英語が話せるようになりたい!国内でできる効果的な勉強法

「英語が話せるようになりたい! でも留学する時間もお金もない!」
こんな悩みを持つ社会人の方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から言えば、日本にいながら英語ができるようになる方法はあります。しかも方法はシンプルです。

今回は、あなたの「英語を話せるようになりたい!」という希望を叶えるべく、英語の勉強の方法やコツをご紹介いたします。

 

 

1. 英語がペラペラになれる理由とは?

会話

 

昔に比べ、最近は街を歩いていてもたくさんの外国の方を見かけるようになったと思いませんか?

海外では日本ブームが到来していて、東京や京都に憧れを抱いてはるばる来日する方も少なくありません。「観光地で外国人の方に英語で話しかけられた」なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。

そんな中、グローバル化の波に追いつこうと、日本でも各大学で留学が推奨されたり、入社前後に高い英語力を要求されたり、英語に対する意識の高まりが多く見受けられるようになりました。外国人との意思疎通が日本国内においても重要となっている今日、「英語が話せるようになりたいけどどうしたら良いかわからない!」という声がよく上がっています。

語学力強化には、留学が一番の近道!という意見はよく耳にします。確かにそれは間違いありませんが、だからといって日本国内にいては英語が話せるようにならないかというと、そんなことはありません(もちろん人並み以上の努力は必要ですが)。

留学は膨大な資金だけでなく、綿密な学習プランがとても大切になってきます。社会人の方であれば、仕事が軌道に乗り始めたという頃に、そのキャリアを手放して長期間留学する決断はなかなかできませんよね。

 

では、国内にいながらも英語がどんどん話せるようになっていく人は、どういった工夫をしているのでしょうか?

それはシンプルに言うと、「英語のみで話す・考える」という癖をつけているということです。留学は、自分の置かれる環境を突如日本語圏から英語圏に強制変更してくれます。必然的に日本語を封印して英語で何とかコミュニケーションをとり、生きていく術を見つけようと脳が必死に頑張ってくれます。

国内でも、これと同じとは言えずとも似たような状態になるように意識すれば、英語は間違いなく身についてきます。

ちなみに、私が思う、日本にいながら英語ができるようになる一番確実な方法は、英語を使う機会が多い職業に就いてしまうということです。必要に迫られて英語の勉強をすることが、英語習得の一番の近道です。これは留学で英語を話せるようになる理由と同じで、強制的に勉強しなければいけない状況に自分を追い込んでしまえばいいということです。

「そうかもしれないけれども、実際仕事を変えるなんて現実的じゃない!」そう思った方がほとんどではないでしょうか。確かに、そもそも英語を使う職業に就くのにも、高い英語力が必要になるので、これはあまり現実的ではないでしょう。

ということで、以下に留学もせず職場も変えずに国内で英会話力を身につける極意をまとめてみました。

 

 

2. 独学で話せるようになりたい初心者の勉強方法は?

英語

 

中学生・高校生向け教材・本で重要事項をザッと復習

言葉が話せるということはつまり、ある程度単語を知っていて、それらを決められたルールにしたがって正しい順序で並び替えることができる(=文法力がある)、という状態です。

なので、基礎となる単語の知識と文法の知識がなければ何も始まりません。

ただ、ほとんどの方はある程度英語を中高生時代に学んでいるはずですから、まずはそれらを思い出す・復習することから始めてみましょう。

学校で習う英語は、一度、あるいは二度や三度、すでに触れたことのある内容です。一度学習したことがある項目は、うっすらとしか覚えていなかったとしても、復習することで比較的早く知識を定着させることができます。記憶の定着が早くなるため学校の教科書、ワークなどの問題集の復習は意外にも英語力アップへの近道だったりするのです。

 

「学校の教科書や参考書などではやる気なんて起きない」という方は、要点等が簡潔にまとまったNHKラジオのテキストをおすすめします。

毎日あるいは毎週きちんと続けることで、英語で思考する時間が増えていきます。英語が話せない人は英語に関するあらゆるもの(活字、耳から入ってくる情報、口頭での表現)に触れる時間が圧倒的に少ないので、まずは1日少しずつでも英語と関わる時間を増やす努力をしてみて下さい!

