独学でも英会話は身に付く!初心者が上級者になるまでの勉強のやり方

英会話力を身に付けるやり方として、英会話スクールへの通学や語学留学等を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?
もちろん、英会話は「会話」なので、人との会話練習は上達に役立ちます。しかし、独学でも英会話力を身に付けることは可能です!


また、ある程度英会話ができるようになり、さらに上のレベルを目指していく際も、自宅でできる学習法によって英会話力を伸ばしていくことができます。


この記事では、英語初心者のための独学学習法と、自宅にいながらさらなる英会話力アップを目指すための勉強法をご紹介していきます。

 

 

1. 英会話学習において大切なこと4つ

 

初心者であっても上級者であっても、英会話学習を進める上で共通して大切なことが4つあります。

 

まずは、その内容から見ていきましょう。

 

 

1-1. 上達を楽しんで継続的に学習する

英語学習には継続が大切だということは、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
それは、英語学習に限らず、人間の脳は繰り返し同じ内容に触れてようやく「必要な情報だ」と判断し、覚えられるようにできているからです。

 

忘れることを防ぎ、努力して身に付けた英語力を一生使えるものにしていくためには、継続して学習していく(使っていく)ほかありません。

 

とはいえ、勉強を継続してやり続けることは、容易なことではありませんよね。

特に、独学においては、勉強を諦めてしまいそうなときに見張っていてくれる人がいませんから、教師やスタッフのサポートを受けられるスクール通学等に比べて、より自己継続力が必要となってきます。

自分の力でモチベーションを維持しなければならないということですね。

 

独学でもモチベーションを維持するためのカギは、小さな上達にも喜びを感じること。できない、わからないことばかりにフォーカスするのではなく、学習を進める中での「わかった!」「できた!」を大切にしていきましょう。

 

 

1-2. 目標を明確にする

あなたは、どの程度英語が話せるようになりたいですか?

 

おそらく、英語ネイティブやバイリンガルの人をイメージして、「ペラペラになりたい」と答える人は多いのではないでしょうか。
しかし、ネイティブ並みというのは本当に高い目標で、たとえ効率的に学習を重ねてもなかなか到達できるレベルではないため、挫折する人も多いのです。

もちろん、「ペラペラ英語を話している自分」をイメージすることは悪いことではありませんが、「あなたが本当に必要とする英会話力」を習得するためには、目標を具体的かつ明確にする必要があります。

 

どんな場面で英語を話したいのか(使いたいのか)を、今一度考えてみましょう。

例えば、ビジネスの場、海外旅行、外国人観光客の案内、友達との他愛もない会話などなど。

場面のイメージが具体的であればあるほど、「どんな方向性でどれくらいのレベルの学習をすればいいのか」がはっきりします。特にレベルに関しては、「意思疎通をする」「会話を楽しむ」という目的を考えれば、必ずしもネイティブ並みにペラペラでなくてもよいと気付く方も多いでしょう。

このように目標を明らかにすれば、学習の道筋が立てやすくなります。それが上達への近道となります。

 

 

1-3. とにかくアウトプット! 英語のリズムやパターンを身体に覚えこませる

中学・高校と、日本の学校教育で英語を何年も学んできているはずなのに、英語が話せないと感じている人が多いのはなぜでしょうか。

 

理由はとってもシンプル。それは、話す練習が圧倒的に足りていなかったからです。学校の英語は「英語を読めるようになるため」の勉強なので、そもそも方向性が違うのです。

 

会話ができるようになるためには、「聞く」「話す」の2つの練習を繰り返し行うことが重要。

アウトプット練習を積み重ね、英語のリズムやパターンを身体に覚えこませることで、スムーズに会話ができるようになっていきます。

 

知識のインプットも大切ですが、アウトプット練習はどの段階でも欠かさず行うようにしましょう。

 

また、アウトプットの練習は、自分ひとりでできるものと、対人で行うものの2種類があります。

後ほど、一人でもできるアウトプット練習方法をご紹介します。

 

 

