初心者におすすめ!英会話のリスニング上達法

英会話で、相手が何を言っているのか聞き取れなくて戸惑った経験はありませんか? 英会話では、スピーキングだけでなくリスニングの力も大切です

 

「リスニングがうまくなりたい!」と思っても、一般的に上達には時間がかかるものです。

日本で日常生活を送りながらだと英語に触れる時間は限られるため、特に初心者の方はハードルを感じるかもしれません。

でもご安心ください。

今回は、英会話初心者でも気軽にはじめられるリスニングの学習法と初心者におすすめの教材をご紹介します。

 

 


1. なぜ英語を聞き取れないのか?

 

英語を聞き取れない要因には、会話の流れがつかめていないといったものもありますが、基本的には以下のいくつかの要因が考えられます。

 

 

1-1. 単語・文法を知らない

英語が聞き取れない要因の一つとして、単語力と文法力の不足があります。ある程度単語の意味や英文の構造を理解していないと、聞き取りは難しいですよね。

 

いきなり複雑な英単語や英文法を覚える必要はありません。中学生レベルの基礎的な内容を中心に、コツコツと語彙や文法の知識を増やすことが大切です

 

 

1-2. 音に慣れていない

「文字で見れば意味がわかるのに、音だけでは理解できない…」ということはありませんか。それは、アクセントやリズムに慣れていないことも要因ですが、英語特有の音の変化も影響しているのです

 

複数の単語が並ぶ場合、前の単語の最後の音と後ろの単語の最初の音つながる「リエゾン」や、音が脱落して発音されなくなる「リダクション」が起こることも知っておくとリスニング能力の向上につながります。

こうした音の変化は知らないと戸惑うので、いろいろな英語の音源をよく聞き、様々なパターンに触れて勉強しておきましょう。

 

 

1-3. 音が速い

話のスピードが速いと何を言っているのか理解が追いつかないはずです。

音声の場合は、再生スピードを遅くすることで調整しましょう。その後、少しづつ元の速度に近づけながら繰り返し聞いて、リスニング力を高めていきましょう

 

会話の場合は、聞き取れなくても恥ずかしがる必要はありません。Could you speak more slowly?などのフレーズで、「ゆっくり話してくれますか」と伝えましょう。

 

 

2. 「英語の耳」にするための学習ポイント

 

リスニングは、一朝一夕で上達するものではありません。しかし、正しい方法でくりかえし練習を続ければ、着実に効果が表れやすい能力でもあります。

 

 

2-1. 自分にあったレベルから

「早くレベルアップをしたい!」という思いから、ついつい難しい教材を選びがちな人もいるかもしれません。
しかし、いきなり難しいレベルの教材でリスニングをしたところで、何を言っているのかよくわからず、モチベーションが低下してしまうことも考えられます。

 

簡単な教材から始めることは全く悪いことではありません。焦らずに自分にあったレベルからスタートし、聞き取れる英語を増やしていきましょう。

 

入門から初級、初級から中級とレベルアップすることによって、それは成功体験となって学習モチベーションの維持にもつながります。

 

 

2-2. たくさん聞く

音を聞いて瞬間的に理解できるようになるには、理解したうえでたくさん聞くという地道なトレーニングが必要です。

 

聞き流しは音に慣れるという意味ではグッド! しかし、理解していない音声を聞いてもあまり効果はありません

「ただ聞き流す」だけでは効果がない理由と、正しい聞き流しのやり方はコチラ↓

 

まずはスクリプトをよく確認して、どんな内容の文章なのかしっかり把握したうえで繰り返し聞きましょう。

 

たくさんの英語表現や発音のパターンに馴染むことによって、だんだんと聞き取りが苦にならなくなります。最初はすこしずつでもOK。英語を耳に慣らすようにしましょう。

 

 


3. おすすめのリスニング学習教材

 

 

リスニングの学習は、ストーリー性があるコンテンツのほうが聞いていて興味がでるので勉強しやすいです。とはいえ、いきなり洋画や海外ドラマに挑戦するのは初心者には難しいですよね。

 

そこで、比較的簡単な内容で構成されている、英語学習初心者におすすめの教材をご紹介します。

 

 

3-1. NHKラジオ英会話

中学生向けの難易度で、英語を初歩から総合的に身につけたい人向けの番組として、「基礎英語13」があります。ラジオ番組ということで、音を使った学習が充実しています。
また、ビジネス英語を学ぶ番組やより上級者向けの番組など、自分の目的やレベルに合わせて様々な番組から選べます

 

1週間分の放送内容は、翌々週の月曜日までNHKラジオのサイトやアプリで聞くことができます。また、語学フレーズを学ぶサイト「ゴガクル」では、解説やリスニングテストもあり、トレーニングをするのに最適です。

 

 

3-2. 英語教育機関のサイト

さまざまな英語教育機関が、世界中の英語学習者のためにオンライン教材を無料で提供しています。中でもアメリカの公的放送局が運営する「VOA English Learning」は、ニュース記事をトピックにしたコンテンツもあり、使える英語が学べておすすめです。

 

海外サイトなのですべて英語ですが、初級者向けのコンテンツもあるので心配はいりません。例えば、ゆっくりしたスピードの会話で英語字幕もある動画を使って学習したりできます。

 

 

4. 楽しみながら続けられるリスニング教材アプリ

 

億劫になりがちな英語学習ですが、リスニング能力をアップさせるには、日々の積み重ねが大事!
楽しみながら学べるアプリなら、スキマ時間に開いて気軽に続けることができるでしょう。

 

リスニング学習系のアプリは、速度調整に対応しているものも多いので便利です。

 

 

自分にあったアプリをみつける

スマートフォンでアプリをダウンロードする手順はとても簡単です。iPhoneユーザーならiOS対応のApp Storeから、AndroidユーザーならGoogle Playからダウンロードできます。

 

「英会話」、「リスニング」などのキーワードで検索するとたくさんの学習系アプリがみつかりますので、気になったアプリをダウンロードして学習に取り入れてみましょう。

 

 

おすすめアプリ:スタディサプリ ENGLISH

スタディサプリ ENGLISH」は、リクルート運営の英語学習アプリ(有料)で、初中級者におすすめです。
最近は、CMでもよく目にしますが、日常英会話、ビジネス英会話、TOEIC対策と目的別でコースが選べ、アプリのみで学習できる便利な構成となっています。

 

1日3分といったスキマ時間で無理なく取り組めますし、「新日常英会話コース」と「ビジネス英語コース」はドラマ仕立てのストーリーを聞いて内容理解クイズに答えるという仕組みになっており、楽しくリスニングを練習できます

 

また、嬉しいことに、聞き取った英語をディクテーションする機能と聞き取った英語を追いかけて発音するシャドーイングの機能付き! リスニング能力を伸ばしつつ、スピーキングも鍛えられます。

 

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

※スティーブ・ソレイシィ先生の解説動画がわかりやすくて英語が苦手な方にオススメ!

 

スタディサプリEnglish ビジネス英会話

※「下町ロケット」などを手掛けた脚本家が書いたストーリーがおもしろく、20代~30代ビジネスパーソンにオススメ!

 

 


まとめ

リスニングの上達には、時間をかけてたくさんの英語に触れる必要があります。
無理なく続けられる学習法や便利ツールを活用して、少しずつでもチャレンジするようにしてくださいね。

 

コツコツ続けていれば、だんだんと効果を感じるようになるはずです!

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加