英会話が上達しない…そんな悩みを解決!英会話上達のコツをご紹介

英語を話せるようになることを目指して英語学習をする人はたくさんいますが、実際に英会話ができるようになる人は意外と少ないものです。

あなたも、「なかなか英会話が上達しない…」と焦ってはいませんか? 

 

実は、英会話はそんなにすぐには上達しないもの。ですが、そこで諦めてしまっては、上達しないままで終わってしまいますよね。

英会話が上達するには、無理なく英語学習を続ける必要があります。
英語に触れることを「生活の一部」としてとらえ、楽しさを感じながら習慣的に取り組んでいけるかが大切です。

 

また、「学習を習慣的に続ける」以外にも英会話上達のコツはいくつかあります。

ここでは、英会話が上達しないと感じている方へ、改善のためのポイントとおすすめの勉強法をご紹介します。

 

 


1. 英会話上達のポイント

 

英会話が上達するかどうかは、毎日のちょっとした学びの繰り返しと積み重ねによるところが大きいです。
とはいえ、「勉強は続けているつもりなのに」「何かやり方に問題があるのかな」と不安になる方もいるかもしれませんね。

なかなか上達できないと感じている人は、以下のポイントを意識してみてください。

 

 

1-1. 具体的な目標を持つ

 「英語が話せるようになりたい」という漠然とした目標のまま勉強をしていませんか?
もしそうなら、「なぜ話せるようになりたいのか」「英会話を使って何がしたいのか」をもっと具体的に考えてみましょう。

 

しっかりした目標があれば、それを実現させたいという気持ちが高まり、英会話学習のモチベーションに繋がります。

 

また、目標が具体的なほど、的を絞った効率的な勉強が可能になります。

 

例えば、「ガイド付きの海外旅行しか行ったことがないけど、一人で海外旅行をしたい」という目標の人なら、海外旅行で役立つフレーズを重点的に学習すれば効率的ですよね。

 

 

1-2. 完璧を求めすぎない

単語や文法は英語の基本となる要素ですので、もちろん習得は必要です。

 

しかし、正しい単語や文法で話そうとするあまり、「間違ったら恥ずかしい…」と英語で発言することをためらってしまっては、元も子もありませんよね。周囲の目を気にしすぎないで、間違いを恐れず発言できるハートの強さも、英会話には必要です。

 

英語のテストとは異なり、実際の会話に正解はありません。

「言いたいことが伝わればそれでよし」と大まかに考えて、多少のミスは気にせずに話す練習をしていきましょう。

 

 

1-3. 練習の場をもつ

英語を話せるようになるには、実際に英会話の練習を進めていくことをおすすめします。インプットした英語のフレーズを使ったり、相手の英語を頑張ってリスニングしたり、といった一つ一つの経験が会話力の成長に繋がります。


練習の場としておすすめなのはオンライン英会話スマホやパソコンでいつでも気軽に遠隔で英会話レッスンを受講でき、しかも料金は英会話教室に通うよりもずっと安く済みます。

オンライン英会話は様々な会社が運営していますから、いろいろなレッスンを確かめて自分に合ったプランを探しましょう。

 

実践練習を通して積極性が身につきますし、英語でのコミュニケーション経験が増えると自信にもつながりますよ。

 

 

1-4. 気長に続ける

繰り返しになりますが、やはり一番大切なのは気長に学習を続けること。
英会話の習得は一朝一夕ではいかず、長距離走のようなものです。すぐには結果を求めないようにしましょう。初級レベルから始めた人はなおさらです。


また、毎日学習を継続した方が効果に繋がりやすくなります。週に1回だけ2時間勉強するよりも、毎日10分ずつ勉強する方がおすすめ。

忙しくてなかなか時間が取れない方も、朝に10分だけ早起きして英語を勉強する、もしくは通勤・通学の時間を使って勉強するなど、短時間でもいいので毎日学習を続けるようにしましょう。

 


2. 4技能を伸ばすための勉強法


英語を話せるようになるのが最終的な目標だという方も、英語の4技能(読む・聞く・話す・書く)はバランスよく伸ばしていくことをおすすめします。
というのも、これら4つの技能は連動しており、どれか一つだけを伸ばそうとしてもそのうち行き詰ってしまいがちだからです。

