英語をやり直したい!大人の英語学習のポイントとおすすめテキストをご紹介!

「英語を基礎からやり直したいけど、何をすればいいかわからない……」「英文法や英単語のやり直しには、どのテキストを選べばいいの?」


そんなお悩みを抱えていませんか?

この記事では、高校生や大学生以来、まったく英語に触れてこなかったあなたへ、数々の英語教材制作に携わってきたメディアビーコン編集部が、英語をやり直す際に注意したいポイントやおすすめのテキストをご紹介。英語を勉強し直したいとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 
 

1. 英語をやり直す際のポイント

 

 

英語をやり直したい方に気を付けていただきたいポイントは3つ。

 

・目標と計画を立てる

・基本的な単語と文法をおさらいする

・アウトプットを意識する

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

 

1-1. 目標と計画を立てる

英語学習において一番重要なのが目標と計画

学生時代であれば定期試験や入試と言った明確な目標がありましたが、大人が英語を学習し直す場合は、自分で目標を明確に設定する必要があります

目標が曖昧になってしまうと、モチベーションが低くなってしまいますし、学習効率も悪くなります。「英語をやり直そう!」と思い立ったらまず、目標を設定し学習計画を立てましょう。


目標は「TOEICで〇〇点取るぞ」や「海外旅行で使える英語力を身に付ける!」などでOK。目標が決まれば、学習方法も絞られますし、計画も立てやすくなります


計画はなるべく余裕を持って設定するのがおすすめ。初めの段階でタイトなスケジュールを組んでしまうと、挫折する可能性が高まってしまいますので、無理のない計画を立てましょう。

 

 

1-2. 基本的な単語と文法をおさらいする

英語を基礎から学ぶ際は、単語と文法から始めましょう。おすすめは中学生向けの単語帳や文法書を選ぶこと。大体の基礎英語は中学で習うので、高校生が使うような大学受験向けのものはあまりおすすめしません。

その際に、注意することは発音にも気を配ること。発音ができなければリスニングやスピーキングにも影響が出てくるため、今後の学習に大きな支障をきたします。本を眺めているだけでは、なかなか発音は身に付きませんので、CDやオンライン辞書サイト、アプリの音声再生機能等を駆使して正確な発音を覚えるようにしましょう。


また目標に応じて学習法を変えることも重要です。例えばTOEICのための学習なら、TOEIC頻出の語彙を覚えるために専用の単語帳で勉強すべきです。海外旅行で英語を使いたいなら、よく使うフレーズも一緒に覚えるなど、自分の目的にあわせた学習をしていくのがベストです。

 

 

1-3. アウトプットを意識する

アウトプットも意識してほしいポイント。聞くだけ、読むだけの学習では効率が悪く、実践レベルまで到達できません。なので、覚えた単語やフレーズは積極的にアウトプットしていくことが重要です。アウトプットする習慣を付けることで、発音が改善するなど、英語で自然なコミュニケーションをとる基礎ができ上がります。


そうは言っても、日常で英語を話す機会はあまりないですよね。そんなときは、英会話教室がおすすめです。先生や他の生徒とたくさん英語を話すことができるので、アウトプットには最適です。教室や塾に通うのが難しい方には、オンラインレッスンもあります。自宅にいながらレッスンを受けられるので、家の近くに英会話スクールがない方にもおすすめです。

 

 

2. 英語をやり直したい方におすすめの単語帳5選

 

英語のやり直しにおすすめの単語学習テキストは以下の5冊。

 

・『キクタン【中学英単語】高校入試レベル』(アルク)

・『中学英単語をひとつひとつわかりやすく。』(学研プラス)

・『中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1300語』(Z会)

・『イラストだから覚えられる 会話で必ず使う英単語1100』(クロスメディア・ランゲージ)

・『海外ドラマはたった350の単語でできている』(西東社)


それぞれ詳しく解説していきます。

 


2-1.『キクタン【中学英単語】高校入試レベル』(アルク)

 
引用:https://ec.alc.co.jp/book/7015055/

 

大人気単語帳「キクタン」の中学生版。中学英語の教科書を分析し作られたこのテキストは、英語のおさらいに最適です。


キクタンの特徴である音声学習が可能で、仕事に向かう通勤途中に勉強したい社会人の方や、家事をしながら英語を聞き流したい主婦の方におすすめです。


1日16単語を学習する8週間のプログラム。無理せずゆっくりとしたペースで単語学習が可能です。英語学習に慣れていない方にぴったりの単語帳です。

 

 

2-2.『中学英単語をひとつひとつわかりやすく。』(学研プラス)


引用:https://hon.gakken.jp/book/1130384800

 

英語初級者におすすめしたいこちらのテキスト。難しい専門用語をなるべく使わず、かりやすい解説が掲載されているので、「学生時代英語が苦手だった」という方でも学習しやすい内容になっています。


各単語には「中1」「中2」「中3」のマークが付いているので、レベルごとの学習が可能。またイラストが多く使われていますので、単語のイメージがつかみやすいのも魅力の一つです。

公式サイトから著者の山田暢彦先生の解説動画を見ることができる点もおすすめポイントの一つです。

 

2-3.『中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1300語』(Z会)

引用:https://www.zkai.co.jp/books/dynjv/Bs0201001!open?ID=1968

 

