日本の居酒屋で接客する際に使えるおもてなし英語フレーズ17選

この記事では、「居酒屋で接客する」というシチュエーションに特化し、注文の取り方やおすすめメニューの説明まで、日本の居酒屋で接客する際に使えるおもてなし英語フレーズを一挙にご紹介します。

 

それでは早速、おもてなし・接客英語フレーズを見ていきましょう。

 

1. 日本の居酒屋での注文の取り方からおすすめメニューの説明まで:使えるおもてなし・接客英語フレーズ17選

 

まずは、居酒屋で外国人を接客する際に使える17の英語表現を、一挙にご紹介します。

1-1. 入店客に対応するときに使える英語表現

Good evening. How many are in your group?「いらっしゃいませ。何名様でしょうか?」

Do you have a reservation?「ご予約はされていますか?」

Could you tell me your name, please?「お名前を教えていただけますか?」

I’m afraid we’re full right now.「申し訳ございませんが、ただいま満席です」

This way, please.「こちらへどうぞ」

Follow me, please.「ご案内します」

1-2. 注文を取るときに使える英語表現

Are you ready to order?「ご注文はお決まりですか?」

Here are today’s specials.「こちらが本日のおすすめです」

Would you like to order some drinks first?「お先にお飲み物はいかがですか?」

Is that everything for now?「ご注文は以上でしょうか?」

1-3. お酒について説明するときに使える英語表現

We have umeshu. It is sweet plum wine.「梅酒がございます。甘い梅のお酒です」

How about shochu? It’s a kind of spirit commonly made from either wheat, rice or sweet potato.「焼酎はどうでしょう? 主に麦やお米、サツマイモなどから作られた蒸留酒の一種です」

You can enjoy the different flavor of each kind.「種類によって異なる風味をお楽しみいただけますよ」

It’s very strong, so not many people drink it straight.「とても強いのでストレートで飲む方はあまりいません」

I recommend you drink it with cold or hot water, or on the rocks.「水割りかお湯割り、またはロックで飲むことをお勧めします」

・おすすめの飲み物や料理を説明するときに使える英語表現
Tonight, we are recommending sake from Niigata prefecture.「今夜は新潟の日本酒をおすすめしています」

Many kinds of famous sake are produced in Niigata prefecture.「新潟県ではたくさんの種類の有名な日本酒が作られているんですよ」

以上の17の英語表現、状況別に使い分けができるようになると良いですね!

 

2. クイズでおさらい! 居酒屋の店員になりきっておもてなし・接客英語!(説明付き)

 

さて、それでは居酒屋の店員さんになりきって、早速クイズでおもてなし・接客英語のおさらいをしてみましょう。

あなたは正解することができるでしょうか。

2-1.「お先にお飲み物はいかがですか?」

 

あなたは居酒屋の接客係として働いています。

さきほど来店したばかりの外国人のお客さんたちのテーブルに向かい、「お先にお飲み物はいかがですか?」と英語で声をかけようと思います。

さて、何と言ったらよいでしょうか。

ヒント:「~することはいかがですか」は、英語でWould you like to ~? で表せます。

 

正解例はこちらです。

Would you like to order some drinks first?「お先にお飲み物はいかがですか?」

Would you like to ~? は「~することはいかがですか?」という意味の英語表現。

この英語表現ではorder「~を注文する」を伴って、「注文することはいかがですか?」という意味になっていますね。

また、 自分が何かを注文するときには、英語ではI would like ~「~をいただきたいのですが」と表現できます。「~」に注文したいものを英語で入れれば完成です。

次の英会話のダイアログではI would like to try ~と、try「~を試す」を使った形になっています。

(英語)
あなた: Hi. Would you like to order some drinks first?
外国人客: Yes, I would like to try some sake. Or is there any other Japanese alcohol you recommend?

(日本語)
あなた: こんばんは。お先にお飲み物はいかがですか?
外国人客: はい、日本酒を飲んでみたいのですが。それか、他にも何かおすすめの日本のお酒はありますか?

