目的に合わせて選ぶ!おすすめのジャンル別英会話本9選

昨今では、パソコンやスマートフォン・タブレット端末などを学習ツールとして活用し、オンライン英会話や英語学習の無料サイトなどで英会話を勉強するのは珍しくなくなってきました。

 

しかし、書籍で学習したいという声もまだまだありますし、書籍ならではのメリットもやはりあります。例えば、重要なところに線を引いたり、メモを書きこんだりといったことがしやすく、要点の整理が楽なのは他の媒体にはない利点ですよね。

 

また、パソコンなどを使っているとついついネットを見てサボってしまう、という方も書籍なら「さあ勉強だ!」と気持ちを引き締められます。

 

今回は、「やっぱり本で英会話を勉強したい!」というあなたのために、おすすめの英会話本をご紹介します。英会話教材は自分が英会話を学ぶ目的に合ったものを使うのが一番ですから、ここでも目的別に紹介していきます。

 

まずは、英会話学習のポイントをもう少し具体的に確認するところから始めます。

 

 


1. 英会話学習のポイント

 

書店やオンラインショップでは、多種多様な英語学習教材が取り扱われています。そのため、どの本を選んだらいいのか迷ってしまう人もたくさんいるのではないでしょうか。
そんな中で、自分に合った教材を選んで学習を進めていくためのポイントは何でしょうか?

 

それはズバリ、「自分が何のために英会話を勉強しているのか」という目標を明確にしておくことです。 

 

 

英会話を学ぶ目的を明確にする

「ペラペラ話せるようになりたい」という目標で英会話を勉強している方をよく見かけます。しかし、「ペラペラ」というのは具体的にどれくらいのレベルなのか、具体的な目標にまで落とし込んで効果的に勉強できている人は少ないです。

 

レベルだけでなく、目的に関しても同様です。
海外旅行なのか、留学なのか、職場でのやり取りなのか、といった、「こういう場面で英会話ができるようになりたい」という具体的な目的をはっきりさせたほうが、成功につながりやすくなります。

 

なぜなら、一口に「英会話」といっても、状況によって使われる表現には違いがあるからです。
そのため英会話の参考書も、状況別でいろいろなものが出ており、自分の目標に合ったものを使わないと効率の悪い勉強になってしまうのです。

目標を明確にしておけば、自分に必要なカテゴリーの中から本を選ぶことができます。

 


2. おすすめの本 トラベル英会話編

空港・機内、ホテル、レストラン、買い物など、海外の旅先で使うフレーズをまとめた英会話本は、旅行をする予定のある方にぴったり。
海外旅行をより楽しくするために英会話を学びたいと考えている人には、以下の3冊がおすすめです。

 

 

 

2-1. 「英会話タイムトライアル 万能フレーズで話せる トラベル英会話」(NHK出版)

引用:https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000395672014.html

 

日本人の英語学習に精通しているスティーブ・トレイシィ氏の著書です。(CD付き)
海外旅行において起こりえるさまざまな状況をシミュレーションして、それに対応できる万能フレーズが収録されています。
旅行の際に幅広い局面で役立つ表現が中心になっていますので、旅行のために英会話を学ぶならとりあえずこれ! という安心感が魅力です。

 

 

2-2. 「HELP me Travel 旅が100倍楽しくなる英会話」(実業之日本社)

引用:https://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-33814-9

 

「バイリンガール英会話」でおなじみの人気ユーチューバー・吉田ちかさんが手がけた英会話本です。
空港・機内、地上交通、ホテル、レストラン、カフェやバー、買い物、観光、トラブルでのシチュエーションごとの会話を掲載。
書籍とアプリ、YouTube動画が連動するという構成になっているのもおもしろいところです。
予習用として旅前に書籍で学習。旅先では実践用としてアプリから各シチュエーションの会話を確認する……といった使い方ができます。

 

 

2-3. 「自分つっこみくまの のんびりシンプル旅行」(KADOKAWA出版)

 

引用:https://www.kadokawa.co.jp/product/321802000634/

 

かわいい動物のキャラクターが解説してくれて、ほっこり気分で学習できる一冊です。(音声ダウンロード付き)

基本あいさつ、機内、移動、ホテル、食事、買い物、トラブルなどの場面で役立つ、初級者向けのシンプルな表現が収録されています。あ

教材選びでは、「楽しく継続して学習できるか」も重要なので、こうしたかわいい見た目の本を選んでみるのも、モチベーションを上げるにはおすすめです。

 

