英語学習を始めたいあなたへ!英語をマスターするためのコツを教えます

「英語をマスターしたい!」というのは誰もが憧れる目標のひとつですよね。英語習得は簡単なことではありませんが、正しい方法で勉強すれば独学で達成することも可能なのです!

 

学習するときは「基礎をしっかり身につけながら、アウトプットも定期的に行う」ことがポイントです。今回は、独学で英語をマスターするためのコツをご紹介します!

 

 

1. 勉強を始める前にやっておくべきこと

 

「英語を習得する!」と決めたら、勉強を始める前にいくつかの項目を確認しておきましょう。計画性なくむやみに学習を始めても、途中で挫折してしまう場合が多いからです。


1-1. 学習を始める前に確認すべきポイント

英語の学習を始める前に確認してほしいことがあります。それは、具体的にどんな英語力を目指したいか?という学習の目的です。

 

英語をマスターするといってもその定義は人それぞれです。具体的に自分がどのレベルの英語力を目指したいのかを明確にしておきましょう。「仕事やビジネスで困らない英語力が欲しい」「旅行で買い物やレストランに行ったときにやりとりできるようになりたい」など、自分の目的を今一度確認しておく必要があります。

 

 

 

2. 【コツ①】まずは基礎的な英語力をつける

 

目標が立ったら、実際に勉強を開始していきましょう。まずは単語や文法などの基礎的な英語力を身につけていきます。


2-1. 基礎力が英語習得に欠かせない理由

基礎となる土台がしっかりしていないと、学習が進むにつれて大きな問題を引き起こすことになりかねません。


具体的には中学レベルの英語を一度おさらいしてみましょう。初心者であればまずは簡単な単語から始めても構いません。このステップをいかに丁寧に実践するかで、今後の英語力に大きな差がでると思ってください。

 

学習のポイント

・単語と文法は英語力の基礎を作ってくれる

・復習は中学・高校レベルの知識まででOK

 

 

2-2. 基礎力をつけるためのおすすめの勉強方法

読解力を身につけるためには、効果的な教材や参考書を選ぶことがもっとも大切です。どの教材を選べば良いかわからない人のために、ここでは基本的な単語や文法の学習におすすめの教材を紹介します。


・『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』(学研プラス)

引用:https://hon.gakken.jp/book/1130339300

 

中学1~3年の英語の知識がギュッと詰まった一冊です。分かりやすい解説とイラストで英語が苦手な人でも学習がはかどります。

 


・『NHKラジオ 基礎英語シリーズ』(NHK出版)

引用:https://www.nhk-book.co.jp/detail/text-09107-2020.html

 

一冊500円以下という価格と、ストーリーに沿った学習形態がポイントです。レベル別に1~3までシリーズ化されており、自分の習熟度に合わせて学習が開始できます

 


・『総合英語Evergreen』(いいずな書店)

引用:https://www.iizuna-shoten.com/book/sub_english/overall-english-evergreen/

 

高校などでも利用されている総合的な英文法の参考書です。情報量と丁寧な解説で、高校修了レベルまでの文法が網羅されています。

 

 

3. 【コツ②】スピーキングの練習は早期に始める

 

次にスピーキング力をつけるための勉強法です。英語習得において日本人が最も苦手としている項目ですが、スピーキングはいかに早く対策を始めるかがポイントとなります。スピーキング練習は基礎の英語学習と平行して行うことをおすすめします。

 

スピーキング力をつけるためのおすすめの勉強方法を以下に紹介します。

①英会話本の例文を覚える

まずは英会話に必要な知識のインプットから始めましょう。おすすめは自分がよく使いそうな、シンプルな英会話の例文を覚えることです。その例文で使われてる文法などを習得できれば、単語の言いかえなどで徐々にバリエーションを増やすことができます。


②独り言を毎日録音してみる

次に、アウトプットを行い覚えたことをより定着させます。おすすめは独り言をつぶやく習慣を作ることです。その際に覚えた例文や定型文の知識が使うことで、さらに知識が長期間定着してくれます。

 

アウトプットは短い時間でもいいので、できるだけ毎日続けるようにしましょう。

 

 

 

4. 【コツ③】スキマ時間を上手に活用する

 

課題がたくさんあり時間が取れない学生や、仕事で忙しい社会人などは特に、ちょっとしたスキマ時間も上手に活用することが大事です。

 

英語の勉強は机に向かわなくても進めることは可能です。通勤や通学の間、就寝前の10分などの時間を、英語を聞いたり単語を覚える時間にしましょう!

 

自分のスキマ時間がどれくらいあるのかを確かめるためには、自分が1日していることを紙に書き出します。そうすると、出勤するまでの5分間や、お風呂を沸かしている間の10分など、学習に充てられそうな時間が見つかるはずです。そういったスキマ時間を英語学習に活用するようにしましょう。

 

ただし、どんなにスキマ時間を活用しても、それがストレスになってしまっては意味がありません。あくまでも英語を楽しむ気持ちを忘れず、リラックスした状態で学習を続けることが大切です

 

 


5. まとめ

 

英語のマスターは正しいやり方で勉強を進めれば、独学でも習得することは可能です。焦らずゆっくりと、英語と向き合う時間を増やしていけると良いですね!

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加