『中学版 速読英単語 高校入試突破のための必須1300語』は、翻訳のある英文を読みながら単語を学習していく本です。


長文の中に学習する単語が出てくるので、単語の使い方を理解しやすいのが嬉しいポイント。単語を学習しながら読解力も身に付く教材なので、英検やTOEICなどの英語試験を受けたい方への初めの一歩として最適です。


ストーリー性のある例文で、飽きずに学習を進めていけるおすすめの単語学習教材です。

 

 

2-4.『イラストだから覚えられる 会話で必ず使う英単語1100』(クロスメディア・ランゲージ)

引用:https://www.cm-language.co.jp/books/illustratedvocabulary/

 

日常で使う身近な単語を学習するならこちらの単語帳がおすすめ。学校の授業やテスト対策の教材には載っていない、日常英単語が豊富に掲載されています。


また、この単語帳の最大の魅力は、ひとつひとつの単語にイラストが付いていること。たくさんの単語の暗記方法がある中で、イラストを見ながら覚えるという方法は、英語をわざわざ日本語に訳すというステップを踏む必要がなくなるため、読解速度を速める効果があります。言葉ではなく、イメージで意味を覚えていくので、単語の定着率が高まります。


単語の音声はサイトで無料ダウンロードできるので、発音のトレーニングも可能ですよ。

 

2-5.『海外ドラマはたった350の単語でできている』(西東社)

引用:https://www.seitosha.co.jp/book/isbn-9784791624966.html

 

必要な単語だけを凝縮してまとめたこの単語帳。「たくさんの単語を覚えるのは大変……」と感じている方にぴったりの本です。


人気ブログから生まれたこの単語帳には、挫折しない勉強法がたくさん書かれており、英語の勉強を楽しくしてくれること間違いなしです。


またスピーキング力アップのためのトレーニングも収録されているので、簡単な単語で英会話をマスターしたい方におすすめの参考書です。

 

 

3. 英文法をやり直したい方におすすめのテキスト5選

 

英文法をおさらいするなら

 

・『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』(学研プラス)

・『中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本』(かんき出版)

・『一億人の英文法』(ナガセ)

・『Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル』(アルク)

・『総合英語 Evergreen』(いいずな書店)


の5冊がおすすめ。それぞれ特徴があるので、ご紹介しますね。


3-1.
『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』(学研プラス)

引用:https://hon.gakken.jp/book/1130339300

 

中学英文法をやり直したい人に向けて作られたのがこの本。中学3年間で習う文法知識がこの1冊で復習できます。


詳しい解説の後には、理解度をチェックする練習問題を用意。自分の苦手分野がすぐに発見可能です。


さらに文法用語の解説も掲載しているので、これからの英語学習の土台を作れます。付属のCDを使うことでリスニング力を高めたり、正確な発音を身に付けることも可能。音声を聞くことで音読のトレーニングができるので、スピーキングの練習にも最適なテキストです。

 

 

3-2.『中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本』(かんき出版)

引用:https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761273026

 

学生時代に英文法が苦手で、英語が嫌いになった方に試してほしいのが『中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本』。イラストが多く使われており、教科書のような堅苦しさがありません。


またシンプルな例文が文法知識の理解をサポート。難しい用語が出てきても安心です。中学で習う文法事項が全て網羅されているので、復習に最適です。音声は無料でダウンロード可能で、読み方がわからないフレーズもすぐに理解できます。

 

 

3-3.『一億人の英文法』(ナガセ)

引用:http://www.toshin.com/books/archives/2012/03/post_210.html

 

話すことに重点を置いた文法書『一億人の英文法 』。試験のための学習というよりも会話を目的とした学習法で、ネイティブの感覚をつかむコツが満載です。


うわべだけの知識ではなく、品詞ごとの特徴や使い方を基礎から理解することで、汎用的な英語力が身に付きます。イラストもたくさん掲載されており、英語が苦手な方でも安心。話すための英語を一から学習したい方におすすめの本です。


アプリ版を活用すれば、隙間時間などを有効に活用して勉強を進めることもできます。

 

3-4.『Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル』(アルク)

引用:https://ec.alc.co.jp/book/7007026/

 

『Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル』は全29項目を1日一つずつこなし、1ヶ月で中学英語をマスターすることができる文法本。


このテキストはインプット、アウトプット、コミュニケーションの3ステージに分かれ、基本的な文法知識から実践の会話表現まで幅広くカバーしています。流し読みと精読を繰り返し、文法アレルギーを解消できること間違いなしです。1ヶ月で基礎文法を総復習したい方におすすめです。

 

3-5.『総合英語 Evergreen』(いいずな書店)

引用:https://www.iizuna-shoten.com/book/sub_english/overall-english-evergreen/

 

辞書的な使い方をしたいならこの本がおすすめ。情報量が多いので、細かい文法知識も身に付きます。


基本の文法事項から丁寧に解説されており、英語が苦手な方でも理解しやすい内容になっています。イラストや図もたくさん使われているので、日本人がつかみづらいネイティブの感覚もイメージしやすいです。常に机に置いておきたい辞書のような1冊です。

 

 

4. まとめ

 

大人になってから英語をやり直そうと思う方はそれだけで素晴らしいと思います。ですが独学ではモチベーションが続かず、挫折してしまう人が多いのも事実。継続が大事な英語学習において目標や計画、使うテキストはとても重要なものなので、この記事を参考に適切なステップを踏みながら学習に取り組んでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事