1-4. 間違えることを恐れない心を育てる

英会話力が伸びる人と伸びない人の差は、その理由を突き詰めていくと、「間違えることを恐れているか否か」ではないでしょうか。

 

会話ができるようになるには、会話の練習が必要不可欠です。また、会話の練習をする中での発話量が多ければ多いほど、英会話力の伸び幅も広がっていきます。

 

しかし、会話をする機会が同じくらいあっても、間違えることを恐れていると、どうしても発話量は減ってしまいます。それでは、せっかくの上達できる機会も減らしてしまうことになるので、もったいないですよね。

 

会話は、点数を付けられるようなテストではありません。コミュニケーションができれば大丈夫。つまり、何よりも大切なのは、相手の意図を理解しつつ、自分の意図を伝えようとする心です。

 

間違えることを恐れるのではなく、相手とコミュニケーションを取りたいと思うその気持ちを大切に育てていってください。そうすれば、自然と英会話力も身に付いてくること間違いありません。

 

 

2. まずはコレから! 初心者のための独学英会話学習法

 

それでは、初心者のための独学学習法をご紹介していきます。この方法は、「初心者のための」とはいっても、選ぶテキストのレベルを変えれば誰でも効果が期待できる勉強法なので、長く使えます。ぜひ継続して行ってくださいね

 

2-1. 必要な教材

この学習法を実践するにあたって必要な教材は、以下の2つです。

 

①中学(高校)の基礎英語が復習できる文法書やテキスト

②音声がついている英会話教材

 


まず①についてですが、学生時代に使っていた文法書が残っているのであれば、それを使っていただいて問題ありません。基本的には、日常会話で必要な知識は中学の基礎英語だと言われているので、中学英語が復習できるテキストがあればOK。
もし、中学の範囲を完璧にした後でもっと高度な英会話力を身に付けたいのであれば、高校英語の文法書も用意しておくと良いでしょう。
これらの文法書は、②の教材を使う中で分からない文法に出会った時、すぐに調べる手段として使っていきます。ただし、英文法の基礎を全く覚えていないということであれば、まずは基礎の復習から始めましょう。

 

②に関しては、フレーズを単独で学ぶものではなく、会話形式で学習できる教材を1冊準備しましょう。なお、必ず音声がついているものを選んでください。


レベルは、会話文を読んでみて、和訳を読まなくても意味の分かるものを選ぶことが理想です。「それでは簡単すぎないか?」と思われる方もいると思いますが、理解できることと、話せることは別です。

 

特に初めの段階では、理解することに時間のかかるものよりも、内容は分かるけど、瞬時に言えない・使えないレベルのものを使用する方が、話せるようになることだけにフォーカスをして学習を進めていけるのでおすすめです。
また、会話の内容は、あなたがイメージした「英語を話す目的」に近いシチュエーションのものがあれば、それを選ぶと良いでしょう。

 

2-2. たった2ステップ!学習の手順とは?

テキストが準備できたら、いよいよ英会話学習の始まりです。

 

ステップ1:英会話の第一歩!リスニング力を養う

英会話の第一歩は、生まれたての赤ちゃんが言語を学んでいくのと同じで、英語が聞けるようになるところから始まります。
まずは用意した英会話教材を使って、繰り返し音声を聞きましょう。

 

1度目は、スクリプトを見ずに聞き、内容を把握します。聞き終えたら、どの程度理解できたかを確認しましょう。

2回目に聞く時は、リズムやイントネーション、音のつながり等に意識を向けて聞きましょう。英語の読みをカタカナで書くことはおすすめしませんが、音の強弱や、つながって聞こえる箇所には印をつけておきます。
3回目、4回目と繰り返し聞く時も同様、とにかく音に集中して聞いてください。耳が慣れてきたら、次のステップへと移ります。

 

 

ステップ2:声に出して会話のパターン練習をする

ここでご紹介するのが、一人でもできるアウトプット練習法です。


ステップ1で英語音声を聞き慣れたら、音声に合わせて声に出す練習をしていきましょう。これを、オーバーラッピングと言います。
この時のコツは、「聞こえてきた音をそのまま真似る」こと。


