしていない

 

この3つについて、まずは考えていきましょう。

 

 

継続していない

独学で英会話を勉強するのであれば、コツコツと継続して努力をしなければ、英語を上達させるのは難しいです。英会話ができるようになりたいのであれば、1、2週間取り組むだけでは不十分です。長く継続して学習していく必要があります。


そのためにも英語教材は自分が無理なく継続できるものを選びましょう。英語初心者の方や、文章が多く堅苦しい問題集が苦手な方はイラストが多いものを選ぶのがよいでしょう。


忙しくて勉強時間を確保できないようであれば、英語学習アプリを利用してスキマ時間に勉強できるようにするなど、自分に合った教材を選ぶのがベストです。


教材を選ぶときは「これなら継続できそう!」と思えるものを購入しましょう。

 

 

聞き流すことしかしていない

英語は聞き流しているだけでは、話せるようになりません。聞き流しているだけでは、聞き取れていない単語もスルーしてしまい、語彙力が付かず、リスニング力も向上しません。


音声で学習するのであれば、スクリプトを手元に置いて勉強するようにしましょう。わからない単語やフレーズがあればすぐに確認できるようにして、スムーズに聞き取れるまで何度もリスニングを繰り返すことで、勉強の効果がでてきます。


また、わからない単語はノートにまとめるなどして、あとで自分でチェックできるようにしておくと、自分の苦手な音やフレーズが把握できるのでおすすめです。

 

 

アウトプットしていない

アウトプットが少ないと頭に定着しないので、インプットだけで学習を終えている方は要注意です。


リーディングや単語の暗記などのインプットをたくさんしていても、いざ話す場面になると口から英語がでてこないことがよくあります。せっかく覚えたフレーズを忘れないためにもインプットと並行して話す、書くなどのアウトプットも意識してトレーニングしましょう。


ある程度英語に慣れてきたら、英会話スクールや英会話イベントに参加するなどして、積極的に英語を話してみましょう。忙しい方は自宅でできるオンライン英会話もおすすめ。ネイティブと話せる体験は貴重ですし、リスニング対策にもなるので一石二鳥ですよ。

 

 

2. 効果がでる教材は?ジャンル別に各教材のメリット・デメリットをご紹介

教材

 

英会話教材はたくさんあって選ぶのが大変です。書籍からアプリ、ラジオやYouTubeなどジャンルもさまざまです。

 

今回はジャンルごとに教材のメリットやデメリットをご紹介していきますので、自分に合った教材選びの参考にしてみてください。

 

 

書籍

書籍は本屋や販売サイトで気軽に買うことができるので、一番身近ですよね。中学生レベルからビジネス英語レベルまで、幅広いレベルの方が利用できます。


価格も安いので、英会話学習の費用を抑えられるのもポイントの1つ。お金をあまりかけたくない方におすすめです。


しかし気軽に始められる反面、モチベーションを保つのが難しいのも事実。挫折率が高いのも書籍の特徴です。


挫折を防ぐためにも、初めは少し基礎的な本から勉強してみるのがおすすめです。わからない単語が多いとやる気も下がりますし、辞書で意味を調べる時間もかかってしまいます。書店や口コミサイトなどで、どの本なら続けられそうか比較しながら選ぶのがベストです。

 

アプリ

アプリはスマートフォンさえあれば、どこでも勉強できるのが利点です。通勤や通学中に勉強したい方は、アプリでの学習が継続しやすいと思います。


また、スマホ1つで気軽に取り組めるので、初級者でも挫折しにくいです。ニュース記事を英語で聞けるアプリや、TOEIC対策のアプリなどもあるので、忙しいビジネスパーソンの英語学習にもおすすめです。

 

まずは、アプリのストアで「英語 勉強」などのキーワードで検索して、ランキング上位の評価・評判のいい英語学習アプリからダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

アプリでの学習のデメリットはリーディングにはあまり向いていないこと。画面が小さいので、文字が多い文章は読みにくいです。


スクロールして読んでいくと前の文章とのつながりを見失ってしまうので、理解するのに時間がかかってしまいます。なのでリスニングや単語学習はアプリでサクッと済ませ、長文問題対策は書籍で行うのがおすすめです。

 

 

NHKラジオ講座

無料で始められて、質の高い英語講座を受けられるのがNHKラジオ英語。経験豊富な英語教師が丁寧に教えてくれるのが人気のポイントです。

 

その中でも初心者でも続けられると口コミで評判なのが「ラジオ英会話」。短いフレーズの解説と正しい発音を聞くことができるので、リスニング対策やボキャブラリーの勉強にもなります。


