短期集中型で英語を学びたい人向けの手段選びのコツ

突然ですが、英会話を学びたい理由はなんですか?

 

「5年後は1人で海外旅行ができればいいな」とか、「いつか英語を使う仕事に転職したい」とか長期的な目標を持っている人ばかりではないはず。

 

「接客していると外国のお客様が多いので、英語で対応できるようにしたい」「1カ月後に海外出張がある」など時間がない中で集中して英会話を学びたいという人も多いことと思います。

 

あるいは、基本的な英語表現だけでも早くできるようにしたいと思う人もいるでしょう。また、長期的な目標を持っていたとしても、社会人の場合は自由に使える時間が限られていますので、的確に勉強法を選びたいと思うのは当然のことだと思います。

 

英会話の勉強法はさまざまですが、英会話教室などスクールを利用する場合と、ラジオ講座やオンライン講座などを使って1人で勉強する場合に分けて、選び方のポイントをご紹介します。

 

 

1. 目標を定めよう~英語を短期集中で習得するために~

ガッツポーズ

 

目標を定めるなんて、そんな今さら…と思われるかもしれませんが、短期集中で英会話を学ぶ場合、日常会話も、お店での接客に使う英語表現も、留学先の学校で必要な英会話力もと欲張ってすべての分野について網羅して身につけるのはとても難しいのです。

 

だからこそ、せめて「アルバイト先のカフェでの接客に必要な英語は一通りできるようにする」などのように、目標をある程度絞ることが大切です。目標が定まれば、それに合った手段を選んでいくことができます。

 

ここでは、①日常会話を学びたいとき、②接客に使う英語表現を学びたいとき、③留学先の学校で必要な英会話力を身につけたいときを例に、短期集中型を選ぶ時のポイントをご紹介します。

 


(1) 日常会話を学びたいとき

「日常会話」と一口に言っても、家での会話なのか、学校の友達との会話なのか、などさまざまな状況が想定されます。ですので、自分が想像しうる場面以外にも日常のさまざまな場面を想定したレッスンがしてもらえるスクール、幅広い日常のシーンを想定した会話を扱う英語教材を選ぶことがポイントとなります。

 


(2) 接客に使う表現を学びたいとき

勤務先やバイト先で海外のお客様に接することが多いという方も多いでしょう。百貨店や鉄道会社など職場によっては想定しうる対応を例にした英語マニュアルや英語表現集を使うこともありますが、意外と自分が話すよりも聞き取りに苦労することも多いのです。当然、聞き取れたとしても想定外の質問をされることもあるでしょう。  

 

そこで、自分の職場の状況をある程度想定した英語コース、英語教材を選ぶことはもちろんですが、相手がさまざまな切り返しをしてくることを想定した練習ができるかどうかがポイントとなります。

 


(3) 留学先の学校で必要な英会話力を身につけたいとき

英会話を学ぶのも留学の大きな目的の一つとはいえ、あらかじめ使える英語表現を増やしておくことは大切です。まずお世話になるルームメイトやホストファミリーとの会話はもちろんですが、留学先の事務局でわからないことをしっかりと聞けるというのもまた大切。ある意味、基本的なことは学校の中で完結することが多いため、学校という環境を想定した英語レッスンが可能か、そういった英語教材を使った練習ができるかどうかがポイントとなります。

 

 

2. 語学学校、英語教室などのスクールを利用する

英語を学ぶ

 

英語習得の目標によって、勉強法の選び方のポイントが異なることはお伝えしたとおりです。そのポイントを踏まえて語学学校や英語教室などスクールを選択肢に入れている方には、スクールの特徴やレッスンの特徴を体験講座や見学会に参加して、複数のスクールを比較して選ぶことをおすすめします。

 

というのは、スパルタで進める英会話スクールもあれば、ある程度自主性にゆだねている自由な雰囲気のところもあり、特徴はさまざまだからです。

 

英語の講師が自分のレベルに合わせて、比較的易しい英語表現で話してくれるのが好きな人も、そんな手加減はしないでほしいという人もいるでしょう。インターネット上の口コミも参考にはなりますが、それだけを信用するのではなく、必ず複数体験してみてから選ぶことをおすすめします。

 

それでは、英会話スクールのグループレッスン、個人レッスンに分けて特徴をご紹介します。

 

 

2-1. グループレッスン

多くの英会話スクールでは、1人の講師に対して5人程度の受講生が一緒に学ぶグループレッスンと1人の英語講師に対して1人の受講生が1人、つまりマンツーマンの個人レッスンとがあります。どちらを受けるにしても英語のレベルチェックや体験講座で、自分にあったレベルやコースを選ぶようにしましょう。


● グループレッスンのメリット

英語のグループレッスンでは、複数の人が発言しますので、いろんな意見を聞き、それに対してある程度の速さで反応する力が身に付きやすいです。幅広く日常会話の表現を学びたい人、留学先で語学の授業を受ける方、英語での打ち合わせなど複数で話し合う場への出席を予定している方にもおすすめです。

 

