TOEIC800点を奪取できる!完全攻略のための勉強法3選

TOEICスコアアップのイメージ画像

TOEIC800点と聞くと、かなりレベルが高い数字ですよね。TOEICの勉強をされている方にもこの点数を目指しているという方は多くいるのではないでしょうか。

実は、TOEIC800点は自分に合った勉強法を見つけ、学習を続けていけば取得することのできる点数なんです。

 

「TOEIC800点取りたいけど何から始めていいか分からない…」

「そもそもTOEIC800点ってどんなレベルなの?」

「TOEICテスト何回も受験しているのになかなか700点台から抜け出せない…」

 

という方のために、

800点を奪取するための勉強法とおすすめ教材をご紹介します!

 

 

 


1.  TOEIC 800点のレベル

 

 

初めに、TOEIC800点がどのようなレベルなのかご紹介します。

難易度を正しく理解してあなたが目指すべき正答率や勉強法を見極めましょう。

 

1.  受験者に占める割合

 

実は、TOEIC800点を取得している人は全受験者の中でも上位10%ほど。TOEICを運営するIIBCが公表しているスコア分布によると、2021年3月21日午後の試験で800点以上のスコアを獲得したのは上位16.5%でした。

(IIBC TOEIC®Listening&Reading Test公式データ・資料 https://www.iibc-global.org/toeic/official_data/lr/data_avelist.html 参照)

 

TOEICテストを受験する人は普段から勉強している人が多いです。そのため、日本人全体で考えるとパーセンテージはもっと低くなります全人口の5%にも満たないと言われています。

CEFR(ヨーロッパで作成された外国語学習者の習熟度レベルを示すガイドライン)に換算するとB2に該当し、実務に対応できる者・準上級者とされています。あくまで参考値としてですが、B2は英検準一級、IELTS6.5-5.5に相当します。

TOEIC800点はかなりレベルの高い英語力が必要だとわかりますね。その分、社会からの評価も高くなります。取得して損は全くありません!

 

 

2.  TOEIC800点でできること

 

 

TOEIC800点を持っているとどんなことができるのでしょうか?

 

 

・英語話者とスムーズに自然な会話ができる

・自分の専門分野において議論ができる

・抽象的かつ複雑な文章の内容を理解できる

・さまざまな話題について、詳細な文章をつくることができる

 

(参考)ブリティッシュ・カウンシル、ケンブリッジ大学英語検定機構

 

上記のような能力が身につくので、英語圏での生活はもちろん、ビジネスにおいても役立ちます。高校生や大学生では就職に有利になったり、留学を望む生徒であれば、希望の大学への留学がしやすくなったりします。海外赴任の基準となる英語の試験が免除になったり、昇給にかかわることもありますね。

学生でも社会人でも、海外へ挑戦するチャンスを与えてくれる点数であるといえます。

 

3.  800点に必要な正答数

 

では、TOEIC800点を取るために必要な正答数はどれくらいなのでしょうか?

ListeningとReadingをPartごとに分け、800点獲得に必要な正答数をまとめました。

 

【Listening】

 

 問題数

 必要な正答数

 Part 1

 6

 5

 Part 2

 25

 21

 Part 3

 39

 32

 Part 4

 30

 25

 合計

 100

 83

 

【Reading】

 

 問題数

 必要な正答数

 Part 5

 30

 25

 Part 6

 16

 13

 Part 7

 54

 44

 合計

 100

 82

 

 

ListeningもReadingも8割以上を獲得できれば800点を取ることができます。どのPartも大きく点数を落とさないようにすることが重要です!

 

 

 

 

2.  800点を取るために必要なこと

 

TOEIC勉強法発見のイメージ画像

 

1.  自分のスコアを分析する

 

800点を目指すにあたり、あなたに足りないことは何か知る必要があります。しっかりと自己分析しましょう!

 

あなたの現在のスコアを細かく分析してください。

よく落としてしまうPartはどこですか?

・ReadingとListeningどちらが得意ですか?

