初心者でもできる!英会話を独学するコツと勉強方法を紹介

いつか英語を話せるようになろうと、まずは英会話を独学で始めている人も多いでしょう。


ただ、「英会話を独学でやっているけど、なかなかスピーキング力が伸びない……」「英会話を独学で勉強するのは、やっぱり無理なのかな?」そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はそういった方へ向けて、英会話を独学で学ぶコツを紹介していきます。コツをつかめば、きっと学習の効率も上がりますよ

 

この記事を読めば、英会話を独学で学ぶコツが分かり、諦めることなく効果的に会話力を伸ばしていくことができるでしょう。

 
 

1. 英会話の独学を「無理!」と諦めてしまう理由

 

英会話の独学を諦めてしまうのは、あなたの根性がないからではありません。
誤った方法や、初心者の上達には向かない方法で勉強してしまっているからなんです。
以下で紹介するポイントを参考にして、あなたが今現在取り組んでいる勉強方法に当てはまっていないか、チェックしておきましょう。

 

 

1-1. 文法を極めようとしてしまう

文法項目はたくさんありますから、極めようとしてしまうとキリがありませんよね。

 

日本の英語教育を受けていると、特に高校英語では「仮定法過去完了」など難しい文法も習いますが、実はこうしたものを英会話では使うことは少ないです。
確かに全く使わないわけではないのですが、そうしたマニアックなものよりも、まずは会話でもよく使う基礎的な文法項目を使いこなせるようになるのが英会話上達の秘訣です。


使いこなせるようになる、すなわち「瞬時にその文法を正しく扱ってスピーキングができる」というのがポイント

文法の勉強というと文法問題集を解くことに目が行きがちですが、その段階で止まっていては、「覚えている」とは言えても、「使いこなせる」とは言えません。

英会話では中学英文法がよく使われますから、高校英語の文法を覚えるよりも、中学英語の文法を使いこなせるようになりましょう。

 

 

1-2. 英語の聞き流しだけしてしまう

英語の「聞き流し」は、初心者には効果がない場合が多いので注意です。なぜなら、意味の分からない英語を聞き流していても、ただのBGMになってしまうからです。

例えば、お店に流れている知らない洋楽を聞いても、意味はもちろん、何と言っているかさえ分かりませんよね。
聞き流しは、ちゃんと理解できる英文を使って行わないと意味がありません

ただ英語を聞き流しているだけの人は、正しい聞き流しの方法をぜひ確認してみてください。

 

「ただ聞き流す」だけでは効果がない理由と、正しい聞き流しのやり方はコチラ↓

 

 

1-3. 最初から英会話スクールに通ってしまう

勉強し始めから英会話スクールに通うのも、効率的とはいえません。
なぜなら、基礎的な英語の力がない状態でスピーキングを練習しても、上手く話せないまま自分の力として定着しづらいからです。

例えるなら、バットの振り方も分からない状態で、野球の試合に出続けるようなものですね。

英会話スクールは英会話実践の場を提供するものですから、その効果を最大限に活用するには、まずは独学で英会話の基礎となる英語力を身に付けておく必要があるのです

 

 

1-4. 単語をひたすら暗記してしまう

単語をひたすら暗記するのも、英会話力を上げるには効果が薄いです。
なぜなら、英会話では「単語をどれだけ覚えているか」ではなく、「実際に単語を文章の中で使えるか」が重要だからです

 

よく単語帳の全ての単語を覚えている単語博士のような人がいますが、実際英会話になるとあまり話せなかったりすることがざらにあります。会話の中で使うには、単に英単語の意味を覚えるだけでなく、「よく使われる前置詞とセットでフレーズとして覚える」「listenとhearなど似た意味の単語の使い分け方を知る」といったことも必要になります。

単語はただ覚えるだけでは駄目だということを頭に入れて、会話に役立つ形で学習するよう意識しましょう。

 
 

2. 英会話を独学で学ぶ5つのコツ

 

では英会話を独学で学ぶ場合、具体的にどんな方法が効果的なのでしょうか?
ここでは、英会話を独学で学ぶ際のコツをお伝えしていきます。
以下で紹介するコツを取り入れて、効率良く英会話力を伸ばしていきましょう。

 

 

2-1. 英会話テキストは1冊だけ選ぶ

英会話を学ぶためのテキストはまず1冊だけを選ぶようにしましょう。
なぜなら、何冊も本を買ってしまうと、結局どの方法で学んだら良いのか分からなくなってしまうからです。

 

また、英会話に関する本を何冊も買ったけど、どれも中途半端にしか読まないまま勉強した気になってしまっているという人も多いです。

1冊を終える前に次の本を買ってしまうと、ちゃんと取り組まずにまた次の本を買う悪循環になりがちです。

 

まずは一冊、自分にあった英会話テキストを選んで、その一冊をやり込みましょう

 

 

2-2. 基礎文法を一気に習得する

英会話の練習に入る前に、まずは基本的な文法事項を一通り習得します。先ほどお伝えした通り、中学英語の文法を使いこなせるのが目標となります。

基本的な文法が頭に入っていると、覚えた英語フレーズを会話の中でとっさに応用して、いろいろな場面で使ったりもできるようになりますよ
また、文法がわかれば、フレーズを覚える際にも文章の構造が理解できて覚えやすくなります。

一方で、文法がわからないままフレーズをやみくもに覚えても、そのフレーズがぴったり当てはまる場面以外ではうまく話せないということになってしまいます。

基礎文法は身につけておいて損なしです!