 

3. おすすめの本 生活英会話編

家さがし、学校選び、銀行で口座をひらく、病気やケガで病院にかかるなど、海外の暮らしで使う日常フレーズをまとめた英会話本を紹介します。
留学、ホームステイ、海外赴任などで、一定期間を海外で生活する人におすすめです。

 

 

3-1. 「英会話なるほどフレーズ100」(アルク)

引用:https://ec.alc.co.jp/book/7000531/

 

Amazonの英会話本ランキングでは常に上位に入っている人気の本です。(CD付き)

ネイティブが子供から大人までみんな使う、基本となる表現を丁寧に解説しています。

 

What’s that mean?(どういう意味?)やSure(いいですよ)など、ネイティブが自然と身につけている定番フレーズ100個を収録。簡単な表現ばかりなので取り組みやすく、それでいて頻出表現なので、ネイティブスピーカーと会話するときに役立てやすいです。

 

 

3-2. 「はじめての海外出張・留学・赴任で使える英会話フレーズブック」(明日香出版社)

CD BOOK はじめての海外出張・留学・赴任で使える英会話フレーズブックイメージ

引用:https://www.asuka-g.co.jp/book/english/en-business/001521.html

 

海外生活が長い著者が、海外で日常生活を送るときに必須の実用的な表現を紹介しています。(CD付き)
不動産契約、公共機関での手続き、習い事、ご近所づきあいなど、海外で生活する人は知っておきたい2900もの英語フレーズを収録しています。

 

 

3-3. 「改訂新版 アメリカで生活する英語表現集」(ベレ出版)

引用:https://www.beret.co.jp/books/detail/728

 

留学や海外生活アドバイザーの活動経験を持つ著者が、アメリカや英語圏に長期滞在するときに役立つフレーズを紹介している1冊です。(音声ダウンロード付き)
引っ越しのあいさつ、パーティでの会話など、海外生活に欠かせない英語表現をくわしく掲載。また、調理用語、クリーニング用語なども。英語圏で暮らすなら知っておきたい内容が盛りだくさんのロングセラー本です。

 

 


4. おすすめの本 ビジネス英会話編

ビジネス英語は仕事の場で使う表現で、日常会話より丁寧な表現が用いられます。 そのため、仕事で英語を使う必要がある人は、ビジネス英会話専用の本を使うのがおすすめです。

従事している業界ごとに専門用語もありますが、そちらは日々の業務の中で身に付けていきましょう。  

 

 

4-1. 「入門ビジネス英語 10億人に通じる やさしいビジネス英会話」(NHK出版)

引用:https://www.nhk-book.co.jp/detail/000062131892016.html

 

国際金融ビジネスの最前線で活躍した著者が、NHKラジオ講座の「入門ビジネス英語」の講師をつとめたときの内容を再構築した本です。(CD付き) 

ミーティング、プレゼン、交渉ごとなど、リアリティあふれる48場面での表現を収録。シンプルでスタンダードなビジネス英語を学べます。 

 

 

4-2.「ビジネス英語フレーズブック」(明日香出版社)

 

引用:https://www.asuka-g.co.jp/book/english/en-conversation/010738.html

世界で活躍するビジネスパーソン向けの英語フレーズ集!(MP3、CD-ROM付)

あいさつ・オフィスで使う表現、電話、取引先との交渉、必須のイディオムなど、役立つ英語表現を4500個も収録しています。

 

さまざまなビジネスの関係性を想定したシチュエーショントークが掲載されているので、必要なフレーズはたいてい網羅しているといえる一冊です。

 

 

4-3. 「英語でプレゼン・スピーチ15の法則」(三修社)

引用:https://www.sanshusha.co.jp/np/isbn/9784384058628/

 

グローバル企業で活躍し、英語教授法を修了した著者が、一流のビジネスパーソンが無意識でやっている15の法則を25のプレゼン事例とともに紹介します。(CD付き) 

プレゼンの見せ方、説明力、伝え方を鍛え、英語でのスライド作りから効果的なアプローチまで学べます。

 

 

まとめ

「英会話」というくくりでは、本当にたくさんの書籍が販売されています。

その中から自分にぴったりなものを選んで効果的に学習するためにも、ぜひ英会話学習をする目的を明確にしておきましょう。
一冊一冊コツコツと取り組むことによって、会話力にだんだんと自信がついていきますよ。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加