英語の文法を身に付ける方法!勉強のコツやステップを1から解説

英語を上達させる上で、文法を身に付けることが不可欠です。

 

ただ、「文法を勉強しているけど、なかなか覚えられない」「文法の勉強の仕方を教えてほしい」そういったことを思っている方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はそういった方へ向けて、英語の文法を身に付ける方法について、勉強のステップやコツを1から解説していきます

 

この記事を読めば、英語の文法を身に付ける具体的な方法が分かり、着実に文法を習得することができるでしょう。

 

 


1.やってはいけない!英語文法の勉強方法はコレ

 

文法の勉強方法に入る前に、まずはあなたの現在の勉強方法を確認しておきましょう

 

もしかしたら、あなたは誤った勉強方法をしているかもしれません。今取り入れている勉強法をチェックして、効果的な勉強方法に切り替えましょう。

 

 

1-1.「文法は意味がない」と捨てる

文法を勉強する以前に、「文法は意味がない」と思っている方もいるかもしれません。

 

確かに、ひたすら英語を話したり聞いたりすれば、英語が上達するというのも一理あります。ただ、大人が英語を勉強するのであれば、文法から学んだ方が効率が良いです

 

私たちはすでに中学・高校と学校教育で文法の基礎・基本を学んできています。私たち日本人にはある程度文法知識のアドバンテージがあるので、それを活かさない手はありません。

 

 

1-2.文法事項を丸暗記する

文法事項を丸暗記するのも、英語の習得には効果が薄いです。

 

なぜなら、最終的には英文を自分で組み立てられるように、英語の仕組みを理解しておく必要があるからです

 

英語の仕組みから理解しておくと、別々に思える文法事項の間にも繋がりがあることが分かり、習得スピードが速くなります。英文法を丸暗記して覚えているという人は、今一度そのやり方を見直しましょう。

 

 

1-3.文法問題をひたすら解く

文法問題をひたすら解くのも、効率の悪い勉強方法といえます。

 

なぜなら、問題の答えが分かったところで、英会話で自由に文法を使いこなせなければ意味がないからです。

 

例えば、文法問題で空所に当てはまる単語が分かるようになっても、文全体を組み立てられるようにはなりませんよね。

 

文法問題をひたすら解く勉強方法をしている人は、勉強方法を改めましょう。

 

 

2.英語文法を身に付ける勉強方法5つのステップ

 

さて、ここからは具体的に英語文法を身に付ける5つのステップを解説していきます。

 

初心者が1から始められるように解説しているので参考にしてください。また、ある程度勉強を進めているという人も、自分の勉強スタイルと照らし合わせてみましょう。

 

 

2-1.文法書を一冊用意する

英語の文法を勉強するときは、文法書を一冊だけ用意するようにします。書かれていることはだいたいどの文法書も同じで、何冊用意しても得られる知識は変わらないからです。

 

とにかく文法書を一冊、自分がわかりやすいと思えるものを用意しましょう

 

 

2-2.文法事項を説明できるようにする

文法書での覚え方としては、文法事項を自分で説明できるように意識します。

 

文法事項を説明できるようになるには、文法を丸暗記するのではなく、仕組みから覚えないとできません。例えば、英語を勉強している友人に説明しても良いでしょうし、SNSを使って学んだ文法の知識をアウトプットしても良いと思います。

 

文法を分かったつもりで終わらせないように、誰かに説明するというステップを取り入れましょう

 

 

2-3.文法事項を使って文章を作る

覚えた文法事項を使って、実際に文章を作る練習をします。

 

なぜなら、文法は英語でコミュニケーションを取るためにあるものであって、どれだけの量を記憶したかを競うものではないからです。

 

具体的なトレーニング方法としては、「英語日記」を書くという方法が挙げられます。一日の終わりにその日あったことや考えたことを、英語でノートに書いてみましょう。

 

 

2-4.作った文章を音読する

書いた英語日記はそのままにせず、「音読」してみましょう。

 

なぜなら、「音読」をすることで発音やスピーキングに効くだけでなく、英語の理解力も上げることができるからです。

 

「音読」トレーニングは、以下のポイントを意識して行います。

・意味を理解しながら読む
・発音の分からないものは調べる
・文章を覚えるつもりで読む

意味を理解しながら読むことで、英語を英語の語順で理解するクセが付くので、必ず意味を理解しながら読んでください。

 

 

2-5.瞬間英作文で英語脳を鍛える

瞬間英作文トレーニングで、英語脳を鍛えます。

 

ここでいう「英語脳」とは、英語の文法システムを脳にインプットされて、英文を組み立てることができるようになった頭のことをいいます。

 

瞬間英作文トレーニングの行い方は、以下のとおりです。

1. 日本語訳付きの例文集を用意する
2. 英語を隠して日本語を瞬時に英語に翻訳する
3. 分からなかったらすぐに答えを見る

英語脳を作るには、瞬時に英文を組み立てる意識が重要です。とにかくスピードを意識して行いましょう。

 

 


4.まとめ

 

今回は、英語の文法を身に付ける方法について、勉強のステップやコツを1から解説してきました。

 

この記事を参考にして、英語の文法を身に付ける具体的な方法を把握し、着実に文法を習得していきましょう!

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加