2-2.「梅酒がございます」

 

日本酒の他にも何かおすすめのお酒がないか尋ねられたあなたは、お店のメニューに梅酒があることを英語で伝えたいと思います。

さて、何と言ったらよいでしょうか。

ヒント:have「~を持っている」を使います。

 

正解例はこちらです。

We have umeshu.「梅酒がございます」

「(お店のメニューに)~がある」はWe have ~.という英語パターンで簡単に表すことができます。

ここでの英語の主語がIではなくWeとなっているのは、「お店」を指しているからです。

また、梅酒は日本文化特有のお酒なので、ここではumeshuとローマ字表記になっています。英会話のダイアログにあるようにsweet plum wine「甘い梅の果実酒」などと補足してあげると親切でしょう。

(英語)
外国人客: Or is there any other Japanese alcohol you recommend?
あなた: We have umeshu. It’s sweet plum wine.

(日本語)
外国人客: それか、他にも何かおすすめの日本のお酒はありますか?
あなた: 梅酒がございます。甘い梅の果実酒です。

2-3.「焼酎はどうでしょう?」

 

お客さんに梅酒がメニューにあることを伝えましたが、どうやらあまり乗り気ではない様子。

そこであなたは、今度は焼酎をおすすめしようと思います。

さて、英語では何と言ったらよいでしょうか。

ヒント:「~はどうでしょう?」は英語ではHow about ~? で表せます。

正解例はこちらです。

 

How about shochu?「焼酎はどうでしょう?」

How about ~?という英語パターンは「~はどうですか?」という意味の、提案を表す定番表現。

相手にメニューをおすすめする際には、「~」のところにおすすめしたいメニューを英語で入れるだけでOKです。

また、梅酒と同じように、焼酎も日本文化特有のものなのでshochuとローマ字表記になっています。

英会話のダイアログでは、a kind of spirit commonly made from either wheat, rice or sweet potato「主に麦とか、お米とか、サツマイモなどから作られた蒸留酒の一種」と丁寧に英語で補足していますね。

(英語)
あなた: How about shochu? It’s a kind of spirit commonly made from either wheat, rice or sweet potato.
外国人客: That sounds interesting. But, maybe I should stick with sake.

(日本語)
あなた:焼酎はどうでしょう? 主に麦とか、お米とか、サツマイモなどから作られた蒸留酒の一種です。
外国人客:それは興味深いですね。でもやっぱり、日本酒にこだわるべきなのかもしれないなあ。

2-4.「新潟県ではたくさんの種類の有名な日本酒が作られているんですよ」

 

梅酒や焼酎について伝えましたが、どうやら外国人客はやはり日本酒を注文しようと思っている様子です。

お店の今夜のおすすめの日本酒は新潟県産のものです。

そこで、あなたは「新潟県ではたくさんの種類の有名な日本酒が作られています」ということを相手に伝えて、相手の背中を押してあげようと思います。

さて、英語では何と言えばよいでしょうか。

ヒント:「たくさんの種類の~」はmany kinds of ~です。

 

正解例はこちらです。

 

Many kinds of famous sake are produced in Niigata prefecture.「新潟県ではたくさんの種類の有名な日本酒が作られているんですよ」

「たくさんの種類の~」は、英語ではmany kinds of ~で表すことができます。ここでのkindは名詞で「種類、タイプ」という意味の英語の単語です。

また、ここでは「たくさんの種類のお酒」と、人ではなくモノが主語になっているので、Many kinds of famous sake are producedと受け身の英語の文になっていますね。

(英語)
あなた: Many kinds of famous sake are produced in Niigata prefecture.
外国人客: Great. I’ll have what you recommend, then.

(日本語)
あなた: 新潟県ではたくさんの種類の有名な日本酒が作られているんですよ。
外国人客: いいですね。では、おすすめをいただきます。

 

3. おわりに

 

いかがでしたか?

この記事では「居酒屋で接客する」というシチュエーションに特化して、外国人のお客さんに接客する際に役立つ英語フレーズをご紹介しました。

居酒屋に限らず、今度、あなたが働いているお店に外国人のお客さんが来店したら、この記事の英語フレーズを使って接客してみましょう。

きっとスムーズに注文が取れて、自分も相手も気持ちいい気分になれるに違いありません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事