英会話に役立つ!英語初心者におすすめの文法勉強法

英語学習において文法は嫌われがち。初心者の方はなおさら、文法に苦手意識を持ちがちではないでしょうか。

英会話でも、「話すのに文法はいらない」という意見をときどき見かけます。

確かに、高校までの英語で文法をしっかり学んだのに話せるようにならなかった方は、「文法なんてやってもな……」と感じるのも無理はありません。

 

しかしそれは、文法の知識が単なる知識でしかなかったから。覚え方を工夫したり、適切なトレーニングを行ったりして文法の知識を活性化すれば、文法の力はしっかり英会話に活きてきます。

 

英文法は厄介者などではなく、英会話上達を支える土台なのです。

この記事では、英会話を軸に文法の基礎をおさえる学習法や、初心者の方におすすめの教材をご紹介します。
まずは、なぜ英文法が英会話に重要なのかを確認するところから始めましょう。

 

 


1. 英会話に文法が必要な理由と、知っておきたいこと

 

英会話を上達させることを「英会話フレーズ本に載っているような会話表現をたくさん覚えること」と考えている方もいるかもしれません。ですが、文法を身に付けないまま暗記ばかりしても、自在に話せるようにはなりません。

 

文法を学ぶとは、簡単に言えば文の型を身につけることです。

文の型をまったく身につけず、多くの会話表現を覚えようとするとどうなるか考えたことはありますか? 

 

文法が身についていないと、状況に応じて自由に文を組み立てられないため、暗記するフレーズや例文の量が膨大になりかえって勉強が大変になってしまうのです。


しかし、文の型を身につければ、そこに単語を当てはめたり、覚えたフレーズを状況に合わせて変化させることで、どんどん別のパターンを作り出すことができます。

つまり、例文の丸暗記に頼らずに英会話表現を広げられるのが文法の力です。

 

 

1-1. 文法用語は不要。文の型と使い分けを知ろう

では、中学校や高校の授業で学んだような文法用語いっぱいの解説をもう一度読んだり、文法問題を解いたりする必要があるかというとそんなことはありません。 必要なのは「文の型」とそれを「どんな状況で使うのか」をセットで習得すること。
例えば、日常英会話をとおして文法を学べば、実際の会話をイメージできるのでどんな状況でどんな文の型を使うのかが定着しやすくなります。 

 

 

1-2. 日常英会話に必要な文法は中学校までに学んでいる

文法には苦手意識がある人が少なくないと思いますが、実は日常英会話に必要な英文法のほとんどは中学校ですでに学んでいます。 それなのに英会話に苦手意識があるのは、多くの場合、文の型に自分の言いたいことを当てはめて声に出すトレーニングが不足しているから。学んだ文法を実際に会話で活用する機会がなかったということです。

 

真っ先に取り組んでほしいのは、文法を「使う」トレーニングです。中学校で学んだ文法をざっと復習しながら、学んだ文の型に単語や表現を当てはめて自分の言いたいことを表現する練習を始めましょう。

 


2. 文法を復習するときの基本

 

中学の英文法を復習するときのコツは2つ。

1つ目は、会話の流れの中で英会話表現と一緒に、文の型と使う状況を身につけること。 2つ目は、会話表現を声に出し、その英文をノートなどに書くこと。一回ではなく、滞りなく声に出せるまで、何度も声に出しながら繰り返し書くことです。具体的に見ていきましょう。 

 

 

2-1. 英会話表現を覚えながら、文の型と使う状況を押さえる

 「文法を覚える」というと大変なイメージがあるかもしれませんが、日常英会話の表現を身につけることに重点を置くと、文の型も身につきやすいです。 例えば、職場の同僚が仲のいい人に声をかけて行きつけのお店で一杯やることに。こんな会話、したことありませんか? 

 

 

Keiko: Let’s go to our usual place tonight.
今晩、いつものお店行こう。

 

Haruka: That’s the best. Yuko, you’ll be out till six?
いいね。ゆうこ、あなた6時まで外まわりだよね。 

 

Yuko: No problem. I’ll come by.    

問題なし。寄らせてもらうね。 

 

 

単文で文法だけを覚えようとするとつまらないものになりますが、上記のような会話の流れの中で会話表現に触れながらなら、どこか親しみやすくありませんか?


短い対話文ですが、便利な表現と文の型がたくさん詰まっています。 

例えばLet’s~のように何かに誘うときの表現一つとっても、Let’sの後にくる動詞の形がすんなり頭に入るはずです。 

I’ll come by.についても「~しようと思う」という気持ちを伝えるときのI will ~、そして「立ち寄る」というニュアンスのあるcome byをセットにして文の型と表現を身につけましょう。

 

 例に挙げた対話文は教材からの抜粋ではありませんが、英会話のテキストにはこのような対話がよく用いられています。少し極端な言い方をしてしまえば、「文法は英会話表現を学ぶついでにマスターする」つもりで取り組むことをおすすめします。 

 

 

2-2. 声に出して手を動かして文を自分で組み立ててみる

文法の勉強法の2つめのコツは、声に出したり手を動かしたりして、自分で文を組み立ててみること。

文の型を覚えていても、「話す」「書く」をたくさん実践していかないと、会話でとっさに使いこなせるようにはなりません。
例文に自分でほかの表現や単語を当てはめてオリジナルの文章を組み立てるトレーニングを行いましょう。 先ほどご紹介した例文のLet’sを例にしてみます。例えば、今自分が誰かを誘いたいとして、別の例文を作ってみましょう。 

 

 

例文:Let’s go to our usual place tonight.
今日、いつものお店行こう。 

 

オリジナル文1:Let’s go see a movie.