 

自分の得意なところ、苦手なところを分析してください。例えば、Part5が苦手な方は動詞問題・語彙問題・品詞問題など細かく分析することも忘れずに!自分の苦手なところ、得意なところが分かるので必要な勉強がすぐにわかります。

 

 

2.  時間配分を見直す

 

時間配分をするための砂時計のイメージ画像

 

Readingの時間配分を見直してください。TOEICテストは全レベルの人が同じ問題を解くテストです。自分のレベルに応じて時間配分を変化させる必要があります。700点台までと同じ時間配分をしているのであれば、800点取る配分に変えましょう。

 

具体的に、

Part5→1問20~25秒ほど、12分程度

Part6→8程度

Part7→1問1分ほど、55分程度

 

できるだけ理想の時間配分に近づけるように普段からトレーニングすることが大切です!

 

 

3. 苦手に向き合う

 

700点までは好きなパートを伸ばす方向でいいのですが、800点以上を目指すのであれば苦手なところ、穴を埋めていく必要があります。不得意な問題は時間もかかるし正答率も低い…。解きやすい問題を解きたくなりますよね。しかし、そこに向き合わないとスコアアップはしません

苦手なところに向き合う勇気をもってどんな問題がきても対応できるようにしましょう。

 

 


3.  800点奪取のための学習法

 

1.  単語を徹底的に覚える

 

【期待できる効果】

語彙力がアップし、素早く英文を理解できる

 

800点を奪取するために必要な勉強法1つ目は単語を徹底的に覚えることです。頻出の単語以外も覚えましょう。700点台までは頻出の単語だけで解ける問題も多いです。しかし、800点を目指すのであれば、たまにしか出ない単語も覚える必要があります。具体的には、900点レベルの単語も、です。

800点レベルの単語はあくまで800点までの単語です。それ以上を目指すのであれば一つ上のレベルの単語まで確認しておくのがいいでしょう!

 

 

2.  1日2時間勉強時間をつくる

 

英語の勉強をしているイメージ画像 

 

【期待できる効果】

TOEICテスト本番に必要な体力をつけることができる

 

1日最低2時間は英語の勉強をしましょう。

「Listening途中で眠くなってくる…」「Readingは読む量が増えると集中力が続かない…」こんな方いませんか?

 

TOEICテストはListening、Readingを2時間続けて解かなくてはいけない試験です。集中して問題を解く力が重要になります。学生でも社会人でも、普段の生活で2時間休みなしに英語を聴いたり読んだりすることはほぼないと思います。体力と同じで、集中力も普段から鍛えていないと本番でいきなり発揮することはできません

 

TOEIC形式の模試を毎日解くことが理想です。

 

「毎日2時間も模試を解く時間がない!」という方は合計で2時間勉強しましょう。細切れで構いません。毎日2時間は英語に触れるようにすることが大切です。英単語を朝昼晩と15分ずつやるだけで45分になります!スキマ時間を見つけて英語学習に充てましょう。

 

 

3. 読解力・速読力をつける

 

【期待できる効果】

複雑な長文を素早く読み取れるようになる

 

突然ですが、あなたは長文を解くときにどのように解いていますか?

 

①全体をあいまいに理解して解いている

②一語一句ゆっくり丁寧に読んでいる

 

①を選んだ方は…

なんとなく読んで、「こんなこと言ってるな」「これが答えかなぁ」と感覚的に読んでいませんか? 800点を超えるためにはあいまいに理解して解くのは危険です。全体の目的や流れを問う問題は解けても、詳細な問題を落としてしまうことが多いんです。

 

あいまいに理解している=単語の意味や文構造の理解ができていないということです。

 

そんな方には“精読”がおすすめです!精読とは、“英文を正確に読み取り、理解するトレーニング”です。

一つ一つの英文の単語の意味から文構造まで細かく分析しましょう!知らない単語や分からない文法は調べてください。自分の知らない単語・苦手な文法を確認することができ、あいまいに理解して解いていたものがすっきりとしてきますよ。

 

②を選んだ方は…

じっくり読みすぎて時間が足りなくなっていませんか?