もちろん英語スクールによって異なりますが、幅広いトピックについてある程度の速さで相手の発言に反応し、積極的に発言し、質問することが求められるので、そのような状況で英語を使えるようになりたいと考えている方にはおすすめです。

 

● グループレッスンのデメリット

自分の使った英語表現が適切か、もっといい英語表現はないのかなど細かい点をすべて時間内に確認できるわけではありません。それよりも仲間の発言をたくさん聞いて、たくさん発言するという性格がどちらかというと強いのです。英語表現をこまめに確認したいという方にはあまりおすすめできません。大人数でどんどん話すという性質があるので、シャイな方は苦手に感じるかもしれません。

 

また、自分がピンポイントで練習したいテーマのみで英会話ができることはまれですので、「短期集中で接客の表現だけ身につける」というようにかなり絞ったテーマの英会話のみ学びたいという場合には、関係ないテーマを学ぶ時間がもったいないと感じることもあります。

 

 

2-2. 個人レッスン

英語の個人レッスンの場合、自分の英語レベルや学びたい英語表現に応じて、教材や資料を持ち込めるなど、ある程度カスタマイズできる英語スクールもありますし、レベルに応じた教材を使ってマンツーマンで指導を受けられるところもあります。


● 個人レッスンのメリット

自分のペースで先生に質問し、疑問に思った点を確認できるので、自分の目的に合わせて、自分のペースで英語を勉強できます。

 

例えば、英会話の目的が「接客のシーンだけを想定して、とにかくたくさんの英語表現を身につけたい」というような場合には、まず個人レッスンで英語表現を徹底的に身につけてからグループレッスンへ移り、いろんな人の英語を聞いて反応する練習をするという流れで学んでもいいかもしれません。

 

グループレッスンではなかなか話せないシャイな方も個人レッスンでは講師が発言を引き出してくれることも多いため、急いで何か発言しなきゃ!と焦る必要はありません。


●  個人レッスンのデメリット

英語の個人レッスンでは、同じレベルの受講生が一緒に学ぶわけではないので、発言の量やたくさんの英語表現を使えたかなどの観点で、力が伸びたかを確認しにくいというデメリットもあります。

 

講師がゆっくり話したり、易しい英語表現を使ってくれたりと、自分の理解度に合わせて進めてくれることも多いため、理解度が上がっているのかなかなかわかりにくいものです。

 

モチベーションを維持するためには自分で「次の授業では新しい表現を2つ以上使う」など小さな目標を設定するのもおすすめです。

 

 

3. ラジオ講座・オンライン講座を利用する

オンライン講座

 

上で紹介したような英語のスクールは他人と直接会って学ぶので、モチベーションは維持しやすいのですが、いつも決まった時間に行けるとは限りません。英語のスクールに行かなくても空いた時間を使って効果的に学びたいという方にはラジオ講座やオンライン講座もおすすめです。

 

ラジオ講座には英会話の入門からビジネス英語まで様々な講座があります。ラジオ講座の場合は書店でテキストを見てもいいですし、Webサイトからストリーミングを聞いて英語のおおよそのレベルや講座の雰囲気を知ることもできます。オンラインの英語講座もさまざまなものがありますが、1日何分、1カ月何回と決まったプランから選ぶものが多いです。無料体験レッスンもありますので、講師の雰囲気や自分の英語レベルに対応してくれるかなど試してみることをおすすめします。

 

 

3-1. ラジオ講座ではリスニング、リピーティング、シャドーイングを繰り返す

独学で短期集中で英語を身につけようとしたとき、リスニング、リピーティング、シャドーイングの繰り返しがとても効果的です。

 

リスニングは、音声をしっかり聞くこと、リピーティングはその音声を真似て繰り返すこと、シャドーイングは音声にかぶせるようにして(ほぼ同じ速さで)声に出すことです。

 

ラジオ講座であれば、対話形式の教材がいくつかあります。テキストと音声を用意して繰り返しましょう。ラジオ講座を録音できる機器もありますので、活用してみてください。

 

 

3-2. オンライン講座は教材を併用して

インターネットがつながる環境であればいつでも英語講師と会話ができる便利なオンライン講座。しかし、何となく毎日同じような日常会話をしておしまいとなりがちです。自分にあった教材を選べるオンライン講座もありますので、手元に教材をおきながら、「何となく話した」で終わらないようにオンライン講座で、カリキュラムを一つ一つ消化していけるようなものを選びましょう。「オンライン講座 英語」で検索するとさまざまなレベルの講座が出てきますよ。

 

 

4. まとめ~短期集中で成功するために~

外国の都市

 

短期集中型で英語を身につけるには英会話スクールなどで学ぶ方法と、ラジオ講座やオンライン講座を利用して自分で勉強する方法があります。いずれも短期間で何を目標にするのかを決めて、効率よく勉強を進めましょう。

 

英会話スクールは、目標やあなたの個性によってもグループレッスンと個人レッスンのいずれが向いているかよく考えて選んでください。無料体験や見学で雰囲気を確かめるといいですよ。また、ラジオ講座ではリスニング、リピーティング、シャドーイングを繰り返すこと、オンライン講座ではただ話すのではなく、目標にあった教材を活用した英語学習ができるものをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事