 

 

2-3. 文法を「知っている」から「使える」に

文法を学んだら、文法を知識として覚えている状態から英会話で「使える」ようにします
覚えた文法を使える状態にするためには、瞬間英作文というトレーニングが効果的です。

 

1. 中学生レベルの例文(日本語訳付き)を用意する

2. 日本語だけを見て、瞬時に英語に訳して口に出す

3. すぐに英語が出てこなかったら答えを見てOK

 

文法をスピーキングで使えるようにするには瞬発力が大事なので、時間をかけないで一瞬で訳すようにするのが重要です。
このトレーニングを続けていくと、「これは英語でなんて言うんだっけ?」と考える時間をなくし、スピーディーに英語が口から出てくるようになります。

 

2-4. スキマ時間を活用する

スキマ時間を活用して英会話に必要な知識を身に付けていくことも大切です。
英語は毎日繰り返し学習することで身に付くものだからです。

 

例えば、通勤中の電車の中でフレーズを覚える、ウォーキング中に英語でつぶやいてみる、家事をしながらリスニングをするなど、工夫をすればいくらでも勉強できます。

 

スキマ時間を上手く活用することが、英会話上達への近道だと覚えておきましょう。

 

2-5. アウトプットできる環境を作る

ここまでにお伝えした独学方法で基礎となる英語力を手に入れたら、実際に英会話をやってみる練習をはじめてみましょう

英会話を上達させるためには、スピーキング練習の場数をたくさん踏むことが欠かせません。
なので、英語をアウトプットできる環境を整えておきましょう。


英語をアウトプットできる環境を作る方法としては、以下がおすすめです。

 

 

● ランゲージエクスチェンジ(お互いの母語を教えあうこと)

● 英会話サークル

● オンライン英会話スクール

 

ランゲージエクスチェンジの相手は、「Hello Talk」などの無料アプリ・サイトを使って気軽に探すことができます。また、社会人サークルの中には英会話を学んでいる人の集まりもありますから、同じ学習者同士で英会話を練習するのもありです。

オンライン英会話スクールは、パソコンやスマホのカメラを使って、画面越しに英会話講師と話せるサービス。費用はある程度かかりますが、それでも英会話スクールよりかなり安いので、実際に話す経験を積むのにぴったりです。



3. こんなコツもあります

 

英会話は独学では難しいと思いがちですが、実はそんなことはありません。
英会話スクールに通わなくても、海外へ語学留学をしなくても、英会話を自分一人で身に付けたという人はたくさんいます。
英会話を独学で学んだ人は以下の方法を取り入れている人が多いので、一人のときでもアウトプットを増やすためのコツとして参考にしてみてください。

 

3-1. コメント

 一人でできて、しかも手軽な方法に「コメントをする」というものがあります。
これは、英語の動画や、誰かの発言などへの感想をコメントするというものです。

 

SNSで他の人にリプライを送ったりしてもいいですし、直接人に話しかけるのが恥ずかしければ、Twitterで英語ツイートをするのもよいでしょう。

 

いずれにせよ、自分の書いた英文がネットで誰かの目に触れると思うと、モチベーション維持に繋がるはずです。

 

 

3-2. ひとりごと

「英語でひとりごとをする」というトレーニング方法を実践している人も多くいます。
普段日本語で言っていることや、頭に浮かんだことを、英語で言ってみるようにするだけなので手軽です。

 

「ひとりごと」が英会話に効果的なのは、日常的に使うフレーズ・単語を英語で言うことができるようになるという点です
普段自分が言っていることですから、言おうとしても言えなかったときは、「次は言いたい!」と調べる意欲がわきますよね。

家に一人でいるときならひとりごとをしても恥ずかしくもないですし、分からない単語や表現をなくしていくトレーニングとしてやってみましょう。

 

 

まとめ

今回は、英会話を独学で学ぶコツを紹介してきました。
本記事の要点は、以下のとおりです。

 

● 英会話の独学を「無理!」と諦めてしまう理由を潰しておく

● 独学で学ぶためのコツを取り入れて効果的に英会話を伸ばす

● 独学で出来る勉強方法も多いので、取り入れて日ごろから話す練習をする

この記事を参考にして、英会話を独学で学ぶコツを把握して、諦めることなく効果的に英会話力を伸ばしていってください。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加