音読は〇〇しないと効果なし!英会話が上達する音読のやり方を紹介

「音読の学習法はよく耳にするけれど、英会話の上達に効果があるのか不安…」

そう思っている人は多いはずです。

音読は、正しいやり方を実践すればみるみる英会話力を伸ばすことも可能なのです!


今回は、英語力を上達させるための音読のコツや注意点をご紹介します。

 

 

1. 音読学習の基本

 

実際に学習を始める前に、まずは音読の基本を理解しておきましょう。

 


1-1. 音読ってどんな勉強法?

音読とは「実際に声に出して英文を読む」という学習法です。科学的にも効果が認められている学習法であり、英会話の上達にも欠かせない要素のひとつです。

 

音読により得られる効果は、以下になります。

 

1. 発音が良くなる

音読をすることで英語の発音が良くなります。これは実際に声に出すことで、発音のコツや口の動かし方が身につくからです。


2. リスニング力が伸びる

音読はリスニング力の強化にも繋がります。正しい発音で音読をするにはお手本の音声を注意深く聞く必要があり、集中力や理解力の向上に繋がるためです


3. 英文特有のリズムが身につく

英語には日本語とは違う特有のリズムやイントネーションが存在します。リーディングだけでは身につけることが難しいですが、自分で声に出して読むことで英文のリズムを体感的に理解するトレーニングを行うことができます。


4. 単語力がアップする

正しくスピード感を持って音読を行うには、単語の発音と意味を理解している必要があります。結果として単語を調べる回数も自然と増え、語彙力強化にも繋がるのです!

 


1-2. 音読はどんな英語レベルの人に向いている?

結論から言うと、「音読はどの英語レベルの人でも行える学習法」です。大学受験を控えた高校生でも英会話初心者でも、音読は大きなメリットをもたらしてくれます。大切なポイントは「正しい方法でじっくり音読を行う」ことです。これさえ守れば初心者から上級者まで、英語力を上達させたい全ての人におすすめできる学習法です!

 

 

2. 音読を実践してみよう!音読の方法4選

 

音読の基本が分かったところで、具体的な音読のやり方を順番に確認していきましょう。

 

ここでは基本的な4つの方法についてご紹介します。

 


2-1. まずはゆっくりリピーティング

リピーティングとは「英文を聞いたあとに、それをそのまま自分で発話するトレーニングです。この際、英文は見ないで行いますが、聞き取れない場合は、手元で確認しながら音読して構いません。

【リピーティングの効果】

・正しい発音が身につく

・英語のイントネーションやリズムを理解する

始めは短い文章から始めてみましょう。長文の場合には途中でポーズ(区切り)を入れることが重要です。また、スピードも慣れるまではゆっくりで構いません。

 

 

2-2. Read & Look Upで集中力を養う

Read & Look Upとは「一度読んだ文を、視線を外して暗唱する方法」です。あまり聞き慣れない方法かもしれませんが、やり方はシンプルで簡単です。

 

①手元のテキストやスクリプトを読む

②視線を外して、暗記した内容を暗唱する

【Read & Look Upの効果】

・集中力が身につく

・文法の理解力が高まる

ただの暗記のようにも聞こえますが、英文の文法や意味を正しく理解していないと完璧に暗唱することは難しくなります。時間をかけて練習をくり返すことにより、英会話に必要な基礎的文法力を養うことができるのです

 


2-3. オーバーラッピングで自然な速さで話す練習を

オーバーラッピングとは「スクリプト(英文)を見ながらお手本の音声と同時に音読を行う方法」です。

 

①スクリプトを用意する

②お手本の音声と同じスピードで音読を行う

【オーバーラッピングの効果】

・自然な会話スピードが身につく

・ネイティブのリズムやイントネーションに慣れる

 

「スクリプトを見ながらで良いなら簡単じゃない?」と思うかもしれませんが、実際に試してみるとネイティブのスピードについていくためには慣れと練習が必要です。このトレーニングを一定期間くり返すことにより、実際の英会話でも自然なスピードで話せるようになります

 

 

2-4. 最後にシャドーイングで総仕上げ!

