英語を話せるようにするにはどうすればいい?英会話上達のコツはこれだ!

「これまで英語を勉強してきたけど、なかなか話せるようにならない」「英会話を上達させるにはどうしたらいいんだろう」と悩んでいませんか?

 

このような悩みを抱えている方は、まず「英会話が上達しない理由」を理解する必要があります。上達しない理由を知ることで、改善するにはどうしたらいいかが見えてくるからです。 

そこで今回は「あなたの英会話が上達しない3つの理由」と「上達するための7つのコツ」を紹介します。

 

ここで紹介する勉強法を実践すれば、独学でも確実に英語を話せるようになりますよ!

 


1. あなたの英会話が上達しない3つの理由

 

独学で英語が上達しない理由は、主に以下の3つです。あなたにも当てはまるものがないか、チェックしてみてください。

 

 

1-1. 学習目的が明確ではない

英語学習は、目的を明確に持っていないとうまく効果が出ません。なぜなら、学習目的によって適切な勉強方法や勉強時間は違うからです。

例えば「海外旅行で英語を話せるようになる」という目的の人が、TOEICの勉強をしても目的に直結していないですよね。海外旅行で話せるようになりたいなら、日常英会話やスピーキングの練習が必要ですし、旅行の際に役立つ表現に重点を置いて勉強する必要もあります。

「英語を学ぶ目的」がわかっていないと、このように間違った方法で勉強していてもそれに気づけません。

したがって英会話の勉強では、まずはじめに学習目的を明確にすることが大切です。

 

 

1-2. そもそも勉強量が足りていない

初心者で英語が上達しない人は、そもそも勉強時間が足りていないことが多いです。週に1時間しか勉強していないのに、「上達しない」と思っていませんか?


英会話の勉強は時間がかかるのが基本です。1年間留学に行ったのに全然英語が話せないまま帰ってくる人もいるくらいです。

留学で毎日英語漬けの人でさえこの状態ですから、独学で英語を勉強する場合はなおさら時間がかかります。

 

「簡単に楽して話せるようになる」なんて甘い話は残念ながらありません。
本気で英語を話せるようになりたいなら、日々の勉強時間を多めに確保したうえで、「すぐに話せるようにはならない」と考えて気長に学習を続けましょう。 

 

 

1-3. アウトプットがない

参考書などで勉強するだけで、実際に英語を話す「アウトプット」がない人は、いつまでたっても英会話初心者から抜け出せません。
なぜなら、文法の知識や英会話フレーズを「知っている」状態と「使える」状態には大きな差があるからです。


ただ「知っているだけ」の状態で会話に挑んでも、なかなか口から正しい英語が出てきません。
そうした知識を「とっさに使いこなせる」レベルにまで引き上げるには、まずはたくさん話してスピーキングの中で使ってみるのが大切です。

 

上達するまで人と話すのが恥ずかしいということであれば、ひとり言でもかまいません。とにかく「スピーキングで知識を活用する」経験を積むのが重要。

英語を勉強(インプット)したら、会話でどんどん使ってみる(アウトプットする)ことが肝心なのです。

 

また、ネイティブスピーカーは、普段の会話で短縮形やスラングをよく使いますし、スピードが速いと、単語と単語がつながって別の音に聞こえることもあります。ですから、リスニング学習の際は、ネイティブが使う言葉やスピードに慣れるようにすることも、会話についていくためには重要です。

 

 


2. 英会話が上達するにはどうしたらいい?

 

では、英会話を上達させるにはどうすればいいのでしょうか? より具体的な勉強方法に入る前に、以下の3つのことを確認してください。

 

 

2-1. まずは自分の現在地を知ろう

まずは自分の現在の英語力を確認しましょう。

実際に英会話レッスンのレベルチェックを受けて「自分がどれくらい話せるか」を直接確認するのもアリですし、TOEIC Speaking & Writing Testsというテストもアウトプットの英語力(書き・話し)の確認には便利です。


「自分がいかに英語が話せないか」を知ることで、どういう勉強が必要かわかってきます。「もっと勉強しなきゃ」と感じればモチベーションも上がるでしょう。

 

レベルに合った目標や勉強方法を決めるためにも、まずは自分の現在地を確認してください。 

 

 

2-2. 具体的な目標を決めよう

自分のレベルを確認したら、つぎは学習目標を決めましょう。

「3ヶ月後の海外旅行までに話せるようになる」「外国人の友だちを2人作る」など、具体的な期間などを数字を使って決めておくのがポイントです。目標を数値化することで、学習スケジュールが立てやすくなります。 

 

 

2-3. 学習を習慣化させよう

目標を決めたら、最後に1日の学習スケジュールを組みましょう。重要なのは「毎日決まった時間に勉強すること」です。

「出勤前の15分」「通勤中の30分」「寝る前の30分」など、毎日必ずやる行動の中に組み込むことで、学習が習慣化されて挫折しなくなります。

 

