英語教材編集者の教材レビュー:『TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6』―Part5,6の取りこぼしをなくす!

「TOEICの文法問題は大体正解できるようになってきたけど、少しだけミスしてしまう…」「リーディング満点を狙っているので、文法問題を落とすわけにはいかない!」


そんなあなたにおすすめの文法問題集があります!

 

それは『TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6』、通称『900点特急』

TOEIC教材を20年にわたり制作してきたメディアビーコンの編集者(990点満点取得)が、実際に使ったうえでおすすめする1冊です!

 

この記事では、『900点特急』の特徴や、おすすめの使い方を詳細に解説します。「自分に合いそうな本だな」と感じたら、ぜひ使ってみてくださいね。

 

 


1. 『900点特急』の特徴

引用:https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=19348

 

新書サイズで持ち運びしやすいPart 5,6の問題集です。

Part 5の問題で特徴的なのが、問題が1ページに1問だけ出題され、次の1ページがまるごとその問題の解説になっていることです。そのおかげでかなり詳しい解説になっています。

 

本番の半分の問題数である「Part 5:15問とPart 6:8問(2文書)」のセットが6つ収録されているので、実質本番3回分の問題を解くことができます。


また、おまけとして、「満点レベルの語彙問題12問」と「空所を埋めた状態の文章(音声のスクリプトとして)」も入っています。

 

 

・ちょうどいいレベルの難問

本書は「900点越えを狙う人向け」というだけあって、難しめの問題集になっています。
文構造が難しいもの、語彙が難しいもの、選択肢のひっかけが巧妙なものなど様々ですが、「本番で出題される範囲の中でも難問のレベル」であることは共通しています。


「難しすぎて本番には出ないレベル」の問題をやってもTOEIC対策としてはあまり意味がありませんが、この本は本番の難易度をよく調べてギリギリの難易度に調整しているのがすごいところ。


上級者が、TOEICに出る範囲の文法知識の漏れを潰して完璧を目指すのに、この上なく向いている本です。

 

 

・解説の詳しさ

先ほどお伝えしたように、1問の解説に丸ごと1ページを使っているので、とても詳細な解説になっています。

 

「どのような点に着目して解くか」「その選択肢がなぜ正解か」はもちろんですが、「それぞれの誤答がなぜ不正解なのか」「不正解の選択肢の正しい用法(この部分がこうなら正解だった)」といった点にまで踏み込んでいます。

 

TOEICの文法問題集は解説が数行のみというものが多いので、この解説の詳しさは他ではなかなか見かけない長所です。


不正解の理由が丁寧に説明されているので間違った問題も納得しやすく、また不正解の選択肢についても用法を確認できることで、1つの問題からたくさんの知識を得られます

 

 

・数少ないPart6の難問集

Part 5の対策本はたくさんある一方で、Part 6の対策本は多くなく、その対策本も現状は初心者向けのものしかないため、本書は数少ない「上級者向けPart 6本」となります。


Part 5, 7に比べれば難易度の低めなパートではありますが、特に文挿入問題は根拠が見破りにくく、上級者でも迷うことがあるので、できれば練習しておきたいと考える方も多いのではないでしょうか。

 

 

2. こんな人におすすめ

 


・TOEIC900点~満点を狙っている人

タイトルは900点ですが、満点を狙うのに使えるポテンシャルも十分あります。

実際、私もこの本に取り組んだ結果、アビリティメジャード(分野別正解率)の文法・語彙の項目で100%を複数回取れるようになり、満点も達成できました。

 

 

以前は90%程度から伸び悩んでいましたが、『900点特急』のおかげで改善できたと言えます。

 

本書にしっかり取り組み、あとは読解のミスを潰していけば、リーディングの満点はグッと近づくはずです!

 

 

・文法問題集をやっても解説がよくわからず、感覚で解くだけになってしまっている人

私はもともと文法を論理的に把握するのが苦手で、文法問題もほとんど勘で解いていました。また、間違えた問題も、解説が簡潔すぎてうまく理解できないということがよくありました。


しかし、『900点特急』の解説はとても丁寧なので、「文法を理屈で考える」ことに慣れていなかった私でも納得することができました。

 

なので、私のように文法を理屈で考えることに慣れていない人でも使いやすい1冊だと言えます。

 

 


3. おすすめの使い方


・解説をよく読んで、印象に残してから解きなおす

最初に問題を解くときは、「迷った問題」「間違った問題」の両方に印をつけておきます。印をつけた問題は、正解した問題以上に解説をよく読み、解き方をしっかり理解しておくようにするとよいでしょう。

 

そして問題を解きなおす際は、印をつけた問題には特に注意しつつ、ちゃんと「正解の根拠」「不正解の理由」を思い出しながら解くようにしましょう。
それができれば、解説の内容をモノにできたということになります。

 

また、語法問題なら、「同じ語法の動詞にはこういったものもある」といった知識面での解説があるので、それもなるべく覚えていきましょう。

 

 

・スキマ時間で音声を何度も聞く

『900点特急』は音声が無料でダウンロードできるので、ぜひ有効活用しましょう。

 

「問題ではこの部分が空所だったな」「こういうひっかけがあったな」と思い出しながら聞くと、問題の復習効果が倍増します。


選択肢や問題のポイントまで覚えてしまうのを目標にし、復習ツールとして音声を聞きまくるのがおすすめです。

 

 

まとめ

 

『900点特急』はPart5&6対策の仕上げに最適な1冊です。本書にしっかり取り組めば、Part 5 ,6の文法問題の全問正解が現実的になり、リーディング満点の可能性も開けてきます。

 

また、続編に『900点特急II 究めるパート5』があり、こちらも本書同様の良書です。本書だけでも十分力がつきますが、文法問題をより盤石にしたい人は、こちらも検討してみてはいかがでしょうか。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加