TOEIC満点はいくつ?難易度や勉強方法・おすすめの参考書について解説!

「TOEICの満点ってどれくらい難しいの?」
「TOEICで満点を取るためにはどんな勉強をしたら良いの?」

そんな疑問をお持ちではありませんか?

今回は、数々の有名TOEIC教材を制作・執筆してきたメディアビーコンが、TOEICの満点のスコアや難易度、TOEICで満点を取るための勉強方法やおすすめの参考書について解説していきます。


この記事を読めば、TOEICで満点を取る難易度や、どのように勉強すれば満点が狙えるのかが分かります

 

※この記事ではTOEIC L&RテストのことをTOEICと呼称しています。

 


1. TOEIC満点って?

TOEIC満点って?

 

TOEICの満点は990点です。内訳としてはリスニングパート495点、リーディングパート495点で構成されています。また、スコアは5点刻みで採点されているのも特徴の1つです。

 

1-1. TOEICはミスをしても満点が獲得できる?

TOEICのスコアは、単純な正解数の足し算ではなく、統計的な処理に基づいて算出されます。これは、実施する回によって問題の難易度に差があったとしても、受験者の英語力が同じであれば、同じスコアが算出されるようにするためです。

よって、完璧に200問全問正解しなくても、満点がでることがあります。また、同じ正解数ならリスニングの方がすこし点数が高くなります。

一般的に、リスニングは2~3問程度のミス、リーディングは1問程度のミスであれば、満点が出る可能性があるといわれています。※実施回によって異なるため、全問正解しないと満点が出ないことも十分にありえます。

 

 

1-2. TOEIC満点の難易度・レベル

TOEIC満点の英語力は、「ネイティブに近いレベル」であるといわれています。TOEIC満点と同等レベルの他の試験のスコアや級は以下のとおりです。

 

・英検:1級

・IELTS:7.5

・TOEFL iBT:111

 

もちろん、TOEICにはスピーキングとライティングが無いなど試験内容が異なるため、単純な比較はできません。あくまで目安としての比較ということで参考にしていただければと思います。

 

 

1-3. TOEICで満点を取る人の割合

「実際にTOEICで満点を取っている人は全受験者の内、何%なの?」と気になる人も多いのではないでしょうか?

しかし、残念ながら、990点獲得者数に関するデータは公式からは発表されていません。

ただ、公式が発表しているスコア分布によると、895点以上の獲得者の割合は、およそ3.4%程度と発表されているため、この数値から推測するに、990点満点獲得者は0.5%ほどなのではないかと言われています。

TOEIC満点獲得者は、日本全国で見てトップレベルの英語力を持っている人物と言い切ることができるでしょう。

 

 

2. リスニングで満点を取る勉強方法

TOEICリスニングで満点を取る勉強方法

 

TOEICで満点を取るためには、小手先のテクニックに頼らないしっかりした英語力を身に付ける必要があります。

一応2,3問までのミスなら満点を取れる可能性もありますが、全問正解しか認められないことも当然あるので、パーフェクトを目指すべきです。


ここでは、TOEICのリスニングで満点を取る対策として有効な勉強方法を紹介します。

 

 

2-1. 先読みに頼らない

TOEICリスニング対策で非常に有効なテクニックの1つが、Part 3・4での問題文と選択肢の先読みですが、満点を目指すのであれば、先読みに頼らなくても、全問正解できるリスニング力を養うべきです。

もちろんこれは、本番の試験で「問題文の先読みをするな」という意味ではなく、「先読みをしなければ問題に正解できないレベルでは、満点を狙うには不安が残る」という意味です。


Part3,4のミスで多いのは、せっかく聞き取った内容を解答時に思い出せないケース。普段学習をする際は、問題文の先読みをしなくても、全問正解できるくらいの記憶保持力を目指しましょう。

そのためにも、流れてくる英文を完璧に聞き取り、100%理解する力を養う必要があります。

 

 

2-2. 全英文を完璧に聞き取る

TOEICのリスニングで満点を安定して取るには、最終的には全英文を完全に聞き取れるようになることが望ましいです。当たり前のことですが、全て完璧に聞き取れれば、リスニングは難なく満点がとれます。

しかし、特に文脈に頼ることができないPart1,2では、1文でも聞き逃せば満点を獲得できる確率はグッと下がってしまいますし、話の流れがあるPart3,4でも、部分的な1文が根拠となる設問は出題されます。


満点レベルのリスニング力を養うには、公式問題集の音声を何周も聞き込みましょう。TOEICに頻出の語彙やフレーズを聞き込むことで、TOEICのリスニングにかなり強くなります。目安としては、1つの模試に対して20周以上は聞き込みができると良いでしょう。


また、シャドーイングを完璧にできるようになったかどうかを、公式問題集を聞き込む回数の基準とするのも1つです。自分で完璧に発話できるようになるまで、しつこくトレーニングを繰り返すことで、聞き取れない英語が次第に減っていくでしょう。

 

 