 

一文一文をじっくり読んでいるので文構造は理解できている人が多いです。しかし、特に長文を読む際は重要な部分とそうでない部分を見極めなければなりません。

そんな方におすすめなのが“速読”です!速読とはその名の通り“英文を速く読むトレーニング”です。

英文を一定の速度で読んで理解できるようにしましょう。英文を指や鉛筆でなぞりながら読むとペースを保ちやすいですよ。返り読みの防止にもつながります。

 

【学習法まとめ】

・単語を徹底的に覚える!

・1日2時間勉強時間を作る!

・読解力・速読力をつける!

 

 

 

4.  おすすめ教材2選

 

テキストのイメージ画像

 

TOEIC800点を獲得するのに役立つ教材をご紹介します。どちらも筆者が日常使用しているおすすめのものです!

 

1. 『TOEIC® L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』

 

TOEIC単語帳金のフレーズの画像

 

『TOEIC® L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ』

TEX加藤著 朝日新聞出版

 

TOEICを勉強している人なら誰もが一度は目にしたことがある単語帳ですよね。

著者のTEX加藤さんはTOEICを毎回受験、満点を何回も取得され、傾向を知り尽くした方です。通称「金フレ」と呼ばれています。実は、2021年3月に改訂版が発売され、さらにパワーアップしています!

 

600点レベル 助走の400語

720点レベル 加速の300語

860点レベル 飛躍の200語

990点レベル 頂点の100語

 

と細かくレベル分けされています。勉強法でもお伝えしましたが、自分が目指す一つ上の単語まで覚えましょう!800点を目指す人は、860点まで完璧にしましょう。余裕がある方は990点レベルまで挑戦です!

「金フレ」は『abceed』というアプリから音声ダウンロードが可能です。単語学習をする際には必ず音声も確認しましょう。

こちらの音声は、見出し語→フレーズの日本語訳→英語フレーズ×2といった形で流れます。フレーズで音声が流れるので単語の使われ方まで聴くことができます。無料で聴くことができるのでぜひ活用してください!

 

 

2. 『mikan』

 

単語学習アプリmikanの画像

 

次にご紹介するのはアプリの『mikan』です!ゲーム感覚で単語を覚えられることで人気のアプリです。筆者もTOEICや英検の単語をこちらのアプリを使って勉強しています。

TOEICだけでなく、英検や大学受験の英単語学習もできます。

『mikan』のおすすめポイントはネイティブの音声が収録されていることです!単語学習において大切なのは、“いかに頭に定着させるか”です。音声、それもネイティブの音声を聴きながら学習できるなんて最高ですよね。1回10問ほどの小テストなので、通勤時間やお昼休憩中などスキマ時間を有効活用できます。

 

 

 


5.  まとめ

 

TOEIC目標スコア獲得のイメージ画像

 

今回は800点を目指す方へレベル感や学習法をご紹介しました。

 

【800点のレベル】

・TOEIC800点以上獲得しているのは上位1割ほど!

・TOEIC800点は海外へ挑戦するチャンスを作る!

・Reading、Listeningともに8割以上の正解が必要!

 

【700点台の人に足りないこと】

・自分のスコアを分析する

→得意・苦手なところを把握できる

・時間配分を見直す

→今の自分のレベルに合った解き方ができる

・苦手に向き合う

→穴がなくなり、安定してスコアを獲得できる

 

【800点奪取のための学習法】

単語を徹底的に覚える

→自分の一つ上のレベルの単語までやろう!

1日2時間勉強時間を作る

→TOEICテスト本番に必要な体力をつける!

読解力・速読力をつける

→複雑な長文を素早く読み取れる!

 

【おすすめ教材】

・『TOEIC® L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

→TOEIC単語帳のバイブル!一つ上のレベルまで挑戦!

・『mikan

→ゲーム感覚でスキマ時間に単語学習!

 

TOEIC800点は決して簡単に取れる点数ではありません。しかし、あなたに合った勉強法をコツコツ続けていけばあっという間に取ることができます。今回紹介した勉強法や教材を使って海外への扉を開きましょう!

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加