ネット環境を活用したおすすめの英語勉強法

スマートフォンやパソコンが必需品となった現代社会、英語の勉強方法も一昔前と比べてかなり便利になっています。

 

インターネット環境の学習は、面倒な手続きなしに英語に触れ、楽しみながら勉強できます。例えば、オンライン教室、YouTubeなど動画を使った学習、インターネットラジオやアプリなど無料や格安で利用できる便利なものが多く、初級者でも独学で勉強できるツールがいっぱいです。

 

だけど、たくさんツールがあるからこそどれが良いのか判断できず、結局いつもの勉強法のままという人もいるのではないでしょうか。

 

そこで、この記事では、インターネット環境を利用した英語学習のおすすめツールとそのメリットについて説明していきます。

 

これを読むと、あなたに合うインターネットを利用した学習方法がわかると思いますので、ぜひ参考にしてみてください!

 


1. オンライン教室で英語学習

オンライン教室で英語学習

 

留学したり高額な教材を購入したりしなくとも、英語を話せるようになる方法はあります。オンライン教室は、無料の音声通話サービスのスカイプなどを使用して英会話レッスンを受けることができ、低価格設定で人気があります。

 

1-1. 格安

一般的な通学の英会話教室と比較して、オンライン教室はコストパフォーマンスがよくお得です。マンツーマンレッスンが主ですが、グループレッスンを設けている会社もあります。

 

また、月額料金でレッスン回数が無制限になるプランもあり、格安で毎日英会話レッスンを受けることが可能。似たようなサービスを提供する会社がたくさんありますので、いくつか無料体験レッスンを受けてから契約することをおすすめします。

 

1-2. 好きな場所で好きな時間に

自宅のインターネット回線を使用してレッスンを受けることが多いでしょうが、それ以外でも出先のカフェや出張中のホテルなどで受講することも可能です。1コマ25分から24時間いつでもクラス設定ができる会社が多く、早朝でも深夜でも自分のペースでレッスンを受けられるのがオンライン教室の大きなメリット。

 

1-3. 多国籍な先生とニーズに合ったクラスを

オンライン教室の先生の国籍はイギリス、アメリカ、カナダ、フィリピン、シンガポールなどさまざまです。先生とのやり取りはまさに異文化コミュニケーション。さまざまな文化に触れつつ、実践的な英語を学ぶことができるのは魅力的です。

 

また、英文法、発音矯正、TOEIC対策クラスやビジネス英語に特化したクラスなど幅広いクラスが設けられており、自分のニーズに合わせたクラス設定も可能です。

 

 


2. YouTubeで楽しみながら英語学習

 YouTubeで楽しみながら英語学習

 

YouTubeでは、たくさんの動画が無料で配信されています。リスニングやリーディング上達に役立つ動画もあり、中でも以下3つのサイトは飽きずに楽しく勉強できておすすめです。

 

2-1. バイリンガール英会話動画

小学1年生から大学を卒業するまで16年間をアメリカで過ごしたバイリンガルのチカさんが運営する英語学習チャンネルは、英語学習におすすめのYouTube動画ランキングや口コミ評価で常に上位に入るくらい有名です。

 

 

空港で使うフレーズ、ドライブスルーで注文するときのフレーズ、友達との会話のきっかけなど、日常でよく使われる内容が中心日本語をおり混ぜての解説なのでわかりやすく、英語初心者でも気後れすることなく練習ができます。

 

また、明るいチカさんの豊かな表情やジェスチャーも英語でコミュニケーションをとる上で参考になります。

 

2-2. VOA  Learning English 動画

VOA(Voice of America)はアメリカ政府系列の放送局で、日本でいうNHKのような存在。そのVOAは世界中の英語学習者のためにVOA Learning Englishというサイトを運営しています。

 


ビギナー、インターミディエート、アドバンスドとレベル分けされた5分程度の動画を配信。最近世界で起こったニュースもトピックとして取り上げられているので興味深く視聴できます。英語字幕、スクリプトや解説もあり、わかりやすい構成です。ネイティブの発音なのでリスニングとスピーキング両方の上達に役立ちます。


2-3. Ted Talks動画

Ted(Technology Entertainment Design)は、さまざまな分野の専門家や著名人によるプレゼンテーション形式のカンファレンスを開催し、そのアイデアや価値を動画で広める非営利の団体です。各動画は、5分以下のものから20分程度のものまで、短めの内容でわかりやすくまとまっています。字幕やスクリプトもあるので理解しやすいです。