3. リーディングで満点を取る勉強方法

TOEICリーディングで満点を取る勉強方法

 

TOEICのリーディングで満点を取る際の敵は、「制限時間」「焦りからくるケアレスミス」です。TOEICは基本的に、英語自体が特に難しいというわけではありませんが、その中に含まれる数問の難問に、余裕を持って対応する力が無ければ満点を獲得することはできません。

以下ではリーディングで満点を獲得するための方法を解説していきます。

 

 

3-1. 全文読んで全問解く

リーディングセクションで満点を取るには、「全文読んで全問解く、そして全問正解する」、これだけです。リスニングと比べて許容されるミス数が少ないため、全問正解を前提とする必要があります。難易度が高い回などは1問落としても満点になることがありますが、それをあてにしてはいけません。

本気で満点を目指すのであれば、制限時間内に全文読んで全問解ける状態を目指してください。制限時間ギリギリで解き終わるという段階では、満点はまだまだ難しいといえるでしょう。

満点を目指す段階では、「一部だけ読む」といったテクニックに頼るのではなく、とにかく正攻法で問題を解くことが必要です。読まなかった箇所が根拠になる可能性もあるので、部分読みは「短期的なスコアアップ」にはよくても、「満点攻略」には不向きなテクニックなのです。

 

何度も何度も模試に挑戦して、問題冊子に書いてある英文全てを100%の理解で読み込み、全問解答できるだけの力を身につけましょう。


3-2. 余った時間は徹底的に見直しをする

リーディングセクションのPart 5~Part 7では、必ず時間を余らせるように時間配分をしましょう(時間を余らせることができる実力が無ければ、満点獲得はなかなか難しいです)。これは、残った時間でマークミスが無いかの確認をするためです。


どんなに英語力のある人でもケアレスミスの可能性は排除できないので、余裕を持って解き終わってマークミス等のチェックをしておきたいところ。

 

100%の集中力で問題を解きつつ、そのうえで徹底的に見直しをするようにしましょう。

そのためにも、模試を普段から繰り返し解くことが必要となります。本番の感覚を体に染みつかせて、完璧なコンディションで試験を受けられるようにしましょう。

 

 

4. TOEICで満点を取るためのおすすめ参考書3選

TOEICで満点を取るためのおすすめ参考書3選

 

TOEICで満点を狙う人が持っておきたい参考書を、厳選して3つご紹介します。


参考書選びに迷っているのであれば、とりあえずここに挙げるものから選んでみましょう。

 

 

4-1. 『TOEIC L&R TEST 990点獲得 最強Part7模試』(ベレ出版)

ライオン模試

引用:https://www.beret.co.jp/books/detail/736

 

『TOEIC L&R TEST 990点獲得 最強Part7模試』は、メディアビーコンが著者を務めるPart 7特化型の模試問題集です。

 

満点獲得を目指す上で鬼門となるPart 7にフォーカスし、60日間の学習プログラムに従って正攻法で全問正解する実力を養います

 

本物の英語力を付けて満点獲得を目指したい学習者に自信を持ってお送りする1冊です。

 

4-2. 『TOEIC L&Rテスト990点攻略』(旺文社)

『TOEIC L&Rテスト990点攻略』(旺文社)

引用:https://www.obunsha.co.jp/product/detail/094600

 

『TOEIC L&Rテスト990点攻略』は、TOEICで990点満点を獲得し続けているTOEIC講師の濵﨑潤之輔先生の著書です。


実際にTOEICで何度も990点を取っているだけあって、上級者がハマりがちな落とし穴を的確に指摘してくれています。990点を取るための最後の詰めの部分まで解説された良書です。

 

 

4-3. 『公式TOEIC Listening & Reading 問題集』(国際ビジネスコミュニケーション協会)

『公式TOEIC Listening & Reading 問題集』(国際ビジネスコミュニケーション協会)

引用:https://www.iibc-global.org/toeic/support/prep/lr_ud_06.html

 

『公式TOEIC Listening & Reading 問題集』は、TOEICテストを開発しているETSが出している問題集です。

最終的には、やはり公式問題集を活用することが最も確実でしょう。本番と同じレベルのクオリティの高い問題を何度も解くことによって、TOEICに対しての慣れを作ることができます。

満点を目指すのであれば、何十回も解いて完璧にしておきたい1冊です。

 

 


5. まとめ

まとめ

 

今回は、TOEICの満点のスコアや難易度、TOEICで満点を取るための勉強方法やおすすめの参考書について解説しました。


本記事の要点は、以下のとおりです。

・TOEICの満点は990点で、英語のレベルとしては「ネイティブに近い」レベルであり、英検1級と同等の難易度がある。

・TOEICで満点を取るには、小手先のテクニックだけではなく、本質的な英語力を付けることが大切。

・TOEIC満点を取るための参考書は各社から出ており、それらに何度も取り組みTOEICに対しての慣れを作ることが重要。

この記事を参考にして、TOEIC満点を目指して勉強を始めてみてください。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加