ラジオは決まった時間に放送されるので、生活習慣の1つにしてしまえば継続しやすいですが、音声のみなので単語やスペルなどは学習しづらいというのが難点。リーディングの練習にもあまり向いていません。


なのでラジオで英語を学ぶときは、自分でテキストを購入することをおすすめします。書店や公式サイトで販売しているテキストがあるので、興味のある方はぜひ探してみてください。

 

YouTube

少し前までであれば、DVDを英語字幕付きで見て勉強する人も多かったでしょうが、最近はYouTubeで英語を勉強するという方が増えています。

 

無料で気軽に勉強できるYouTubeは子供から大人まで幅広い方に人気の英語学習ツールです。人気のYouTuberが「日本人がよく間違える英語の発音」から「よく使われるフレーズ」までわかりやすく解説してくれます。


音声はもちろん、字幕もあるのでヒアリングや単語の学習にもおすすめ。また、単なる英語の勉強だけにとどまらず、海外の生活を映像で体感できるのも魅力の1つです。


YouTubeは気軽に楽しみながら勉強できるので、初心者でも挫折することは少ないですが、英語の情報量が多いとは言えません。


書籍やアプリでは、1つのレッスンで詳しく解説をしてくれていますが、YouTubeでは簡単な説明で終わってしまうこともしばしば。自分の苦手なポイントを深く学習したい方は、本や英語学習アプリで対策するのがおすすめです。

 

 

3. 英会話のおすすめ勉強法3選

英会話

 

英会話学習で効果がでないときは、間違った方法で勉強していないかチェックする必要があります。どんなにいい教材を使っていても、方向性や使い方を間違うと、なかなか自分の目標にたどり着けません。今回はおすすめの英会話勉強法を3つ解説していきます。

 

 

ディクテーションやシャドーイングをする

ディクテーションやシャドーイングはリスニングやスピーキングの学習に効果的です。聞き取れなかった単語の発見や英語を話すリズムをつかむことができます。日本にいながら英語ができるようになった人はみんなやっている、超定番の英語学習法です。


ディクテーションは、CDやアプリを使って英語の文章を聞き、聞き取れた文章を紙に書き出していく学習方法です。初心者の方には難しいかもしれませんが、上級者の方ですら一度では完全に書き取れないことが多いので、3~4回聞き直すのが当たり前だと思って取り組みましょう。


自分の聞き取れなかった単語やフレーズが理解できますし、スペルのわからない単語が発見できます。自分の弱点を知ることができる勉強法です。


シャドーイングは音声に続けて同じ文章を口に出していく方法です。実際に発音してみることで強調するべき単語や音がつながる箇所を理解できるようになり、英語のリズムに慣れることができます。


どちらも効果がでる勉強法なので、ぜひ取り組んでみてください。

 

 

インプットとアウトプットをバランスよく行う

インプットとアウトプットはバランスよく並行して行うのがベストです。インプットばかりでは英語の定着率が落ちてしまいますし、アウトプットばかりでは語彙力が育っていきません。


おすすめの勉強法は、学習したフレーズをすぐに使ってみること。オンライン英会話を利用したり英語を勉強している友達に協力してもらったりして、勉強したフレーズを話してみましょう。


読むだけの勉強方法よりも頭に残るので、英語の定着率も上がります。もしすぐに話す相手がいない場合は、独り言のようにブツブツと英語をつぶやくだけでも効果があるので、実践してみてください。

 

 

ボキャブラリーを増やす

ボキャブラリーは英語の表現力を磨く上で大切な要素です。特に日常英会話では試験の問題と違って使われる単語が膨大にあります。


英会話で使える語彙力を身に付けるおすすめの勉強法は、日常にあるあらゆる物を英語にしてみるというもの。例えば「信号機」「まな板」「灰皿」など日常にある物を英語で言えるかどうか考えてみましょう。もしわからなかったら、辞書で調べたりネットで検索してみたりしてすぐに確認する癖を身に付けるとよいです。辞書のアプリを使えば、外出先でも英単語を調べることができます。

普段から、地道に英単語を覚えるようにしましょう。

 

 

4. まとめ

勉強

 

ここまで英会話教材を使用しても効果がでない理由や、勉強のポイントを解説してきましたがいかがでしたか?

英会話は簡単に短期間で習得できるものではありません。

書店やAmazonなどでランキング上位の英語教材を買っても、自分の実力に合うものを継続的に使用しなければ英語力は向上しません。コツコツと単語を覚えたり、少しずつ聞き取れるフレーズを増やしたりして、英会話の上達を目指しましょう。


今回ご紹介した勉強法以外にも、効果のある英会話学習方法はたくさんあります。自分が取り組みやすいものから試してみてくださいね。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事