大学生は英語を勉強すべし!英会話をするための目標設定と学習方法

大学生の人で将来のことを考えて英語を勉強しようと思っている人も多いでしょう。


ただ、「どうやって勉強したら英語を話せるようになるんだろう?」「大学生のうちに何をやっておけば良いの?」と思っている方もいるのではないでしょうか?


そこで今回はそういった方へ向けて、大学生がするべき英語の勉強方法や目標設定について説明していきます。この記事を読めば、大学生のうちに何をしておけば良いのかが分かり、英会話を身につけるための勉強を始められるでしょう。

 

 


1. 6年間勉強してきて大学生が英語を話せない理由

1. 6年間勉強してきて大学生が英語を話せない理由

 

あなたは大学に入るまでに中学3年間・高校3年間英語を勉強してきたと思います。では、なぜ6年間もかけて英語を勉強してきて、一向に英語を話せるようにならないのでしょうか?


ここでは、大学生のあなたが英語を話せない理由と、大学生のうちに英語を勉強しておくべき理由を説明します。

 

 

1-1. 英語を話せないたった一つの理由

大学生が英語を話せないたった一つの理由は、「話していない」からです。


どういうこと?と思われるかもしれませんが、非常にシンプルな話です。例えば、逆上がりを練習しなければ逆上がりはできないのと同じことですね。


日本では大学受験まで英語を話せなくても良いので、英語を話す機会はありません。話す練習をしていないから話せない、というたったそれだけのことなのです。

 

 

1-2. 大学生は英語を勉強するべき

今まで英語を学んできたのに話せないからこそ、大学生は英語を勉強するべきです。


なぜなら、大学受験をくぐり抜けてきた大学生は、十分に英語の知識を持っているからです。文法・単語の知識は日常会話には十分すぎるほどといって良いでしょう。


スピーキングやリスニングのトレーニングをすれば、必ず英会話はできるようになります。せっかく身につけてきた英語の知識を眠らせておくのはもったいないですよ。

 

 

2. 大学生が英語を勉強する際の具体的な目標設定

2. 大学生が英語を勉強する際の具体的な目標設定

 

英語を勉強し始める際には、何でも良いので目標を立てることが重要です。


そこで、ここでは大学生が英語を勉強するのにおすすめの目標を紹介します。大学生のうちだからこそ立てやすい目標なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

2-1. TOEICで高スコアを取る

まず、手っ取り早い目標としてはTOEICで高スコアを取るというのがあります。


TOEICは結果を数値化できるので、目標として分かりやすいです。例えば、「TOEICで800点を取る」という目標を設定すると、リーディングはあと〇〇点取れないといけないから一日3時間勉強しようというように、定量化できます。


また、TOEICのスコアは就活でも役に立つので、受験しておいて損はありません。


大学によっては大学でTOEICのテストを受けられることもあるので、大学生の目標として非常におすすめです。

 

 

2-2. 英会話ができるようになる

もちろん、TOEICの勉強だけでは話せるようにはなりませんが、TOEICで高得点が取れれば、「英語を話せるようになるための基礎力はバッチリ」ということになります。

 

TOEICのテストである程度点数を取ったら、実際に英会話に挑戦してみましょう。


大学生のうちに英会話ができるようになっておくと、その先の選択肢がかなり広がります。具体的には、海外で働いたり、外資系企業に就職したりすることも可能です。


また、大学によっては英会話サークルや日本語禁止のゾーンを設けているところもあり、英会話の練習にはもってこいの環境です。あなたの大学で英会話を勉強できる場所がないか調べてみると、1つや2つは出てくると思いますよ。

 

 

2-3. 在学中に海外留学に行く

在学中に海外留学に行くことを目標に英語を勉強するのも良いですね。


留学に行って勉強するんじゃないの?と思われるかもしれませんが、実は留学に行くまでの勉強が非常に重要です。なぜなら、基礎を固めてから海外留学をしないと、肝心のコミュニケーションの練習ができないからです


また、大学の正規留学生や交換留学生として留学する場合には、学内試験やTOEFLやIELTSなどの資格が必要になる場合もあります。


海外留学に行くという目標は、英語を勉強する良いモチベーションになるでしょう。

 

 


3. 大学生が英語のリスニングを勉強する手順と方法

3. 大学生が英語のリスニングを勉強する手順と方法

 