テクノロジー、サイエンス、デザイン、ビジネス、ヘルスなど、自分の興味のあるカテゴリーから選んでもよし。人気のあるものや最新のトークで選ぶもよし。世界各国から集まった登壇者なので、各国の訛りのある英語にも触れることができます

 

 

3. NHK英語講座を活用

NHK英語講座を活用

 

NHKの語学講座は、さまざまな国の言語のテレビ番組とラジオ番組があります。中でも英語は、基礎からビジネスまで幅広いレベルに対応した番組があり、webでも学習に役立つ便利なサービスを提供しています。

 

3-1. テキスト

各番組のテキストはネットで試し読みができ、定期購入申し込みができて便利です。

 

また、パソコンやスマホで使用する電子版テキストや音声ダウンロードも販売されています。テキストがあったほうが講座の内容の理解度は深まりますが、オンラインで配信されている範囲のみで学習に役立てることも可能です。

 

3-2. ラジオのストリーミングとニュースの動画

ラジオ番組は登録しなくても前週1週間分を無料で聞くことができます。放送を聞き取りながらフレーズを書き取ったり、キーフレーズの並び替えをしたり、ゲーム感覚で理解度を確認できる問題もあります。

 

時事英語表現を紹介するラジオ番組「世界で発信!ニュースで英語術」は、webで詳しく内容を解説しています。5分程度のNHK WORLDのニュースを聞けて、それに対する英文のスクリプト、和訳、詳しい説明が掲載されているのでおすすめです。

 

「世界で発信!ニュースで英語術」

引用:https://www.nhk.or.jp/snsenglish/news/

 

3-3. ゴガクル

NHKエデュケーションが運営するゴガクルは、「インターネットで学ぶ」がコンセプトです。各番組で登場したキーフレーズの音声を聞いたり、解説を読んだり。文法や単語のクイズにもチャレンジできます。

 

ゴガクル

引用:https://gogakuru.com/

 


会員登録(無料)をすれば、クイズの履歴や気になったフレーズの記録が可能。学習の進捗状況の参考になって便利です。

 


4. 隙間時間にアプリを活用

隙間時間にアプリを活用

 

今やアプリは、欠かすことができない便利な学習ツールです。スマートフォンでさっと内容を確認することができるので、移動中や隙間時間での勉強に役立てることができます。無料で使えるものも多いのでおすすめです。

 

4-1. 海外ニュースサイトを見る

NHK WORLD、BBC、VOAなど、英語ニュースが視聴できるアプリをダウンロードして、動画や音声つきで最近起こった出来事に触れるようにしましょう。

 

最初は難易度が高く感じるかもしれませんが、コツコツ続けることが大切。興味のあるジャンルから少しずつ視聴し、時事英語表現に慣れていくのも良案です。

 

4-2. 新聞を読む

英字新聞のアプリをダウンロードして世の中の大きな流れを読むこともおもしろいです。わからない単語があれば、タップして辞書機能を使い調べられますし、画面もスクロールして読み進めることができるので便利。

 

専門用語はなかなか頭に入ってこないかもしれませんが、関心のあるトピックだけでもかまいません。無理のない範囲で続けましょう。次第に知識が増えて考える力がついてきます。ジャパンタイムズ、日経アジアンレビュー、ニューヨークタイムズなどがおすすめです。

 

4-3. 日々の何気ない出来事の書き込みを読む

インスタグラムのアプリで、好きなアーティストや興味のある分野のアカウントをフォローしましょう。

 

インスタグラムでアーティストの日記や旅行、料理アカウントなどの投稿は、写真と短めの英文で構成されているので、イメージがわきやすく理解もしやすいです。旬な英語フレーズに触れることができるのも楽しいです。

 

 


5. まとめ

まとめ

 

インターネット環境を活用すれば、極力費用をかけず英語が学べるサービスがたくさんあります。

 

スマホやWi-Fiが発達したおかげで、インターネットを利用した学習は場所や時間を問わずに行うことができ、書籍などで勉強するよりも隙間時間を利用しやすいのも大きな特徴です。

 

また、オンライン教室やYouTube、アプリなどを使うと、イギリスやアメリカだけでなくカナダやフィリピンなどさまざまな国の英語の発音を聞いたり、やり取りをしたりして、その国の文化に触れることも可能。英語だけでなく文化も学べ、楽しみながら勉強できます。

 

今回ご紹介したサービスを参考に、自分に合うインターネットを利用した学習法を探してみて、無理なく楽しみながら勉強をしてみてくださいね!

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加