オーバーラッピングではスクリプトを確認しても大丈夫ですが、あくまでも英文を読むのではなく、聞こえてきた音に意識を向けるようにして声に出しましょう。そうすることで、リスニング力やスピーキング力が上がるのはもちろんのこと、発音も鍛えることができます。

 

音声に合わせてスムーズに言えるようになってきたら、次はシャドーイングに移ります。

シャドーイングとは、流れてくる音声を追いかけるようにして声に出す練習法です。


シャドーイングをする際は、テキストは閉じて、スクリプトを見ずに行ってください。この時も、集中すべきは「音」です。何度か繰り返し行い、これまたスムーズに言えるようになったら、再度日本語訳を確認して意味を把握しなおし、文法の分からない箇所があれば、文法書で調べて理解を深めます。
その後、意味が全て分かった状態で、仕上げに何度かシャドーイングを行います。

 

最後に、テキストを閉じて、もう一度音声を聞いてみましょう。この時、始めは聞こえなかった音や会話の内容が、すんなりと頭に入ってくることを実感できたら、それが上達している証です。
また、テキストに載っている文章を、単語を変えて自分の言いたいことにアレンジするなどして練習することで、会話表現の幅を広げていくことも大切です。

 
 

3. さらに上のレベルを目指すには

 

先ほどご紹介した学習法を繰り返し行っていると、英語のリズムや基本的な文法構造のパターンが身に付いてきていることを実感でき、少しずつ自信もついてくると思います。


そうしたら、いよいよ人を相手にした会話練習を取り入れましょう。また、さらなるレベルアップを目指すためには、日常の環境作りも大切になってきます。
ここでは、この2つの事柄について、詳しくお話していきます。

 

 

3-1. 実践練習の場を多く持つ

繰り返しになりますが、会話ができるようになるには、会話の練習を積み重ねていくことが必要不可欠。


しかし、日本で普通に生活をしていると、中々人と英語を話す機会には出会えませんよね。とはいえ、仕事をしながら英会話スクールに通学するとなると「時間がない、金額が高い」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。


そこでお勧めなのが、オンライン英会話の活用。オンライン英会話とは、ビデオ通話を使ってスマホなどで英会話レッスンを受けられるサービスのことです。


スクール通学に比べて価格が低く、レッスンの受講時間帯も自由にぶことができます。また、オンライン英会話スクールによっては、毎日レッスンを受講できるプランもあるので、実践練習の場を十分に持つことができます。


オンライン英会話スクールを選ぶ際は、価格だけでなく、カリキュラムや教師の質にも注目して選ぶことが大切。自分の学びたい内容が学べるか、実績のある講師から学べるかを確認しておくと、失敗は少なくなるでしょう。

 

 

3-2. 日常を英語で溢れた環境にする

日本で生活を送っていると、英語に触れられる機会は決して多くありません。だからこそ、日常生活の中で、英語に触れる機会を自分で増やしていくことが大切です。


すぐにできることで言えば、スマートフォンの設定を英語にする、独り言を英語で言ってみる、TVを観る時間を海外ドラマや映画を観る時間に変える、ニュースを英語で読む、などが挙げられます。


今一度、意識して身の回りの環境を変えてみましょう。
「英語を読む」といったインプットの要素は会話には役立たないように思えるかもしれませんが、より会話表現の幅を広げていくためには、英語にたくさん触れて知識を増やしていくことも重要です。
後は、会話の練習を積み重ねることで、インプットした内容を、実際に使いこなせる知識に変えていきましょう。

 
 

最後に

独学でできる英会話学習法をご紹介しましたが、いかがでしょうか。英会話力向上のための学習法は、ひたすら机に向かって勉強するものと違って、声に出して行うことが基本ですので、新鮮な気持ちで楽しめるはず。

 

ただ、独学にしても、スクール通学や留学にしても、語学習得の道は決して易しいものではありません。しかし、やったらやった分だけ結果に出るのも、言語学習の面白いところ。上達を楽しみながら、少しづつレベルアップしていきましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加