英語が聞けないと一言でいっても、問題は人それぞれ違うからです。


英語のリスニングができるようになるために、英語が聞けない理由を段階を踏んで1つずつ潰していきましょう。

 

 

3-1. 速読で英語のまま理解するクセをつける

英語が聞き取れない理由の1つとして、頭の中で日本語に変換してしまっているということが挙げられます。


そのクセを直すのに効果的なのが、速読トレーニングです。速読トレーニングは以下のようなステップで行います。

1. 中学生レベルの英語で書かれた本を用意する

2. 返り読みをしない・調べないというルールを設ける

3. できるだけ早く内容を理解しながら読む

 

簡単な英語なら、前から順番に読むことができるはずです。徐々に難易度を上げていき、英語を英語の語順で理解できるようにしましょう。

 

 

3-2. リピーティングで英語の音に慣れる

英語を聞き取れない理由としてもう1つ挙げられるのが、単純に英語の音を知らないということです。単語を知っていても音を知らなければ、聞き取ることはできません。


そんなときに試してほしいのが、「リピーティング」というトレーニングです。リピーティングは以下のような方法で行います。

1. 英語の音声を1文聞いたところで停止する

2. 聞いた英文をそのまま真似して発音する

3. 次の1文へ進む

 

英語の音を自分で発音すると、口と耳で音を覚えることができます。習うより慣れろで、英語を口に出して音を覚えていきましょう。

 

 

3-3. シャドーイングで音の変化を学ぶ

最後の英語を聞き取れない理由は、音の変化を知らないからです。例えば、want toが「ワナ」と発音されたり、going toが「ガナ」と発音されたりします。


この音の変化を学ぶために最適なのが、「シャドーイング」というトレーニングです。シャドーイングの練習方法はいたってシンプルです。

流れる英語の音声に対して少し遅れて一緒に発音する

英語の音の変化を忠実に再現しないと、音源についていくことはできません。ついていこうと練習することで、音の変化を体で覚えられるようになるでしょう。

 

 

4. 大学生が英語のスピーキングを勉強する手順と方法

4. 大学生が英語のスピーキングを勉強する手順と方法

 

大学生が1番苦手なのが、英語のスピーキングなのではないでしょうか?


中学・高校と正しい英語を学んできただけに、いざ話そうとすると間違えたらどうしようと思って話せなくなってしまいます。また、言いたいことはあっても、英語ですぐに出てこないというのもありがちです。


以下で紹介する練習方法を使って、英語を話せるようになりましょう。

 

 

4-1. 英語日記で言いたいことを英語にする

英語日記を毎日つけることで、言いたいことが次第に言えるようになります。


なぜなら、その日にあったことを英語で表現していくので、自然と自分が使う言葉を英語に変えていくことになるからです。英語日記を書くコツとしては、英単語帳や参考書などの例文の一部を、自分の言葉に置き換えて書くことです。


英語日記を毎日つけて、日ごろ使うフレーズを英語で表現してみましょう。

 

 

4-2. 瞬間英作文で変換スピードを高める

瞬間英作文トレーニングを行うと、英語を口に出すスピードが速くなります。瞬間英作文トレーニングの具体的な方法は、以下のとおりです。

1. 日本語訳のついた簡単な例文を用意する

2. 日本語を見てすぐに英訳する

3. すぐに分からなかったら答えを見る

 

実際の会話の中では、あなたが考えているのを相手は待ってくれません。スピードを重視して、英語を口に出すトレーニングをしましょう。

 

 

4-3. オンライン英会話で実戦力をつける

ある程度スピーキング力が付いたら、最後はオンライン英会話で実戦力を付けます。オンライン英会話がおすすめな理由は、以下のとおりです。

・およそ1レッスン200円ほどで受けられる

・オンラインなので時間と場所を選ばない

・好きな講師を選ぶことができる

 

このような理由から、オンライン英会話はモチベーションを保ちやすいサービスだといえます。無料体験レッスンなどを行っているスクールもあるので、試しに受けてみましょう。

 

 


5. まとめ

5. まとめ

 

今回は、大学生がするべき英語の勉強方法や目標設定について説明しました。


大学生は社会人や高校生に比べ、比較的自由な時間が多いです。特に春休みや夏休みなどの長期休暇は、英語の勉強をするにはもってこいですよね。


この記事を参考にして、大学生のうちに何をしておけば良いのかを把握し、英語力を付けるための勉強を始めてみましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加