 

中学レベルの単語を徹底的に使いこなせるようになろう。

「単語を覚えることが、英語上達の最大の近道だ!」と思ってがむしゃらに単語を覚えまくっていませんか? 確かに単語の暗記は英語の勉強に非常に重要ですし、大学入試や英検、TOEICなどの資格試験でも単語を強化すれば確実にスコアアップを達成することができます。

しかし入試や資格試験の英単語帳には、普段の会話ではまず使わないような難しい英単語が大量に含まれています。

「英語を話せるようになりたい!」と思ったときに必要なのはハイレベルな単語の意味を覚えまくることではなく、中学レベルの単語を完璧に使いこなせるようになって、中学レベルの英語の文章なら、詰まることなくスラスラ話せるようにすることが非常に重要です。

日常英会話であればほとんど中学英語でこと足りますし、実際の会話の場面ではジェスチャーを交えたり、スマートフォンでわからない表現を調べたりすればその場での意思疎通は十分に可能です。また、英会話をする相手も、普通であればこちらが英語のネイティブスピーカーではないことを理解したうえで、会話のレベルを落としてくれます。

 

まずは中学英単語を徹底的にマスターすることで、英語で外国人と話すためのスタートラインに立つことができます。


勉強が続かない&苦手な人、飽きっぽい人でも大丈夫!簡単な勉強をルーティン化しよう!

「さあ英語を学ぼう!」と思って張り切ってテキストを揃えたのにもかかわらず、いざ手をつけてみるとなかなか続かない…という方はいませんか? そういう方には決まったルーティンを毎日繰り返すという学習方法をおすすめします。

これには、ひとつひとつの項目(リーディング、リスニング、 単語学習)にかける時間は少なめにすることで、英語の勉強に嫌気がさすのを予防する目的があります。ただし、1日の学習時間を短くする代わりに絶対に毎日することが重要です。 1日あたりどこまで進めるかを、英語学習を始める前にある程度決めて計画を立てたら、あとはやるべき項目を毎日繰り返し勉強していきます。

例えば、1日1題長文問題を解く、1日1ページ英単語を覚える、1日10分英語のドラマを字幕付きで見るなど、簡単に始められそうなもので構いません。どんな学習でもいいので毎日続けられそうな英語に触れられる学習を1日の中に組み込むようにしましょう。

そして、できれば1日のどのタイミングで、どの場所でその勉強をするかも決めてしまいましょう。毎日歯を磨いたり、お風呂に入ったり、ごはんを食べる感覚で英語を勉強するようにすると、それがやがて習慣になり、一気に英語力が伸びてきます

 

 

3. 忙しい社会人が話せるようになるために必要な勉強方法は?

アプリ

 

週5日フルタイムで働いている人や、子育て・家事で忙しい主婦の方々は、英語を学習する時間をしっかりと確保することがとても難しいと思います。そういった方にはスマートフォンを活用して英語の勉強をすることをおすすめします。

 

スマートフォンは常に持ち歩いているものなので隙間時間などを有効に使いたい時に非常に便利ですし、パソコンのようにわざわざ開いて起動させるという手間がかからないため、気合を入れなくても気楽に学習に取り組むことができます。

 

それでは以下で具体的にスマートフォンを利用した英語学習法をご紹介いたします。

 

 

スマートフォンを最大限に活用しよう

スマートフォンを利用した学習法の中で、私のおすすめはオンライン英会話です。通学式の英会話教室よりも費用が安く、通学に伴う移動時間などもかからないことがオンライン英会話の利点です。

専用のアプリを使ったり、スカイプを利用したりすることで、ネイティブ講師と気軽に英会話を練習することができます。基本的に1日1レッスン25分のサービスが多いです。サービスによっては1日の受講回数の上限がないものもありますので、24時間いつでも英語を話し放題ということもできます。

「25分間も英語で話し続ける自信が無い」という人でも、テキストを使って講師がカリキュラム通りに授業を進めてくれるため、沈黙が続いて気まずくなることもありませんし、反対に、「自由に外国人と英語を話したい」という人でも、教材を指定せずフリートークを選ぶことで、自分で話題をコントロールする練習にもなります。

英語を喋れるようになるためには、英語のアウトプットは必須です。短期的に英語力を上げたいのであれば、英語を自主的に話すことは避けて通れません。ぜひオンライン英会話に挑戦してみてください。

他にもおすすめなのが、アプリを使った移動時間の活用です!

満員電車の中で英語の本を開くのは少し大変ですし荷物も増えるので、4択の単語テストが収録されているスマホアプリなどがおすすめです。

また、Podcastを聞くのも英語表現の習得に大いに役立ちます。iPhoneであれば標準でアプリが搭載されていますし、androidでも専用のアプリをダウンロードすることで聞くことができます。

私のおすすめは「バイリンガルニュース」と「台本なし英会話レッスン」です。ぜひ一度聞いてみてください。

少しの意識で英語脳はどんどん開花していきます!

 

4.「英語を話せるようになりたい」という気持ちを最大限有効活用しよう

話せるようになりたい

 

最後のアドバイスは、「あなたの『英語を話せるようになりたい』という気持ちを最大限有効活用して勉強をしてください」ということです。

その気持ちにはどんな思いや目的があるのか、そして、英語を話せるようになった先にはどんな目標があるのかを考えましょう。英語上達には、「気持ち」が非常に重要です。「英語を話せるようになりたい」という気持ちを大事にして英語の勉強頑張りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事