ビジネス英会話をマスターしたい!絶対ハズせないおすすめ教材!

学校教育にも積極的に導入され、必修化が進んでいる英語。ビジネスの現場でも、外国人とのコミュニケーションが必要となるシーンが今より増えることが予想されます。


そこで気になるのがビジネス英会話の教材探し。いろいろな媒体の口コミやランキングを見るだけでは、どの教材を選んでいいのかわからないということもよくあります。


今回は、これからビジネス英会話を独学で始めようと思っているあなたに、初心者でも簡単に続けられるおすすめビジネス英会話教材をご紹介します。

 
 

1. ビジネス英会話の勉強のコツ

 

ビジネスに役立つ英会話を勉強すると決めたところで、まず立ちはだかるのが「どこから始めればいいの?」という壁。


最初の一歩は、教材選びではありません。「ビジネス」に役立つ英語の基本を学ぶことから始めましょう。

 

 

1-1. 英語にも敬語がある?

英語はダイレクトな表現が多いというイメージが強いこともあり、敬語がない、という誤解をしている方も多く見受けられます。

ビジネス英会話をこれからマスターするうえでまず意識して覚えておく必要があるのは、「ビジネスシーンにおけるコミュニケーション」のマナーがあるということです。


つまり、ビジネス英会話では、メール対応でも会議などでの会話でも、敬語にあたる表現をフレーズとして習得することが学習のコツになります。

 

 

1-2. マナーやエチケットも大切

日本にもビジネスマナーやエチケットがあるように、海外のビジネスの場でも守るべきマナーやエチケットがあります。


英語そのものを学ぶと同時に、マナーやエチケットも場面ごとにダイアログ(会話)として吸収しようという姿勢が重要です。

 
 

2. ビジネス英会話の基本はここから!おすすめの教材をご紹介

 

基本姿勢を頭に入れたら、基礎が学べるテキストや本を1冊選んでみましょう。amazonなどのオンラインストアでランキングや口コミを確認しながら、自分に合う英会話本を探してみることをおすすめします。


ここでは、バランスよくビジネス英会話の基礎を学べる教材をご紹介します。

 

 

2-1.『10億人に通じる! やさしいビジネス英会話』(NHK出版)

引用:https://www.nhk-book.co.jp/detail/000062131892016.html

 

『10億人に通じる! やさしいビジネス英会話』は、金融ビジネスの世界で実際にイギリスやドイツで勤務経験のある著者・柴田真一氏が、実践に生きる英語表現とコミュニケーションスキルを紹介しています。


NHKラジオ「入門ビジネス英語」の内容を再構成していることからも、「中学英語で止まっている……」と不安のあるあなたにも始めやすい内容です。


ミーティングやプレゼンテーションといった、実際の仕事の場面を題材にしているので、初心者にも理解しやすく応用しやすいという点もおすすめです。また、付属CDでビジネスシーンでのリアルな英語を聞く練習をすることでリスニングのトレーニングをすることもできます。

 

 

2-2.『会話もメールも 英語は3語で伝わります』(ダイヤモンド社)

引用:https://www.diamond.co.jp/book/9784478069400.html

 

この本の最大のポイントは、「シンプルで実践的なロジック」です。著者の中山裕木子氏は、TOEIC950点という高スコア保持者でありながら、実際のビジネスシーンでは英語が通用しなかったという経験があり、英語力=TOEICスコアという偏重した考え方をリセットするのに最適の教材です。


シンプルに「伝わる英語」を習得するノウハウを実例と合わせて学べるこの教材は、英語初級者の方にもおすすめです。


「伝える」ためのメール作成の仕方やコミュニケーションの仕方を学ぶことは、ビジネス英会話のマスターには欠かせません。

 

 

2-3.『とにかく通じる英語』(草思社)

引用:http://www.soshisha.com/book_search/detail/1_1841.html

 

何とも心強いタイトルからわかるように、このテキストのテーマは「通じる英語」です。


ビジネスシーンで日本人がしやすいミスは、間違えることを恐れすぎて表現が複雑になってしまうことです。どのような発想をすれば、「通じる」を意識しながら英語を話すことができるのかが、この教材を通して楽しみながら学ぶことができます。


著者デイビッド・セイン氏のネイティブならではの目線が学べることも、おすすめポイントにひとつといえます。

 
 

3. 実践を意識して勉強したい!必読教材・書籍

 