ここまで来たら、最後にシャドーイングを行いましょう。シャドーイングとは「お手本の音声を追いかけるように音読を行う方法」です。基本的には1~2語ほど遅れて同じ英文を暗唱します


こちらはプロの通訳者訓練にも利用されている学習法です。スクリプトは見ずに行うことが理想的ですが、最初は見ながら徐々に慣れていく形でも構いません

【シャドーイングの効果】

・英文を瞬時に理解する力がつく

・「聞く」と「話す」力を同時に伸ばせる

意識的に数単語遅れている文章を音読することは、混乱もしやすく簡単ではありません。しかし、シャドーイングを継続的に行うことにより「聞く」「話す」といった英会話に不可欠なスキルを飛躍的に上達させることが出来ます


これら音読のトレーニングを繰り返し、実践でも活かせる英語力を身につけましょう!

 

 


3. 音読学習で気をつけるべきポイント

 

続いて、音読を行う際に気を付けてほしいポイントについてご紹介します。

 

3-1. 毎日継続的にトレーニングを行う

まずは最も大切なことである「継続的な音読の練習」です。音読は確かに効果的なトレーニングですが、数回行った程度では全く意味がありません。


英語学習の基本は継続することです。特に英会話をマスターするには長期間にわたる学習が求められます。そのためにも計画的に学習スケジュールを立て、自分の目標へ向けてコツコツ勉強を進めて下さい

 

 

3-2. ネイティブに近い自然な話し方を意識する

音読の効果の1つに「発音が良くなる」というものがあります。これはお手本であるネイティブの音声をマネしようと意識的に音読を行うことによる効果です。


音読を行う際には、恥ずかしがらずにネイティブスピーカーになりきって練習するようにしてみましょう。その方が英語のリズムや強弱のつけ方も体に染み込みやすく、より高い学習効果が期待できます

 

 

3-3. 発音やリンキングも意識する

音読を実施する時は、日本語の発音になってしまわないように注意して行いましょう。また、英語では2つの単語が繋げて発音されることがあります。これは「リンキング」と呼ばれ、リスニングやスピーキングを苦手としている人の中にはリンキングに慣れていない人も多く存在します。


音読の練習はリンキングの正しい発音法や理解にも繋がります。リンキングに対応できると総合的な英語力がさらにアップするので、ぜひ意識的に取り組んでみて下さい!

 


3-4. 自分のレベルに合った教材を使用する

音読の教材を選ぶ際には、自分の英語レベルに合ったもの使用することがポイントになります。

【教材を選ぶ際のポイント】

・自分の英語レベルにあっているか(単語や文の長さ)

・興味を持てる内容のものか

難しすぎる教材では音読の効果は得られません。また、自分の興味関心に合った内容の方が学習も継続しやすいので教材選びのポイントとして押さえておくと良いでしょう。

 
 

4. 初心者にもおすすめの音読教材

 

最後に、音読初心者さんにもおすすめできる教材をご紹介します。

 


『みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング CD BOOK』(ベレ出版)

引用:https://www.beret.co.jp/books/detail/358

 

音読初心者向けの人気テキストです。「音読パッケージ」という名称で、音読からリスニング、リピーティング、シャドーイングの練習がこれ一冊で全て行える優れものです。各トレーニングに合わせた音声が収録されており、音声のスピードもゆっくりのものから自然なスピードまで、英語レベルや用途に合わせて利用することができます。

 


『12週間で「話せる」が実感できる魔法のなりきり英語音読』(ICE)

引用:https://narikiri-ondoku.com/

 

ネイティブである著者が最短で英会話力を伸ばしたい人のために出版した音読教材です。中学レベルの文法から始めて、12週間で英会話力を上達させることができる構成です。ネイティブ講師の綺麗な発音を聞き、マネして音読し、自分で使うことで自然と英語で話す力が身につきます。また、無料のYouTube動画レッスンを受けることもできます!

 


『やさしい英語で読む世界のおとぎ話』(Jリサーチ出版)

引用:https://www.jresearch.co.jp/book/b282405.html

 

誰もが知っている有名なおとぎ話を英語で読めるシリーズです。可愛らしいイラストや注釈、日本語訳もついているので英語初心者でも安心です。1つのお話は200単語前後なので、毎日1つずつ新しいお話を楽しむ学習法もおすすめです。付属のCDには英語と日本語それぞれの音声が収録されています。

 

 


5. まとめ

 

音読は誰でも始めやすく、英会話の上達にも大変役立つ勉強法です。

 

今回の記事を参考に、正しい音読を毎日続けてみましょう

 
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加