また、数日に一度大量に勉強するよりも、毎日少しずつ勉強した方が効果は大きくなります。人間の脳は、繰り返し触れた内容を重点的に記憶するようになっているからです。

一度自分の生活習慣を思い返して、なるべく毎日決まった時間に勉強できるスケジュールを組んでみてください。

 

 

3. 独学で英会話が上達する7つのコツ

 

ここからは、英会話を上達させるための具体的なコツを7つご紹介します。

ぜひ、ご自身の英語学習に取り入れてみてください。

 

 

3-1. 1つの教材をやり込む

まず大原則として、教材は1つに集中しましょう。あれこれいろんな教材に手を出すと、中途半端になって何も身につきません。
自分で「コレ」と決めた教材を繰り返し学ぶことで、内容も忘れにくくなります。


ただし、一から十まですべて繰り返すのは、時間がもったいないので、「この内容はもう完璧にマスターしたな」という部分があれば、次から飛ばしてOKです。最終的にすべてのページをマスターできたら、その教材は終了して次の教材に進みましょう。 

 

 

3-2. 中学英語の文法を学ぶ

文法学習でのコツは、まず中学英語の内容を完璧にすることです。

 

日常英会話で使われる文章は、大部分が中学英語で習う文法で構成されています。英会話の勉強では、大学受験で出題されるような難しい文法は必要なく、中学英語で習う基礎文法をマスターすればOKです。

その代わり、単に「文法問題を解ける」だけで満足せず、「スピーキングの中で実際に正しい文法でスラスラ話せる」レベルになるまで、実践練習は欠かさないようにしましょう。

 

もちろん、教材は1つのものを繰り返しやり込むようにしてください。 

 

 

3-3. 単語はフレーズで覚える

語彙力を鍛えるコツは、単語をフレーズで覚えることです。

よく使われるフレーズとセットで覚えると、実際の会話でその単語が出てきた時、すぐに意味が理解できます。また、自分で使う際にも自然な言い方ができるようになります。

 

例えば、effort(努力)という単語は「make an effort to 〜(〜しようと努力する)」という形でよく使われます。この場合、単純にeffortだけ覚えているのは不十分です。
make an effort toというフレーズで覚えておかないと、とっさに理解するのは厳しいでしょう。

 

したがって単語を覚える時は、よく使われるフレーズと一緒に覚えることが大切です。 

 

 

3-4. リスニングは発音しながら聞く

リスニング力を鍛えるコツは、ずばり発音しながら聞くことです。英語では、単語と単語がつながって別の発音に変化することがあります。リスニングは、この発音の変化を知らないと何回聞いても聞き取れません。


これを自分で発音できるのを目指してトレーニングしておくと、今まで聞き取れなかった単語のつながりや音の変化もわかるようになります。初心者の方はハードルが高く感じるかもしれませんが、あくまで練習だと思って目指してみましょう。

 

 

3-5. オンライン英会話でスピーキング練習

スピーキング力を鍛えるコツは、オンライン英会話を利用することです。オンライン英会話とは、スマホやパソコンを使って遠隔で受講できる英会話レッスンのことで、いろいろな会社がオンライン英会話スクールを運営しています。

英語のスピーキングは、話せば話すほど上達します。毎日英語を話している人と、週に1回しか英語を話していない人では、上達スピードが全然違います。


オンライン英会話なら、自宅にいながら毎日英語が話せるので、英会話初心者の方に大変おすすめです。留学したり、英会話教室に通ったりしなくても、気軽にスピーキングが鍛えられますよ。 

 

 

3-6. 定期的にレベルチェック

ある程度勉強したら、どれくらい英語が上達したかを確認しましょう。定期的にレベルをチェックすることで、勉強方法の見直しやモチベーションアップにつながります。

 

レベルチェックの方法は、TOEICなどの英語試験が、具体的なスコアがわかるのでおすすめです。TOEICは英会話の能力を直接測るテストではありませんが、英会話のために必要な基礎能力を測ることはできます。

勉強を始める前のスコアと比較して、自分がどれくらいレベルアップしたか定期的にチェックしましょう。

 

 

3-7. 洋楽や海外ドラマで息抜き

さいごに、英語学習で挫折しないためのコツを紹介します。それは、ずばり「息抜き」です。

勉強に疲れた時は、洋楽や海外ドラマを使って気分をリフレッシュしましょう。洋楽や海外ドラマなら、勉強という感覚をあまり持たず英語に触れられます。


また、「息抜き」ですので、無理に英語字幕で見なくて大丈夫です。興味のある海外ドラマや、好きな洋楽を楽しみましょう。

適度に「息抜き」することが、英語学習で挫折しないためのコツですよ。

 

 


まとめ

 

英会話が上達しない人には、必ず理由があります。そして、レベルに合った目標を決めて適切な方法で勉強すれば、初心者でも確実に英語力がアップするはずです。

 

「英会話が全然上達しない」という人は、ぜひ今回紹介した「英会話が上達するための7つのコツ」を実践してみてください。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加