英会話の勉強法とおすすめの本をご紹介【海外旅行編】

「海外旅行直前! ホテルや飛行機での英会話表現を学べるおすすめの本を紹介してほしい」

今回はそんなあなたの要望にお応えいたします。

 

確かなメソッドに基づいて、本を通して英語をインプットすることで、英会話力はどんどん上がっていきます。


この記事を読めば、多数の英会話本の制作に携わってきたメディアビーコン編集部だからこそわかる「英会話勉強法」と「おすすめの英会話本」を知ることができます。適切な教材を使ってしっかりと英会話の練習をしていけば、旅先でのストレスがグッと少なくなりますよ。

それではさっそく、「おすすめの勉強法と英会話本の選び方」から見ていきましょう。

 

1. 海外旅行直前のおすすめの勉強方法と英会話本の選び方

空港

 

海外旅行直前にした方が良いことは何?

海外旅行前にした方が良いことは、結論から言うと、本を読んで典型的な英会話表現をインプットすることです。

海外旅行でよく使う英会話は、ある程度シチュエーションが限られているため、典型的な英語表現が口からスラスラ出てくるようにすることが重要です。

 

もしあなたが海外旅行直前で英語を勉強したいのであれば、英会話教室に通って英会話の練習を始めるよりも、本を使って学習する方が、時間と料金の面から見ても効率が良いでしょう。

あなたがよほど英語初心者でない限り、CDを使ってリスニング力を鍛えながら、頻出フレーズの発音練習を行えば、問題なく海外旅行で使える英語力が身に付くでしょう。

もちろん、英会話教室に行ってリスニングやスピーキングの練習をすることも、あなたの英会話力を向上させるのに大きく力を発揮しますが、英会話力は一朝一夕で身に付くものではありません。

 

長期的なスパンで英会話力を向上させたいのであれば英会話教室、すぐに海外旅行が迫っているというのであれば本を使った学習が良いでしょう。

 

英会話学習の大前提

まず英会話習得の大前提として一番大切なことは、あなたの「英語を話せるようになりたい」という意志の強さです。日本でずっと育ってきた純日本人が英語を話せるようになるためには、強い意志が無ければなかなか英語はできるようになりません。目標や目的を持つことが非常に重要です。

 

そして強い意志があれば、あとは適切な本と方法を使って英語表現を頭にインプットすることで、十分に海外旅行を不自由なく楽しめるだけの英会話力を手に入れることができるでしょう。

 

本の選び方と学習方法のコツは?

教材選びの注意点①:聞き流し教材に要注意
聞き流すだけの教材は、あまり英会話学習に効果を発揮しません。記憶というものは、何かを思い出そうとすることを、何度も繰り返す過程で身に付いていきます。脳にある程度負荷をかけることが記憶の定着には重要です。この点は英語学習初級者、上級者に関わらず、気づいていない人が意外と多いです。記憶に定着しなければ、フレーズを自らアウトプットする力が身に付くはずがありません。この点で聞き流すだけの教材では、英語表現が記憶として定着しないためおすすめできません。

 

教材選びの注意点②:難しすぎる教材は必要ない
基本的に海外旅行の英語に難しすぎる単語や文法事項を使用する必要はありません。具体的に言うと中学レベルの簡単で基礎的な表現をしっかり使いこなせれば問題ありません。そもそも、旅行先の外国人達は、私達がネイティブのイングリッシュスピーカーでないことを理解したうえで会話してくれるはずです。相手も私達のレベルに合わせて会話をしてくれるため、難しい表現を使いこなす必要は全くありません。

 

教材選びの注意点③:会話の練習を想定した本である
英会話の練習をすることを想定していない本で勉強しても、効果的な勉強はできないでしょう。具体的に例を挙げると、「CDが付いていて音読の練習ができるようになっている」、「相手との対話を擬似的に体験できるような音声が収録されている」、「赤シートなどが付いていて表現を読者が覚えやすくなっている」というようなことです。このような英会話の練習ができる本を使って、実際に英語を声に出して何度も音読してみましょう。そうすることで、実際に話す場面になったときに、言葉がスラスラ出てくるようになります。

 

 

2. おすすめの英会話本は?

本棚

 

『相手が話す英語もCDに収録! 海外旅行ひとこと英会話CD-BOOK』(主婦の友社)

海外旅行のよくある場面で使える英語を学ぶのにおすすめなのがこの本です。飛行機やホテル、交通機関などで使える海外旅行の必須英会話フレーズを、本書1冊を通じて学ぶことができます。

 

よくある英会話フレーズ集では、こちらが話すフレーズ音声だけ収録しているというパターンが多いですが、この本は、会話している相手の話す英語も収録されているため、実際に会話のロールプレイをすることも可能ですし、リスニング対策にもつながります。

 

また、音声を聞くことで、相手の発言に対して適切な応答を学ぶことができるため、TOEIC Part 2の応答問題対策にも役に立つでしょう。

 

『寝る前5分暗記ブック 英会話フレーズ集<海外旅行編> 』(学研プラス)

大人から子供まで、英語初心者の方の英会話学習におすすめしたいのが、弊社が著書となっている『寝る前5分暗記ブック』です。非常にコンパクトなサイズで、イラストも豊富なので、誰でも気軽に取り組める1冊となっています。

 

旅行に行くことが決まったら、毎日寝る前5分を使って暗記する時間を作ってみてください。必ずあなたの海外旅行を助けるフレーズを習得するのに役立つでしょう。


『難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください! 』(文響社)

海外旅行までに少し時間があるという方に是非読んでいただきたいのがこの1冊です。

 

書店の英語学習本の中で、しばしば売り上げランキング上位にある人気の本ですが、中身は英語学習の真理をズバリ言い当てたような内容となっています。

 

英語学習を始める前に英語の勉強法の基本方針や英語上達のコツを知っておきたい方のための、入門書的な役割も果たします。

 

明日から使える簡単な英会話テクニックもたくさん掲載されており、海外旅行直前の人にも役立つ情報が満載です。

 

余裕がある人はオンライン英会話でアウトプットの練習をしてみよう

本で覚えるという行程を一通り終えたら、実際に英会話表現をネイティブスピーカー相手にアウトプットしてみましょう。やはり知識だけを頭に入れても、実際にトレーニングをして英語を話さない限り、英会話表現を完璧に使いこなすのは難しいでしょう。

短期間でいきなりペラペラになることは不可能ですが、毎日1レッスン受けることを習慣付けて、しっかりと会話の練習をすることで確実に英会話力は向上します。

 

英語4技能の力は密接に関わっているため、スピーキング力が向上すれば、ライティング力も向上して英語のビジネスメールがスラスラ書けるようになったり、TOEICなどの資格試験のスコアがアップしたりするかもしれません。

 

 

3. まとめ

英会話

 

いかがでしたか? 海外旅行で使う英会話表現をマスターするのにおすすめの勉強法や本を紹介してきましたが、最終的にはあなたの「英語を話したい」という意志が重要です。

最近はインターネットの普及によって、ネイティブスピーカーとの交流がSNSや専用のサービス、アプリを通して無料で行うことができるようになりました。

 

こういったサービスを利用して学習することも一つの手でしょう。本で習得した英会話表現を実際に練習することであなたの英会話力は加速度的に上昇していきます。

海外旅行に備えて英語の勉強がんばりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事