 

それに、実際英語を使うにあたって「会話しかしない」という状況はなかなかありません。「話せればそれでいいや」と思っていても、ふとした拍子に「聞く」「読む」「書く」の能力が必要になることはよくあるものです。

 

それでは、技能別のおすすめ勉強法を簡単にご紹介します。

 

 

2-1. リーディングの勉強法

読む力を伸ばすには、多読がおすすめです。多読は、「辞書を引いたり頭の中で和訳したりせずにひたすら英文を読む」という勉強法。


「多少わからない表現があっても文脈から推測しつつ読み進める」「ストレスなく理解できる難易度の文章を読む」という2つがポイントです。

 

ニュースや小説など、自分の好きな題材のものを使って、毎日英文を読むようにしましょう。初心者でも多読を行えるように簡単な英文で書かれた教材(Graded Readers)は、読みやすく楽しく取り組めるのでおすすめです。

 

 

2-2. リスニングの勉強法

聞く力を伸ばすには、聞き取れる音の種類を増やしていくのが重要です。

スクリプトと音声がセットになっている教材を使って、聞き取れなかった箇所はスクリプトを見ながら聞くことで、「この英文はこう発音するんだな」という気付きを増やしていきましょう。

 

ただ音声を聞くだけでなく、音読やシャドーイングも取りいれるようにすると、リスニングだけでなくスピーキング力の伸びも併せて期待できますよ。

 

 

2-3. スピーキング・ライティングの勉強法

インプットした内容を、書いたり話したりしてアウトプットする機会を積極的につくりましょう。

 

先ほどご紹介したオンライン英会話は、スピーキングの練習になるのはもちろんですが、先生に自分の書いた英文を確認してもらってアドバイスを受けたりもできるのでおすすめです。

 

また、英会話カフェのような場所に足を運んで学習者どうし英語で話してみたり、SNSの投稿を英語で行ったりするのも楽しくアウトプットができる方法です。

もし、話すこと・書くことに苦手意識を持っていたとしても、場数を踏むことによりだんだんと自信がついてきます。コミュニケーションを楽しみましょう!

 


3. 楽しく続けられる勉強法

 

英語学習は、続けることができるかどうかが鍵となります。そして、学習を続けるには楽しむことがとても大切です。

先ほどの勉強法紹介でも楽しく学べる方法は少しご紹介しましたが、もう少し「楽しめる学習法」を確認してみましょう。

 

 

3-1. 動画

YouTubeでは、様々な人が英語学習に関する動画を公開しています。英語フレーズの紹介を専門にしているYoutuberなどもたくさんいますから、ぜひ自分が楽しく見れる英語学習動画を探してみてください。

 

また、英会話スクールが出している動画は、より学習に向いているものが多いです。
例えば、イムラン氏が運営するコペル英会話は、「英会話一日一言」という10分程度の動画を公開しています。簡単で使える英語表現で、日本語での解説もあるので初心者でもわかりやすいです。

 

 

3-2. アプリ

英語学習関連のアプリはたくさんリリースされていて、無料で使えるものが多いです。英語クイズに答えて進めていくロールプレイングゲームなど、飽きずに学べるよう工夫されているアプリが豊富。


もちろん、ゲーム形式でない普通の学習アプリも「英会話」「リスニング」など様々なジャンルのものがあります。人気ランキングや評価も参考にしつつ、いろいろなアプリを試して自分に合うアプリを見つけてくださいね。

 

 

3-3. ツイッター

ツイッターでは、フレーズの紹介など、英語学習に役立つ内容を発信しているアカウントが多数存在します。そうしたアカウントをたくさんフォローして毎日眺めているだけでも勉強になります。

 

また、英語でツイートすればアウトプットの練習になりますし、ネイティブのツイートを見れば今時使われている最新の英語表現を知れたりもします。

 


まとめ

 

英会話の上達は、具体的な目標を持ち、それに向かって気長に学習し続けられるかどうかが鍵となります。
ぜひ日々の生活で英語に触れることを「習慣化」してみてくださいね。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加