読み書きには結構自信があるのにスピーキングやリスニングは苦手、というように、中学や高校の授業でのリーディングとライティング重視の勉強がビジネスシーンのネイティブイングリッシュに全く対応できないという事態を引き起こしています。


ビジネス英会話の習得にはやはり実践が必須ということで、ここからは実践編として活用できる教材や本をご紹介します。

 

 

3-1.『英語の品格』(集英社インターナショナル) 

引用:http://i-shinsho.shueisha-int.co.jp/kikan/012/

 

異文化コミュニケーションに関する著書で有名なロシェル・カップ氏の著書です。


日本人が持つ英語に関する誤解や日本人の英語の非常識さを実例を挙げながら説明しており、ビジネス英語でのコミュニケーションにおいて意識すべき「品格」を体得することができます。


「英会話は伝わりさえすればよい」という考え方がいかに危険であるかを、この「英語の品格」を読むことで理解できるようになります。

 

 

3-2.『英会話ペラペラビジネス100-ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術』(アルク)

引用:https://ec.alc.co.jp/book/7002454/

 

中級以上の方向けの本ですが、実践編として是非挑戦したいただきたいのがこの教材。NHK教育テレビやラジオ第2放送の語学講座で講師を務めてきた著者スティーブ・ソレイシィ氏が、コミュニケーションを円滑に進めるためのポイントを教えてくれます。


英会話の基礎を重視したスタイルの教材なので、初級レベルの教材とセットで場面ごとに読み進めるというスタイルもおすすめです。

 

 

3-3.『英語の気配り』(朝日新聞出版)

引用:https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20249

 

外資系大手金融企業ゴールドマンサックスで勤務経験がある著者マヤ・バーダマン氏が、アメリカと日本におけるビジネス意識の違いをベースに、日本人英語の問題点を指摘します。


ビジネスでよくある場面ごとの表現を学ぶだけではなく、日本人のビジネス英会話における勘違いもまとめて紹介されています。


また無料ダウンロードできる音声ソフトが付いているので、読んで聞いて話すという流れを独学でも実践できるおすすめ教材です。

 

 

4. スキマ時間を活用したい!おすすめ人気英語学習アプリ

 

最近では、無料で利用できる英語学習ソフトやアプリがリリースされており、種類が多すぎて選べないということもよくあります。


英会話上達には多読が一番効果的という評判から、アプリなどで洋書や英語SNSの多読に挑戦している方も増えてきています。


というわけで、ここからは楽しみながら効果的に英語を学べるおすすめアプリをご紹介します。

 

 

4-1. スタディサプリENGLISH 

あらゆるレビューサイトでも圧倒的に支持されている英語学習アプリのひとつが、この「スタディサプリENGLISH」です。


ビジネス英会話コース・TOEICコース・日常英会話コースに分かれているので、自分の目的に合わせて1回3分のレッスンが受けられるシステムになっています。


楽しみながら続けられることが英語学習を継続させるための重要ポイント。飽きっぽい人でも、勉強を習慣化できるという点でおすすめです。

 

 

4-2. TED

リスニング力強化、語彙力アップだけでなく、ビジネスマンに求められる社会情勢への高い関心を持つのに効果があるのが、この「TED」のアプリ版です。


科学、ビジネス、社会問題、ITなど幅広いジャンルの知見を得られる講義を日本語字幕付き(英語字幕も可能)で観ることができます。お気に入りのトークを見つけて、繰り返し視聴し、最終的には字幕なしで理解できるようにすることで、英語独特のイントネーションや表現方法を学びとることができます。

 

 

4-3. ListenUp

英語といっても、アメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダ・シンガポール、それぞれの訛りがあります。このアプリは、あらゆる出身地のスピーカーを選択してリスニング力を上げられることから、アプリのレビューサイトでもかなりの高評価を獲得しています。


これからのビジネスシーンでは、欧米だけではなくアジア圏などあらゆる地域の英語に慣れておくことが重要です。


聞いて、質問に答えて、確認する、という流れで、どの程度聞き取れているかを自分で把握できるというのもおすすめポイントです。

 

 

5. まとめ

 

「ビジネス英会話」のポイントは、「伝える」ための基礎とエチケットです。

今回ご紹介した英会話教材から、まずはあなたの毎日に合う本やアプリを選ぶことから始めてみませんか?

ビジネスシーンで英語を使えるようになることを目指して英語の勉強頑張りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事