丁寧に何かお願いする時に使う英語表現9選

困った時はお互い様。日本語で家族にお願いする時と同僚にお願いする時では違う表現をするように、英語でも場面や相手との関係によって表現を使い分けます。
英語のカジュアルな表現から、丁寧な表現まで、何かをお願いしたいときに使える英語表現をご紹介します。

 

 

1. ちょっと頼みたいときに使える英語表現

 

一人では難しいことや時間がかかってしまうことを、家族や親しい人にお願いすることはよくあります。その「ちょっと手伝って」のニュアンスが表現できるカジュアルな英語表現をご紹介します。

1-1. This jar (lid) won’t open. Can you give me a hand?「瓶の蓋があかないんだけど、あけてくれる?」

ここで使われている英語のgive a handは「手を貸す」「助ける」という意味があります。

日本語の「ちょっと手伝って」のニュアンスに近く、英語で大変なことをお願いする時には向かない表現です。
ちなみに、ここで使われているstuckはstickの過去分詞ですが、英語では「蓋などが固くしまっている」ことや「仕事などで行き詰まっている」ことを表す時に使います。

英語のjar lidは「瓶の蓋」を意味しますので、a stuck jar lidは「かたくしまった瓶の蓋」という意味です。これをa jam bottle「ジャムの瓶」など、具体的なものに置き換えて、The jam bottle won’t open.と表現してもいいですよ。

 

1-2. These shopping bags are so heavy. Can you lend me a hand?「買い物袋が重くて。手伝ってもらえる?」

先に紹介したgive a handと似たニュアンスを持つのが英語のlend a handです。文字通り「手を貸す」という意味で使われます。

1-3. Can you help me out?「手伝ってくれる?」

カジュアルで広く使える英語表現がCan you help me out?です。Can you help me?も通じるのですが、outをつけると「この困った状況から出してちょうだい」というお願いのニュアンスが込められます。

 

2. 少し面倒なことを丁寧にお願いするには?~仕事での依頼に~

 

仕事に関わることなど、場合によっては少々面倒なお願いをせざるを得ないこともあります。そんなときにぴったりな丁寧なお願いの英語表現をご紹介します。

2-1. I’m stuck in negotiations with clients. Could you do me a favour?「交渉が難航していて、お願いがあるんだけど」

CanをCouldにするだけで、英語では少し丁寧な表現になります。英語のdo a favorには「人のために手を貸す」という意味があります。

I’m stuck in negotiationsで使われているstuckは、1でも少しふれたとおり、「行き詰まる」という英語表現です。

 

2-2. Would you mind switching shifts with me?「シフト代わってもらえないかな」

Would you mind~はCould youよりも少し丁寧な依頼の英語表現です。英語を直訳すると「~するのを気になさいますか」という意味で、遠回しにお願い、依頼内容を伝えています。

ちなみに日本語で交代勤務時間を表す「シフト」は英語でもshift。シフトを自分と代わってもらうときには、英語ではswitch a shift with meと表現します。

 

2-3. I’m having a problem with e-mail. I could really use your help.「メールがうまく動かないの。みてもらえるとありがたいんだけど」

I could use your help.は、couldを使うことによって「あなたの助けがあったらいいのに」という仮定法のニュアンスが含まれ、英語では少し遠慮がちに「~だとありがたいんだけれど」という意味で使うことができます。

 

 

3. 何かをお願いしたいときに一言付け加えて丁寧さが増す英語表現

 

英語でいくら丁寧なお願いの仕方を覚えても、相手は忙しいかもしれないし、負担に感じるかもしれない。

相手の立場を考えたら、日本語で言う「可能であれば」や「お忙しいところ申し訳ないんだけど」というニュアンスも伝えたい!一言添えるだけで、丁寧さが増す英語をご紹介します。

3-1. By any chance, could you cover for me at the meeting tomorrow?「もしできたらでいいんだけど、明日の会議代わりに出てもらえないかな」

英語のBy any chanceは、「ひょっとしたら」という意味で、「もしできたらでいいんだけれど」と控えめに依頼したいときに使えます。「ひょっとして~お願いできるかな?」というニュアンスが伝わります。

 

3-2. I’d like to help you out with the event tomorrow. I know that’s usually your day off.「明日のイベント手伝ってほしいんだ。休みの日だから申し訳ないんだけど」

英語のI would like to~は、「~してほしい」の一般的な言い方。英語のday offは、土日や祝日関係なく、広く「休みの日」を指します。

休みの日に何か依頼したいことがあった場合には、この表現を添えると「休みの日なのに申し訳ないがお願いしたい」という意味が伝わります。

 

3-3. I know you are busy, but could you please look through these papers?「お忙しいところ申し訳ないのですが、ざっと報告書見ていただけますか」

英語のI know you are busy.はそのまま「お忙しいことはわかっています」という意味ですが、その後にbutをつけて、お願い、依頼したい内容を続けると「お忙しいところ申し訳ないのですが・・・」のニュアンスが伝わります。

Could you please~はcould youにpleaseをつけてさらに丁寧な英語表現になっています。この表現は目上の人など、丁寧な依頼をしたいときに使うのにぴったりです。

 

 

4. まとめ~学習した例文を実際の英会話で使ってみましょう!~

 

日本語で「お願いちょっと手伝って」というようなカジュアルな表現から「お忙しいところ申し訳ないのですが、お願いできますでしょうか」というニュアンスを込めた丁寧な表現まで、何かをお願いする時の英語表現をご紹介しました。

Can you give me a hand?Can you help me out?はちょっとお願いしたい時にぴったりな英語表現です。相手や依頼の内容によって、Could you do me a favor?「お願いしてもいいですか」やWould you mind~を使った英語表現で丁寧な依頼ができます。

ほかにも添えるだけで、丁寧な印象になるby any chanceI know you are busyも状況に応じて使うと、英語で一層丁寧なお願いのニュアンスが伝わります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事