映画を観に行こう。 

 

オリジナル文2: Let’s go to karaoke.

カラオケに行こう。 

 

 

なかなか表現が浮かばない、という人や自分で作った文が間違っていないか心配だという人はWeb上の辞書で検索したり、無料の添削ツールを活用するといいですよ。 例えば、アプリの「英辞郎on the WEB」は単語を一つ検索するだけでいろいろな表現が出てきます。 

 

また、無料の添削ツールGrammarlyをパソコンなどにダウンロードすれば、長文でも語順の正確さやネイティブスピーカーの視点での表現の適切さなどのチェックができます。有料版は文章の種類に応じてより適した表現を提案してくれますが、無料でも便利です。

 


3. 文法を学ぶのにおすすめの教材・学習法

 

すでにお伝えしたように、日常英会話に必要な文法のほとんどは中学校で学んでいます。ですから、大人が英会話を学ぶにあたっては、会話表現を中心にして中学校で習うレベルの英文法を復習できる教材がおすすめです。


また、覚えた表現を使って英文を書く習慣をつけることも重要です。話す学習とあわせて書くことも組み合わせると、自然と文の型や英会話表現が定着するようになります。 

 

 

3-1. 英会話表現と同時に文法が学べる教材

英会話を中心に学びながら、文法の基礎をおさえることのできる教材をご紹介します。いずれも中心はあくまで英会話。会話のストーリーや登場人物の設定などもチェックして、親しみやすいものを選ぶといいですよ。

 

いくらamazonなどで売上ランキング上位の教材でも、英語力のレベルがあっていても、自分が状況設定に親しみが持てなければ長続きしません。

「ストーリーが自分好みじゃない…」「こんな表現は覚えても使わないなあ…」と思いながら勉強するのは苦痛でしかありません。

 

書店やオンライン上で試し読みができるのであれば、状況設定は特に念入りにチェックしておきましょう。きっと自分にあった教材がみつかります。

これからご紹介するのは、初心者が中学校レベルの文法を学ぶのにおすすめの英会話教材です。 

 

 

(1)ラジオ講座 基礎英語2 

中学校2年生で学ぶ文法を使った英会話を学びます。音声のスピードは比較的ゆっくりなので、英会話の入門として抵抗なく始められます。

毎日「何ができるようになるのか」を明確にして目標設定してあるので、独学のメイン教材として活用しやすいです。 「ターゲット文」として、その日に押さえておきたい文の型やどういうときに使うのかがコンパクトに解説される文章もあります。


文の型に表現を当てはめるトレーニングもあるので、応用を効かせるトレーニングが無理なくできます。

 

テキストとは別にCDが販売されていますが、一週間の間ならNHKゴガクのWebサイトやアプリで無料で聞くことができます。 

ラジオ講座の基礎英語シリーズは、レッスンに従って学習を進めるだけでリスニング、リピーティング、自分で表現を当てはめるトレーニングなどを順番に行えるため、英語表現や応用力が定着しやすいと思います。 また単語や表現の意味も解説してあり、一覧をすぐに確認できるので、学習をスムーズに進められるのもポイント。

 

一日の学習時間はおよそ15分で完結しますので、忙しくても続けやすいです。 

 

 

(2) イングリッシュ・クイックマスター 英会話 basic

対話形式の教材で、押さえたい文の型と表現がコンパクトにまとめられています。一人でもまるで会話しているようなイメージで学習できるような工夫もされています。 

状況設定がわかりやすく、買い物、レストランやカフェ、体調不良を伝えるなど身近で役立つシチュエーションが多いのも特長です。

鍵となる文の型をつかって、ほかの単語や表現を当てはめるトレーニングを何度も繰り返すうちに自然と文法も身につきます。 

 

 

3-2. 文法が確実に身に付く!ライティングがおすすめ

英会話教材の多くは、書くことにそれほど力を入れていません。
ただ、文の型や表現を身につけるには声に出すだけでなく手を動かすようにすると、さらに効果が出やすくなります。覚えた表現や文の型はその日のうちに書き留めて練習しましょう。 手書きが苦手という人におすすめしたいのは、すでにご紹介したアプリGrammarlyです。無料でスペルミスや文法ミスがチェックできます。

 


まとめ


英会話をマスターするのに文法は必須。初心者はまず日常英会話に必要な中学校レベルの英文法をしっかり押さえましょう。

 

学習のポイントは英会話の表現と一緒に文の型を学ぶこと、そして覚えた表現を書くことです。
文法だけを単独で学ぼうとせずに、会話の表現とセットで、声に出しながら書きながら学ぶようにしましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加